IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

平日休みが多い職業とその過ごし方・メリットとデメリット

ビジネスマナー

あなたは、平日休みですか?それとも土日休みですか?平日やすみには、意外と知られていない過ごし方や、メリットがあるのです。ここでは、平日休みについてご紹介した後に、土日休みと比べてメリット・デメリットについてをまとめてあげていきます。

更新日時:

平日休みってどうやって過ごすべきなの?

平日休みが多い職業の人は、平日をどのように過ごすのでしょうか?

行楽地やレジャー施設など休日は混む所に行く

例えば、ディッズニーリゾートなどは、土日になると文言無用で混みます。とにかく混みます。人ごみや行列に並ぶのを覚悟しなければいけません。しかし、平日であれば、世間一般的にはみんな学校や会社に行っているので、ディズニーも比較的空いています。このような、土日は混雑してなかなか行く気になれない場所に休日休みを利用していくのも一つの手です。

銀行や病院なの用事を済ませる

銀行の窓口は平日3時まで、病院も土日は休みのところが多く、土日が固定で休みだとなかなか全ての用事を終わらせることが難しく、仕方なく午後休や有給を使って終わらせている人も多いです。しかし、平日が休みであれば、そのような必要はなく、普通に休みの日に、全てやるべきことを終わらせることができます。銀行や病院の他にも、各自治体の役所も基本的に休日しか様々な手続きができないのでその点でも平日休みは有意義に過ごすことができます。

平日限定ランチを楽しむ

平日限定ランチを楽しむ

「平日限定20食」などの宣伝をよく見ることがあると思いますが、そのような平日限定でしかも数量まで限られているランチを食べようとしたら、仕事のお昼休みなどではとても間に合いませんね。しかし平日休みであれば、少し早い時間からお店に行って並び、 平日限定ランチを楽しむこともできます。特に食べることが好きな方は、このようあ平日休みの使い方もいいでしょう。

美容院で髪のメンテナンスをする

美容院も土日だと混んでいてなかなか予約が取れないところもありますよね。しかし、平日休みであれば、美容院も空いているので自分の他の予定に合わせて予約をすることができます。平日休みを利用して定期的に髪をメンテナンスするのもオススメです。

夕方の早い時間からお酒が飲める

もしお酒が好きならば、夕方の早い時間からお酒を飲む子お酒を飲めるのも平日休みの特権でしょう。お店によっては7時までをハッピーアワーとして、とても安い値段でお酒が飲めることもあるのでかなりお得ですし、早めに切り上げて夜はゆっくり家で過ごすのもまたいいでしょう。

ショッピングを楽しむ

ショッピングモールも土日はとても混雑し、子供が走り回っていたり賑やかであまりゆっくり買い物ができないと感じる人も、平日なら比較的空いていて自分のペースで買い物ができます。また、お客さんが少ないと店員さんにもゆっくり相談できたり、何度も試着をしたりしても迷惑でないので、じっくり買い物がしたい人は、平日休みにショッピングをするのもいいでしょう。

家でのんびりと過ごす

土日休みの人は、日曜日は朝ゆっくり起きてのんびり過ごす人もおいですが、これは平日休みの人にもオススメの休日の過ごし方です。世間は平日で忙しい朝を迎えている中、平日が休みであれば、遅めに起床して、のんびり朝食をとり、家でゆっくりと過ごすことで、日頃のストレスや慌ただしさから離れて休日を有意義に過ごすことができます。

平日休みのことが多い職業

ここでは、平日休みが多い職業の一部をご紹介します。

飲食業

これは、考えれば一目瞭然なのですが、土日になったからといって飲食店が休んでしまたら、土日休みの人たちが休日に外食を楽しむことができませんよね?それどころか、飲食店は土日にますます混雑する傾向にあるので、主に飲食業界で働く人は平日休みであることが多いです。

アパレル店員

アパレル店員

これも飲食業と同じ理由ですが、アパレルは特に土日を売り上げの大きなターゲットにしているので、お客さんの多い土日はだいたいお仕事である代わりに、平日休みであることが多いです。またお盆や年末年始などの一般的に仕事が休みの期間も売り上げが伸びるので仕事があり、その代わり混雑時以外で自分の好きな時にまとまって休暇が取れるシステムの企業もあります。

美容師

先にも言った通り、美容室は土日は非常に混雑します。美容室は火曜日が定休日と決まっているところが多く、そのため月曜日の夜は美容師さんにとって世間一般で言う金曜日の夜のようなテンションだそうです。実際、六本木などでは月曜の夜に美容師さん向けのナイトパーティーなども開かれています。

デパートや家電量販店の販売者

デパートや家電量販店の販売者

こちらも、アパレルや飲食業と同じで、土日は非常に混雑し、売り上げどきなので土日は働く代わりに平日休みであることが多い職業です。特に、年始の初売りなどは大変賑わうので元旦や2日から仕事が普通だそうです。

土日休みと平日休みのメリット・デメリット

ここまで平日休み日関してお話ししてきましたが、果たして平日休みと土日休みではどちらがいいのでしょうか?それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

土日休みのメリット

土日休みのメリットを挙げてみましょう。 ・子供の学校行事に参加しやすい 例えば運動会は必ずと言っていいほど土日に開催されますよね。また、土曜参観日を設け ている学校もあるので、土日休みであれば確実に参加することができます。 ・友達や同僚と休みが合う 土日休みであれば、同僚も同じ時に休みなので、仲がいい同僚がいれば一緒に休みを過ごしたり旅行をしたりできます。また土日休みの友達とも予定が合わせやすいですね。 ・結婚式に参加しやすい 結婚式はだいたい土日に行われることが多いので、これもほぼ確実に参加することができます。 ・コンサートなどに行きやすい 人気のアーティストのコンサートはだいたい土日が多いので、土日休みですとかなり先のチケットも休みかどうかを気にしないで取ることができます。

土日休みのデメリット

メリットとは対照的に土日休みのデメリットを挙げてみましょう。 ・どこにいっても混んでることが多い とにかく世間全体が休みモードの土日はどこにいっても人が多いのは覚悟しなければならないでしょう。人ごみが苦手な人にとっては結構なデメリットになります。 ・交通機関が土日ダイヤ 休日だからどこかに出かけようとしても、電車やバスなどの交通機関が土日ダイヤであるので、本数が少なく不便な思いをすることも土日休みのデメリットとしてあげられます。 ・平日料金が通用しない 平日は、どこにいって平日割引が使えることが多いですが、土日にはそのようなことがなく、むしろ土日料金で高くつくこともしばしば。飛行機やホテルも平日に比べて土日の方が高かったりするのでそういった面では土日休みはお金がかかるかもしれません。

平日休みのメリット

それでは、今度は平日休みのメリットを考えてみましょう。 ・どこにいっても空いていることが多い とにかく、平日はみんな仕事や学校に行ってるので、どこも空いていることが多いです。よって、土日に出かけるよりゆっくりと落ち着いて外出を楽しむことができます。 ・平日にダラダラする優越感を味わえる これは、平日休み独自の優越感ですね。ほとんどの人が働いている平日に、自分はゆっくりすることができることが特別な気分に浸してくれるでしょう。 ・旅行に安く行ける 旅行会社のツアーでも平日出発限定で安いパックがあったりするので、やはり平日に休みが取れれば、土日より安い値段で旅行を楽しむことも可能でしょう。 ・銀行窓口に行ける 土日休みだと、平日に有給や休みを取っていかなければならない銀行窓口にも、平日休みを利用すれば簡単にいくことができます。

平日休みのデメリット

最後に平日休みのデメリットを見てみましょう。 ・友達や家族と休みが合わない 土日休みが固定の友達とはなかなか休みが合わず、予定が立てづらいのがデメリットのひとつとしてあげられます。 ・結婚式に参列しづらい これも、平日休みのデメリットで主に土日に行われる結婚式は平日休みの人が参列しようとすると、休みを取らなければならないですから、なかなか参加しづらいです。

あなたは平日休み?それとも土日休み?

ここまで平日休みについて、土日休みと平日休みのメリット・デメリットを紹介してきましたが、大切なのはそのシステムがあなたに合っているかどうかです。自分に合う方の休みで充実した生活が送れるといいですね。

関連タグ

アクセスランキング