IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

高卒でもらえる初任給の平均相場と手取額|初任給平均の推移

就活ノウハウ

皆さんは、「高卒」の初任給についてどんなイメージを持ちますか?昔は良く「高卒で就職してもあまり良い給料がもらえない」なんて言われることが多かったと思います。しかし、今はその状況が変わりつつあるんです。今回は「高卒」の場合の初任給について見ていきたいと思います。

更新日時:

「大卒」や「高卒」などの学歴によって差が生まれる初任給

皆さんはこんな経験はありませんか? 「大学卒業しているのと高卒で就職するのとではお給料が違うんだから、ちゃんと大学に進学してから就職しなさい」と親に言われるといった経験です。確かに、「大卒」で就職するのと「高卒」で就職するのとでは、その後のお給料や年収、また待遇まで違ってくるケースがあります。 そういった場合、「大卒」と「高卒」の間にある待遇や給料の差というのは、就職してから昇進・昇給できるような年代になってからではなく、就職した時点から始まるものなんです。そのことが顕著に表れるのが、「初任給」の金額の違いです。「大卒」なのか「高卒」なのかでの違いは、すでに「初任給」から始まっているんです。 今回は、「高卒」の場合の「初任給」について様々な観点から考察していきたいと思います。まずは、「高卒」の場合の初任給の平均金額について見て行きましょう。

「高卒」の場合の初任給の平均は月におよそ16万円前後

では早速ですが、「高卒」の場合の初任給の平均相場は一体どのくらいなのかを見て行きましょう。結論から言うと、「高卒」の場合の初任給の平均相場は、だいたい16万円前後です。この数値は厚生労働省の調査の結果によるもので、基本的には毎年「高卒」の初任給の平均相場はこの程度となっています。 ちなみに、「大卒」の場合だと、初年度の平均年収がだいたい200万円~230万円程度南尾で、そこから計算すると、初任給の平均相場はおよそ19万円前後ということになります。「短大卒」の場合は、初年度の平均年収うがだいたい170万円~200万円程度で、初任給の平均相場は、だいたい17万円~18万円程度となっています。 これらと比べると、「高卒」の場合の初年度平均年収がだいたい150万円~180万円で、初任給の平均相場がおよそ16万円前後というのは、かなり少ないですよね。

「高卒」の場合の平均手取り相場は月におよそ13万円~14万円

次は、「高卒」の場合の、月の平均手取り相場について見ていきたいと思います。先ほどご紹介した「高卒」の初年度の平均年収である150万円~180万円。そして初任給の平均相場である16万円前後という数値を踏まえて、「高卒」の場合の月の平均手取り金額を計算すると、月にだいたい13万円~14万円程度ということになります。 ちなみに、「大卒」の場合の平均手取り額は、だいたい16万円程度で、「短大卒」の場合の平均手取り額はだいたい15万円程度になります。やはり「大卒」や「短大卒」と比べると、「高卒」の場合は、月の手取り額も少ないという傾向のようです。

「高卒」の平均年収・平均取り額・初任給の増加率

確かに「高卒」で就職した場合、「大卒」や「短大卒」で就職した場合よりも、平均年収や平均手取り額、初任給は低い水準です。 しかし、平均年収や手取り額、初任給の増加率はどうでしょうか?次は、「高卒」の場合の平均年収・平均手取り額・初任給の前年比増加率について見ていきたいと思います。

「高卒」の初任給は前年度からだいたい1.8パーセント増加した

では早速ですが、「高卒」の場合の平均年収・平均手取り額・初任給の前年比増加率について見ていきたいと思います。最初に言うと、「高卒」で就職した場合の平均年収は前年度と比べて、1.8%も増加しています。それに伴って、「高卒」の平均手取り額や初任給の金額も前年度と比べてアップしています。 一方で、「大卒」で就職した場合の平均年収は前年度と比べて、1.2%増加しました。そして、やはり平均手取り額や初任給の金額も前年度よりもアップしています。結果、「大卒」で就職した場合も、「高卒」で就職した場合も、どちらも前年を上回った平均年収・平均手取り額・初任給となり、「大卒」と「高卒」の間には依然として差があるということになります。 しかし、わずかな数値ではありますが、増加率という観点から見ると、「高卒」で就職した場合の方が、「大卒」で就職した場合よりも、増加した金額は高いということになります。こういったことから、年々「学歴の差が縮まりつつある」と言えます。

都道府県別に見た「高卒」の初任給

ここまでは、「高卒」の平均年収・平均手取り・平均初任給について見てきましたが、ここからは、それら平均年収・平均手取り・平均初任給について、「地域別」や「業種別」で見ていきたいと思います。 ではまずは、「高卒」の平均年収・平均手取り・平均初任給の状況を、「地域別」に見て行きましょう。

関東圏は有名企業が集中してるため高卒の初任給が高い

では早速ですが、「高卒」の平均年収・平均手取り・平均初任給について、「地域別」に見て行きましょう。以下に「都道府県」別に「高卒」の平均年収を見たときに、上位5県とワースト5県をランキング形式でまとめてみました。 <上位5位> ・1位 東京 平均年収 582万円 ・2位 神奈川 平均年収 532万円 ・3位 愛知 平均年収 518万円 ・4位 京都 平均年収 487万円 ・5位 滋賀 平均年収 484万円 <ワースト5位> ・43位 宮崎 平均年収 363万円 ・44位 岩手 平均年収 352万円 ・45位 秋田 平均年収 351万円 ・46位 青森 平均年収 345万円 ・47位 沖縄 平均年収 339万円 まず、「地域別」に見たときに、「高卒」の平均年収が比較的高いのが、「東京都」や「神奈川県」などを中心とした「関東圏」です。では、まずなぜ「関東圏」では、「高卒」の平均年収が比較的高いのでしょうか?その一番の理由は、都心に近く、あらゆる有名企業が「関東圏」に集中しているからだと考えられます。 基本的に、有名企業の給与や待遇は他の一般企業と比べると、やはり高めに設定されていますし、「関東圏」には若手層が集中しているいます。その中から、各企業がより優秀な人材を確保するために、「高卒」であっても初任給が比較的高めに設定されています。 そのため、「東京都」や「神奈川県」などを中心とした関東圏内の各県では、「高卒」でも比較的平均年収・平均手取り額・平均初任給が高くなっています。

近畿地方では観光業が盛んなため高卒の初任給が比較的高い

「関東圏」以外にも、もう一つ「高卒」の平均年収・平均手取り額・平均初任給が比較的高い地域があります。それは「京都」や「滋賀県」を含めた「近畿地方」です。正直「近畿地方」に「愛知県」を加えた地域のことを言います。この地域には、「東京都」や「神奈川県」を中心とした「関東圏」と同様に、主要都市のある県が多いので、有名企業が集中しているということも、「高卒」でも初任給が高い理由の一つとしてあります。 しかし、「愛知県」を含めた「近畿地方」では、「高卒」でも平均年収・平均手取り額・平均初任給が高い理由がもう一つあるんです。それは何かというと、平均初任給が高めに設定されている企業の多い、「観光業」が盛んであるということです。 「観光業界」の企業の特徴として、平均初任給が比較的高いというものがあります。初任給が高いということは、それに伴って必然的に若手層の平均年収や平均手取り額が高くなります。そしてそれは、「大卒」や「高卒」などの学歴に関係なくです。 さらに、「京都」や「奈良県」、「滋賀県」などが位置する「近畿地方」という地域は、昔から日本の文化的な中心地であったこともあり、「観光業」が盛んです。そのため、「近畿地方」では、「高卒」でも平均年収・平均手取り額・平均初任給が比較的高くなっています。

東北地方は「高卒」の初任給が低い

一方で、「高卒」の平均年収・平均手取り額・平均初任給が低い地域はどこなのでしょうか?「高卒」の平均年収・平均手取り額・平均初任給が低い地域はというと、「東北地方」です。「東北地方」で、「高卒」の平均年収・平均手取り額・平均初任給が低いその理由としては、いくつかあります。 一つは、「東日本大震災」の影響を受けているということです。「東日本大震災」の影響で、多くの人が仕事を失いました。そのため、「大卒」や「高卒」などの学歴、また「年齢」に関係なく、地域全体の平均年収・平均手取り額、そして新卒者の平均初任給も大幅に低下しました。 もう一つは、「東北地方」の過疎化が急激に進んでいるということです。過疎化が進み、若手層の流出が増すと、「東北地方」の平均年齢が上昇します。そうなってくると、多い年齢層が優遇されるようになるのは必然です。 そのため、その地域で割合の少ない若手層の平均年収・平均手取り額・平均初任給・待遇などは、ミドル層やシニア層に比べて低くなります。つまり、他県と比べて「高卒」の平均年収・平均手取り額・平均初任給・待遇などは、比較的低くなります。

業種別に見た「高卒」の初任給

ここまでは、「高卒」の平均年収・平均手取り額・平均初任給を「地域別」に見てきましたが、今度は「業種別」に「高卒」の平均初任給を見ていきたいと思います。

「卸売業」や「小売業」は「高卒」の初任給が比較的高い

では早速ですが、「高卒」の平均初任給を「業種別」に見て行きましょう。まずは、「高卒」の平均初任給が高い業種を見てみましょう。先に結論から言うと、「高卒」の平均初任給が高い業種はというと、代表的なものとして「卸売業」や「小売業」が高いとされます。 ただし、初任給は他の業種と比べて比較的高いものの、「卸売業」や「小売業」ではその後のお給料の上昇率は他の企業と比べて低いです。 つまり、「卸売業」や「小売業」などのように、専門的な知識が業務上あまり必要とされないような業種においては、初任給も比較的高く、就職したては他の業種よりも平均年収や平均手取り額は高いですが、その分その後の昇進や昇給が難しく、給料の上昇率は低いという特徴があります。

金融業は高卒の初任給が比較的低い

一方で、「高卒」の平均初任給が低い業種はというと、代表的なものとしては「金融業」などが挙げられます。 ただし、たしかに「金融業」においては、「高卒」の平均初任給は比較的低いものの、その後のお給料の上昇率は他の業種と比べて高いです。 つまり、「金融業」などのように、専門的な知識が業務上必要とされるような業種においては、初任給も比較的低く、就職したては他の業種よりも平均年収や平均手取り額は低いですが、その分その後の昇進や昇給の機会が頻繁にあり、給料の上昇率は高いという特徴があります。

ここ数年で「高卒」の初任給が低下している業種

最後に、「高卒」の平均初任給の上昇率・低下率に特徴のある業種にはどんなものがあるのかを見ていきたいと思います。

「製造業」

では早速ですが、「高卒」の平均初任給の上昇率や低下率に特徴のある業種について見ていきたいと思います。 まず一つ目は、「製造業」です。先ほども言ったように、「高卒」の平均初任給全体としては、1.8パーセントも増加している中で、「製造業」に関して言えば、全体の平均初任給は昨年と比べて0.4パーセントも低下しています。

「建設業」

二つ目は、「建設業」です。「卸売業」や「小売業」と同じように、「建設業」は「高卒」の平均初任給が比較的高い業種なんです。 さらに、「高卒」全体の平均初任給の上昇率は1.8パーセントとご紹介しましたが、「建設業」において言えば、その「高卒」の平均初任給の上昇率は4.1パーセントにも及んでいます。 平均値が1.8パーセントの環境下で、その上昇率が4パーセント以上というの、非常に高い数値と言えるでしょう。

「中小企業」

三つ目は、「中小企業」全般です。先ほどから何度も言っている、「高卒」全体の平均初任給は1.8パーセントも上昇しています。 しかし、それはあくまで平均値であるだけで、今まで紹介した「業種別」・「地域別」に見たときのように、企業の規模によっても「高卒」の平均初任給の上昇率に差が存在します。言ってしまえば、「高卒」の平均初任給の上昇率が、全体の平均値である1.8パーセント以上に達している企業というのは、そのほとんどが「大手企業・一流企業」です。 その一方で、「中小企業」の多くは、「高卒」の平均初任給はここ数年で低下傾向気味のところが圧倒的に多くなっています。

様々な条件によって「高卒」の平均初任給は変化する

いかがでしたでしょうか? 今回は、「高卒」の平均年収・平均手取り額・平均初任給について「業種別」や「地域別」など、様々な観点から考察してみました。 今では、昔に言われていた「高卒」の平均年収・平均手取り額・平均初任給の状況とは大きく変わってきています。実際に「大卒」なのか、それとも「高卒」なのかなどと言った「学歴」による平均初任給の差はあまり感じられなくなって来てはいるものの、その分「業種」や「地域」など、様々な条件によって変化のしやすい環境へと変わってきています。 特にこれから社会人として会社に就職して、働き始めるという学生さんは、今回ご紹介した「高卒」の平均年収・平均手取り額・平均初任給事情を参考に、これから待っている自分の就職について今一度考えてみると良いかもしれませんね。 それ以外でも、今回ご紹介したことが、皆さんにとって何か参考になれば幸いです。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

新卒で入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 新卒入社で身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。 「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。特に、「DODA(デューダ)」は、求人数も多く、古くから運営されているため、求人の動向を詳細に教えてくれますよ。 来週にでも、「自分のスキルで転職して年収が上がるのか」を仕事帰りに聞きにいってみましょう。想像よりも自分のスキルへの評価が高くて驚くかもしれません。 ※相談は無料

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)