IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「お大事に」の意味とは?目上の人への正しい使い方と例文集

敬語

同僚やビジネス関係の人が体調を崩した時は、労いの言葉をかけますよね。この記事では、目上の方やビジネス関係の人に対して使う「お大事に」「お大事になさってください」という言葉の正しい敬語表現と、使い方を紹介します。敬語を正しく使って、いい関係を築きましょう。

更新日時:

「お大事に」の意味:祈りや願いを込めた言葉

そもそも、「お大事に」とは、「早くよくなってください」「お体を大事にしてください」などの意味を持つ言葉です。 また、病院などでよく言われる「お大事に」には、「お体が大事に至りませんよう、お祈りしています」「お大事に至りませんよう、ご自愛ください」といった意味も含んでおり、それを略したものとして使われています。 これらの背景から、「お大事に」という言葉を体調を崩した人に使うこと自体は、間違いではないと言えます。

「お大事に」の敬語の種類

「お大事に」はそれ自体が既に敬語表現ではありますが、丁寧な表現をさらに続けてより丁寧にすることもできます。

お大事にの敬語表現(敬語の種類)
  • お大事になさってください(敬語表現)
  • お大事になさいませ(尊敬語表現)
  • お大事にどうぞ(丁寧語)

なさるという尊敬表現を加えると、尊敬語のような表現にすることができます。動詞ではなく相手を思いやる言葉なので、謙譲語はありません。 「お大事にどうぞ」は医者に行った際などに言われたことがあるのではないでしょうか。比較的フランクな表現です。

使用方法使う人
お大事になさってください同僚の体調が悪いときなど誰でも
お大事になさいませ上司など目上の人や取引先の人の体調を慮るとき目下の人・親密でない人
お大事にどうぞ重い病気でない患者に掛ける言葉医者・看護師

基本的にはお大事にどうぞという表現は使わず、「お大事になさってください」か「お大事になさいませ」を相手によって使い分けることになります。 取引先などのフォーマルな付き合いをしたい相手や、上司などの目上の人には「お大事になさいませ」、それ以外は「お大事になさってください」を使うと良いでしょう。

「お大事になさってください」は口頭の場合にベストな敬語表現

「お大事になさってください」は口頭の場合にベストな敬語表現

「お大事に」は体調を崩した人に対して使う言葉として、間違っていないという結論が出ましたが、問題は、「お大事に」の後に続く言葉です。 上司や取引先の相手など、敬語を使うべき人に対しての言い回しとしては、「お大事になさってください」が最も一般的と言われています。 また、「くれぐれもお大事になさってください」もおすすめです。「くれぐれも」と付け足すことで、より丁寧な印象を与えることができます。

「お大事になさってください」は上司に失礼って本当?

お大事になさってくださいは敬語表現ですが、一部には、目上の人には失礼な表現になるのではないかと言う人もいます。しかし、お大事にという時点で敬語表現なので、「お大事にしてください」でも特に失礼ということはありません。 とはいえ、相手に失礼と思われてしまうとどれだけ正しい言葉遣いでも意味がないので、相手に合わせて言い方を選ぶといいでしょう。

「お大事に」だけでもOK

「お大事に」だけでもOK

「お大事になさってください」が最も良いとされる敬語ではありますが、「お大事に」だけで使っても、間違いではありません。 ただ、人によっては物足りないと感じたり、やや丁寧さに欠けると感じたりする場合もあります。そのため、おすすめはやはり、「お大事になさってください」や「くれぐれもお大事になさってください」だと言えるでしょう。

「お大事にしてください」は口語表現

「お大事にしてください」は口語表現

「お大事になさってください」と似た表現で、「お大事にしてください」というものもあります。体調不良を気遣う文章で、字面はあまり変わりませんが、「なさる」という尊敬表現がある分、「お大事になさってください」の方がより丁寧な表現になります。 「お大事にしてください」は比較的軽めの敬語表現で、口語として使われます。職場の同僚が体調不良で早退する場合などに使える表現です。

「お大事になさってください」に似た意味の言葉

お大事にやお大事になさってください以外にも、体調がすぐれない人に対して早く良くなってほしいという意味で使う言葉はあります。ここではそういった類語をいくつか紹介しますので、会社に体調悪い人がいたときや、病人にかける言葉として使ってみてください。 以下の5つの表現をご紹介します。どれも体を大事にしてくださいという意味の言葉になります。

  • 養生なさってください
  • 静養なさってください
  • お体お労りください
  • お体おいといください
  • ご自愛ください

「お大事になさってください」に似た意味の言葉1:養生なさってください

「お大事になさってください」に似た意味の言葉1:養生なさってください

養生はゆっくり休んで怪我や病気を治すという意味です。入院を含め、体調の治療のために休むという使い方が多く、病気の人にかける言葉として使えます。

養生を使った例文
  • しっかり養生なさってください。
  • 風邪が悪化しないよう、養生なさってください。
  • 仕事のことは忘れて、ご養生に専心されてください。

「お大事になさってください」に似た意味の言葉2:静養なさってください

「お大事になさってください」に似た意味の言葉2:静養なさってください

静養も養生と似たニュアンスの言葉で、病気や風邪を治すためにゆっくり休むという意味があります。風邪を引いた人に対して、「しっかり休んでよく寝て早く治してください」という意味で使える言葉です。

静養を使った例文
  • ご無理をなさらず静養してください。
  • この機会にゆっくりご静養ください。

「お大事になさってください」に似た意味の言葉3:お体お労りください

「お大事になさってください」に似た意味の言葉3:お体お労りください

体を労るという言葉は、ただ大事するというよりも、より意識的に健康に気を使うという表現の言葉です。お大事にしてくださいというよりも、より健康に良いものを食べてゆっくり休んで欲しいという気持ちを表現することができます。

お体をお労りくださいの例文
  • 忙しい日が続いていますので、今日は早く帰ってお体をお労りください。

「お大事になさってください」に似た意味の言葉4:お体おいといください

「お大事になさってください」に似た意味の言葉4:お体おいといください

お体おいといくださいは、あまり聞かない表現ではないでしょうか。「おいといください」は「大事にしてください」や「労ってください」という、ここまでで紹介した言葉と似た意味にの言葉です。 厭うという言葉が元になっていて、目上の人に使いやすいとても丁寧な表現です。手紙やメールの締めの言葉として使うこともできます。

例文は以下のようなものがあります。
  • 季節の変わり目ですので、どうかお身体おいといください。

「お大事になさってください」に似た意味の言葉5:ご自愛ください

「お大事になさってください」に似た意味の言葉5:ご自愛ください

実は、上記でご紹介した「お大事になさってください」は、口頭で使う際に最も適した敬語です。メールや書類などの文章で「お大事に」を使いたい場合は、「ご自愛ください」と言い換えるようにしましょう。 こちらは文章で「お大事に」を敬語へと言い換える際に使う言葉なので、口頭ではあまり使いません。「ご自愛ください」だけでも十分ですが、より丁寧に表現したい場合は、「くれぐれもご自愛ください」と表現することをおすすめします。

「お大事になさってください」の正しい使い方と例文

「お大事になさってください」の正しい使い方と例文

ここまではお大事になどの、相手の体を労る言葉の意味や使い方を見てきました。「お大事になさってください」は基本的に誰にでも使える、とても便利な表現です。 ここからは、実際に「お大事になさってください」という表現を使うときの例文をご紹介します。会社で働いていれば使うこともあるはずなので、参考にしてみてください。

「お大事になさってください」の正しい使い方と例文1:メールの場合

「お大事になさってください」の正しい使い方と例文1:メールの場合

ここでは「お大事になさってください」をメールなどで使う場合の例文をご紹介します。ただし文章の場合はご自愛くださいのほうが使われることが多いので、あくまで参考情報と考えてください。

お大事になさってくださいの例文
  • 季節の変わり目ですので、どうかお大事になさってください
  • お具合いかがでしょうか。お身体お大事になさってください
  • ご無理のないよう、くれぐれもお大事になさってください

「お大事になさってください」の正しい使い方と例文2:電話や対面の場合

「お大事になさってください」の正しい使い方と例文2:電話や対面の場合

前述のとおり、「お大事になさってください」は口頭で使う場合が多い表現です。会社で誰かが体調不良で早退したときや、病欠の連絡を受けたときなどに使いましょう。 最近はチャットで連絡をする会社も多いですが、その場合はフォーマルなやりとりではないので、ご自愛くださいではなく、お大事になさってくださいを使ってもいいでしょう。

お大事になさってくださいの例文
  • お大事になさって早くお元気になってください
  • 今日のところは無理せずお大事になさってください

「ご自愛ください」の使い方例文

「ご自愛ください」の使い方例文

「お大事に」と同じような意味を持つ言葉として、「ご自愛下さい」という敬語もご紹介しました。 口頭で使うことが多い「お大事に」とは異なり、文章で使うことが多い「ご自愛下さい」という敬語は、使い方に工夫が必要です。どのように使えば良いのか、こちらも例文や定型文を通して見ていきましょう。

「ご自愛ください」の使い方例文1:メールの場合

「ご自愛ください」の使い方例文1:メールの場合

ご自愛くださいはお大事になさってくださいと丁寧さはあまり変わりませんが、メールや手紙で使われることが多い表現です。 ・○○様におかれましては体調など崩さないようご自愛ください。 ・まだ暑さが続くようですが、夏風邪など召されぬようご自愛くださいませ。 ・何かとご多用とは存じますが、くれぐれもご無理などなさらないようご自愛ください。

ご自愛くださいの例文
  • ○○様におかれましては体調など崩さないようご自愛ください
  • まだ暑さが続くようですが、夏風邪など召されぬようご自愛くださいませ
  • 何かとご多用とは存じますが、くれぐれもご無理などなさらないようご自愛ください

「ご自愛ください」の使い方例文2:電話や対面の場合

「ご自愛ください」の使い方例文2:電話や対面の場合

電話や対面で使う、相手の健康を気遣う言葉としては、「お大事になさってください」の方が一般的です。 しかしたまたま取引先の人と出くわして体調不良のことを知ったり、打ち合わせの際にあまり体調が良くないと言っていた場合などには、別れ際の挨拶として使うこともできるでしょう。

ご自愛くださいの例文
  • お忙しいとかと存じますが、どうぞご自愛くださいませ
  • 風邪が流行っていますので、くれぐれもご自愛ください
  • くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます

「お大事になさってください」の意味で使える英語の表現

「お大事になさってください」の意味で使える英語の表現

最後に、お大事にという意味の英語の表現を簡単にご紹介します。最も一般的なものは「take care」というフレーズで、直訳すると「体に気を使ってくださいね」というような意味になります。 友達に使うようなカジュアルな表現で、「take care of yourself」のほうが少ししっかりした表現になります。

その他にも以下のような定型文があります。
  • Get well soon(お大事に)
  • get well quickly(早く良くなってね!)
  • I hope you feel better soon(早く良くなることを祈っています)

「お大事に」も「ご自愛ください」も立派な敬語

いかがでしたでしょうか?今回は、目上の方の体調を気遣う際の、「お大事に」の敬語への言い換え方や使い方についてご紹介しました。 「お大事に」は、普段病院などでよく耳にする言葉なだけに、いざ敬語や丁寧な言葉遣いに言い換えるとなると、かえって悩んでしまう方も多いかもしれませんね。 「お大事に」とだけ目上の人に告げても失礼にはなりませんが、できるだけ「お大事になさって下さい」などの省略しない言い方をするようにしましょう。

苦手な敬語もこの一冊で克服

こちらの本は、敬語について非常にわかりやすくまとまっています。 敬語が苦手な方も、この本を読んで克服してみましょう。

関連タグ

アクセスランキング