IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

退職の引き止めを阻止する方法|スムーズに辞める3つの方法

退職ノウハウ

退職を伝える時、「もしもしつこく引き止められたら?」と不安に思う方は多いでしょう。この記事では、スムーズに退職するための対処法や引き止める上司の心理などをご紹介しています。どう退職を切り出すか悩んでいる方は、ぜひ読んでみて下さいね。

更新日時:

退職を引き止める理由

退職を引き止める理由

長年働いてきた職場をさまざまな理由で退職する場合、一般的には、退職する数カ月前にその旨を上司などに告げます。 退職について上司などと話すのは、とても緊張することでしょう。それでも、退職したい理由や退職せざるを得ない事情があるのですから、何とか退職できるように上司などと必死に交渉するというケースは数多く見られます。 ここでは、退職を引き止められるの理由ついて、2つのパターンを紹介していきます。

会社側の理由

退職者が出ることで、その上司やチーム、職場などに負担がかかることが1つ目の理由として挙げられます。単純に人数が減ってしまいますし、新しく人材を採用したとしても、仕事を覚えるまでに時間がかかります。 特に、上司にかかる負担が大きく、採用活動やその為のスケジュール調整などもしなければなりません。また、会社側から「部下の退職のサインに、なぜ気付けなかったのか」と責任を追及される可能性もあります。

本人のためを思って

2つ目の理由として、部下の為を思って引き止めをする上司がいることが挙げられます。本当に優秀な人材であったり、人間的に魅力的な人物であれば、その人の人生やキャリアを考えて引き止めることもあります。 会社や上司の為にしつこい引き止めをしているのか、それとも部下のことを思って引き止めているのかを判断するのは難しいことではありますが、「なぜ引き止めをするのか」を見極めることが大切です。

引き止めを阻止する3つの理由と3つの注意点

引き止めを阻止する3つの理由と3つの注意点

ここでは、退職の引き止めをさせないための理由と、注意点を紹介していきます。無論、伝える相手によっては、違う方法も有効です。基本的なポイントを押さえて準備をしていくことで、少しでも引き止められにくくなる状態をつくりましょう。

理由1:前々からの夢がある

理由1:前々からの夢がある

自分の描いていたキャリア目標が、別の職場で達成できそうだということを伝えます。「今の職場では実現は無理だ」と話すことで、相手に引き止めを諦めてもらうパターンです。 多くの場合、「それは無謀だ」と言われてしまうことが多いですが、おどおどとせず自信をもって言うことで相手を納得させることができます。 ここで注意することは、むやみやたらに実現条件を話すと、相手に交渉材料を与えかねないということです。

理由2:準備を進めていました

退職を伝えられた相手はいきなり退職を告げられたように感じてしまいます。ですが、前々から準備を進めて内定を獲得したということを伝えることで、退職の意志が固いと感じ、引き止めることを諦めさせられることができます。 仮に、内定までたどり着けていない場合でも、すでに動き始めているということを伝えるだけでも、相手には退職の意志が固いと伝わります。

理由3:資格が取れたので

資格を取るための勉強や準備を進めていたということを言い、退職の意志が固いということを伝えましょう。 また、その資格がどのように自分のキャリアに必要なのかを説明できると、より具体性が出てくるため、効果的に引き止めを阻止することができます。 次に、退職を切り出すときの注意点を紹介していきます。

注意点1:タイミングに気を付ける

法律上は退職予定日の2週間前に退職意思を伝えれば退職できるということになっています。 ですが、実際にそのタイミングで切り出してしまうと業務の引継ぎなどに支障が出てしまい、印象が悪くなるどころか退職交渉が拗れてしまう可能性があります。 退職交渉や引継ぎ、有給消化など行う場合、多く見積もって1ヶ月~3ヶ月前には退職を切り出すようにしましょう。また、以下で紹介するポイントも確認してみましょう。

仕事が一段落した時に言う

注意点1:タイミングに気を付ける

退職を言うタイミングは、会社の繁忙期を避けましょう。上司や関連部署にとって退職のための手続きというのはイレギュラーなものです。 「こんな忙しい時期に」「もっと違う時期じゃダメ?」と引き止められ、退職時期を延ばされないためにも、会社の繁忙期が落ち着いたタイミングで言うようにしましょう。 社内の年間予定で決まっている繁忙期であれば、そこから逆算して転職活動のスケジュールをたてることも可能です。

注意点2:強い意志で言う

おどおどとした態度で退職を言い出すと「お世話になった先輩が困るよ?」「子供がいてお金に困るだろ?」と情に訴えかけることを言われ、意志が揺らいでしまうことがあります。 退職を言い出す時は必ずハキハキと自信をもって言いましょう。

情にほだされないようにする

退職交渉で家族事情などを引き合いに出され、引き止めに応じてしまうと次に退職しようとする時も同じ話題で揺さぶられるどころか、その話題があなたの弱みだと思われ業務においても利用されかねません。 退職を申し出る時はとても緊張していて難しいですが、何を言われても揺るがない意志をもって退職交渉をしましょう。

注意点3:不満を言わない

退職の話をしていると、上司は必ず退職理由を聞いてきます。退職理由を話す時に、多くの人は不平不満ばかりを並べてしまいがちです。 スムーズに退職するためにも、不平不満は言わないようにしましょう。

妥協案を提示されてしまう

会社や職場の努力次第で解決できそうな退職理由を話してしまうと、「じゃあ、ここはこうするから退職しないで」などと、妥協案を出されて引き止められる可能性があります。 このようになってしまうとなかなか退職しづらいので、退職理由は慎重に話すようにしましょう。できるだけ、会社側にはどうすることもできない退職理由を考えておくことをおすすめします。

転職活動のプロ、エージェントサービスを利用しよう

転職エージェントでは、転職だけでなく退職交渉のサポートも行ってくれています。退職交渉に自信がない方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。 また、客観的な意見をもらえるため、自分がはたして本当に退職すべきなのかどうかも分析でき、退職理由を固める手がかりとなります。 未公開の求人も多く取り扱っており、業界研究にも最適です。下記のリンクから無料登録ができます。

退職理由は具体的に

退職理由は具体的に

退職理由というのは退職交渉において必ずと言っていいほど聞かれます。法律上、退職理由を言わなければ退職できないということはありません。 しかし、あやふやな退職理由を話しても相手が納得して首を縦に振ることはほとんどありませんから、退職理由は具体的に伝えることが大切です。

ネガティブな意見は言わない

会社に対する不満などがあったとしても、自分都合で退職するということを伝えましょう。会社に対する不平不満を伝えてしまうと「昇給や昇格を考えよう」といったような妥協案を出されますが、口約束の場合、その後ないがしろにされる可能性もあります。 また、ここで上司への不満をぶちまけてしまってもお互いに感情的になり、交渉が拗れてしまいます。あくまでも退職理由は自己都合にしましょう。

転職後の展望を具体的に言う

内定が決まっている場合、明確な社名を言う必要はありませんが、どのくらいの期間で転職先を決めて次の会社へ行くかなどを伝えられるようにしておきましょう。 「特になにも決まっていません」というような先の見えない答えだと、「それならば決まるまで在職すればいいのでは?」と相手は引き止めやすくなります。 平均として、転職活動は3ヶ月~半年の期間で入社に至るケースが多いです。

スムーズに退職するには

ここまで、様々な退職の引き止めを回避する方法をご紹介してきました。退職交渉から次へのキャリアは始まっています。今回紹介したポイントを押さえて、よりよいキャリアの形成に役立ててください。

流されないように冷静に

退職交渉で情に流されてしまったり、逆に、こちらが感情的になってしまったりして交渉決裂となってしまっては今までの準備が水の泡となり、せっかくのキャリアが叶えられなくなってしまいます。 「自分は情に訴えられると弱い」「反論されるとついついカッとなってしまう」という方は、下記のリンク記事も参考にして、円満な退職交渉を進めていってみましょう。

関連タグ

アクセスランキング