IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

土地家屋調査士の試験内容・難易度と合格率|独学での合格方法

資格・検定

あまり聞きなれない資格だと思いますが、皆さん土地家屋調査士という資格をご存知でしょうか?今回は、土地家屋調査士の試験内容や試験難易度、合格率、独学での合格方法、試験科目、試験免除制度、おすすめ問題集について解説していきます。

更新日時:

土地家屋調査士の試験内容の概要

土地家屋調査士という資格の概要

土地家屋調査士は、表示の登記という法務手続きを代理することができる国家資格です。表示の登記という手続きを代理することができるのは、土地家屋調査士に限られます。弁護士が権限上可能かどうかということは議論がありますが、業務内容の専門性から、土地家屋調査士以外が代理をすることは事実上不可能といえます。 つまり、表示の登記という仕事、手続きについて独占できるのが土地家屋調査士です。また、土地家屋調査士は表示の登記に限らず、筆界(境界)の特定手続き代理をすること、境界の争いについて一定限度で代理すること、登記所(法務局)の判断の一部に対して審査請求という不服申し立てをすることなどができます。土地と家屋は生きていく上で必要不可欠です。その法務手続きについて、独占代理権を持っている土地家屋調査士は、極めて大きな利権を持った資格ということができます。

表示の登記の意味と測量士などとの違い

ここで簡単に表示の登記という手続きについて説明しますと、表示の登記とは、不動産の現状を法務局(登記所)に対して記録を申請するという手続きです。例えば、土地について、地積や地目、家屋について、材質や構造などを正確に測量して法務局へ申請します。測量というと、測量士や測量士補などの資格が思い浮かばれるかもしれません。 しかし、測量士などは、登記申請という法務局(登記所)への手続きはできません。表示の登記申請を測量士などがすれば、土地家屋調査士法違反になります。また、土地家屋調査士と親和性がある資格として、司法書士があります。司法書士も法務局(登記所)に対して登記申請をする代理人です。 ただ、司法書士と土地家屋調査士とでは申請できる登記の種類が異なります。司法書士ができるのは権利に関する登記といわれるもので、所有権や抵当権など法律的な権利についての登記です。司法書士と土地家屋調査士とでは、申請することができる登記の種類が異なるということです。資格ごとで職域が異なるのは一般に非常にわかりにくいものですが、資格制度は国の決めてしまったものなのでやむを得ない面があります。 以上のように、土地家屋調査士は登記の中でも表示の登記に関して、代理権限を有する国家資格者ということになります。

試験内容

この土地家屋調査士の試験内容は、答えとなる選択肢を選ぶ択一式と、申請書を作成する記述式とになります。なお、受験資格はありません。未成年者や外国人の方などでも受験可能です。具体的な試験科目は後述します。また、合格点は年度により異なります。土地家屋調査士試験は、いわゆる相対試験であり、上位から一定者数が合格するという仕組みであるためです。

土地家屋調査士の試験難易度

難易度位置づけが難しい土地家屋調査士の試験難易度

土地家屋調査士の試験の難易度ですが、実はなかなか難易度の位置づけが難しい試験です。 土地家屋調査士の試験科目のうち、民法や不動産登記法の択一など知識面は、机に向かって勉強をすれば、点数は伸びる傾向にあります。最終的には、理解をした上で正確におぼえているかどうかという問題ですので、しっかりと勉強をすれば点数を取ることができます。 しかし、土地の申請書の問題が「くせもの」です。 土地の申請書は、高校1年生から2年生程度の数学の理解がないと、作成することが不可能です。つまり、数学の理解が前提として必要となります。一般に法律系の資格は文系の力がものをいいます(司法試験、司法書士試験、行政書士試験など)。ありていに言えば、国語や社会が得意な人が法律系の資格に向いているというのが一般的です。 しかし、土地家屋調査士では、法律系資格にも関わらず、数学の理解が必要となるということから、数学が得意かどうかによって難易度の捉え方が人によってかなり異なります。 数学が得意であった方にとっては、易しめに感じやすい反面、数学があまり得意でない方にとっては過剰に難しい試験と感じられます。そのため、難易度が人ごとに違ってしまうというのが土地家屋調査士試験の特徴です。

土地家屋調査士合格に有利なスキルや状況

上述のように、数学の理解があると土地家屋調査士試験に有利と言えます。また、実無職が極めて強い試験ですので、ご実家が土地家屋調査士である方や、補助者をされている方などは、仕事内容の一部を問われているだけとなり、非常に簡単に感じることもあります。これらの方は土地家屋調査士試験では有利といえます。 ただ、民法や不動産登記法の理論的な面などはどうしても理解と暗記が必要となりますので、学習を継続する精神力は絶対に必要です。

土地家屋調査士試験の合格率

土地家屋調査士試験の合格率はおおむね、8パーセントです。 相対評価試験ですので小数点単位では毎年合格率は異なりますが、8パーセント前後は維持されています。なお、人数としては毎年400人程度です。合格率や合格者については大きな変化は考えにくい状況です。

独学での合格方法

一般的に独学はおすすめできない

一般論として、資格の独学はおすすめができません。資格取得のためには、独特の思考方法を身につけた上で、試験に出題されるポイントを正確に抑える必要があります。 そして、そのような特殊な思考方法は資格試験予備校に蓄積されています。この点は土地家屋調査士でも違いはありません。 そのため、独学より予備校を利用した学習がおすすめできます。独学には費用を抑えることが出来るという意味で大きなメリットがありますが、年に1度だけの土地家屋調査士試験合格のためには予備校の利用がおすすめできます。

答練だけは受験をしに行くこと

仮に独学で学習されるとした場合、答案練習会(答練、いわゆる模擬試験です)だけは受験されることがおすすめです。答練はご自身の力を客観的に図る唯一の機会です。またご自身の弱点分野をしっかりと掴むことができます。大手の予備校の答練であれば、受験母体が大きいため、相当客観的にご自身の順位を把握できます。 また、出題が予想される分野から弱点を見つけることができます。独学をされる場合でも、答練の受験は強くおすすめ出来ます。

試験科目

土地家屋調査士試験は午前中に平面測量を10問と作図1問、午後は民法や不動産登記法20問、土地と建物の申請書作成を各1問です。ただ、現実にはほとんどの受験生が後述の科目免除制度を利用して午後の択一式と土地建物の申請書作成のみを受験します。

試験免除制度~絶対オススメの測量士補

土地家屋調査士試験は前述のように、午前と午後にテストがあります。 しかし、測量士補の試験に合格していれば、午前中の試験は免除されます。実際に午前から土地家屋調査士試験を受験される方は非常に少なく、測量士補取得で午前免除を得て午後を受験する方が圧倒的です。

おすすめ問題集

大手予備校のものとしてはLECのものがおすすめです。いわゆる老舗の問題集として、早稲田法科専門学院や東京法経学院のものがあります。問題集は、すべての問題がスラスラ解くことが出来るようまで1冊を徹底して繰り返すこと(いわゆる問題集を「つぶす」こと)が肝要と言えます。 しっかりつぶしさえすれば、いずれの予備校の問題集であっても、相違はないというのが現実的なところです。(ただし、歴史の長さでは早稲田法科専門学院に一日の長があります)

土地家屋調査士の試験を突破するにあたって

いかがでしょうか? 以上の通り、今回は土地家屋調査士の試験や合格方法、難易度についてお話ししていきました。皆さんの土地家屋調査士のイメージと合っていましたか?違っていましたか?土地家屋調査士の資格は、価値がある資格となっていますので、取得して損はないと考えられます。ぜひ上記記事内容を理解してくださって、皆さんの役に立てれば嬉しく思います。

関連タグ

アクセスランキング