IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ジョブカードの作成手順と書き方|キャリアプランシートなど

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

ジョブカードとは何か知っていますか?ジョブカードとは、生涯を通じて本人のキャリアプランニングと職業能力の証明を担うツールのことをいます。ジョブカードの書き方や記入例をまとめたので、自分自信のキャリアを考え直す機会になれば幸いです。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

ジョブカードとは

ジョブカードとは、生涯を通じて本人のキャリアプランニングと職業能力の証明を担うツールのことをいます。個人でのキャリアアップや円滑な就職活動を促進するために、平静27年10月1日より厚生労働省の指導のもと作られました。ジョブカードは、生涯にわたって使用でき、電子データで作成・管理できます。作成したジョブカードを利用して応募書類を作成することもできます。 ジョブカードの活用によって、相談者のキャリアプランの検討や、それに合わせた職業訓練や資格の取得を促すことで、より希望に沿った仕事に就くことが可能になります。ご自身のスキルやレベルを可視化することで、より企業とのマッチング率を高める効果が期待できます。

ジョブカードの使用手順

ジョブカードを作成するにあたって、まずは職務経歴シート、訓練成果・実務成果シート、免許・資格シート、学習歴・訓練歴シートの4種類を作成します。その後、ジョブカード作成支援ソフトウェアツールを使用し、ジョブカードを作成します。作成したジョブカードを元に自己理解や仕事への理解を深め、必要に応じたキャリアコンサルティングを受けます。 また、4種類のシートとは別に、キャリアブランシートを反映させたジョブカードも作成し、こちらを元にしたキャリアコンサルティングも受けることができます。ジョブカードを作成することで、自分自身のキャリアを見直す機会になるでしょう。

ジョブカードの作成手順

ジョブカードを作成する方法は主に3つあります。以下に紹介するので、自分の環境に合ったやり方で作成しましょう。

1.ジョブカード作成支援ソフトウェアを使用

流れについては、まずはジョブカード作成支援ソフトを自分のパソコンにインストールし、ジョブカード作成支援機能や、履歴書出力機能を使用して作成を行います。パソコンがあればどこでも作成できるので、忙しい方にです。

2.PDFを使用

ジョブカード専用サイトには、PDF化された記入用紙がありますので、そちらを印刷し、手書きで作成できます。パソコンが苦手で、手書きで記入したい方にです。

3.Excelを使用

ジョブカード専用ソフトをPCにインストールせず、ご自身でMicrosoft Excelを使用してジョブカードの作成ができます。Excelの操作は簡単なので、手書きするのは面倒だけど、パソコンも得意ではないという方にです。 ジョブカードの作り方や文章のまとめ方について悩んでいる方は、一人で悩まずにプロのキャリアアドバイザーに相談するのが一番です。面接で良い印象を与えるコツや履歴書添削など就活に関するサポートをしてもらえます。

ジョブカードの書き方と記入例を紹介

では、ジョブカードは実際にどのように記入していけばいいのでしょうか?応募が通りやすい書き方などはあるのでしょうか?ジョブカードにおける、キャリアプランシート、職務経歴シート、免許・資格シート、学習歴・訓練歴シート、訓練成果・実務成果シートそれぞれの内容と書き方についてご紹介します。 見本はこちらから閲覧できます。 厚生労働省、ジョブカード制度、ジョブ・カードの様式と記入例

キャリアプランシート

初回公開日:2017年02月24日

記載されている内容は2017年02月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング