IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

高卒でもらえる初任給の平均相場と手取額|初任給平均の推移

就活

皆さんは、「高卒」の初任給についてどんなイメージを持ちますか?昔は良く「高卒で就職してもあまり良い給料がもらえない」なんて言われることが多かったと思います。しかし、今はその状況が変わりつつあるんです。今回は「高卒」の場合の初任給について見ていきたいと思います。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 関東圏観光業は初任給が高い
  • 高卒の手取りはおよそ13万
  • 高卒と大卒は初任給から差が出る

高卒と大卒では、就職したときに待遇が違うということを聞いたことのある人は、多いのではないでしょうか。大学に行く意味はないと言う人も増えてきた今、高卒と大卒の差について、改めて考えてみましょう。 もしあなたが高卒で仕事を探しているのなら、一度専門のアドバイザーに相談してみましょう。JAIC」は高卒・フリーターや大学中退者の就職相談にのってくれます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

高卒や大卒など学歴によって異なる初任給

高卒や大卒など学歴によって異なる初任給

「大学卒業しているのと高卒で就職するのとではお給料が違うんだから、ちゃんと大学に進学してから就職しなさい」と親に言わた経験ありませんか? 確かに大卒で就職するのと高卒で就職するのとでは、その後のお給料や年収、また待遇まで違ってくるケースがあります。 「大卒」と「高卒」の間にある待遇や給料の差というのは、就職してから昇進・昇給できるような年代になってからではなく、就職した時点から始まるものなんです。 今回は、高卒の場合の初任給について様々な観点から考察していきます。

高卒の場合の初任給

では早速ですが、「高卒」の場合の初任給の平均相場は一体どのくらいなのかを見て行きましょう。 結論から言うと、「高卒」の場合の初任給の平均相場は、だいたい16万円前後です。この数値は厚生労働省の調査の結果によるもので、基本的には毎年「高卒」の初任給の平均相場はこの程度となっています。 ちなみに、「大卒」の場合だと、初年度の平均年収がだいたい200万円~230万円程度南尾で、そこから計算すると、初任給の平均相場はおよそ19万円前後ということになります。「短大卒」の場合は、初年度の平均年収うがだいたい170万円~200万円程度で、初任給の平均相場は、だいたい17万円~18万円程度となっています。 これらと比べると、「高卒」の場合の初年度平均年収がだいたい150万円~180万円で、初任給の平均相場がおよそ16万円前後というのは、かなり少ないですよね。

高卒の場合の平均手取り相場

次は、「高卒」の場合の、月の平均手取り相場について見ていきたいと思います。 先ほどご紹介した「高卒」の初年度の平均年収である150万円~180万円。そして初任給の平均相場である16万円前後という数値を踏まえて、「高卒」の場合の月の平均手取り金額を計算すると、月にだいたい13万円~14万円程度ということになります。 ちなみに、「大卒」の場合の平均手取り額は、だいたい16万円程度で、「短大卒」の場合の平均手取り額はだいたい15万円程度になります。 やはり「大卒」や「短大卒」と比べると、「高卒」の場合は、月の手取り額も少ないという傾向のようです。 ただ、就職先によって手取りの相場が変わってくることも事実です。今の手取りで悩んでいる方がもしいれば、さまざまなケース別で徹底比較した転職エージェントをご紹介している記事があるので読んで転職の参考にしてみてください。

初任給から差し引かれる項目も知っておこう

給料の総支給額から差し引かれる項目として、社会保険や所得税、税金等の控除額が大きく関わってきます。 また、住宅手当や残業手当といった会社から支給されるお金もあるので、最終的に差し引いたりした金額が貰える手取り額となります。初任給が15万だった場合は、手取りの平均として12~13万くらいになるでしょう。

高卒の平均年収・手取り額・初任給の増加率

高卒の平均年収・手取り額・初任給の増加率

高卒で就職した場合、「大卒」や「短大卒」で就職した場合よりも、平均年収や平均手取り額、初任給は低い水準です。 事前に応募する企業や求人について、しっかりと対策をする必要があります。対策に関しては「プロに相談」するのが一番でしょう。 しかし、平均年収や手取り額、初任給の増加率はどうでしょうか?次は、「高卒」の場合の平均年収・平均手取り額・初任給の前年比増加率について見ていきたいと思います。

高卒の初任給増加率

では早速ですが、「高卒」の場合の平均年収・平均手取り額・初任給の前年比増加率について見ていきたいと思います。 最初に言うと、「高卒」で就職した場合の平均年収は前年度と比べて、1.8%も増加しています。それに伴って、「高卒」の平均手取り額や初任給の金額も前年度と比べてアップしています。 一方で、「大卒」で就職した場合の平均年収は前年度と比べて、1.2%増加しました。そして、やはり平均手取り額や初任給の金額も前年度よりもアップしています。 結果、「大卒」で就職した場合も、「高卒」で就職した場合も、どちらも前年を上回った平均年収・平均手取り額・初任給となり、「大卒」と「高卒」の間には依然として差があるということになります。 しかし、わずかな数値ではありますが、増加率という観点から見ると、「高卒」で就職した場合の方が、「大卒」で就職した場合よりも、増加した金額は高いということになります。こういったことから、年々、学歴の差が縮まりつつあると言えます。 実際に企業の現状を熟知するプロが在籍するエージェントを活用して、初任給が高い、そして安定した求人を紹介してもらうという手もあります。無料相談で利用できるので、気になる方は一度覗いてみて下さい。

高卒の初任給を都道府県別でご紹介

高卒の初任給を都道府県別でご紹介

ここまでは、「高卒」の平均年収・平均手取り・平均初任給について見てきましたが、ここからは、それら平均年収・平均手取り・平均初任給について、「地域別」や「業種別」で見ていきたいと思います。 ではまずは、「高卒」の平均年収・平均手取り・平均初任給の状況を、「地域別」に見て行きましょう。

関東圏

では早速ですが、「高卒」の平均年収・平均手取り・平均初任給について、「地域別」に見て行きましょう。以下に「都道府県」別に「高卒」の平均年収を見たときに、トップ5県とワースト5県をランキング形式でまとめてみました。 <上位5位> ・1位 東京 平均年収 582万円 ・2位 神奈川 平均年収 532万円 ・3位 愛知 平均年収 518万円 ・4位 京都 平均年収 487万円 ・5位 滋賀 平均年収 484万円 <ワースト5位> ・43位 宮崎 平均年収 363万円 ・44位 岩手 平均年収 352万円 ・45位 秋田 平均年収 351万円 ・46位 青森 平均年収 345万円 ・47位 沖縄 平均年収 339万円 まず、「地域別」に見たときに、「高卒」の平均年収が比較的高いのが、「東京都」や「神奈川県」などを中心とした「関東圏」です。では、まずなぜ「関東圏」では、「高卒」の平均年収が比較的高いのでしょうか?その一番の理由は、都心に近く、あらゆる有名企業が「関東圏」に集中しているからだと考えられます。 基本的に、有名企業の給与や待遇は他の一般企業と比べると、やはり高めに設定されていますし、「関東圏」には若手層が集中しています。 その中から、各企業がより優秀な人材を確保するために、「高卒」であっても初任給が比較的高めに設定されています。 そのため、「東京都」や「神奈川県」などを中心とした関東圏内の各県では、「高卒」でも比較的平均年収・平均手取り額・平均初任給が高くなっています。 しかし関東圏は人口も多くライバルも多いため、しっかりとした準備が必要になります。不安があればJAICに一度相談してみましょう。フリーターや高卒の就職支援もしてもらえます。

近畿地方

「関東圏」以外にも、もう一つ「高卒」の平均年収・平均手取り額・平均初任給が比較的高い地域があります。 それは「京都」や「滋賀県」を含めた「近畿地方」です。正確には、「近畿地方」に「愛知県」を加えた地域のことを言います。 この地域には、「東京都」や「神奈川県」を中心とした「関東圏」と同様に、主要都市のある県が多いので、有名企業が集中しているということも、「高卒」でも初任給が高い理由の一つとしてあります。 しかし、「愛知県」を含めた「近畿地方」では、「高卒」でも平均年収・平均手取り額・平均初任給が高い理由がもう一つあるんです。 それは何かというと、平均初任給が高めに設定されている企業の多い、「観光業」が盛んであるということです。 「観光業界」の企業の特徴として、平均初任給が比較的高いというものがあります。初任給が高いということは、それに伴って必然的に若手層の平均年収や平均手取り額が高くなります。そしてそれは、「大卒」や「高卒」などの学歴に関係なくです。 さらに、「京都」や「奈良県」、「滋賀県」などが位置する「近畿地方」という地域は、昔から日本の文化的な中心地であったこともあり、「観光業」が盛んです。そのため、「近畿地方」では、「高卒」でも平均年収・平均手取り額・平均初任給が比較的高くなっています。

東北地方

一方で、「高卒」の平均年収・平均手取り額・平均初任給が低い地域はどこなのでしょうか? 「高卒」の平均年収・平均手取り額・平均初任給が低い地域はというと、「東北地方」です。「東北地方」で、「高卒」の平均年収・平均手取り額・平均初任給が低いその理由としては、いくつかあります。 一つは、「東日本大震災」の影響を受けているということです。「東日本大震災」の影響で、多くの人が仕事を失いました。そのため、「大卒」や「高卒」などの学歴、また「年齢」に関係なく、地域全体の平均年収・平均手取り額、そして新卒者の平均初任給も大幅に低下しました。 もう一つは、「東北地方」の過疎化が急激に進んでいるということです。過疎化が進み、若手層の流出が増すと、「東北地方」の平均年齢が上昇します。そうなってくると、多い年齢層が優遇されるようになるのは必然です。 そのため、その地域で割合の少ない若手層の平均年収・平均手取り額・平均初任給・待遇などは、ミドル層やシニア層に比べて低くなります。つまり、他県と比べて「高卒」の平均年収・平均手取り額・平均初任給・待遇などは、比較的低くなります。

高卒の初任給を業種別に見てみよう

高卒の初任給を業種別に見てみよう

ここまでは、「高卒」の平均年収・平均手取り額・平均初任給を「地域別」に見てきましたが、今度は「業種別」に「高卒」の平均初任給を見ていきたいと思います。 平均の初任給やその企業の昇給率など、就職に関することをもっと詳しく聞くこともできるエージェントを活用しましょう。ぜひ一度「無料相談」してみるといいでしょう。

初任給が比較的高い業種

では早速ですが、高卒の平均初任給を「業種別」に見て行きましょう。まずは、高卒の平均初任給が高い業種を見てみましょう。 あなたの希望する業種が当てはまるのか確認してみましょう。

卸売業や小売業

高卒の平均初任給が高い業種の代表的なものとして「卸売業」や「小売業」が高いとされます。 ただし、初任給は他の業種と比べて比較的高いものの、「卸売業」や「小売業」ではその後のお給料の上昇率は他の企業と比べて低いです。 つまり、「卸売業」や「小売業」などのように、専門的な知識が業務上あまり必要とされないような業種においては、初任給も比較的高く、就職したては他の業種よりも平均年収や平均手取り額は高いですが、その分その後の昇進や昇給が難しく、給料の上昇率は低いという特徴があります。

建設業

建設関連の初任給の平均は約17万とされています。オリンピックや万博などの大きなイベントごとが行われる予定が多く、都市開発も盛んに進んでいることが関係しています。 初任給が比較的高い業種として人気を集めている業種でもあるので、しっかり技術を身に付けてスキルアップを目指して頑張りましょう。

IT業界

IT業界の初任給の平均は約16万5千円とされています。インターネットが復旧して常に進化を続けているので、将来的に仕事は安定していると思いますが、忙しい業界なので常にバタバタと働かなければいけないでしょう。 初任給が比較的高いという理由で就職し、その後に仕事や給料に関する不満が出てくるという人は多くいます。 転職するとなると現在の仕事や給料面よりもいい環境で仕事をしたいと考えるのが一般的で、そんな方のためにおすすめの転職エージェントを紹介している記事があります。それぞれの年収等をご紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。

初任給が比較的低い業種

初任給が比較的低いとされる業種はというと、代表的なものとしては「金融業」などが挙げられます。その他にもさまざまな業種がありますので、ご紹介していきます。 これから何の仕事に就こうかなと考えている人は、参考にしてみてください。

金融

金融業は高卒の平均初任給は比較的低いものの、その後のお給料の上昇率は他の業種と比べて高いです。 つまり、「金融業」などのように、専門的な知識が業務上必要とされるような業種においては、初任給も比較的低く、就職したては他の業種よりも平均年収や平均手取り額は低いですが、その分その後の昇進や昇給の機会が頻繁にあり、給料の上昇率は高いという特徴があります。 こういった職業を目指しているのなら、資格があると面接などでアピールしやすくなるかもしれません。

飲食・サービス

飲食関係やサービス業の初任給平均は、約15万とされています。長期的に見れば徐々に役職アップや業務のステップアップをしていくことで給料が上がる可能性が高いでしょう。 コミュニケーション力や接客力を身に付けることで、仕事の幅を広げられるので自分に向いていると思う方はおすすめの職種です。

医療・福祉

常に人手不足とされる医療や福祉関連の初任給平均は、約16万とされています。資格を持っていれば一生困ることがないと言われる世界ではありますが、経験やスキルを身に付けることが大切なので将来的には給料アップが期待できるでしょう。

高卒の初任給が低下している業種

高卒の初任給が低下している業種

最後に、「高卒」の平均初任給の上昇率・低下率に特徴のある業種にはどんなものがあるのかを見ていきたいと思います。

製造業

では早速ですが、「高卒」の平均初任給の上昇率や低下率に特徴のある業種について見ていきたいと思います。 まず一つ目は、「製造業」です。先ほども言ったように、「高卒」の平均初任給全体としては、1.8パーセントも増加している中で、「製造業」に関して言えば、全体の平均初任給は昨年と比べて0.4パーセントも低下しています。

建設業

二つ目は、「建設業」です。「卸売業」や「小売業」と同じように、「建設業」は「高卒」の平均初任給が比較的高い業種なんです。 さらに、「高卒」全体の平均初任給の上昇率は1.8パーセントとご紹介しましたが、「建設業」において言えば、その「高卒」の平均初任給の上昇率は4.1パーセントにも及んでいます。 平均値が1.8パーセントの環境下で、その上昇率が4パーセント以上というの、非常に高い数値と言えるでしょう。

中小企業

三つ目は、「中小企業」全般です。先ほどから何度も言っている、「高卒」全体の平均初任給は1.8パーセントも上昇しています。 しかし、それはあくまで平均値であるだけで、今まで紹介した「業種別」・「地域別」に見たときのように、企業の規模によっても「高卒」の平均初任給の上昇率に差が存在します。 言ってしまえば、「高卒」の平均初任給の上昇率が、全体の平均値である1.8パーセント以上に達している企業というのは、そのほとんどが「大手企業・一流企業」です。 その一方で、「中小企業」の多くは、「高卒」の平均初任給はここ数年で低下傾向気味のところが圧倒的に多くなっています。

高卒の平均初任給は条件によって変化する

この記事のまとめ
  • 関東圏観光業は初任給が高い
  • 高卒の手取りはおよそ13万
  • 高卒と大卒は初任給から差が出る

今回は、「高卒」の平均年収・平均手取り額・平均初任給について「業種別」や「地域別」など、様々な観点から考察してみました。今では、昔に言われていた「高卒」の平均年収・平均手取り額・平均初任給の状況とは大きく変わってきています。 実際に「大卒」なのか、それとも「高卒」なのかなどといった「学歴」による平均初任給の差はあまり感じられなくなって来てはいるものの、その分「業種」や「地域」など、様々な条件によって変化のしやすい環境へと変わってきています。 特にこれから社会人として会社に就職して、働き始めるという学生さんは、今回ご紹介した「高卒」の平均年収・平均手取り額・平均初任給事情を参考に、これから待っている自分の就職について今一度考えてみると良いかもしれません。 不安なことや分からないことがあれば、気軽に先輩やアドバイザーに相談してみてください。アドバイザーに相談するなら「JAIC」がおすすめです。

関連タグ

アクセスランキング