IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定式でのスーツの選び方(男性/女性)|スーツは何色がベスト?

更新日:2020年08月28日

内定後

無事に就職活動を終えた後、社会人への第一歩としてやってくるのが「内定式」。ここでは、内定式に相応しいスーツのコーディネートや、守るべきスーツのマナーなどを説明していきます。ぜひしっかりとスーツを着こなして、社会人デビューして頂けたらと思います。

スーツの色はグレーでもOK

スーツの色は、グレーでも問題ありません。あまり明るすぎないグレーの方が、周りと比較しても目立ちにくく、今後の使い勝手も良いかもしれません。 前述した通り、内定式は社長など上司も出席する場です。カジュアルに傾いてしまいそうなほど明るいカラーや、変わったデザインは避けた方が無難です。

内定式に相応しいスーツ 〜ストライプは有?〜

落ち着いた色味のスーツであれば、チェックやストライプなど、柄が入ったものでも良いのでしょうか。 デザインや柄の入り方にもよるとはいえ、柄のスーツは基本的にカジュアルに傾きがちです。目立たないこと、周りとの協調性やTPOを重視するのであれば、スーツは無地にしておいた方が良いでしょう。 あまり目立たないように柄が入ったスーツもありますので、明るい場所(蛍光灯の下)で着てみて、無地とどちらにするかを選ぶのも一つの方法です。 個性やおしゃれを発揮出来る場は、今後、たくさんあります。ご自身が内定を得た企業がどのような風土なのかを観察し、まずは出席する上司に失礼がないようにしましょう。

内定式に相応しいスーツ 〜ス〜

着ていくスーツがある程度決まったら、今度はその中に何を着ていくかです。 女性の場合は、インナーにはシャツだけでなくカットソーもあり、男性よりも選択肢の幅が広いので、悩む方もいらっしゃるでしょう。 社内のフォーマルな行事に出席する場合は、インナーはシャツを選択するのがです。カットソーは、ややビジネスカジュアルになります。 先輩の女性社員がおしゃれなカットソーを着ていても、式に出席する内定者はまた新人以前の立場です。先輩の服装をそのまま真似るのではなく、式典ではあくまでTPOを大切に。 シャツには、スキッパータイプと、レギュラータイプがあります。この違いは、襟の形です。 スキッパータイプは襟が大きく開くタイプで、ジャケットの外に襟を出して着用します。スキッパータイプの場合は、快活さ、元気の良さ、活発な印象になります。ただし、スキッパータイプはきちんとサイズを合わせて着こなさないと、肝心の襟が崩れて、だらしなく見えてしまいますので、注意が必要です。 レギュラータイプの襟では、ボタンはきちんと上まで止めて、襟はジャケットの中におさめます。真面目できちんとしており、清潔な印象になります。こちらも、サイズを合わせておかないと、ボタンを留めたときに苦しそうに見え、自分自身もきつくて辛い思いをしますので、注意しましょう。

内定式のスーツはパンツスタイルでもOK

女性であれば、スーツのボトムもスカートか、パンツかを選ぶことができますね。 この場合、どちらであっても問題はありません。自分がなりたい印象や、着用の好みで決めて大丈夫です。 スカートスタイルであれば、優しそうで上品な印象に。パンツスタイルであれば、しっかり・テキパキとした自発性のある印象になります。 今後、その会社で自分が目指したい未来の姿を思い描いて、決めてみるのも良いかもしれませんね。

内定式のスーツに合わせたい上着、コート

多くの内定式が行われるのは、10月の初旬頃です。若干肌寒くなってくる頃合で、ジャケットの汚れを防ぐためにも、コートを着たい場合もありますね。 内定式に着ていくコートは、就職活動時に使用していたものがちょうど良いでしょう。 就職活動用のコートは、色はブラック、ベージュなど、スーツにマッチする地味なものをチョイスしているはずです。デザインも、Aラインの可愛らしいデザインや、ファーが付いているようなものは避けているかと思います。 もっともベーシックで無難なのは、トレンチコートです。就職活動では、コートを着たり、脱いだりすることが多かったのではないでしょうか。トレンチコートは、そう言った場合でも着脱が容易で、持ち歩くにも軽く、シワになりづらいので、とても使い勝手が良いのです。 内定式でも、そのようなコートを選んでいけば問題ないでしょう。

内定式でのメイクと髪型

内定式の服装が決まった後は、髪型と、女性であればメイクをどうすべきかも悩みどころです。 就職活動が無事に終わって、ホッとしている方も多い時期かもしれませんが、内定式はビジネスの場です。明るすぎる髪の色、華やかすぎる・可愛らしい髪型は避けて、面接時と同じようなスタイルを心がけましょう。 基本的には「この髪型・メイクで面接を受けても問題ない」くらいの「無難」なスタイルにしてください。

内定式に相応しい髪型

内定式に相応しい髪型のポイントは以下を参照してみてください。 ・長めの髪(肩以下)は結ぶ。ポニーテールかハーフアップが簡単で ・髪の色はブラックか濃いめのブラウン ・ワックスなど整髪剤は、清潔感が出る程度に ・シュシュなどのアクセサリーも、ブラウンやブラック、ホワイトなどベーシックなカラーのものを。派手な柄、きらきらした華美なものは避ける

内定式に相応しいメイクアップ

目指すは「ナチュラルで上品」なオフィスメイクです。面接の時を思い出しながらやってみましょう。 ・ベースメイクは丁寧にアラを隠しておく ・チークの使いすぎは子どもっぽく見え、場に相応しくないため注意。愛らしさよりも、自然な血色感を演出 ・眉は細すぎないように注意して描く。眉マスカラでも良いが、明るすぎると浮いてしまうので、髪の色に合わせたチョイスを ・アイシャドウはブラウン系が鉄板。ラメ、パールが目立つものはNG ・アイラインは上まぶただけに。下まで引くと、他の部分は控えめなのに、目力だけが強くなり違和感が出てしまいます ・マスカラもナチュラルに仕上げる。ゴテゴテの盛りまつげは、スーツスタイルに合わない。つけまつ毛は不要 ・グロスよりも、自然なベージュピンクの口紅を。つやつやしすぎた唇も、ナチュラルに作ったメイクの中で浮いてしまう。当然、口紅でも真っ赤なものなど派手なカラーはNG

内定式に相応しいスーツ 〜男性編〜

リクルートスーツでも内定式という場のTPOに合っているのは、男性でも同様です。基本的な注意事項は、前述した女性の場合とあまり変わりません。 男性は、女性よりもスーツスタイルで働くことが多いでしょう。内定式は社会人としての第一歩です。場の雰囲気を損なわない程度に、スーツを新調してみるのも良いですね。

次のページ:ビシッと着こなしスタイリッシュなあなたへ
初回公開日:2017年03月02日

記載されている内容は2017年03月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング