IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電気工事士の試験難易度と3つのメリット|一種に種別に解説

資格・検定

「電気工事士2種」という資格は、日常生活の中であまり耳にしない言葉なのですが、一体どのような資格なのでしょうか。今回は電気工事士の資格内容や試験対策方法、そして電気工事士2種の合格率について、わかりやすく丁寧に紹介していきます。

更新日時:

電気工事士とは

電気工事士とは、ビルや工場、一般住宅などさまざまな建物の電気設備・工事を行っている人のことをいいます。身近なものであれば、家電を使用する際にプラグを差し込む「コンセント」や「ブレーカー」などを取り付けたりしています。

取得するには

電気工事士の資格を取得するには、筆記と実技の試験を受ける必要があります。電気工事士には2種類の資格があり、1種は最大電力500キロワット未満の工場などの大きな仕事に携われるようになり、2種であれば600ボルト以下の一般住宅などでの仕事ができます。

取得するメリット

電気工事士の資格を取得すると「仕事の幅が広がる・重宝される・他の資格取得にも有利」という3つのメリットがあります。電気工事士の資格に興味がある人は、ぜひメリットについて見ておきましょう。

仕事の幅が広がる

電気工事士の資格を持っていると手に職があるのと同じで、技術者としての仕事が幅広く対応できます。電気工事士プラス他の資格も一緒に取得しておくだけで、ビルのメンテナンス業などさまざまな職業に就けるチャンスがあり、仕事の幅も広がります。

重宝される

電気工事士の資格を持っているとどんな職業でも重宝され、歳をとっても職に困らない人が多いといわれています。一度資格を取っておき、経験を少しでもしていれば相当な強みになるでしょう。

他の資格取得にも有利

電気工事士の資格を持っていると、他の資格取得にも有利になる場合があります。例えば、消防設備士の資格を取得しようとした場合に電気工事士の資格を持っていたら、電気部分の試験が免除になります。

電気工事士の難易度

電気工事士の難易度

電気工事士の難易度についてですが、一種と二種では大幅に異なります。一種の方がより出題率が増えて技能試験もより複雑になっているので、二種の方が取得しやすいでしょう。 では、電気工事士の試験に関しての受験資格や合格率など詳しくご紹介していきます。

受験資格

国家試験ですが受験資格としては、誰でも受験可能です。ただし、電気工事士の資格を合格したあとは必ず都道府県知事に「電気工事士免状の交付」を申請しなければいけません。

試験内容

試験内容は筆記試験であればマークシート方式で、実技試験は配線図を作成して実際に配線図を見ながら施工を行います。1種も2種も筆記と実技ですが、1種の方がより詳しくて複雑な内容になっています。

試験日

試験日は上期と下期に分れており、上期であれば6月上旬に筆記試験・7月下旬に技能試験、下期であれば9月下旬に筆記試験・12月上旬に技能試験が行われます。まずは電気技術試験センターに申し込むところから始まりますので、早めの申し込みをして計画を立てておきましょう。

合格率

合格率に関しては、筆記試験は60%近くの人が合格し、技能試験は70%以上の人が合格しています。しっかりと対策を行い、勉強していけば取得可能な試験・資格だということです。

電気工事士の資格、そしてそれ以外の資格取得に興味がある方は「Brush up学び」で資料請求してみるといいでしょう。しっかりとした資料を見て、どうしていけば資格取得できるのかご紹介しているサイトになります。

電気工事士になるための勉強法

電気工事士になるための勉強法

電気工事士になるための勉強法について筆記試験と技能試験に分けてご紹介していきます。電気工事士の資格は何歳からでチャレンジできる資格なので、しっかりと対策を行ってから挑みましょう。

筆記試験

筆記試験に関しては参考書や過去問題集がたくさん販売されているので、本を買って勉強するといいでしょう。もし、電気に関する学校に通っていたのであれば今まで勉強してきた内容が出題されるので、復習して勉強するだけで十分でしょう。

技能試験

技能試験に関しては工具を実際に使いながらの試験になるので、経験者に直接教えてもらう、もしくは学校に通って習う必要があるでしょう。工具としては、ペンチやドライバーなど器用にスムーズよく作業していくコツが必要になります。

電気工事士は魅力がある

電気工事士の資格を取得すると、自宅にある電気機器を業者の人を呼ばずに直せたりと私生活でも役に立つこともあるでしょう。また、電気工事士の資格を持っている人を募集している仕事もたくさんあるので、転職や副業することが可能です。何か資格を取りたいと考えている人は、電気工事士の資格を取ってみてはいかがでしょうか。

電気工事士の年収

関連タグ

アクセスランキング