IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ネットワークエンジニアとしての仕事内容と年収|未経験からの転職方法

職種研究

ネットワークエンジニアの仕事内容や未経験からネットワークエンジニアを目指す上で大切なことを紹介しています。ネットワークは、今や欠かせないものになってきています。ネットワークに興味がある方は、産業の需要が安定しているIT系のお仕事をしてみてはいかがですか。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

ネットワークエンジニアとしての仕事

ネットワークエンジニアは、ネットワークインフラのシステム設計・構築や運用管理をする仕事です。 オフィスなど複数の人たちがコンピュータを利用する場において、個々のコンピュータをスイッチやルータなどの機器に接続し、コンピュータによるデータを快適に送受信できるためのネットワークシステムを作ることが主な役割です。 ネットワークエンジニアは、お客さまの求めることを聞き出したうえで、そのネットワークシステムの設計や構築から運用までを担います。コンピュータを使うことが当たり前になっている現代社会では、快適なネットワーク環境は、社会インフラのひとつとして不可欠なものとなっています。 使いやすいネットワークを作り、その日常的な運用やトラブル発生時の対応まで専門的に携わるのが、ネットワークエンジニアです。なお、システムを作るにあたっては必ずコストがかかるため、予算と効果の採算のバランスがとれたシステムを考えていくことが大切です。

働き方はさまざま

ネットワークエンジニアといっても、人によって、あるいは会社によって、どのような仕事の範囲を担当するかは異なります。とくに、ネットワークの設計をするにあたっては、ネットワークインフラ整備に関する幅広い知識が求められます。 お客さまと直接やりとりをして提案する機会が多く、ヒアリング力やプレゼンテーション力、コスト意識なども求められるため、経験豊富なエンジニアが携わるのが一般的です。このような設計や提案の仕事に携わる人は、会社によっては「SE(システムエンジニア)」と呼ばれます。 基本的には、未経験者や経験の浅い人はネットワークの運用から行い、その後、構築などの業務にも携わるようになって、さらなるステップアップとして人によっては設計まで行うようになるということが多いようです。なお、これらの作業は通常、一人ではなく複数のエンジニアがチームを組んで行います。

ネットワークエンジニアの年収・給料

ネットワークエンジニアの年収は300万円~600万円程度といわれており、人によってだいぶ差があります。実力が重視される仕事であるため、経験を積んでいけば大きく収入を伸ばすことも可能です。 場合によっては、派遣社員や契約社員であっても、正社員以上に高い収入を得ている人もいるようです。また、仕事に関連するIT系の資格を取得するたびに、昇進につながっていったり、手当を加算したりする会社もよくあります。 Cisco Systems社の認定資格のうち、とくに難しい資格を取得することで、年収1000万円ほどを安定して得ている人もいるようです。ただし、ネットワークエンジニアが働く会社の規模はさまざまであるため、勤務先によっても年収はだいぶ違いが出ているといえるでしょう。

残業手当はあるのか

専門性を要するネットワークエンジニアの仕事は、スキルを身につけることで高い収入を得ることも可能な仕事です。 しかし、注意しておきたいのは残業に関してです。IT業界全般にいえることですが、ネットワークエンジニアは忙しく働いていることが多く、月に100時間を超えるような残業が当たり前という会社もあるようです。 いくら給料が良かったとしても、サービス残業になってしまっている場合、労働時間に対して支給額が見合わないというケースもあるかもしれません。そうなれば、せっかくやりがいが持てる仕事であっても精神的な負担は変わってきます。 そのほか、ボーナスの支給有無なども会社によって異なるため、就職先を探す際は、手当の内容に関してもよく確認しておく必要があるといえるでしょう。

フリーランスの場合の年収

ネットワークエンジニアは会社員として働く以外にも、フリーランスとして生計を立てている人も少なくありません。実力最重視の世界であるため、キャリアを積み上げてスキルがあるとみなされれば、会社の肩書に左右されずに力を発揮することができるのは、この仕事ならではといえます。 ただし、フリーランスになれば健康保険や年金は基本的にすべて自己負担となりますし、もし体調を崩して仕事ができなくなればクライアントの信頼を失ってしまうばかりでなく、年収もなくなります。そのリスクを背負って挑戦するか、安定した会社員としての働き方を選ぶかは、人によって考え方が異なります。

ネットワークエンジニアの資格

資格は働くうえで必須ではありませんが、専門知識と技術が重視される仕事柄、習得しているスキルレベルを簡単に示すことができることから、現場で重視されるケースも多いです。 また、特定の資格を取得することで、昇進できたり給料がアップしたりすることも珍しくありません。 数あるネットワーク系資格のうち、いくつかを紹介します。

ネットワークスペシャリスト試験

国家試験「情報技術者試験」の1区分として実施されている資格試験です。 国内で実施されるネットワーク関連試験の中では最難関のものであり、国家資格という信頼感もあいまって、CCNA以上の評価を得られるのが一般的なようです。 この下位レベルの資格として「基本情報技術者試験や」「応用情報技術者試験」もあります。

シスコ技術者認定(Cisco Systems社)

最も業界内での認知度が高く、現場でも重視されているのが、米・Cisco Systems社の認定資格です。 下位レベルの資格を取得することで、上位レベルの資格試験を受験できるようになります。最難関のCCIEは、あらゆるネットワーク系資格の中で最も評価されるといわれています。 難易度が優しい順に、以下の資格があります。 ○CCENT ネットワークエンジニアとしてのエントリーレベルの資格です。 ○CCNA ネットワークエンジニアとして評価される基礎レベルの資格です。先輩の指示を受けながら作業ができる程度のスキルを証明することができます。ネットワークエンジニアの登竜門的な資格ともいわれ、転職の際に、この取得の所持が必須とされることもあります。 ○CCNP CCNAの上位資格として、1人で作業ができるレベルであることを証明できます。 ○CCIE シスコ技術者認定の最上位資格です。国際的にも通用する資格であり、海外でも一流のネットワークエンジニアとして評価されます。

ネットワークエンジニアの将来性

ネットワークのスペシャリストとして活躍するネットワークエンジニアの需要は、IT業界の中でも安定しているといえるでしょう。まだまだ人材不足ともいわれるほどで、これからこの仕事を目指す人にとってもチャンスは存分にあります。 ただし、ネットワークエンジニアといっても、仕事内容は多岐にわたります。 たとえば、設計や構築といった上流工程の仕事から、運用や保守といった下流工程の仕事、さらには技術者でありながらお客さまへ提案を行う営業的な仕事もあり、それぞれ必要なスキルや知識は少しずつ異なります。未経験や新卒で入社する場合、ほとんどは下流工程の仕事からスタートします。 設計や構築に比べると地味といえるような作業も多くありますが、ステップアップするための下積み期間としてしっかりと基礎を身につける気持ちで努力することが大切です。 需要の大きさとしては、運用や保守に携わるネットワークエンジニアと、経験豊富でお客さまのニーズを捉えた提案ができるネットワークエンジニア。この2つのタイプの人を求めている企業が多いようです。

ネットワークエンジニアの転職

ネットワークエンジニアに転職したい。そして、より待遇の良いところに就職したい。そのように考えるのであれば、自分のレベルを示すことができ、業界でも評価される資格を取得しておくとよいでしょう。 シスコのCCNAを持っていれば、ネットワークエンジニアとしての基礎レベルには達しているとみなされ、多くの会社でプラス評価になるようです。 そのほか、TCP/IPについてなどネットワーク関連の入門書も多く販売されています。できるだけスキルアップしておくことで、より良い条件での転職が実現できるでしょう。 なお、外資系企業は即戦力を求める傾向にあるため、未経験や経験の浅い人の場合、まずは日系企業で実力をつけていくことがよいでしょう。 この業界はキャリアアップのために転職をする人も比較的多く、実力さえあれば、現在よりも良い給料や待遇の会社へ転職できる可能性は高いです。

ネットワークエンジニアの勤務時間・残業

ネットワークエンジニアの勤務時間・残業はどのようになっているのでしょうか。 見ていきましょう。

勤務時間

企業に勤めるネットワークエンジニアの勤務時間は、各社の就業規則に沿ったものとなります。一般的には、8:30~19:00くらいの間で設定されており、実働は8時間程度です。他のオフィスワークの職種の社員とほぼ同じと考えておいてよいでしょう。 しかし、ネットワークエンジニアとしてどのような業務に携わるのかによっても、勤務時間帯は変わってきます。設計や構築の業務であればほとんど日勤となりますが、特徴的なのは監視業務を担当する場合です。 ネットワークは24時間動いているため、朝も夜も関係なく、24時間を交代制で働くことが一般的です。日によっては夜勤が入るなど、不規則な勤務体系となる場合もあります。 また、ネットワークの機器の入れ替え作業を行う際には、どうしてもネットワークが止まってしまうため、企業の営業に支障がない深夜の時間帯や、長期休暇のタイミングで行うといったこともあります。

残業

ITのエンジニアというと、「残業がものすごく多くて大変な仕事」という風にいわれることがあります。たくさんの仕事を抱えるシステムエンジニアなどの中には、毎月100時間以上の残業を続けている人もいるようです。 しかし、すべてのエンジニアがここまで忙しいというわけではなく、ネットワークエンジニアの残業状況も、会社や職場によってだいぶ異なるようです。人員に余裕がある職場では、ほとんど残業なしということもあります。 とはいえ、通常はあまり残業がなくても、急なネットワークエラーが発生すれば、時間外勤務で対処しなくてはならないこともあります。実際、残業のあまりの多さによって、離職率が高くなっている企業もあるようです。どれだけやりがいがある仕事でも、あまりに過酷な環境では長く働き続けるのが難しいため、勤務先は慎重に選ぶことが大切です。 求人情報を見ると、しばしば「残業時間〇時間程度」といった形で打ち出されていますが、できるだけ実態についてもよく確認しておいたほうがよいでしょう。

ネットワークエンジニアに向いている人

ネットワークエンジニアに向いている人はどのような人なのでしょうか。 解説していきます。

ITに関する好奇心が強い人

ネットワークエンジニアをはじめ、IT業界のエンジニアにとって大切なのは、やはりITに対する興味です。好奇心や探求心が強く、疑問に思ったことは「なぜ、こうなっているのだろう?」とすぐ自分で考えて、調べて、結論を出していけるような人に向いている仕事です。 ITはもはや、一般の人々にとっても珍しいものではなくなっています。興味さえあれば誰でもすぐ触れられるようになっているからこそ、仕事に就く前からITにどれだけ関心を持っているかで、その後の成長も変わってきます。 たとえば、新しいデバイスが登場したらいち早く店頭で触ってみたり、簡単であっても自分でプログラムを組んだりしているような人なら、エンジニアとしての素質があるといえるでしょう。

変化に柔軟に対応できる人

ネットワーク関連の技術はもちろん、プログラミング言語やOS、データベース等にいたるまで、あらゆる分野で新たな技術がどんどん出てきており、既存の技術が通用しなくなることもあります。 このような業界で働いていく以上、その変化の速さについていこうとする気持ちは絶対に欠かせません。そして自ら情報を集め、仕事に必要なもの、そうでないものを選んでいくスキルが求められます。 こうした点から、ネットワークエンジニアは同じものにこだわり続ける人や安定志向があまりに強い人よりも、変化を楽しみ、挑戦することに積極的になれる人のほうが向いているといえます。 「いま」必要とされるものは何かということを考え続け、貪欲に新たな知識や技術を吸収し、価値あるエンジニアを目指していくことが、この世界で長く活躍するためには必要なことです。

未経験からのネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアといっても、多くの人は未経験からスタートしています。新卒の場合、学校などである程度の基礎知識は身につけていたとしても、仕事の進め方については現場を経験しながら覚えていくことが一般的です。 新卒でない場合であっても、同じように未経験から仕事を始め、スキルアップすることは十分に可能です。なかにはネットワークエンジニアとして経験豊富な人、高度なスキルを持っている人を対象とした採用を行う企業もありますが、この職業の需要は安定しているため、未経験者でも熱意があれば採用となることはあります。 ただし、ネットワークをはじめ、IT技術については多くの情報が出回っており、書籍やインターネットなどを通じて自分でも入手することができます。ネットワークエンジニアを目指すような人は、少なからず技術に興味を持っているでしょうが、独学であっても基本的な知識を身につけておく努力は必要といえるでしょう。

ネットワークエンジニアを目指してみよう

いかがでしょうか。 ネットワークエンジニアは、いまや一般的な職業となってきています。 昨今のネット社会はこれからも続くことが予想されますので、ネットワークに興味のある方はネットワークエンジニアを目指してみるのはいかがでしょうか。

おすすめの「エンジニア転職サイト・エージェント」

良質な求人情報が期待できそうな、エンジニアにおすすめの転職サイト・転職エージェントランキング形式でご紹介します。 IT業界やエンジニア職に特化した転職サイトを中心にまとめていますので、転職を検討しているエンジニアの方は、ぜひ参考にしてみてください。

関連タグ

アクセスランキング