IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【確定申告】申告準備に必要なもの・提出方法・提出場所

確定申告

確定申告は給与所得者や年金受給者の方は源泉徴収が行われる為不要なのですが、パートアルバイトや途中で転職や副業をしている人、受給額が規定以上の年金受給者や個人事業主は確定申告が必要です。その際に必要なものや必要なものの提出方法を早めに確認して備える事が大事です。

更新日時:

まず必要なものは源泉徴収票の取得

給与所得者や年金受給者は確定申告の際に源泉徴収票が必要なものとなります。通常の給与所得者や年金受給者は会社で年末調整をしますのでいいのですが、途中で転職などをした方は自分で確定申告をする必要がありますので、前職の源泉徴収票ももらっておきましょう。現職と前職の2枚の源泉徴収票が必要なものとなります。 パート・アルバイト、年金受給者の方も確定申告をする必要があり、その際にはこちらも源泉徴収票が必要なものですので準備します。

送られてきた社会保険料の控除証明書などの提出も必要なもの

確定申告では社会保険に加入し保険料を支払っている証明書を必要なものとして貼付する必要があります。国民健康保険や国民年金などの控除証明書、また民間の保険に加入している方は生命保険や年金保険や地震保険料、(旧)長期損害保険料などの控除証明書も必要です。 11月頃になると送られてきますのでそれらは必要なものとして大切に取っておいてもれのないように提出します。

確定申告で医療費控除が必要な方は医療費の領収書を準備

年間の医療費の額が高額で確定申告の控除対象になる方は医療費の領収書を保管しておいて提出しなければなりません。常々保管をして必要なものとして整理をしておくと慌てなくて済みます。

住宅ローン控除を受ける方は初めて受ける年に資料を提出

確定申告で住宅ローン控除を受ける方は、住宅ローンを借りた最初の年に下記の必要なものを準備します。 ・住宅借入金等特別控除額の計算明細書 ・住民票の写し ・建物・土地の登記事項証明書 ・建物・土地の不動産売買契約書(請負契約書)の写し ・金融機関の住宅ローンの「残高証明書」 2年目からは必要なものとして「残高証明書」と税務署からの「年末調整のための住宅借入金等控除証明書」を出すことで手続きをすることができます。 尚、給与所得者は会社の年末調整でこれらを必要なものとして提出しますのでそれで大丈夫です。

個人事業主は白色申告では収支内訳書、青色申告では青色申告決算書を提出

個人事業主の確定申告では社会保険料の控除証明書や医療費控除、住宅ローン控除のための書類も必要なものですが、その他に白色申告では収支内訳書、青色申告では青色申告決算書を必要なものとして準備して提出します。

確定申告書類の提出方法はネット、郵送、持参の3通り

最近はネットで確定申告をするe-Taxという方法もできるようになり便利になりました。確定申告書類の提出方法は3通りあり、1つ目は、そのネットで確定申告を提出する方法です。電子証明書(住基カード)を読み取るカードリーダーが必要でその点が少し面倒ではありますが、2年目の申告からは楽です。 2つ目は国税庁のサイトの確定申告書等作成コーナーに準備されている確定申告の書類に入力または手書きをして郵送する方法です。入力方法も詳しく順番を追って説明されていますので意外と楽なおすすめの方法です。 この2つの方法は必要なものさえ書類を揃えておけば家にいながら確定申告をすることができますので出掛ける時間がない方には活用をおすすめします。 また3つ目は税務署に必要なものを持って出掛けて行って確定申告をする、持参の方法です。その際には認め印の印鑑と自分名義の通帳も持参します。還付される場合の口座を記入する必要がありますので通帳を持っていきましょう。 以上の3つの提出方法の中から、時間がない方はネットで、いろいろ訊ねながら申告をしたい方は持参してなど、自分に合ったそれぞれの方法で確定申告を行ってみませんか。

確定申告に必要なものは早めに準備し、自分に向く提出方法を

確定申告の時期は毎年決まっていますし、必要なものも決まっていますので早めに準備をし、ネット、郵送、持参の3つの方法から自分に向いている提出方法で申告を早めに行いましょう。 早めにやることで混み合わずに済みますし、必要なものに不足があっても追加することができますので早く準備を行っておくことは大事なことです。 医療費控除や住宅ローン控除や個人事業主の方などは特にそれらの必要書類をきちんと整える必要がありますので準備期間を長く持たれることがおすすめです。

関連タグ

アクセスランキング