IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

意地悪をする心理・意地悪な人の特徴8コ・対処法

更新日:2022年08月05日

コミュニケーション

意地悪な人はどこにでもいるものですが、避けてばかりはいられません。仕事でどうしても接しなければいけない時もあれば、上司が意地悪な性格なこともあります。意地悪な人の特徴や性格を知ることができれば、上手く対処することができるかもしれません。

意地悪な人の特徴とは?

意地悪な人とはできるだけ避けたいものですが、見た目ではなかなか意地悪かどうか判断することは難しいですよね。特に仕事では長い付き合いになることも多いので、意地悪な人がいると毎日憂鬱な気持ちで仕事をしなければなりません。意地悪な人はどのような特徴を持っているのでしょうか。

相手が困る様子を見るのが好き

意地悪な人の特徴としては、相手に対して困らせてやろうと思うことが多いです。そのため相手が困る姿を見ることに優越感を覚えて、楽しむという特徴を持っています。何か明確な理由があって意地悪なことをするのではなく、ただ相手が困る姿をみたいと思っているのです。意地悪な性格を直すことが難しいですが、幼少期から意地悪をする子供は、どのまま大人になっても意地悪な性格になりやすい特徴も持っています。意地悪をすることに対しての罪悪感がないので、自分の欲求を満たすために意地悪をすることもあります。

無理難題を平気で言ってくる

仕事をしていて「この人意地悪な性格の人だ」と感じることがあります。それは平気で無理難題を言ってくる人でしょう。仕事において無理だと思うようなことにも、挑戦しなければならない時はあります。高いクオリティのモノを作るには、限界に挑戦してこそ達成できるかです。意地悪な人の特徴はこの挑戦する姿勢と意地悪とを同じだと考えているのです。無理難題を平気で突きつけてくるのに、できないと努力が足りないということあります。 1時間で終わらせる仕事があったとしても、努力をして50分で終わらせるのは企業努力や個人の頑張りでできるかもしれません。意地悪な人は30分で仕事を終わらせろと無理難題を平気で言ってきます。相手が困っているのを見たいので、自分の立場を利用して意地悪をするのです。仕事では無理難題なことにも挑戦しなければならない時もあります。一緒に仕事をするようになれば、意地悪な人をすぐに見極めることができるでしょう。

自分の目標を持っていない

意地悪な人の特徴として自分が目標とするものがないので、相手を困らせたり暇つぶしに意地悪をしようと考えます。自分が目標とするものがあれば、人に構っている時間はありませんよね。自分の目標があれば集中できますが、やることが見つからないので他人を蹴落とそうと考えます。他の人に意地悪をすることで暇つぶしにもなりますし、相手のスキルアップを邪魔することにも繋がります。 人は目標があるとそれに向かって頑張ることができますが、目標がなかったり見失ってしまうと、途端に何をすればいいか迷ってしまいます。特に仕事では目標がないと毎日言われた仕事だけをやるだけになり、やりがいや楽しさを感じることもありません。目標を持っていないと相手が羨ましいと思うようになり、つい意地悪をしてしまいたくなることもあります。

どんな形でもいいので人と接していたい

人に対してちょっかいを出す人の心理としては、自分に構って欲しいと願っていることが多いです。人に対して意地悪をする人も、誰かに構ってもらいたいと思っているのかもしれません。どんな形でもいいので人と接したいと願っているので、つい意地悪をして繋がりを持とうとします。子供が好きな人に意地悪をするのと同じで、自分の存在を知ってもらいたいと思っているのです。意地悪な性格は直すことが難しいので、子供の頃から意地悪をしてきたことがあるはずです。それが大人になってもクセとして出てしまうのです。どんな形でもいいので人と接したいという欲求から、つい意地悪をしてしまうのかもしれません。

自分のテリトリーを大事にしている

自分の縄張りに入られることは誰でも嫌なことですよね。自分のテリトリーを持っている人にとって縄張りに入ってくる人に対しては、意地悪をしたくなることもあります。意地悪な人の特徴として、縄張り意識が強いという特徴を持っています。仕事では自分しかできない仕事があれば、優越感を持って安心して仕事ができるでしょう。しかし自分の存在を脅かすような人材が現れれば、意地悪をしたくなるのは自然なことかもしれません。自分の仕事のテリトリーを侵すような人に対しては、意地悪をすることによって突き放そうとします。 露骨にライバル意識や敵対視しても、自分の能力が無いことを知っているので対抗できません。せめて意地悪をすることで、相手に対して嫌がらせをしたいと思うのです。仕事で新しい仕事をする時に、相手のテリトリーに関係する仕事をすると、急に意地悪をされることがあります。これは自分の仕事のテリトリーに入られたくないという拒否反応なので、ある程度覚悟しなければならないでしょう。

人に対して強く当たってしまう

人に対して意地悪をしてしまう人の特徴として、つい人に対して強く当たってしまうことがあります。これは性格上相手を敵対視しやすいことから、優しくすることができない性格になっているのかもしれません。意地悪をしてしまう心理としては、困らせてやりたいと思う心理が働いています。意地悪な性格だと他人に対して優しくしようという気持ちが薄くなり、つい強く当たってしまうのです。相手が言われたくないことでも平気で言ったり、必要以上に相手を意地悪な言葉で責めることもあります。意地悪な人の性格は相手の痛みを知ることができなくなるので、つい強く当たってしまうという特徴を持っています。

意地悪な人の性格について

意地悪をするような人はどのような性格の持ち主なのでしょうか。意地悪をしないで仲よくなれば良いのにと思うのに、なぜか人に対してつい意地悪をしてしまう人がいます。性格を直すのは難しいことですが、意地悪な性格の人はどういった考えを持っているのでしょうか。

意地悪な人の心理状態とは?

次のページ:意地悪をしたいと思う原因
初回公開日:2017年02月23日

記載されている内容は2017年02月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング