IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

公立/国立/私立の准教授の平均年収|医学部や医者の准教授の年収

更新日:2020年08月14日

職種研究

准教授という職業は、アカデミックな職業で年収が高いイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?このページでは、「准教授の年収」をテーマにして、平均年収はもちろん、学校別の年収や年代別の年収の推移などをご紹介しています。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

准教授の年収はいくら?准教授の平均年収や収入事情について

准教授というと、アカデミックな職業というイメージをお持ちの方も、多いと思います。 大学や高等学校などに務めていることが多く、何かの分野に特化している印象が強い職業・ポジションですよね。 一般的に、アカデミックな職業は年収が高いイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか? 今回は、そのような疑問を解消する為に、「准教授の年収」に注目して、さまざまな情報をご紹介していきます。 准教授の全体的な平均年収のほか、国立・私立などの条件別に見る准教授の年収や、医学部の准教授の収入など、シチュエーション別にも准教授の収入事情についてご紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

准教授とは

准教授の平均年収について見ていく前に、准教授とはどのような職業・ポジションなのか、まずは簡単に確認していきたいと思います。 「コトバンク」に掲載されている情報を参考にすると、「准教授」とは「大学、高等専門学校の教員の職階の一。従来の助教授に当たる。(※1)」と解説されています。 ポジションや階級としてはどの地位にあたるのかというと、「大学の教員組織において、教授に次ぐ職階にある者。(※1)」だそうです。 つまり、准教授とは、教員の職業の1つであり、将来的には教授になれる可能性もあるポジションということになります。

准教授の平均年収

准教授がどのような職業・ポジションなのか把握したところで、続いては准教授がどのくらいの収入を得ているのか、平均年収についてご紹介していきます。 「平均年収.jp」によると、准教授の全体的な平均年収は、857万円(※2)だそうです。 国立の准教授なのか、また私立の准教授なのかなど、条件によって年収に差はあるようですが、全体的に見るとかなり高額な年収である印象を受けますね。 実際のところ、准教授の平均年収は、高額と言えるのでしょうか?以下で詳しく考察していきたいと思います。

准教授の平均年収は高額なのか?

上記でご紹介した、准教授の平均年収857万円は、一般的に考えると、高額収入と言える金額なのでしょうか? 今回は、「doda 平均年収」のデータを基準にして、考察していきたいと思います。 「doda 平均年収」によると、職種や業界などに関係なく統計された、2016年の全体的な平均年収は、442万円(※3)だったそうです。 准教授の平均年収は、857万円ですので、基準である442万円を400万円以上も上回っていることになります。 このような比較から、准教授の平均年収は、かなり高額であると言えそうです。

学校別に見る!准教授の平均年収

准教授とは、教員の一種なので、勤務地は主に大学や高等学校ということになります。 勤務地となる学校が、国立なのか私立なのかによっても、准教授の年収は大幅に変動すると言われています。 そこで、今度は学校の形態別に、准教授の平均年収の金額を見ていきましょう。

国立大准教授の平均年収

まずは、国立大学の准教授の収入がいくらぐらいなのか、ご紹介していきます。 国立大学の准教授の場合、平均年収は650万~750万円(※2)くらいだそうです。 全体的な准教授の平均年収と比較すると、若干下がっている印象を受けますが、一般的な年収である442万円と比較すると、高額年収と言えるでしょう。

私立大准教授の平均年収

続いて、私立大学に勤めている准教授の平均年収について、見ていきましょう。 私立大学に勤務している准教授の場合は、平均年収は700万~800万円(※2)となっています。 国立大准教授と比較すると、50万~100万円程高くなることから、私立大准教授の方が年収が高いことが読み取れます。

医学部の准教授の平均年収

准教授の中でも、医学部や医者の准教授も存在します。 医療に関する分野の准教授の場合、一般的な准教授と比較して、平均年収はどのように変わるのでしょうか? 続いては、大学病院で務めている准教授の平均年収について、ご紹介していきたいと思います。 結論から言うと、大学病院や医学部の准教授の平均年収は、さまざまな分野の准教授の中でも、有数クラスと言えるでしょう。 大学病院准教授の平均年収は、750万円~850万円(※2)となっており、中には平均以上の880万円(※2)前後の年収を得ている准教授もいるようです。 上記でご紹介した准教授の全体的な平均年収は、一般的な平均年収と比較してかなり高額でしたが、医大や医学部に務めている准教授の収入が、准教授の全体的な平均年収を大幅に引き上げている可能性もあると考えられます。

初回公開日:2017年02月20日

記載されている内容は2017年02月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング