IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【文系】就職先の職業一覧|高収入//女子に職業

更新日:2020年11月05日

就活

大学には文系と理系とがありますが、文系の人がつける職業には具体的にはどんなものがあり、高い収入が得られる職業にはどんな種類があるのでしょうか?就職活動中の大学生にの企業や、文系の女性に仕事などもご紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

文系の職業とは?

大学の専門課程は大きく分けると文系・理系になりますよね?今回は文系の人たちがつく職業やのある仕事についてお話ししていきましょう。 特に文系の職業でがあるのは、専門性のそれほど高くないもので、総合商社社員・銀行員が代表的です。とはいえ、文系でももちろん専門性の高い職業もありますよ。以下例を挙げてみます。

専門性の高い文系職業

弁護士

言わずと知れた法律の専門家が弁護士です。一般の人にとってはわかりにくい法律について、弁護士はトラブルに対しての予防方法を教え、サポートします。人対人、あるいは会社など法人のトラブルをあつかうのが「民事事件」で、犯罪をとりしまる「刑事事件」もありますが、圧倒的に民事事件をあつかうことが多いでしょう。 弁護士になるためには司法試験合格が必要であり、最難関の試験とも言われています。また司法試験を受験する資格を取るにも厳しいルートが待っています。

司法書士

司法書士は、司法書士法にのっとった国家資格です。専門的な法律知識を持って、登記や供託の代理をし、また認定司法書士であれば、簡易裁判所の民事訴訟などを当事者に代わっておこないます。 司法書士になるには、司法書士試験に合格することが求められ、こちらも難易度の高い試験で、合格率はわずか3%とも言われています。

税理士

税理士は税金のプロフェッショナルの職業です。税金についての法律は、非常に込み入って複雑なので、税理士の知識・サポートが求められるのです。 日本国民には所得税・法人税・消費税・事業税・固定資産税などさまざまな税金を納めなくてはならない義務があり、このような税金がスムーズに納められるように、一般の人を助けるのが税理士なのです。 税理士は、毎年開催される税理士試験に合格すれば、なることができる職業です。試験を受けるためには、大学卒業していることや職歴などが必要です。

不動産鑑定士

不動産鑑定士も文系の職業として挙げられます。こちらも国家資格であり、不動産の鑑定評価(不動産の利用価値や経済的な価値をかんがみて、お金に換算すればいくらになるか評価すること)をおこないます。これは不動産鑑定士だけができる独占業務です。 不動産にまつわる職業はいくつもありますが、不動産鑑定士は高い専門知識が要りますので、最高峰の職業とされています。

国家公務員・地方公務員

みなさんご存じのとおり、公務員には国家公務員・地方公務員の2種類あります。地方公務員は、都道府県の職員として勤め、県や市、地域に密着して仕事をしています。教育関係や消防、水道などその地域のインフラ面をメインとして仕事します。 かわって国家公務員とは、日本の国全体にかかわる職業であり、財務省・法務省など省庁に勤める人のことを指します。国の予算を使って農業・工業・社会福祉等の大規模な仕事をおこなっています。 いずれの職業も公務員試験があり、国家公務員試験は難易度がかなり高くなっています。

ファイナンシャルプランナー

次のページ:文系の職業(企業)
初回公開日:2017年02月26日

記載されている内容は2017年02月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング