IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【履歴書】1文目が重要!「志望動機の書き出し」の書き方と例文

書類選考・ES

志望動機の欄では、自分についてのアピールだけでなく、いかに企業のことを理解しているか、明確なビジョンを持っているかなどについても、企業側は見ているので、とても重要です。今回は、志望動機の中でも特に「書き出し」の部分に焦点を当てて、効果的な書き方、例を紹介していきます。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

志望動機書き出しの書き方

志望動機の書き出し部分に記載するべき内容は、ずばり「結論」です。志望動機における結論とは、企業を志望する1番の理由です。最初に結論を持ってくることで、採用担当者も「つまり何が言いたいのか」を理解した状態で読み進めることができるので、自分の1番伝えたい動機を明確に伝えられます。また、自分としても、最初に結論を明確にしておくことで、内容がぶれずに仕上げられ、見直しも効率的に進めることができます。 しかし、様々な点から企業を褒めたいと考えていて、どの理由を1番にすればいいのかわからない、という方もいると思います。確かに、企業の経営理念や活動、福利厚生など複数の要素を考慮して選ぶと思いますが、それら全てを履歴書の志望動機欄で伝えるのは難しいことです。文字数が限られた中で、よりコンパクトに最大限のアピールをする能力も、社会では必要になります。なので、志望動機の内容を取捨選択し、少数精鋭の分かりやすいアピールを行いましょう。

志望動機書き出しの注意点

志望動機は企業研究を行い、企業についてしっかりと理解していないと書けません。志望動機の欄から、企業側もどれだけ自社にについてわかっているか、他の企業での志望動機を使い回していないかなどを見るので、いい加減な志望動機は見破られてしまいます。 どの企業にも使い回せるようなありきたりな表現でなく、その企業だからこその魅力が伝わるような内容にしましょう。また、企業は学校ではないので、「自分が成長するため」などという自分本位な理由は評価につなげられません。なので、「私は〜がしたいです」「私の目標は〜です」ではなく、「私は貴社の〜という点に惹かれました」というような、企業のどの点が理由に関わったのかを明確に伝えられる書き出しが効果的です。

志望動機書き出しの例文

それでは実際に、志望動機の書き出しの例を見ていきます。

志望動機書き出しの例文1

私は、貴社が国際的に活躍している点に惹かれ、貴社を志望しました。

志望動機書き出しの例文2

私が貴社を志望した理由は、貴社が社員同士の意思疎通を重要視している点です。

志望動機書き出しの例文3

私は、貴社が業界で1番の利益を上げ続けている点が魅力的に感じ、貴社を志望しました。

細かい志望動機は書き出しの後に

志望動機の書き出しには、「結論」つまり1番重要視している志望動機について記載することを、上記でご紹介しました。書き出し部分に記載するのは、あくまでも簡単な結論なので、少し抽象的になってしまってもいいのです。具体的にどのような点を評価しているのかを書き出し部分に記載すると、文章が長くなってしまい、読みづらくなってしまいます。具体的な理由や、自分のやりたいことなどは、書き出しの後で、詳細に記載しましょう。 履歴書では読みやすさも大事な要素であり、採用担当者も注目する点なので、読みやすさ、分かりやすさを意識することが重要です。また、書き出しに「結論」を持ってくる書き方は、志望動機に限らず、自己PRなどにも効果的な方法なので、活用すると評価につながりますよ。

関連タグ

アクセスランキング