IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ITコンサルタントとは?年収と仕事内容|なるには資格が必要?

ビジネスマナー

皆さんは『ITコンサルタント』という職業をご存知でしょうか。「ITを駆使して企業経営をサポートする人」という意味です。「ITもコンサルも良くわからない」という方には理解が難しいかもしれません。今回は『ITコンサルタント』の資格や仕事内容について調べてみました。

更新日時:

ITコンサルタント

ITコンサルタントとは

ITコンサルタントとはどのような職業なのでしょうか。色々調査したところによると、やること・やれること・専門分野などによって幅広い認識があることが分かりました。 一般的なITコンサルタントとしての業務内容は以下の様なモノになります。 『「企業の経営課題を解決する」が目的であり、業績やWebページの提案から課題解決のためのシステムの開発まで、ありとあらゆる分野の業務を行う』 というものです。 基本的なITの知識に加え、経営戦略の知識や企業の価値やサービスなど総括して状況を判断する力、更には先行きを見通して次の提案を行っていく力も必要になってくる仕事です。 一般的なイメージですと『プログラマ』の上位職の様なイメージもあるかと思いますが、必ずしもプログラマからなると言う訳でもありません。IT関連のエンジニアはプログラマだけでなく、インフラ周りやネットワーク周り、サーバー周りのエンジニアもいます。また、WebページのSEO対策などはプログラミングやエンジニアの知識とは異なる知識を要してくるのです。この様に多様な知識が必要な職種ではありますが、基本的にSE(システムエンジニア)の知識やPG(プログラマ)の知識が必要なことが多いため、一般的にはSEやPGからITコンサルタントを目指す人が多い様です。 企業の成果に直結させていく仕事なので、どれか一つずば抜けているというよりも(もちろんずば抜けていていいのですが)総合点の高さも非常に重要な要素です。

ITコンサルタントの3つの仕事と3つの重要ポイント

ITコンサルタントの3つの仕事 1.アナリスト(分析家) アナリストは、定義書や動作検証仕様書の作成、システムのプログラミングやテストなどの役割を担います。何かのシステムが出来る際の最上流に位置し、システムの全てを担う存在です。 2.コンサルタント(問題解決家) 一般的なコンサルタントは顧客の悩みや問題を発見し方策を提供する仕事やその仕事をしている人を指します。ITの場合も同様で、顧客の要望したシステムの要件の整理や、開発計画の進捗確認、その他アナリストが作成した仕様書の確認なども行います。 3.マネージャー マネージャーは、アナリスト・コンサルタントの成果チェックなどを行う、プロジェクト全体の総括役です。作業計画の作成や、開発計画全体の進捗・品質管理、関係者との調整・対応などの役割も担います。 以上の3つを上げたのですが、それぞれ共通する仕事、重複する要項もあり一概に線引きすることは難しいです。ITコンサルタントには上の3つの内容が全て加味されていると考えていいでしょう。 ITコンサルタントに欠かせない3つの重要ポイント 1.システムやインフラ上の問題や課題が何なのかを把握できる知識と能力 2.それらを解決するための高い技術力 3.経営上どのような効果をもたらすべきかという経営視点 以上の3つですが、中にはエンジニアの視点の外にある能力も求められています。ITコンサルタントを志すのであれば、総合的な知識と経営や問題点を即座に見つけ出す能力も問われてくるのです。

ITコンサルタントの年収は?

ITコンサルタントは、IT業界の中で比較しても年収が高い部類になります。ITの知識だけでなく経営や問題解決能力に対しても高レベルな力を求められるITコンサルタントなので、当然といえば当然でしょう。企業に所属しているのか独立しているのかにもよるのですが、企業に所属しているITコンサルタントの場合、平均600万円を超える年収が見込めます。年代別に見ても20代で400万円代後半、30代で600万円の後半、40代・50代では800万円代の年収となり、他業種と比較しても給与水準の高い職種といえるでしょう。

ITコンサルタントは実力主義

上で述べた様に、比較的高収入体質のITコンサルタントですが、大きな収入を得ていくためには一つの大きなポイントがあります。それは、『実力主義』『成果主義』の世界であるということです。従来のイメージや日本的なイメージであれば『年齢と共に年収も増加する』という、『年功序列』の考えで収入を考えがちになりますが、ITコンサルタントは違います。(コンサルタントと名がつくモノは基本的に実力主義でしょう。)故に、年配でも実力のない人は会社に残れませんし、反対に若くても能力の高い人は年齢の平均年収よりも高い対価を得ることが可能なのです。

ITコンサルタントになるには

どうやったらITコンサルタントになれるのか

後述しますが、実は『ITコンサルタント』と言う資格は存在しません。従って、貴方も明日から名乗りさえすれば立派な『ITコンサルタント』の仲間入りを果たせるわけです。ただ、当然の話ですが名乗ったところで仕事がなければ無意味です。“IT”コンサルタントと銘打つわけですから、それ相応の知識と経験を持ち合わせていなければなりません。

ITコンサルタントに資格はあるの?

ITコンサルトには『ITコンサルタント』と言う資格は特に存在しません。従って誰でも、今からでもITコンサルタントを謳って仕事を始めることも可能な職業です。ただ、当然ですが『IT』と『コンサルタント』という企業の非常に重要な部門を担当する事になるわけですから、生半可に名乗って絵も仕事が取れる訳がありませんし、企業に見定められて就職出来る訳もありません。 『ITコンサルタント』と銘打ったズバリそのままの資格は無いのですが、『IT』や『コンサルタント』として活躍していた時の経験や資格がそのまま役に立つのは当然です。ここではITコンサルタントをする上で役立つであろう資格を幾つかピックアップして紹介しましょう。勿論、ここで挙げる以外の資格も幅広いITコンサルタントの守備範囲では有益なモノもあるでしょう。あくまでも参考程度に見ながら、自分の強みやどんなITコンサルタントを目指して行くのかによって各自取捨選択をして取得資格を決めて行くのがいいでしょう。

・中小企業診断士 経営コンサルタント業務における唯一の国家資格です。資格取得の方法は共通の一次試験を通過した後、筆記と口述の二次試験を通過し、15日以上の実務補習か実務従事を行う方法と一次試験通過後に指定された養成講過程を履修する方法の二パターンがあります。いずれにしても中小企業に対し適切な成長戦略を立案する上で必須となる、運営管理やマーケティングなどに関する幅広い知識の習得が求めらるため、コンサルティング業務で実際のケースに直面した時に生きる資格です。

・ITコーディネーター ITコーディネータは、2001年に国家プロジェクトの一環として設けられた資格です。ITコーディネータの合格率はおよそ50~60%前後、現在約6,500名の資格保有者がいます。 資格取得試験には、ITコーディネータ試験と専門スキル特別認定試験の2種類があります。ITコーディネータ試験では、受験資格は設けられていません。ですが、資格を取得するためには試験に加えてケース研修の受講が必須となります。専門スキル特別認定試験の場合、公認会計士・税理士・中小企業診断士等、特定の資格を保有している人のみが受験資格を持つことが出来ます。

・ITストラテジスト(情報処理技術者試験) ITストラテジスト(情報処理技術者試験)は情報処理推進機構の資格で、経営戦略に基づく情報戦略を立案し、システム全体の計画を策定し開発プロジェクトを支援するプロフェッショナルです。経営戦略を正確に捉え、課題を把握し分析する能力が必要なので、幅広い知識や経験が要求されますが、この資格を取得しているITコンサルタントは企業から高い評価を得られます。

・IBM関連資格 ロータス認定技術者制度とは「IBM Tivoli認定資格」と同様、IBMのミドルウェア「Lotus」のスキルに関する技術者認定制度のこと。ロータス製品に関わる業務に必要なスキルに精通していることを認定する世界標準の技術者資格です。企業や業務で必要とされるスキルのサーベイを行ない開発されていまので、単に取得するだけでなく、実際の職場で必要とされる知識の習得が必要となります。 「CLS ロータス認定スペシャリスト(Certified Lotus Specialist)」 ロータスソフトウェアのアプリケーション開発やシステム管理のテクニカルな基礎知識を習得しているかを認定する資格。 「CLP ロータス認定技術者(Certified Lotus Professional)」 ロータスソフトウェアの運用や開発など、実際の業務における専門知識や高度なテクニカルスキルを習得しているかを認定する資格。 「CLP Principal ロータス認定上級技術者(Certified Lotus Professional Principal)」 CLP資格取得エンジニアとしての専門知識や高度なテクニカルスキルに加え、さらに高度で専門的な知識を所持し、上級技術者としてのテクニカルスキルを習得しているかを認定する資格。 「LKNC Level1 (Lotus Knowledge Navigator Certification Level1)」 ノーツクライアントの基本操作スキルとノーツクライアントをツールとして、ナレッジマネージメントを推進する上で必要となる能力や技術を認定するエンドユーザー資格です。

3.プロジェクトマネージャー試験(情報処理技術者試験) 情報処理技術者試験のひとつであるプロジェクトマネージャー試験も、多くのITコンサルタント志望者が取得を目標とする資格です。 試験は午前と午後に2つずつ、合計4セクションに分けて行われます。午前中の2つの試験では、情報処理の応用知識やシステム戦略についての問いに対し、マークシート形式で回答します。午後の1つ目の試験では3問中2問を選択する記述式、2つ目の試験では2000字から3000字程度の論述式のテストです。資格の認定を受けるためには、これら4つすべての試験に合格する必要があります。

ITコンサルタントに必要なスキルとは

この他に必要なスキルとしては問題解決能力とコミュニケーション能力です。 ITコンサルタントとしての成功を真に左右するのは、この二つだといっても間違いではないのです。 専門知識を駆使して的確な提案を行い、少ない折衝の機会を通じて顧客から「是非あなたにお任せしたい」と思ってもらう必要があります。 少し具体的に話しますと、職業倫理感や責任感、人間的魅力、経営的視点と論理的思考力、心身のタフさなどが求められるのです。『人間力』『多様性多才性』が求められる訳です。 また、各分野の専門家によるチームで業務にあたるため、円滑な折衝力や他分野の知識を積極的に取り入れようとする姿勢も大切です。

ITコンサルタントの転職事情

ITコンサルタントは転職に有利

さて、ここまでITコンサルタントについていろいろ話してきたのですが、ITコンサルタントの転職事情はどうなっているのでしょうか。給与面の魅力から、実力を付けたら転職をしてベースアップを図りたい方が大半だと思います。しかし、ある調査では、転職によって年収が約5割減少することがある様です。5割ダウンというと一般的な感覚ですと生活環境を変える必要に迫られたり、生活そのものが立ち行かなくなることもあるように思います。 しかし、そこには年収の『額』以外の総合的な見方で転職をする方も多い様です。例えば、個人のコンサル業務を請け負っていた人がスキルや経験を磨くため事業会社へ渡るケースや、プライベートな時間の幅を増やすために、年収が下がっても転職するケースもある様です。また、他業種や他業界への単純な興味の観点から転職を希望する人も相当数存在する様です。 いずれにしても、高度な資格や高度な経験・専門的な経験をすることが多く、献身的で探求心のある人が多いITコンサルタントは転職の際に有利に働く職種であることは間違いないでしょう。

他業種からのITコンサルタント

他業種からITコンサルタントを目指すことは可能なのでしょうか。結論から言うと大いにある可能性といえるでしょう。今まで話してきたように、ITコンサルタントは多くのスキルや経験を要する職種ですので、あらゆる経験が役に立つ職種とも言い換えることが出来るのです。コンサルタントを行う企業もありとあらゆる業界が想定されます。自身がITと全く異なる畑にいたとしてITコンサルタントになったとしても、以前の業界と関わるということも大いにありうることですし、一からその業界を調べずとも、ある程度以前の知識を生かした生の経験から来るコンサルを行えるというアドバンテージもあります。

どんな経験がITコンサルタントには必要か

上でも話している通り、あらゆる経験が必要にはなる仕事です。しかし、やはりITの知識には専門性を持つ方が無難です。ITの知識をベースに、そこで見につけた経験・知識を武器にしてコンサルを行うスタイルがイメージしやすいでしょう。勿論、コンサルタントがITを学びITコンサルタントになる事や、その他の職種からITコンサルタントになる方もいるので、極論を言えばやる気と努力と継続です。どんな業界にいたとしても、その業界に精通し、トップレベルの知識や能力を養える様な人であれば誰でもITコンサルタントを行えるといえます。

ITコンサルタントを目指してみませんか

先ずはITの知識を身につけよう

今回、調べてみて分かったことが、一口にITコンサルタントといっても、そこに至るまでの道程は様々だということです。エンジニア畑から来た、ITを知識や経験の側面から語れることを強みにしている、ITコンサルタントもいます。元々コンサルティング会社で経験を積みITの知識を積んでITコンサルタントになった、経営学やコンサルティングそのものに強みを持っているITコンサルタントもいます。

コンサルタントとして最低限のコミュニケーション能力は必須

これは今や、ITだけに限ったことではないのですが、仕事をする上でコミュニケーション能力は必須のスキルです。AIが人の仕事を奪うかも知れないと巷で騒がれたりしていますが、そんな夢話を抜きにしても、対人の仕事においてはコミュニケーションなしに良い仕事が出来る訳がないのです。幾らITの知識に長けていたとしても、幾らコンサルティング実績が輝かしかったとしても、その場その場のお客様は唯一無二の存在な訳ですから、常に人のためを想い、人とのかかわりを重視していかなければ成果は望めないでしょう。

常に新しい知識を吸収しながら変化に対応していこう

これもITコンサルタントに限ったことではないですが、今の世の中は常に新しい情報が出回っています。数年前なら最先端の知識や情報だったものが、一般人まで降りてくるスピードも増しています。ITではないのですが、私が大学生だった2012年ごろに『3Dプリンタ』というものを研究材料の作成に使用していた先輩がいました。当時は一部の機械系の学問や仕事に従事していなければ知る由も無かった『3Dプリンタ』でしたが、今や誰もが知る先端機器として有名で、一般の方でも扱えるようになっています。ITの世界は特に技術革新が目覚ましく、あらゆる業種・職種の中でも群を抜いている分野です。その中で常に企業に安定した成果を出すことを求められる訳ですから、毎日どころか1分1秒を学びに費やすことが必要な場合もあるでしょう。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

このランキングの中でも1位の「リクルートエージェント」は、求人数も多く、古くから運営されているため、求人の動向を詳細に教えてくれますよ。 来週にでも、「自分のスキルで転職して年収が上がるのか」を仕事帰りに聞きにいってみましょう。想像よりも自分のスキルへの評価が高くて驚くかもしれません。 ※相談は無料

関連タグ

アクセスランキング