IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

年収からみる住宅ローンの目安|年収の何倍?借入限度額の目安

更新日:2020年08月28日

暮らしの知恵

仕事も充実して、結婚も控えている…ここらのタイミングでいっそ、自分の家を持ちたいと考えている人もいるでしょう。しかし気になるのは、自分の年収でどれくらいの住宅ローンを組むことができるかということ。そこで今回は、年収別の住宅ローンについて考察してまいりましょう。

年収からみる住宅ローンの金額の目安

こんにちは!皆さんは、どのような住まいに住んでいますか?実家に住んでいる方もいれば、賃貸マンションに住んでいる方もいるでしょう。しかし、ある程度の年収を得ることができてきたら、「自分の家」を欲しいと感じる人もいるでしょう。やはり、賃貸で借りている家よりも、自分のものとして管理し、ずっと住んでいることができる家には愛着が湧いてきますよね。しかしながら、気にかかるのは価格の目安や相場でしょう。一般的に家を購入するときには、住宅ローンを組むことが多いですよね。

住宅を買うことは、人生を買うこと

賃貸で住まいを見つけるときには、家賃の相場は月収の4分の1などと言われたりしますよね。ただ、家を購入するとなれば、おおよその相場がつかみづらいことが多いのではないでしょうか?ただでさえ高い買い物ですから、実際の金額を見てもピンとこないこともあります。また、住宅ローンとして分割の支払いで購入する方法が一般的ですから、その場合にかかる利息なども含めて計算をしなくてはなりません。

住宅の金額と年収

持ち家を持ちたい、と考える人の中には、月々の家賃を払っていくのが損に感じるから、とか、将来的に住まいにお金をかけたくないから、という理由の人も多くいるようです。しかしながら、これはあまり良い考えとは言えません。というのも、実際に住宅を購入したあとにも、各種支払や管理費の工面等様々な金銭的問題が浮上してくるからです。たしかに、賃貸よりも持ち家の方が将来的に安心できるという考えにも一理ありますし、事実賃貸では一生住まいのためにお金を支払う必要があります。しかし、持ち家を購入したところで、金銭的な不安が消えるわけではないということを心を留めておきましょうね。家を買うということは、そのまま人生を買うことに直結することなのです。

年収から適切な相談に乗ってくれる不動産会社を見つけておこう

家を買うときに大切なことの一つとして、案内をしてくれる不動産会社とのご縁というポイントもあります。昨今は様々な種類の不動産会社があり、中にはインターネットで簡単に見積もりを出してくれたりする種類の会社もあるようです。もしもあなたが家を買うとなったときには、本当に親身になってくれる不動産会社を探し出すことが大切なことといえます。家を買うという大きな買い物に際して、本音に近いかたちで話し合いができるというのは非常に重要な要素の一つだからです。もしも自分の見立てが大きく間違っているとか、年収とくらべて高い金額の住宅ローンを組もうとしていたときに、たとえ住宅ローンの審査が通ったあとでも、その間違いや危険性を指摘してくれる担当者とめぐりあうことができれば、本当に安心で満足度の高い住宅選びをすることができるでしょう。

住宅ローンを組むときの、年収による制限

これは意外に思われるかもしれませんが、実は住宅ローンを組むにあたって、年収における制限はない場合が多いのです。例えば、あなたは年収が○○万円だから住宅ローンを組むことはできませんよ、と言われることはまれということです。一部ではそのような年収による縛りを設けているところもあるようですが、むしろまれなことといえるのです。

年収によって、「返済負担率」の基準が異なる

その一方で、年収によって返済負担率の基準を設けているところが多いのもまた事実。住宅ローンを組むにあたっての返済負担率というのは、年収における月々の返済金額の負担率のことを言います。つまりは、年収○○万円の人が毎月○○円の返済をするのはどれくらいキツいことか、というのを数値として表したもの。例えば年収300万円の人が返済負担率30%で住宅ローンを組む場合には、最大でも年間の返済額は90万円までに抑えなくてはなりません。

年収別でみる、住宅ローンのおおよその限度額

さて、いよいよ家を購入する決心がつきました。そうなったときにいちばん気になるのは、やはり住宅ローンの金額。一口に住宅ローンといっても、どれくらいの年収を得ているかということによって異なってくるもの。ですからとても気にかかる反面、なかなか人に聞くことができないのもまた事実でしょう。「あなたはどれくらいの年収で、どれくらいの住宅ローンを組んだんですか?」なんて、どんなに仲の良い友人でもおいそれとは聞くことができませんよね。自分の年収から考えて、どれくらいのローンを組むことができるかということはとても気にかかるでしょう。そこで、住宅ローンの限度額について、年収別に見ていきたいと思いますよ。

年収300万円の場合

結論から言えば、年収が300万円でも住宅ローンを組むことは十分可能です。しかしながら、先程ご紹介した返済負担率を低めに抑えなくてはならない場合が多いようです。すると年間返済金額は90万円前後となります。そうなれば、月々の返済額は限界でも7万円ということになりますね。そして35年間で返済を完了させることとします。こうして考えていくと、住宅ローンでの借入限界額は約2600万円となります。

年収400万円の場合

年収で400万円というのが、返済負担率の大きな分かれ目であるようです。年収が400万円以上の人であれば、住宅ローンにおける返済負担率を35%まで引き上げることができる場合が多いからです。年収を400万円、返済負担率35%で考えていくと、年間の返済金額は140万円が限度額となります。先程と同じように35年間で返済を完了させるとなれば、住宅ローンでの借入限界額は4900万円となり、おおよそ限界まで引き上げて5000万円近くの物件を購入できることとなりますね。

年収500万円の場合

初回公開日:2017年02月25日

記載されている内容は2017年02月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング