IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【フォーマルスーツ】レディースブランド・シーン別の選び方

更新日:2020年08月28日

ビジネスファッション

レディスフォーマルスーツは色んなバリエーションがあります。女性にとってフォーマルスーツは色んなシーンで使える優れものです。シーン別に、どんなレディスフォーマルスーツが好ましいのか、着こなしのマナーなどを見ていきましょう。

レディスフォーマルスーツとは

「フォーマルスーツ」という言葉はよく聞いたことがあると思います。「ビジネススーツ」や「礼服」とは何か違うのでしょうか。最近では、フォーマルスーツ=礼服という認識が広まっていますが、元々は「略礼装」という略式の礼服のことをフォーマルスーツと呼んでいたそうです。 しかし、結婚式や葬式のときに礼服としてフォーマルスーツを着ることが多くなって、フォーマルスーツ=礼服という認識に変わっていきました。女性にとってはビジネススーツとしてフォーマルスーツを着ることが出来ます。他にも冠婚葬祭の場面でもフォーマルスーツは活躍します。それぞれのシーンでどんなデザインが好まれ、どんなブランドがなのか詳しく調べてみましょう。

結婚式のレディスフォーマルスーツ

結婚式にお呼ばれしたときのレディスフォーマルスーツはどのようなものが好まれるのでしょうか。女性は花を添えるような役割があり、華やかな雰囲気のものが好まれるでしょう。ワンピーススーツのような女性らしい雰囲気のレディスフォーマルスーツがです。単品でも華やかさを感じるものを選ぶと良いでしょう。 レースが付いてたり、コサージュがついているものを選ぶと華やかさが増します。結婚式ということを割り切って、華やかで清楚なレディスフォーマルスーツを選びましょう。「UNTITLED」や「grove」といったブランドががあるようです。女性らしい華やかでありベーシックな雰囲気もあるブランドがのようです。

葬儀でのレディスフォーマルスーツ

葬儀でのレディスフォーマルスーツの選び方を見ていきましょう。葬式ではブラックフォーマルスーツが基本となっています。また肌をあまり見せないのが原則です。夏でも五分袖が好ましいでしょう。注意しないといけないのは、ブラックフォーマルスーツ=喪服ではありません。ブラックフォーマルスーツの中には、浅い黒色のものがあります。喪服として着られるのは、漆黒色のものになります。 スカート丈も膝下が原則です。アクセサリーも一連パールのものにしましょう。結婚式とは対照的なものを選ばないといけません。AOKIや青山などがのブランドです。AOKIはファッション雑誌に取り上げられたこともあり、若い人達のなかでも注目度が上がっています。

ビジネスシーンでのレディスフォーマルスーツ

ビジネスシーンでは、レディスフォーマルスーツはどんなものを選んだら良いのでしょうか。ブラックフォーマルスーツもが高いですが、紺やグレーなどの色もとてもが高いです。葬式のときに着るレディスフォーマルスーツより選ぶ幅は広いので、ある程度自分の好みの恰好ができます。パンツスーツなら大人っぽくキャリアウーマンのようなクールさを演出できます。スカートスーツだと女性らしさや気品さを演出することができます。 職場にもよりますが、失礼のない範囲で自分らしさを表現していきましょう。「OLD ENGLAND」というブランドががあるようです。スタイリッシュ且つトラディショナルな雰囲気を持つブランドなので、ビジネスシーンにはピッタリですね。

卒業式・入学式のレディスフォーマルスーツ

お子さんがいらっしゃる方なら、避けては通れない入学式と卒業式。ここでもレディスフォーマルは活躍します。「入学式」と「卒業式」とで好ましい服装が違って来ます。「入学式」では、パステルカラーのような明るく華やかなフォーマルルーツが好まれ、「卒業式」では、落ち着いた色合いとデザインが好まれます。 「入学式」はこれから始まるという華やかな雰囲気に対し、「卒業式」は無事にひとつの区切りを終えたという厳粛な雰囲気があります。そのことを踏まえて、それぞれのシーンに合わせたレディスフォーマルスーツを選ぶと良いでしょう。「コムサイズム」や「UNTITLED」などのブランドが好まれているようです。コサージュやパールネックレスと合わせても上品さが残ります。

レディスフォーマルスーツの値段相場

金額についてはかなり幅があります。冠婚葬祭などちゃんとしたシーンに着るから、何十万もするハイブランドを好む人もいれば、そんなにたくさん着る機会がないから安物で大丈夫だという人もいるでしょう。安いフォーマルスーツなら1~3万くらいで購入できます。特に、安いから失礼にあたるということはないです。デザインや色などが場に合わないものを着てくる方がよっぽど失礼にあたります。 高いフォーマルスーツを買うなら、長く着られる流行りに関係のないデザインを選んだ方が良いでしょう。良いスーツは長く着ることが出来ます。長く着ることで自分の体に馴染み、より特別で上品な雰囲気が出てきます。

レンタル

あまり着る機会がないから、安くでも購入するのが嫌だという方の為に、スーツをレンタルしてるお店もあります。ネット上にもレンタルサービスをしてるところもあり、2日以上から貸出ができるみたいです。金額の相場は、大体4,800円~のところが多いようです。スーツを買うより安いですね。 フォーマルスーツと一言で言っても色んなシーンで着る機会があります。シーンに合わせて、色んなデザインや色が必要になってきます。ひとつスーツを買うよりも安く、色んなデザインを色んなシーンに合わせて楽しめるのがレンタルスーツのメリットです。

レディスフォーマルスーツで個性を出す

周りと合わせることもひとつのマナーですが、少しでも個性を出したいですよね。フォーマルなシーンで個性を出したいときは、ジャケットとスーツを別で買って組み合わせるという方法があります。セットスーツが着こなしが簡単ですが、周りとあまり差を出せません。コーディネイトが少し難しくなってくると思いますが、雑誌などを見て研究してみましょう。 例えば、スカートにペンシルスカートやマーメイドなどトレンドや個性を取り入れるなら、ジャケットはオーソドックスなものに抑えてバランスと取りましょう。足し算をしたら必ずどこかで引き算をするのが、コーディネイトの基本です。シックな靴やバッグを選ぶことでフォーマル感も出せます。洋服とのバランスを見て合わせていきましょう。

カジュアルな着こなし

フォーマルな場面で着こなすフォーマルスーツですが、カジュアルに着こなすスタイルもあります。例えば、ママ友とのランチなど、ある程度キチンとした恰好をした方が良いけれど、仰々しいのもおかしいですよね。そんなときにもフォーマルスーツが活躍します。 ジャケットにも色々種類があり、ポリエステルやレーヨンのような柔らかい素材のジャケットがあります。カジュアルに着崩したいときに柔らかい素材のジェケットが使えます。スーツの中に着るインナーをボーダーのものに変えるだけでも、印象がカジュアルになります。デニム素材のスカートやパンツを取り入れるとよりカジュアルになります。靴をスニーカーに変えたり、バッグをカジュアルにしたりすることで、上品に着崩すことができます。

レディスフォーマルスーツを楽しもう

初回公開日:2017年02月22日

記載されている内容は2017年02月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング