IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

真面目系クズとは?真面目系クズの就活と向いてる仕事

悩み・不安

あなたは「真面目系クズ」という言葉を聞いたことがありますか?「真面目」と「クズ」という相反する性質が共存していますが、その意味を知れば誰もが真面目系クズにはなりたくないと思うでしょう。この記事では真面目系クズにならないためにはどうすれば良いか紹介しています。

更新日時:

真面目系クズとは?

真面目系クズとは、「一見すると真面目なのに実は中身がクズな人のこと」をおもしろさを込めて表現した言葉です。この手の人物は先生や親から言われたことは聞きますが、主体的にがんばったり努力することはありません。人から言われて反抗しないのは楽な方へと流されれいるだけで、ルールを外れる勇気もないからなのです。人から言われたことをするのは誰でもできますよね。自分で考えないのは楽なものです。根底にある意味を理解せずに校則は守る、という感じでしょうか。仕事上では特に、うまく取り繕うので最初の印象はよく、周囲から期待されますが、その見栄を張っていた分あとになってボロが出て人が離れていく、という悲しい結果になってしまうこともあり得ます。

インターネットの掲示板でも真面目系クズの特徴は大きく話題になりました。

・メガネかけてる ・短髪とも長髪ともつかない微妙な黒髪 ・一見誠実そうだがアブノーマルな性癖をもっている ・授業は前側の座席に座るが話を聞かず黒板をノートに写すだけ ・真面目っぽいので教師から期待されるが成績が伴わない ・知り合いは割といるが友達はすくない ・人が見ていないところでは徹底的にサボる ・課題などは提出日ギリギリまでやらない、場合によっては終らない ・愛想笑いだけは凄く上手い ・親からの過大評価がすごい ・宿題は真面目に出すがテストの成績が良くない ・真面目系クズ「わかりました」←わかってない ・表面上は丁寧な物腰だけど内心ほとんどの奴を見下してる ・授業中は静かだけどテストは授業中騒いでるDQNより悪い ・人が見ていない所での妥協癖が酷い ・頭が無駄に良いが努力しないので いつも中途半端になる ・無 駄 に プ ラ イ ド が 高 い ・授業態度はいいのに、提出物は出さない ・周りから期待されると必ず期待を裏切る ・彼女がいないのは苦にするが本気で彼女が欲しいわけでもない ・当然彼女を作るための努力もしない ・外ではいい子ぶってるが帰宅してからの本領発揮がやばい ・周りからはしっかりした人と認識されるのでいろいろ任されたりする ・誰かが見てないと頑張れない ・話してる相手の言葉が聞き取れなくても聞き返して相手に嫌がられるのが怖いから適当な返事をして会話を続ける ・クラスの中では大人しいが非リアの友人たちの前では調子に乗るキャラ ・初対面では調子良い ・何よりも人に嫌われる事、否定される事、拒絶される事が怖い ・人の顔色ばかり伺ってる ・外ヅラだけはいいから上司や先生からは好かれる ・だが本当に真面目で出来る人からは嫌われる ・いい奴を取り繕うのに必死 ・いろんなものに偏見を持っている ・口論になると絶対に勝てない ・なんだかんだいって自分のことは結構好き ・同類で自覚もある癖に屑を見下している ・基本的にリスクを負う事ができない ・何かやるときに常に最悪の状況を考えて結局なにもできなくなる ・周りから見ると完璧主義っぽいのに周りに影響がないことに関しては驚くほど大雑把。 ・意見が食い違っても基本自分が折れる でも心中じゃ納得しない ・やたらマクロなこととか哲学的なことを偉そうに考えて、目の前の陳腐な課題に手が付かない ・例えば、可燃ゴミを持っていたとき、マジメ→ゴミ箱、クズ→路上、マジメ系クズ→自販機横の空き缶入れ ・基本的に傍観者 ・相手の言ってることを一回で聞き取れない、それもかなりの頻度で ・「参考」程度にとどめておくべき事を「正解」と信じて疑わない ・わからないことはすぐググる、頭で考えない

出典: https://matome.naver.jp | ・メガネかけてる ・短髪とも長髪ともつかない微妙な黒髪 ・一見誠実そうだがアブノーマルな性癖をもっている ・授業は前側の座席に座るが話を聞かず黒板をノートに写すだけ ・真面目っぽいので教師から期待されるが成績が伴わない ・知り合いは割といるが友達はすくない ・人が見ていないところでは徹底的にサボる ・課題などは提出日ギリギリまでやらない、場合によっては終らない ・愛想笑いだけは凄く上手い ・親からの過大評価がすごい ・宿題は真面目に出すがテストの成績が良くない ・真面目系クズ「わかりました」←わかってない ・表面上は丁寧な物腰だけど内心ほとんどの奴を見下してる ・授業中は静かだけどテストは授業中騒いでるDQNより悪い ・人が見ていない所での妥協癖が酷い ・頭が無駄に良いが努力しないので いつも中途半端になる ・無 駄 に プ ラ イ ド が 高 い ・授業態度はいいのに、提出物は出さない ・周りから期待されると必ず期待を裏切る ・彼女がいないのは苦にするが本気で彼女が欲しいわけでもない ・当然彼女を作るための努力もしない ・外ではいい子ぶってるが帰宅してからの本領発揮がやばい ・周りからはしっかりした人と認識されるのでいろいろ任されたりする ・誰かが見てないと頑張れない ・話してる相手の言葉が聞き取れなくても聞き返して相手に嫌がられるのが怖いから適当な返事をして会話を続ける ・クラスの中では大人しいが非リアの友人たちの前では調子に乗るキャラ ・初対面では調子良い ・何よりも人に嫌われる事、否定される事、拒絶される事が怖い ・人の顔色ばかり伺ってる ・外ヅラだけはいいから上司や先生からは好かれる ・だが本当に真面目で出来る人からは嫌われる ・いい奴を取り繕うのに必死 ・いろんなものに偏見を持っている ・口論になると絶対に勝てない ・なんだかんだいって自分のことは結構好き ・同類で自覚もある癖に屑を見下している ・基本的にリスクを負う事ができない ・何かやるときに常に最悪の状況を考えて結局なにもできなくなる ・周りから見ると完璧主義っぽいのに周りに影響がないことに関しては驚くほど大雑把。 ・意見が食い違っても基本自分が折れる でも心中じゃ納得しない ・やたらマクロなこととか哲学的なことを偉そうに考えて、目の前の陳腐な課題に手が付かない ・例えば、可燃ゴミを持っていたとき、マジメ→ゴミ箱、クズ→路上、マジメ系クズ→自販機横の空き缶入れ ・基本的に傍観者 ・相手の言ってることを一回で聞き取れない、それもかなりの頻度で ・「参考」程度にとどめておくべき事を「正解」と信じて疑わない ・わからないことはすぐググる、頭で考えない

真面目系クズが就活をすると…

では、これらのような特徴を持ち合わせた真面目系クズの学生が就活をするとどのようになってしまうのでしょうか。

最初は早めのうちからやろうと思うが思うだけ

最初は大学の講義で就活について話を聞くとがぜんやる気をだします。最初は調べ物をしたり、しかし、真面目系クズの場合は「やろう」と思っているだけで実行はしません。例えば早くから就活のイベントは探すけれど実際に行ったりはしないとか、行ったとしても自分で課題を明確にしようとしないので何も得られません。これが本当に真面目なひとと真面目系クズとの大きな差になります。

就活シーズン間際になって焦り始める

就活シーズンで周りが対策を始める頃に、やっと焦りだします。しかし、上述したことと同じく、焦っているだけでなにも行動しようとはしないのです。やらなきゃ、とぼんやり思いながらなんとなく日々が過ぎていきます。

堂々とアピールできることがない…

エントリーシートを書こうとしても、真面目系クズの人は自分でアピールすることは何もありません。中には何もないからと言って小さな体験を盛って書く人もいますが、真面目系クズは盛る勇気もありません。自ら行動を起こしたことがなく、なんとなく生きてきたからですね。真面目系クズの怖いところは、「~をしたい」と「思っているだけ」で、満足してしまうことです。実行するのは面倒くさいのでいざその場面になると逃げてきたのです。ここで初めて自分は何をしていたのだろうと思います。

面接では上がりっぱなし

真面目系クズは下準備も満足にできておらず、詰めが甘いのです。ただの「クズ」であればこれでも開き直ってしまうところですが、真面目系クズの場合はそんな自分に罪悪感があって責めてしまうという真面目な部分も持ち合わせているからか、面接では緊張してしまいます。ここが真面目系クズの生きにくさにつながるわけです。

真面目そうに見えるから印象は良いかも?

対策不足の真面目系クズにとってはほんの短い面接でもハイレベルですが、緊張しないで堂々と話せたら好印象の可能性もあります。ですから、面接の時だけでも自信をもって望めるといいですね。 しかし、いざ採用されて就職した後に気を抜きすぎると、ぼろが出てて上司や同僚からも見放されてしまいます。

真面目系クズはどうやって直す?

上述した就活の例から見ても、真面目系クズはあまりいい性質ではないことがわかりますね。自分が真面目系クズだと自覚している人は治したいと思うのではないでしょうか。ここでは、真面目系クズの改善方法を書きます。

徹底的に真面目になるorクズになる

真面目系クズは、真面目なのかクズなのかわからない中途半端な存在です。中途半端であるからこそ、クズな自分のことを真面目な自分が認められなくて悩みが多くなるわけです。悩みが多くなると本来の自分らしさが発揮できなかったり、仕事や勉強がうまくいかなかったりと非常に生きづらくなってしまいます。ですから、そのような方には、自分のキャラクターを「真面目」か「クズ」かどちらか一方に寄せることをお勧めします。もちろん、「自分はクズだ」と開き直ることは自分の心の安定を図るためにすぎません。長期的な目で見ると、どこでも「真面目」に取り組んでいる人が楽しい人生を歩めます。

真面目になる

遊ぶときは遊ぶ、勉強や仕事をするときは一生懸命取り組む等、メリハリをつけると良いでしょう。真面目に努めていると何より人から厚い信頼が獲得できます。普段から時間管理をしっかりして、何時まで仕事をして、何時からは遊びの時間にあてよう、等と決めることが真面目への近道になります。また、真面目とは誰の助けも借りないで何でも一人でできるというイメージを持ちがちですが、もし物事が行き詰まったらどうしているのでしょうか?本当に真面目な人は、ほかの人とも連携してその物事を少しでも前に進めようとするものです。「一人でやる」ことではなく、「物事を進める」ことが目的だからです。わからないことがあれば、「どうしよう…自分は馬鹿だなあ…」と一人で凝り固まるだけではなく、自分なりに調べたり周りに聞くなどして問題解決をする姿勢を目指しましょう。

クズの自分を認める、周りにも認めてもらう

クズになることを推奨しているわけではありません。甘えが出てしまうのは誰にでもあることです。真面目系クズの人は、自分のクズな面が見えると、今度は真面目な自分が顔を出して、「どうして自分はこうなんだ」と一人で悩みがちです。自分をあまりにも過大評価せずに、自分はまだ未熟だという事を認めてあげましょう。だから、失敗したときも、自分で「失敗しちゃった」、と言って周りにも助け船を出してもらうといいでしょう。そして、限度はありつつも、弱みを出してくれるとかわいく思えるものです。いっそのこと開き直っておっちょこちょいなキャラクターとして生きていくのもありです。しかし、そのキャラクターの位置づけに甘えて失敗してばかりなのは本意ではないので、弱みを見せつつも、実は裏では真面目に頑張っていると言えるようになるといいでしょう。

真面目系クズは、人目が気になるから真面目を装うのであり、実際に裏で努力をしているわけではなく、見栄っ張りなだけです。こうしていくうちに自分の持つ「表向きの真面目」と「裏向きのクズ」のギャップの大きさを認めたくなくてさらに真面目な自分を演じることになってしまうわけです。 真面目になりたい人は、人目があろうとなかろうと努力をすればよいのです。努力ができないとあきらめている方は無理に真面目だと思われようとしなくても良いという事です。ありのままの自分を受け入れてあげましょう。

有言実行を心がける

他人のやっていることや環境に批判したり、文句を言ってばかりで自分では何もしない人、また、「あれやらなきゃ」「これやらなきゃ」ということは分かっているのに何もしない人は多いのではないでしょうか。このような人は自分では何も生みだせません。分かっているのにできない人は、自分に自信がなく、成功するかわからないことに挑戦するのは怖い、皆に迷惑が掛かると頭で考えすぎてしまうことが原因である場合が多いです。これだと意識だけ高く行動が伴っていない「真面目系クズ」に陥ってしまうことになります。まずは失敗してもよいので、口を動かしている暇があったら行動に移しましょう。これで自分の「真面目系クズ」を改めることができるでしょう。

真面目系クズ脱却を目指しましょう!

いかがでしたか? 真面目系クズの性質を持っていると、時には人にも迷惑をかけ、自分も悩み多き人になってしまいます。心当たりのある方は早期に真面目系クズから脱却できるように努めましょう。

関連タグ

アクセスランキング