IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【男女別】就活での「服装選び」のポイント(靴やシャツの選び方)

更新日:2020年08月14日

就活マナー

就活が始まったけど、どんなスーツをどんなポイントを見て選んでるんだろう?と気になってしまいますよね。スーツや靴にもいろんな種類がありすぎて迷ってしまいます。そこで今回は就活での服装選びのポイントを男女別で詳しく分かりやすくご紹介していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

これを見れば失敗なし!男女別就活での服装選びのポイント

就活面接はおしゃれを見せる場所ではないので、普段とは違った服装になるためスーツを選ぶのは大変ですよね。ここからは男女別にどういうポイントで服装を選べばいいのかを一覧にしていますので、スーツなどを選ぶときに参考にして選ぶといいでしょう。

就活服装選びのポイント男性編

まずは男性の就活での服装選びのポイントをご紹介して行きます。

①Yシャツ

Yシャツはスーツの中に必ず着なくてはいけません、Yシャツのデザインや色も多種多様にあります。就活に適したYシャツの選び方を見ていきましょう。 Yシャツにはノーマルタイプの物やボタンダウン等があります。ボタンダウンとは、襟の先にボタンがついてて止めるタイプです。就活ではボタンダウンは選ばずに、ノーマルタイプの物を選ぶことをします。 デザインや色も多種多様ありますが、就活に適しているものは、無地の物で白色の物が適しています。Yシャツの色は必ず無地の白色のYシャツを選びましょう。ただし白色Yシャツは汚れやすいのが欠点なので、必ず複数枚買っておくと良いでしょう、汚れてしまっても安心です。

②スラックス

スラックスはスーツの色と同じ色で合わせます。スラックスには折り目がしっかりとついている物を選びましょう。 袖のサイズは座ったり立ったりすることも考えて長すぎず短すぎ無いものを選びます。袖が靴の甲に被さる程度の物を選びましょう。

③ネクタイ

就活ネクタイは無地やストライプ柄、ドット柄が選ばれています。ブランド物ネクタイや派手なネクタイは避けましょう。

④ベルト

就活用のベルトはスーツに隠れて見えないからと油断しがちです。ベルトは派手なものは選ばずにシンプルなものを選びましょう。太いバックルのついたものやカジュアルすぎるものやブランドロゴの付いた物は印象が良くないので避けましょう。

⑤スーツ

就活用のスーツにも種類が様々ありますし、選ぶのも大変ですが、選ぶときのポイントをいくつか挙げていきますので、こちらを参考に選ぶと良いでしょう。 【3種類あるスーツ】 スーツにはシングル、ダブル、スリーピースと3種類あります。シングルのスーツが就活には適していますのでシングルを選びましょう。 【スーツの色】 スーツの色は黒系か濃紺が就活に適しています。 【スーツのサイズ】 スーツのサイズ選びも重要です。サイズが大きくてぶかぶかですと、だらしない印象を与えてしまいます。選ぶときは試着をして選びましょう。試着の時はボタンも閉じて、動いても窮屈に感じないものを選びましょう。着る時に肩幅がきついと動くにくいので肩幅にほどよく余裕を持たせたものを選びましょう。ただし緩すぎるとだらしがないので、選ぶときによく確認しましょう。 【がっちりタイプの方】 体系ががっちりタイプの方はスーツの背面の切れ目が左右にあるタイプの物を選びましょう、あとお尻が隠れるくらいのものを選ぶといいですね。 【袖丈】 袖丈はシャツの袖ボタンが1.5センチくらい見えるものにすると見栄えが良いです。 前面のボタンは3つボタンがついているものを選びましょう。ボタンの一番下は閉めないで着ます。

⑥靴下

初回公開日:2016年11月09日

記載されている内容は2016年11月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング