IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

役に立つ資格一覧(男性/女性/主婦)|就活の役に立つ資格

更新日:2020年08月14日

資格・検定

皆さんは、何か資格を取得していたりしますか?「実力主義」の風潮が強まってきている今日この頃、「役に立つ資格」の需要性や重要性は年々高まっています。今回は、性別・主婦・就活の際に「役に立つ資格」をいくつか形式でご紹介していきたいと思います。

このご時世「資格」の重要性は極めて高い

突然ですが、皆さんは何か「資格」を持っていたりしますか? 例えば、教育関係の資格であれば、「保育士」だったり「教職免許」などが代表的ですし、女性にのある資格と言えば、「調理資格」。最近需要が高まっているもので言えば、「薬剤師資格」などがありますね。 実は、現代において「資格」というのは非常に重要で、さらに年々その需要性がますます上がっているものだと言えます。 今回は、そんな「資格」についてご紹介していきたいと思うわけですが、中でも特に「役に立つ資格」というものをいくつかご紹介していきたいと思います。 さらに今回は、わかりやすいように「性別」や「就職」などの様々な観点から「役に立つ資格」について見ていきたいと思います。 とは言っても、いきなり「役に立つ資格」についてご紹介するのではなく、まずはなぜ今資格の重要性や需要性が高まっているのかについて見ていきたいと思います。

現代は実力主義の社会

では早速ですが、なぜ現代において「資格」の重要性や需要性が高まってきているのかについて話をしたいと思います。 「資格」というものが、その重要性や需要性を高めている主な要因として、「現代が実力主義の社会である」ということが挙げられます。 最近では、先進国の多くが長期の不景気に悩まされている状況です。もちろんここ日本も例外ではなく、バブル時代崩壊やリーマンショックの影響を大きく受けて、不景気が長年続いています。 そういう状況下では、各企業はより優秀な人材を確保したいわけです。景気がある程度良かった今までは、「学歴」や「年齢」というものが、「就職」・「転職」の際や「昇進」・「昇給」にカギを握るとても重要なものとされてきましたが、不景気が続き、それによって各企業がより優秀な人材の確保に力を注いでいる現代においては、その人の「実力」が重要性を増しています。 それに伴って、取得者本人の「実力」の指標となるような「資格」というものの重要性や需要性も高まってきているのです。

「グローバル化」に伴う対応力のある人材育成の急速化

もう一つ、現代において「資格」が重要とされる大きな理由があります。 それは、「‘‘グローバル化‘‘に伴う対応力のある人材育成の急速化」にあります。 「インターネットの普及」や「世界的な交通網の発展」などの影響で、世界の全ての国が「文化」・「政治・「経済」の面でつながるある種のネットワークが急速に構築されています。 この急速な「グローバル化」によって、多くの国家間でのビジネス競争が激しさを増しています。そんな激しさを増すビジネス競争の中でも勝ち抜いていけるように、各企業はそれに対応した優秀な人材を求めて人材育成に力を注いでいます。 しかし、より優秀な人材を育成していくには、もうすでにそれなりの「実力」を身につけた人を雇用した方が企業にとってはもちろんプラスです。 その際に重要になってくるのは何かというと、やはりその人の「実力」を指し示す「資格」なんです。 こういったことから、現代において事前に「役に立つ資格」を取得しておくことは、非常に大切なことになります。

「役に立つ資格」

ここまでで、「役に立つ資格」が現代においてどれだけ重要であるかが分かったところで、今度は実際にどんな「資格」を取得しておくと役に立つのか、「役に立つ資格」を形式でいくつか皆さんにご紹介していきたいと思います。 まずは、「男女別」に「役に立つ資格」をいくつかご紹介していきたいと思います。まずは「男性」の「役に立つ資格」を見て行きましょう。

男性の場合、将来的に独立開業をしやすい資格が

では早速ですが、男性に「役に立つ資格」を三つほど形式でご紹介していきたいと思います。 しかし、その前に男性に「役に立つ資格」に共通することを一つご紹介します。男性に「役に立つ資格」に共通することは、将来的に独立開業をしやすい資格がだということです。 日本では昔から男性は一家の大黒柱になるという風習があるので、比較的収入の多くなりやすい「自営業」を展開するのに役立つ資格がになる傾向にあるようです。 将来、脱サラして独立開業を考えている男性は多いようです。さて、その点を踏まえてどんな資格が男性にとって役に立つのかを見て行きましょう。

「役に立つ資格」 ~男性編~ 第3位:「宅地建物取引士(宅建)」

「役に立つ資格」 ~男性編~ 第3位は「宅地建物取引士(宅建)」の資格です。 「宅地建物取引士」とは、取得していると、アパート・マンションなどの賃貸物件の仲介や、土地・建物の売買を仲介することが可能になる資格です。高額なお金が動く取引に関わるため、売り主と買い主の両者の間で意見調整をどれだけスムーズに行えるかが最も重要な仕事となり、取引を上手くまとめるための「交渉力」や、的確な「判断力」がある人に向いています。不動産取引の専門家で、日本で最ものある国家資格です。以下に「宅地建物取引士」の資格を取得することの主なメリットをいくつかまとめてみました。 ・業務独占資格のため企業から優遇されやすい ・不動産会社のほか、金融や保険関係など幅広い業種の会社で需要がある ・独立開業も可能 ・男子女子問わず誰でも取得できる ・年齢制限がないので、一生現役で仕事に従事できる こういったことを踏まえると、「宅地建物取引士」の資格は、男性にとても「役に立つ資格」の一つです。

「役に立つ資格」 ~男性編~ 第2位:「ファイナンシャルプランナー(FP)」

「役に立つ資格」 ~男性編~ 第2位:は「ファイナンシャルプランナー(FP)」の資格です。  「ファイナンシャルプランナー(FP)」というのは、保険、税金、不動産、株式などの幅広い分野にわたる知識を活かして、個人や企業に対してマネーコンサルティングを行うことを主な業務としているお仕事です。 より具体的説明すると、顧客の収入金額・支出金額などの資産状況を分析して、子どもの教育費やマイホーム購入の貯蓄計画、保険の見直し、税金対策など、今後のライフプランニングや資金計画などのアドバイスを行う、言ってしまえばあらゆる人のための「家計簿の専門家」的な存在です。 さらに、以下に「ファイナンシャルプランナー(FP)」の資格を取得することの主なメリットいくつかまとめてみました。 ・国家試験の受験資格が不問。年齢、学歴、実務経験などの制限がない。 ・自身の生活の役に立つ(資産運用など) ・独立開業が可能である ・経理、総務、人事部門でのキャリアアップにつながる こういった点から、男性に「役に立つ資格」の一つと言えます。

「役に立つ資格」 ~男性編~ 第1位:「行政書士」  

「役に立つ資格」 ~男性編~ 第1位は「行政書士」の資格です。 「行政書士」とは、官公庁に提出する書類を、企業、経営者や個人に代わって作成し、代理で提出手続きを行う専門家のことです。 また、「会社設立」、「建設業許可」、「外国人の出入国・帰化」など許認可の申請、「著作権の登録申請」、「遺産分割協議書の作成」など幅広い分野の業務をカバーできるのも「行政書士」の特徴の一つです。 専門知識のない一般の人には複雑で困難な、あらゆる手続きのための書類の作成。また、そうした手続きを代行するのが「行政書士」の主な業務内容となります。「行政書士」の 資格を取得することのメリットをいくつかまとめてみました。 ・国家試験の受験資格が不問。年齢、学歴、実務経験などの制限がない。 ・少ない資金で独立、開業がしやすい(自宅開業など) ・フリーランスで自分の時間を有効活用できる ・就職や転職に有利となる 「独立開業」にはもちろんのこと、取得しておくだけで「就職」や「転職」の際にも有利になります。そういった様々な面で有効に活用できることから、「行政書士」の資格は、いくつかの男性に「役に立つ資格」の中でもダントツでです。

女性の場合、「結婚」や「出産後」にも役立つ資格が

続いて、女性に「役に立つ資格」を三つほど形式で紹介していきたいと思います。 まず、女性に「役に立つ資格」に共通することは、「結婚」や「出産後」でも活用しやすい資格であることという点です。 やはり、女性の場合、「結婚」を機会に勤め先を退職する人が多い傾向があったり、「出産」の時期はどうしても会社を休業しなければなりません。 最近では、企業側も女性が会社に復帰しやすい環境作りに力を入れているものの、やはりまだその風潮が根強いということから、女性の場合そういった「結婚」や「出産」を終えた後でも、有効に活用できるような資格がである傾向にあるようです。

「役に立つ資格」 ~女性編~ 第3位:「保育士」 

次のページ:主婦に役立つ資格
初回公開日:2017年02月27日

記載されている内容は2017年02月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング