IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

司法書士試験合格に必要な勉強時間|独学でも合格できる?

資格・検定

皆さんは、「司法書士」という職業をご存知ですか?一度は耳にしたことがあるとは思います。実は、この「司法書士」の資格は需要が高い分、取得までに必要となる勉強時間は膨大で、大変なものなんです。今回は、「司法書士」の勉強時間について様々な観点から考察していきます。

更新日時:

「司法書士」とは

皆さんは、「司法書士」というものをご存知ですか? おそらく多くの方が一度は耳にしたことがあるワードだと思います。しかし、「司法書士」という職業がどんなものなのかは、いまいちイメージが湧きにくいという方がほとんどだと思います。 今回は、この「司法書士」の試験合格に必要になってくる勉強時間などについて皆さんにご紹介していきたいと思います。 とは言っても、いきなり「司法書士試験」の勉強時間の話をするのではなく、まずは「司法書士」というものがどんな職業なのかについて見ていきたいと思います。

「司法書士」とは私たちにとって最も身近な法律専門家

では早速ですが、「司法書士」というものが一体どんな職業なのか見て行きましょう。 まず、一言で「司法書士」がどんなものなのかを表すと、「私たちにとって最も身近な法律専門家」です。 例えば身近なもので言えば、ネットショッピングなどで買い物をしたときに、買い手と売り手の間で商品をめぐる問題が発生したとき、また企業間の取引において何かしらの問題が発生したときに、それらを法律という一つの視点から考え、その問題の原因や法的な解決策を提示してくれるのがこの「司法書士」という人たちです。 つまり、自分だけでは解決が難しい何かしらの問題が発生したときに、法律的視点からその問題の解決策を考えてくれる、ある種の「相談役」みたいなものです。

「司法書士」の主な業務内容

では、実際に「司法書士」という職業における主な業務としてはどういったものがあるのでしょうか?以下にその主な業務内容をいくつか挙げてみました。 ・不動産登記・会社の登記・供託の手続代理・裁判所・検察庁・法務局への提出書類の作成・簡易裁判所における訴訟・調停・和解等の代理 「司法書士」という職業は、ビジネスから個人や企業の権利、財産などの幅広い分野にかけてその業務を行っているわけです。

司法書士試験合格のための必要な勉強時間

ここまでで、「司法書士」という職業がどういったものなのか何となくわかったところで、今度は本題の「司法書士試験」に合格するために必要な勉強時間について見て行きましょうう。

「司法書士試験」合格には約3,000時間必要

では早速ですが、「司法書士試験」に合格するためには一体どのくらいの勉強時間を必要とするのかを見て行きましょう。 結論から言うと、一般的に言われているのは、およそ3,000時間以上の勉強時間が、「司法書士試験」の合格には必要になってくるということです。 「司法書士試験」というのは、試験の名前や先ほど言った実際の業務内容からもわかると通り、「法律」に関する専門的な知識を測る試験となっています。 そのため合格にはもちろん「法律」に関する勉強をしなければならないわけですが、「法律」にまつわる知識というのは、膨大な量になりますし、時代や環境によって常に変貌し続けるものです。また、そういった時代や環境に応じて新たに誕生する法律や、逆に適用されなく法律というのも多くあります。 そういった要因から、「司法書士試験」合格のために必要な勉強時間というのは、他の国家試験と比べると、必然的にかなり多くなってしまいます。 ただし、一般的に「司法書士試験」合格に必要とされているこの3,000時間という勉強時間は、法律に関する知識がほぼない人がゼロから始めた場合を想定したものなので、もちろん個人が元からどのくらいの法律の知識について理解しているのかによっても変わってきます。

「司法書士試験」への合格は独学だと難しい

今度は、「司法書士試験」に合格するために勉強する際、独学での資格取得は可能なのかについて考えて行きたいと思います。法律に関する知識がゼロの状態から合格するには、一般的に「3,000時間」という膨大な勉強時間が必要とされるのであれば、「司法書士試験」に独学で合格するのは困難であるのではないかと考える方は多いと思います。 正直に言うと、やはり「司法書士」という難関国家資格の試験に、独学だけで合格するというのは非常に困難です。「司法書士」の資格を取得している方のほとんどが、大学の法学部に在籍していたり、専門学校で学習したという経歴のある場合が多いです。 実際に、大学や専門学校で法律に関する学習を受けたことがなく、独学だけで「司法書士試験」に合格したという割合は、全体のわずか3パーセントしかいません。 こういったことから、「司法書士試験」への合格を独学だけで実現するということは、非常に困難であることがわかります。 司法書士のスクールならこちらがオススメです。

社会人がとるべき「司法書士試験」に向けた勉強時間

次は、社会人で「司法書士試験」を受験する場合に取るべき勉強時間について話をしていきたいと思います。受験するその人によって、合格までに費やしたい時間や期間も様々なので、一概に言えません。そのため、今回は「15か月前」・「12か月」・「8か月」ちう風に受験までの具体的なスパンを設けたうえで、その期間中に一日どのくらい勉強時間を取るべきなのかを見て行きましょう。 まず、受験の15か月前から「司法書士試験」の勉強を始めるとしたら、一週間で47時間、一日にだいたい7時間程度の勉強時間を確保するのが良いでしょう。(これは先ほどの「司法書士試験」に費やすべき一般的な勉強時間である「3,000時間」という目安を踏まえた上で計算しています) さすがに社会人で、平日に7時間も勉強時間に費やすのはなかなか難しいので、平日は5時間、休日の二日間は11時間という風に少し工夫して勉強時間を確保することが大切です。同じように、「3,000時間」という勉強時間を目安に、「12か月」と「8か月」というスパンで考えたときの一日の勉強時間を見てみると、まず「12か月」の場合は一週間で59時間、一日に8~9時間の勉強時間を確保した方が良いです。 そして「8か月」の場合は、一週間に88時間、一日に12~13時間を勉強時間に費やすべきと言えるでしょう。

効率良く勉強時間を確保するなら、「資格専門学校」に通うのが良い

ここまで、社会人が「司法書士試験」を受験する場合の勉強時間について見てきましたが、やはり「司法書士試験」で扱う法律に関する知識が膨大であるということもあって、社会人からしたら一日に7時間、9時間、ましてや10時間を超える勉強時間を確保するのは大変です。 そのため、ここでは「司法書士試験」の勉強に費やす時間をどのよ鵜にすれば効率良く確保できるのかをご紹介したいと思います。先ほどは、「司法書士試験」にかける一般的な勉強時間は、だいたい3,000時間とご紹介しましたが、実際には勉強時間が2,000時間でも「司法書士試験」に合格している方も少なくもいます。 そういった方の多くの人は、「資格専門学校」に通っていたりします。やはり独学で勉強を進めて行こうとすると、自分では理解できない部分が出てくると、そこでつまずいたり、立ち止まってしまうことがあります。その分無駄な勉強時間を費やすことにもつながってしまいます。 しかし、「資格専門学校」に通えば、わからない箇所が出てきたとしても、すぐにその場で理解して次のパートの勉強に入っていけるので、ノンストップで受験の日まで勉強を進めて行けますし、無駄な勉強時間を費やしてしまうといったリスクを減らすことができます。

「司法書士試験」の勉強期間中の一日スケジュール例

最後に、「司法書士試験」に向けて勉強中である社会人の一日のスケジュール例を見て行きましょう。社会人が兼業で「司法書士試験」の勉強を行う場合は、基本的に朝早く起きて通勤前に勉強をし、帰宅後も勉強時間を設けることになります。就業中以外の時間は、ほとんど勉強時間に取られてしまうといった形になるのが必然的です。 実際に、社会人で兼業しながら「司法書士試験」の勉強をし、合格した方のスケジュールが記載されたサイトのリンクを下に貼っておいたので、一度ご確認なさってみてください。

「司法書士試験」の合格は非常に困難だが、その分需要は高い。

いかがでしたでしょうか? 今回は、「司法書士」の資格取得のための試験勉強について様々な観点から考察してみました。確かに「司法書士」の資格の取得はは国家資格の中でも非常に困難ですが、その分その資格の需要は高いです。 法律に関する知識が豊富であるという証明にもなる「司法書士」の資格は、法律に関する知識が大きな影響を与えるビジネスにおいて、とても需要が高いです。 より効率良く勉強時間を活用して、「司法書士」の資格取得に挑戦してみるのも良いかもしれません。 司法書士のスクールならこちらがオススメです。

転職に有利になる資格を知っていますか?

転職を有利に進めるために資格を取得する方が多いですが、資格を取得してから転職活動をしようと考えてはいないでしょうか。 ・取得した資格が希望の職場や職種で有利に働かなかった ・転職の場合は資格以外にも必要なスキルや経験があった ・取得した資格以外にも実は取得したほうがいい資格があった 転職活動を始めてから気づいて後悔することもしばしば。事前に防げる後悔をする前に、転職エージェントへ「転職のために必要な資格は何か」を相談することをおすすめします。 中でも「doda(デューダ)エージェント」は、国内最大級の転職支援数があるため、企業が求めている資格やスキルを正確に教えてくれますよ。無料で相談できます。

関連タグ

アクセスランキング