IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ビジネスでの「A4サイズ封筒」の書き方と文例・横書きの書き方

更新日:2020年06月11日

ビジネスマナー

a4サイズの封筒の書き方をまとめました!a4サイズだけでなく、オールサイズ対応!これを読んでおけば、就職活動やビジネスの場面でも役に立つはずです!封筒の書き方について、少しでも疑問点や不安がある方!是非、読んでみて下さい。最適なペンの種類についても載ってます!

そもそもA4サイズとは?!

A4サイズは最も汎用的な用紙と言えるでしょう!皆さんも、A4サイズのものを頻繁に使うのではないでしょうか。プリンタのコピー用紙やレポート用紙、原稿・企画書、ノートやカレンダー等、様々な場面で使われています。また、職務履歴書もほとんどA4サイズです。(履歴書は、「A4二つ折り」=「B5」相当が多いです) その他、クリアファイルやバインダー、フォトフレーム、便箋などの備品も充実しています。

早速!「A4サイズの封筒」表書きの際に注意すべき点を確認していきましょう!

住所について

ポイント①住所の書き方ですが、郵便番号の右端よりも内側になるように書くとバランスが良いでしょう! ポイント②文字の大きさは、宛名の文字よりも小さくしましょう! ポイント③縦書きの書き方の場合は、番地の数字部分は漢数字で書きます! ポイント④住所が一行におさまらない場合は改行しても構いません。住所や番地のキリの良いところで改行します。その際、二行目、三行目の書き出しは、一行目の書き出しよりも下から始めるようにしましょう! 以上の内容は、A4サイズの封筒だけでなく、オールサイズ対応しています! 表書きの住所の書き方を迷った場合は、以上のポイントを思い出してみて下さい。

宛名について

ポイント①宛名の書き方ですが、中央に大きく書きます。中心線は、郵便番号の最初の3つの間くらいを目安にしましょう! ポイント②縦の長さは、全体のバランスを考えて文字を配置します。 宛名の書き方については、ポイントは2つだけ!覚えやすいですね! こちらもA4サイズの封筒だけでなく、オールサイズ対応しているので覚えておきましょう。

次に「a4サイズの封筒」裏面の書き方について注意すべき点を確認していきましょう!

差出人の住所氏名ですが、最近では左側に郵便番号枠が印刷されていることが多いため左側に住所氏名を両方とも書くことが増え、左側が一般的になっているようです。 しかし、住所はセンターラインの右側に、氏名は左側に書くのが、正式なマナーです。 正式なマナーを頭にいれた上で、臨機応変に対応すると良いでしょう。

住所について

先ほど、表書きの部分でも記載しましたが、住所が一行におさまらない場合は改行しても構いません。住所や番地のキリの良いところで改行します。その際は二行目、三行目の書き出しは、一行目の書き出しよりも下から始めるようにしましょう。

宛名について

宛名についても、表書きのときと同様です!中央に大きく書きましょう。中心線は、郵便番号の3つの間くらいを目安とします。縦の長さは、全体のバランスを考えて文字を配置するようにしましょう。 表書きの書き方を、頭にいれておけば対応できそうですね。

より具体的に!~目上の方や改まった内容に適している!縦書きの封筒の書き方とは~

ここからは、具体的に説明していきます。 まずは、aA4サイズの封筒への縦書きの書き方です。 1.切手は左上にはりましょう。 2.住所は郵便番号の右端よりも内側になるようにし(バランスがよければ、右端のラインに揃えても良いでしょう)、上から一文字下げたところから書き始めます。番地などの数字は、漢数字で書くのがエチケットです(重要)。 3.目上の方や改まった内容の場合は、ビル名やマンション名も略さずに書きましょう。 4.相手の名前は中央に大きく書きます。中央線は郵便番号の最初の3つの間くらいを目安にし、そこから一文字下げた場所から書き始めます。住所より大きな文字で書きましょう(重要)。 5.同居や下宿の場合には、別行にし、やや右上に名前より小さく「○○様方」と書きます。 6.裏書きは、自分の住所と名前を封筒の左側に書きます。(住所はセンターラインの右側に、氏名は左側に書くのが正式ですが、最近は左側に郵便番号枠が印刷されていることが多いため左側が一般的です。) 7.封じ目には「〆」「封」がありますが「〆」が使われることが多いです。お祝い事には、「寿」「賀」の字にします。封かんシールやスタンプを使っても良いでしょう。 8.封かん日をいれる場合は左側に書きましょう。便箋の後付けに日付を入れるとともに、封筒にも封かん日を書いたほうがより丁寧です。

初回公開日:2017年02月28日

記載されている内容は2017年02月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング