IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職を考える「きっかけ・理由」と適切な「タイミング・時期」

転職ノウハウ

転職はネガティブな雰囲気があり現在の職場を裏切る感じがあります。それでも転職したいきっかけや理由が強いのなら、転職をするべきです。そんな転職を決意できないあなたの背中を押してあげるために転職のきっかけと理由、転職をする適切なタイミングを解説していきます。

更新日時:

転職活動は、転職を考え始めてからでは遅い

この記事では転職を考えるきっかけ・理由を紹介しますが、転職を考え始めてから「転職活動」をしていては遅いことは知っておいてください。それは、転職活動開始時点での経験やスキルで転職可能な企業の幅が決まり、希望の企業への内定獲得の確率が低くなるからです。 もし、年収が低いという理由で転職活動をしようと考えたときに、その企業だけでしか求められない知識技術を身につけていると、年収を高くする企業への転職が難しくなります。 同世代と比べて年収の高い人や、職場環境に恵まれている人は、常に「人材市場」と「自分のスキル」に目を向けて転職活動をしているため、選択できる企業の幅が広がり、希望の職場への転職を成功させています。

転職成功のカギは「転職エージェント」

希望の職場環境への転職を成功させるためには、次のことが必要になります。 ①現在の人材市場での自分の価値を知る ②市場で求められているスキルを知る ③転職するまでに現職で身につけるべきスキルを把握する 常に転職活動を行っている人たちは、転職を考え始める前に、上記①〜③を知るために「転職エージェント」を利用します。転職エージェントは、企業と転職者とのマッチングを行う人たちです。企業がどんな人を欲しているかの情報を常に仕入れているため、人材動向を熟知しています。 転職を考え始めているだけで、まだ転職活動を行っていなかったという方は、まずは転職エージェントへの相談をしてみたほうがよいでしょう。転職エージェントの中には、相談しにいっただけなのに転職を強く勧めてくるところもありますが、「リクルートエージェント」は、無理に転職を勧めず、客観的にあなたの市場の中での価値や、身につけるべきスキルを教えてくれます。

転職の大きなきっかけ・理由は4つ

トピック352/要素6583

それでは転職のきっかけ・理由を見ていきましょう。 自分の今の現状は転職する程の物なのか自己判断するのは難しい物です。転職のきっかけや理由は人によって様々ですが、実は転職を考えるきっかけ・理由は大まかに4つに分ける事ができます。 実際に転職を考える時、この4つのきっかけ・理由に該当するならば転職を考えても良いのかもしれませんね。以下に4つの転職のきっかけ・理由を載せておきますので実際に転職を考えた時に参考にしてみてください。

転職のきっかけ・理由1:職場の人間関係

転職を考える大きなきっかけ・理由の一つが職場の人間関係です。職場の人間関係は仕事を継続していく上でかなり重要です。突然の人事異動で職場内の人間関係が変わる事はよくある事です。 しかし今まで築いてきた人間関係がなくなってしまう訳ですから、かなりのストレスがかかりますね。気が合わない上司や威圧的な上司の元で働く事になってしまったら、精神的に追い詰められて嫌になる気持ちはすごく分かります。 職場の人間関係はそれほどまでに重要なポイントなのです。このように職場の人間関係の変化は転職を考える大きなきっかけ・理由の一つになります。

転職のきっかけ・理由2:職場環境の変化

転職を考える大きなきっかけ・理由の一つに職場環境の変化があります。突然の人事異動で全く希望していない職種への異動はよく聞く話です。 しかしこうした人事異動は入社当初の希望職種と違うため、人事異動を言い渡された人は納得がいきませんよね。このため転職を考える気持ちはわかるのではないでしょうか。 元の部署に戻してほしいと訴える事はできますが改善されなければ、転職を考える気持ちもわかりますよね。そのため職場関係の変化は大きな転職のきっかけ・理由の一つなんです。

転職のきっかけ・理由3:勤務時間や待遇の変化

転職を考える大きなきっかけ・理由の一つに現在の勤務時間や待遇の変化があります。入社当初と比べ勤務時間が大幅に増えたり、残業の時間が増えたり、残業代が支給されない等待遇が劣悪になってしまう、また休日も出勤を強いられたりと強引な労働をさせられたりと言った会社都合の勤務時間や待遇の変化は納得ができませんよね。 企業内から働きかけて少しでも過酷な勤務時間や劣悪な待遇を変える事が出来ればよいのですが、そうした事で動きが無いのなら諦めて他社に転職してしまう気持ちも分かりますよね。こうした勤務時間や待遇の変化は大きな転職のきっかけ・理由の一つなんです。

転職のきっかけ・理由4:給与や評価制度

転職を考える大きな理由の一つに現在の給与や評価制度が納得いかない事があります。給与は仕事をする上でやる気やモチベーションに繋がります。 働く上でそれ相応の報酬をもらわなくては納得できないですし、仕事に対するやる気やモチベーションの低下につながりますよね。 どういう理由であれば会社から給料が減額されたり、評価されない事で転職を考えるのはわかる気がします。人は頑張りを認めてもらえる事でもっと頑張ろうと思う物です。 給料や評価はそうした頑張ろうとする気持ちを後押しするものですからこれが減額されたら納得できないですよね。 こうした給料や評価制度に納得が行かない事が転職を考える大きなきっかけ・理由の一つなんです。

改善されないと判断できるなら転職活動を視野にいれるべき

転職のきっかけ・理由にあるような会社に改善を求めるために労働基準局や社内で改善を求めてもそれでも改善されないならば、転職を真剣に考えても良いでしょう。 転職の方法には大きく3つあります。 ①求人サイト ②転職エージェント ③知り合い繋がりの紹介 中でも「転職エージェント」は、知らないことや不安なことを相談できます。 ■こんな理由で転職してもいいの? ■面接のときに転職理由を聞かれたらこの理由を答えても問題ない? ■自分にはどんな転職先が向いている? といった疑問にも答えてくれますので、安心して転職活動を始められます。転職エージェントの中でも、転職実績No. 1の「リクルートエージェント」は約160,000件の求人を保持しています。非公開求人も多いので希望の条件での転職がしやすいです。

転職に適した「季節のタイミング」は春と秋

転職をする適したタイミングがあるのはご存知でしょうか。それは3月、4月の春の時期、9月、10月の秋の時期に新規求人が一気に増えます。なぜこの時期に求人が増えるのか、理由は二つあります。 1つ目は春と秋の時期は年度切り替えに伴って退職者が出ますので、その後任補充のために募集を多くかけるのです。 2つめはこの春と秋頃に新規事業の始まる時期である事です。 このことから企業は中途採用者を多く募集するのです。そのためこの時期が転職に適した最も良いタイミングなんです。 ただし募集が増えるという事は同じように求人に応募する人が増えるという事です。競争が激しくなる時期なので動き出すタイミングに注意が必要です。

転職に適した「勤続年数のタイミング」は3年以上

あなたがもし企業の人事担当者だった場合、忍耐力と継続力のある人どちらを選びますか?忍耐力より継続力のある人を選びますよね。 勤続年数が3年以上あるというのは忍耐力や継続力がある人と判断され良い評価をされ転職に有利に働きます。このため今の勤続年数が3年目までは待ってみるのも一つの選択肢です。勤続年数が3年以上になった時点で転職を始めるのも良いタイミングです。

新卒入社の場合は勤続1年が良いタイミング

上記では転職するタイミングは勤続3年以上はあった方が良いとは言いましたが、新卒入社の場合は話が少し違います。 新卒の場合は出来るだけ早めに転職を勧めますが、3か月で辞めてしまうと転職先面接での印象が悪いため、できれば1年は続ける事を勧めます。1年働けば経験も積む事ができますし、転職面接でのアピールに使えますので、転職を考えるのなら1年継続してから転職活動を始めましょう。

新卒入社勤続3年未満の第二新卒も需要がある

新卒入社継続3年未満の第二新卒と呼ばれる労働者も需要があります。 理由は社会人経験もありながらまだ勤務先企業の色に染まりきっていない事から需要があります。 企業としては新人教育をする際に育てやすい人の方が良いため、まだ他社の色に染まっていない労働者の方が扱いやすく育てやすいため求められているのです。

転職の迷いはその道のプロに相談

新卒の方や、転職して間もない方にとっては、すぐに転職するのはどうなのだろうか、と不安になるところでしょう。企業の視点・転職者の視点もどちらも持ち合わせている、専門の転職エージェントはそういった不安を解消してくれます。 普通に転職活動を行うと、企業側からすれば、ゼロからあなたを評価していくことになります。しかし、リクルートエージェントを活用すれば、経験豊富なキャリアアドバイザーがあなたのポイントを最大限に活かしブランディングしてくれます。 また、リクルートエージェント独自に分析した企業情報や環境、採用ノウハウも教えてくれるので転職を有利に進めることができます。

有給があれば有給休暇で転職活動をする

生きていくためにはお金がどうしてもかかります。転職をするには会社をやめて転職活動に集中するか、会社を続けながら転職活動をするかのどちらかしかありません。 会社を続けながらの転職活動は時間が足りません。長期戦を覚悟する事になります。会社を辞めての転職活動は時間は確保できますが、後々の生活費が底をつき生活に困る事になるでしょう。 そこで有給休暇が残っている人は有給休暇を有効活用するのです。そうすればお金も時間も確保できます。有給休暇の内に転職先を決める事ができれば、生活費に困る事も時間がなくて転職活動に時間が取れずに諦めなくても済みます。有給休暇は使わないとなくなってしまうので計画的に転職活動に使っていきましょう。

税金関係の支払いのタイミングも考慮する

働いていると所得税を払いますよね。転職のタイミングを間違ってしまうと所得税を多めに支払ってしまう事になるため、所得税の徴収タイミングも考慮して転職活動をしましょう。 ・退職日が1月1日から4月30日の間なら一括徴収 ・退職日が5月1日から5月31日なら特別徴収 ・退職日が6月1日から12月31日なら残額を分割で普通徴収 このように転職を始めて勤務先を辞めるタイミングを間違うと一括徴収する事になったり面倒な手続きをする事になってしまいますのでタイミングに気を付けましょう。

転職はタイミングと前向きな気持ちが大事

いかがでしたか。今回は転職のきっかけ・理由と適切な転職のタイミングのお話をしてきました。転職の理由の多くは勤務先企業への不満によるもので、どうにかして変えたくても変える事が出来ないと判断した上で転職をする人が多いのがわかりました。 転職先が決まるまでの間の生活費のお金は必要です。先立つものは金といいますし、そこまでにしっかりと貯えをしておく事も転職する際に頭に入れておきたいものです。 どんなに会社に不満があったとしても感情的になってしまう事は避けましょう。冷静に時期を見極めて、需要の高いときに転職することもチャンスを掴むために必要です。前向きに次のチャンスを待ちましょう。

自分は求められているのか?という疑問

1年を通してみたときに、各月で企業側からの需要の高まる時期も存在します。また、それ自体毎年企業が求めている人材も変化しているので、「今はどんなスキルの人が求められいているのか」「今自分はどのレベルの企業に転職可能なのか」という点を知ることが必要です。 転職エージェントと情報交換を行うことは、これからのキャリアでも有意義になるでしょう。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング