IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【転職】最終面接でよく聞かれる質問集・逆質問例9つ

面接

転職の最終面接でよく聞かれる質問や逆質問の内容を最終面接までに対策する事ができれば、厳しい最終面接も少しは楽になるのに、そう思いますよね。質問で求められている返事ができればあなたはもう内定確実です。今回はそんな転職の最終面接の質問と逆質問例の話です。

更新日時:

転職をしようと考えている人は、自分に合った転職サービスを選ぶことから始めましょう。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばいいかわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

転職の最終面接で気をつけること

転職の最終面接で出される質問には分かりやすく答える事を心がけていくべきです。なぜなら社長や役員の方は年配のが多く、中にはせっかちな方も多いです。 そんな方たちの質問に答えなくてはいけません。時間も限られていますし、長々と質問に答えてもらう時間はありませんよね。そのため最終面接の質問には分かりやすく答える事が大事なんです。

ビジネスマナー

転職の最終面接ではビジネスマナーには気を付けましょう。最終面接では社長や役員の方は年配の方も多く、礼儀やマナーには特にうるさい方がいます。質問に答える際も慎重に丁寧に対応しましょう。

返答に困ったら少し時間をもらう

最終面接の質問は主にあなたの人間性を見られるような質問がほとんどです。その質問の返答にどうしても困った時は適当に答えてしまうと印象は良くありませんし、今までの返答と矛盾が生まれてしまう事もあります。 そのように状況を悪化させないためにも数秒ほど時間をもらい、頭の中を整理してからちゃんと考えた上で質問に返答するようにしましょう。少しの時間くらいはもらえますので、どうしても質問の答えに困ったら「すいません、少しお時間をいただけますか?」と言いましょう。

最終面接の質問で「分かりません」はNG

時事問題や最近のニュース以外の自分の意見を言うような質問をされた場合は、わかりませんと答えるのはよくありません。主な質問はあなたのプロフィールや志望動機についての質問をしてくる事が多いのです。 あなたについて質問をされているのですから答える事ができないはずはありませんよね。あなたのプロフィール等の質問をされた場合は積極的に堂々と答えられるようにしておきましょう。

最終面接でよく聞かれる質問例9つ

転職の最終面接で良く聞かれる質問にはある程度は予測しやすいものです。最終面接の質問は最終的に真剣に働く意欲があるのか、人間性に問題は無いのかを再確認のための質問が多いのでその質問例をいくつかあげていきます。

転職の最終面接質問例

・前職を退職した理由は何ですか? ・もう一度志望動機を聞かせてください。 ・人間関係を作るのはうまい方ですか? ・前職での成功経験はありますか? ・当社は第一志望ですか? ・当社に内定したら、他社はどうしますか? ・当社を〇〇社よりも志望する理由を教えてもらえますか? ・採用になった場合、いつから働けますか? ・最近の就活状況はいかがでしたか? 面接でどんなことを聞かれても臨機応変に対応できる力を身に付けておくことは、非常に大事です。事前に面接対策をやっておきたいという方はプロのキャリアアドバイザーが在籍するエージェントを活用しましょう。

転職の最終面接の逆質問させる相手の意図

最終面接では「なにか質問はありますか?」と逆に質問を求められる事があります。この逆質問の意図はなんなのでしょう。 答えは働く意欲や会社への興味持っている人を見定めたいからです。あなたが自分の会社を経営していたら、一生懸命真面目に働こうという意欲を持った人や自分の会社に真剣に興味を持っている人を雇いたいですよね。 そのためには逆質問をして確かめるわけです。このことからも分かるように最終面接の逆質問では意欲や真剣さをアピールする質問を考えておくと良いでしょう。

最終面接の逆質問で「質問はありません」はNG

最終面接の逆質問を求められた時に一番言ってしまうと良くない言葉何かわかりますか?「質問はありません」この言葉を言ってしまうと今までの苦労が泡になります。 なぜなら質問が無いという事は会社で働く気持ちも中途半端で意欲さえ感じませんし、興味もないと捉えられても仕方ないですよね。そのため逆質問を求められた場合は、必ず逆質問をする事です。できれば最低3つほどの逆質問は用意しておきましょう。

転職の最終面接の逆質問では調べれば分かる事は質問しない

最終面接の逆質問では聞かない方が良い事があります。企業理念や取引先企業等の企業ホームページに載っている情報は質問しない方が良いのです。調べればすぐに分かる様な事も調べないで聞く人は自社に興味が本当にあるのか疑われかねません。 また一次面接、二次面接で聞けるような内容の質問はしないほうが良いです。最終面接までに企業ホームページをしっかりチェックしておき、しなくても良い質問とするべき質問を選別しておきましょう。

最終面接の逆質問例9つ

転職の最終面接の逆質問例

・もし、採用していただいた場合、配属先はどちらになりますか? ・入社までに勉強しておくべきことは何かありますか? ・私は我慢強い性格なのですが、どのような資質が必要になりますか? ・〇〇の資格を持っているのですが、御社の事業で行かせる事はありますか? ・今後仕事をするにあたり必要な資格などはありますか? ・仕事をしていて嬉しかった事楽しかった事を教えていただけますか? ・御社は今後、○○社への事業展開を考えておられるそうなのですが、その事業に参加させていただくにはどうすればよいでしょうか? ・入社から現在までに苦労した事大変だった事は何でしょうか? ・従業員の方々に対してどのような姿勢で業務にあたってほしいと考えておられますか? 面接官がどんなところを見ているのかなど、面接対策に必要な知識を身に付けたい方は転職エージェントを活用するといいでしょう。プロのキャリアアドバイザーから、的確なアドバイスをもらうことができます。

最終面接前に自分を見つめ直そう

いかがでしたか。転職の最終面接の質問と逆質問ではどちらにおいてもあなたの意欲を試されるというのが分かりましたね。 質問される内容や逆質問の例文を見ると企業がどのような人材を求めているのかも分かりますよね。最終面接前に何度も傾向と対策と企業の情報も見直ししてどんな質問が飛んできても冷静に対応できるようになっておきましょう。

面接に大切なのは自己PR!

最終面接で大切なことは、事前にどのような質問が来るのかを前もって予測しておくことですが、自分の力だけの企業調査に限界を感じたら「キャリアパーク」をおすすめします。 3,000名以上の学生を内定に導いてきた経験豊富なプロのキャリアアドバイザーが、完全サポートで、人物重視の優良企業の非公開求人300社を、特別選考ルートでご案内します。 無料登録は1分で完了!! 自分では絶対に見つけられなかった、自分に合った企業に出会えるチャンスです。ぜひ「キャリアパーク」で相談してみてはいかがでしょうか? 就活は今後の人生を決める重要な選択です。 納得の行く就職活動をしましょう。

就活の気になる色々

関連タグ

アクセスランキング