IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活生が選ぶ「企業20」と企業の共通点・特徴

更新日:2020年08月28日

就活の悩み・不安

就活サイト等を見てみると企業というものがありますが、このの上位ほどとてものある企業なんですが、このにもいくつか共通点や特徴があるんです。今回はそんな企業の上位企業の特徴についてお話しをしていきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活企業「5つの共通点と特徴」

企業総合1位~20位

キャリタス2017に企業のの1位から20位が掲載されています。こちらのを元にそれぞれどのような共通点があり特徴があるのかを見ていきたいと思います。まずはこちらのをご覧ください。

総合ランキング 1位  三菱東京UFJ 2位  東京海上日動火災保険 3位  三井住友銀行 4位  損害保険ジャパン日本興亜 5位  みずほフィナンシャルグループ 6位  全日本空輸(ANA) 7位  日本航空(JAL) 8位  サントリーグループ 9位  三井住友海上火災保険 10位 トヨタ自動車 11位 東日本旅客鉄道 12位 伊藤忠商事 13位  三菱商事 14位  キリン 15位  JTBグループ 16位 りそなグループ 17位 資生堂 18位 三井物産 19位 三菱UFJ信託銀行 20位 日本郵政グループ

企業の共通点と特徴5つ

を見ているといくつかの共通点があることに気付きます。ここからは上位にある企業の共通点と特徴を5つ見つけましたので挙げていきます。

①職種

■銀行 1位に三菱東京UFJ銀行、3位に三井住友銀行、5位にみずほ銀行やみずほ信託銀行等のグループ会社のみずほフィナンシャルグループと大手の銀行がランクインしています。10位以下にも三菱UFJ信託、りそなグループと銀行がやはり多いです。 ■保険会社 2位に東京海上日動火災保険、4位損害保険ジャパン日本興亜、9位に三井住友海上火災保険等の損害保険や火災保険などの保険会社がランクインしています。 ■航空会社・鉄道会社 6位と7位に全日本空輸(ANA)日本航空(JAL)の大手の航空会社が並び、東日本旅客鉄道(JR東日本)といった人を運ぶための足となる航空会社や鉄道会社がランクインしています。 ■商社 自販機メーカーで有名なサントリーグループやキリン、伊藤忠商事や三菱商事などの商社もの企業としてランクインしています。

②生活に密接に絡んでいる企業

2つ目の共通点です。①で挙げたような職種に共通しているのがどれも生活するうえで欠かせない企業となっているところにあります。 ・私たちはお金が無くては生きていけません。お金大事ですよね。銀行が無いとお金を引き出すこともできませんし、お金がないと物を買うこともできないですよね。企業間での取引でも銀行がなくてはお金を動かすこともできません。 ・人の移動でも同じことが言えます。電車が動かなくては人はどこかへ出かけるのも困難です、遠くの職場への移動も難しいです。特に都心部は台風や災害、人身事故等の理由で電車が動かなくなるだけで大パニックに陥りますよね。 ・物を売る商社もなくてはならないでしょう。私たちは物を買わなくては生活はできません。自給自足をするとしても、農具や肥料や種がなくては出来ません。 このように生活するうえで、とても密接に絡み合っている企業がの上位を占めていることがわかりますね。

③女性も働ける企業

銀行の窓口の従業員には女性の係りの方がとても多くいらっしゃいます。航空会社の客室乗務員の方は女性が多いのもみなさんはご存知ですよね。保険のセールスの方も女性がとても多いですよね。今の世の中、女性が働きやすい世の中にしていこうという動きもあります。企業の福利厚生に育休制度があったり、出産すると出産祝い金として給付してくれる企業もあります。女性にとって働きやすい企業ということもこのの共通点でしょう。

④認知度が高い

皆さんはこのを見たときの共通点はどのようなものでしたか?皆さんはこう思いませんでしたか?「どの企業も有名な企業ばかりだ」「知ってる企業だ」「あの有名な会社だ」と思いませんでしたか?なぜ認知度が高いかというと、テレビやラジオのCM、インターネット上の広告、電車等の張り紙広告など人に知られるための活動もしっかりされているから有名なんです。このように宣伝にも投資をされているからこそ認知度も高く、人材も多く集まるんですね。

⑤規模が大きい

初回公開日:2016年11月09日

記載されている内容は2016年11月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング