IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【人事考課】自己評価の書き方と例文|目標の設定方法と書き方

書き方・例文

社会人になると、給与や昇進にかかわる書類である人事考課は気になりますよね。また、上司として部下を評価するときのどのように書けばよいのかも気になるところです。ここでは、人事考課の書き方や記入例、人事考課制度や人事考課表の活用法についてご紹介します。

更新日時:

人事考課とは社員の仕事ぶりなどについて評価するもの

人事考課とは社員の仕事ぶりや能力や業績などを評価するものです。 また、社員の考え方を会社から評価するもので、社員に対する通知表のようなものです。 この人事考課をすることによって、社員の仕事ぶりについて評価をしたり社員の功績に対して、人事や待遇面での処遇を変えることなどを行い、社員の動機付けや社員の成長など、人材育成を促進することもできます。 人事考課は会社によって行う時期も様々で活用法も様々です。

人事考課の自己評価欄は大きな判定基準を持つ

人事考課は、あなたの上司があなた自身を評価する項目とあなたがあなた自身を評価する自己評価の項目もあります。 この自己評価は、人事考課の裁定にも大きな判断基準として用いられます。 自己評価と言われてもあまり自信過剰に書きすぎても印象を悪くするかもなど、書き方も悩む方も多いと思います。 ここでは、自己評価の書くべきポイントについてご紹介いたします。

自己評価で抑えるべきポイントはこの2つ!

自己評価で必ず押さえておく必要があるポイントは2つあります。 1つ目は、「自信をもって評価できること」 あなたが自信を持っていても、上司からはそれが欠点として見えてしまい傲慢や自信過剰と思われてしまい、書くのに躊躇をするという方も多いと思います。 ですが、あなたが持っている誇れるべきことを書かない程損なことはありません。 あなたが仕事をしていて自信をもって上司に伝えることのできる事柄については、きちんとあなたの評価として書き、採点に反映してもらうことが大切です。それによって、上司の方もあなたの考え方を知ってもらうことにもなります。 2つ目は、「失敗や自信のないこと」 これは、ネガティブポイントでそのまま書いてしまうと、評価を下げてしまいます。 しかし、仕事をしている中で失敗をしない人などいません。 その中で、その失敗がどのような過程で起こったのかやあなたがなぜその事柄について自信を持つことができないのかについて書くことで、あなた自身がきちんと自己評価をできていることをアピールするポイントにもなり、失敗を今後に生かそうとしているモチベーションなどについても評価に反映させることが可能です。

人事考課の行われる方法

人事考課の行われる方法については、企業によって様々です。 そのため、一概に人事考課はこのような手順に沿って行われるということは、断言することはできません。 ここでは、人事考課の一般的な流れがどのようなもので、どのようなことについて評価どのようにあなたが上司の方から評価をされるのかについて項目別にここでは確認をしていきましょう。

あらかじめ設定した目標との比較

これは、前回行われた人事考課や上司との面談などであなたと上司で設定した目標に対する達成度やあなたの会社の中で設定されている目標に対する貢献度などについて、評価をされます。 上司との設定した目標は日々の勤務に対する姿勢や個別の目標などについての達成度のため数値的な評価をされます。 また、会社の目標に対する貢献度は、あなたが行っている仕事が会社の業績や部署内でどのような貢献をしているかについて評価をされます。

従業員同士の比較

これは、部署内で働いている従業たちの中で、あなたがどれくらいの順位にいるかなどの順位付けをされます。 主に反映されるものとしては、営業マンであれば非常にわかりやすく、営業成績という数値で部署内何位等と評価をされます。 また、上司の評価で部署内での仕事ぶりや仕事に対する姿勢などについても、評価を行われ、それらを順位付けして人事考課に記載されます。

上司から見た人物評価

これは、上司から見たあなたの評価についてです。 あなたの日々の仕事ぶりや、あなた自身に課せられた目標に対する達成度や遂行能力などの能力的な面や、あなた自身の自己評価と上司のあなたの評価のギャップなど、あなたの考え方や仕事ぶりなどの人格面についての評価をされます。 そのため、この評価は、学校の通知表のような側面を持っており、あなた自身の個人の評価として今後の仕事の目標や待遇の変更などにも大きくかかわるため、人事考課の中では、大きな判断材料にされる項目になります。

人事考課のコメント欄の文章例

このように人事考課の自己評価のコメント欄は非常に大きなウェイトを占める判断材料となるため、給料や査定アップのためにはかなり重要な項目です。 ここでは、人事考課のコメント欄の文章例について項目別にご紹介していきます。

営業目標への達成度

本年度売上:予算額12,000千円(目標の前年比 120%)       達成額:14,000千円(予算比:120% 前年比:132%) 本年度の予算は、前年度よりも20%上回る予算であったが、予算よりも2,000千円多く達成することもでき、前年度比よりも32%上回る達成額をだすことができた。

このように営業目標に対する達成度は、前年度比や予算比などの数値を出して、どれくらいの額を達成することができたかについて、書いていく必要があります。 ここでは、どのような過程で達成できたかやできなかったなどの理由は必要ありません。 簡潔に予算に対する達成度について書いておくことが大切です。

達成できたことやできなかったと

・今年度は、前年度比より20%上回る達成予算を定めたため、訪問件数も前年度比よりも50%上回る数の訪問を行い、達成額を押し上げた。 ・以前から取引を行っていた、取引先に対しても頻繁に訪問などを行い、良好なコミュニケーションを取ることで、上半期の春のキャンペーンなどでも顧客を多く獲得することにつながった。また、下半期新規獲得が厳しい状況の際も、これら取引先の方々のお陰で達成予算を大きく押し上げることができた。

このように、目標達成ができた要因やどのような手段を使い目標達成につなげたかなどついて具体的に書くことで、上司に対してあなたが業務遂行に対する考え方などを人事考課に反映させることができます。

来年度に対する目標

来年度は10月から東地区への新規営業開拓を行うため、現在担当している地区の取引先に対して、後任の社員の引継ぎを行い、今後も当社との良好な関係を取れるように、日木津儀活動を行っていくとともに、更なる新規契約を獲得するために、今年度上半期比で120%の訪問件数を達成する。また、東地区の新規営業開拓のため来年度初頭から地区の調査やマーケットの把握などについても企画部との連携を密にして、新規開拓の戦略について練っていく。 ・ライバル社も東地区の新規開拓を重点的に行うことが予想されているため、ライバル社に遅れを取らない様に、新規開拓のマーケット規模を把握しておくことや、訪問件数を前年度下半期よりも150%にすることや、今年度よりさらに取引先との関係を密にして情報の獲得をしていく。

このように、人事考課の来年度の目標については、今後のマーケットの動きやあなた自身の来年の動きに踏まえた目標を書いていきます。 その時に注意をしなければならないのが、あなた自身が達成できない目標を大きく書くことはNGです。

部署内のチームワークの取り方について

営業1課で勤務して5年となり、私も中堅社員として1課の売り上げを担う社員としての自覚を大きく持っている。 また、今年度は2名の新入社員が配属されるということも聞いているため、新人社員のフォローアップや後輩社員のフォローなどにも力を注ぎ、今後の営業1課並びに当社の一翼を担える社員を育成していきたい。 ライバル社のマーケットに対する反攻も予想されるため、今後は部署内での連携を密にして情報共有を密に取っていくため、ミーティングなども頻繁に行っていきたい。

部署内のチームワークの取り方は、あなたの現在の立場と周りの人たちのことを考慮して書くことが大切です。 例えば、あなたが中堅であれば、今後の社員の育成についてそして、部署内の売り上げについての目標を書くことがポイントです。

多様化する人事考課制度

企業の終身雇用制度も崩壊し、現在では「長く働く社員」よりも「会社に貢献する社員」を評価する傾向があります。 そのため、人事考課制度もかなり多様化しています。 ここでは、いくつかの人事考課制度とその効果についてご紹介いたします。

MBO評価制度

目標管理=Management By Objectiveの頭文字をとってMBO制度とも呼ばれています。 この評価制度は、組織の目標達成、個人の能力、意欲の開発、公平な評価を目材して、経営資源や企業の環境変化見つめなおして、目標を見つめる制度です。 そのため、実行から結果、確認を見る目的を管理する人事考課制度のことです。 これは、ゴールを設定して、それに対する決裁権を個人にゆだねて、本人の自主性をはぐくむ制度です。 これによって、目標に対してどのように遂行するかを明確に考えることができて、万が一達成できなかった場合も要因について明確にすることができます。

多面評価制度

これは、従来の人事考課は、上司からの直接的な評価であったのに対して、あなたを評価するのは、上司だけでなく取引先や同僚、後輩、先輩など様々な人からあなたを評価してもらうことによって、あなた自身がどのよな視点からはどのようにみられているのかなどの、客観的評価をすることができるため、客観性と公平性を増大させることができます。 また、取引先などの評価などから、今後のマーケットの促進などにも効果があるため、仕事に対する意欲だけでなく、マーケットの促進にも効果があります。

人事考課はあなた自身の会社での姿を見るもの

人事考課の一番の目的は、あなた自身の会社での取り組みや業績などをみて、あなたに適した仕事や待遇を考えるためにあります。 査定などで待遇なども変わるため、多くの方は良い評価を取りたいと考えるでしょう。 良い評価を獲得するためのポイントは、社内での良好な関係と日々の仕事に対して、一生懸命取り組んでいくことが一番の近道になります。 査定や人事考課などで上司の評価が気になってしまうことは多々ありますが、そのようなことをあまり考えず、毎日の仕事をかんばって行くことが、上司に対する評価が上がる近道でもあります。

いまの現状に満足していない

今回は人事考課についてご紹介してきましたが、 「給料の上がり方が遅い...」 「残業代が出ないんだけど...」 「ボーナスの額が思ったより少なかった...」 そんな悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。そのような方は会社から自分の評価が適切にされているかを調べましょう。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がる可能性は大きいです。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング