IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

クリエイティブな仕事とは?種類と仕事内容|未経験でもなれるか

派遣

クリエイティブの仕事とはいっても、その種類は様々です。決してセンス頼みな仕事ばかりではなく、知識もスキルも必要です。主なクリエイティブ職の紹介と、その仕事に求められる適性や能力、そして取得しておくと有利になる資格も紹介します。

更新日時:

広告業界のクリエイティブな仕事

クリエイティブな仕事の花形は、広告業界で活躍するディレクターやデザイナーです。スマートでかっこいい仕事というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実際は会議が多くて仕事が遅れたり、その遅れを取り戻すために徹夜で働くことも多いのが現実です。 それでも、自分で「創造」したモノを世の中に広げるという達成感があります。また、何かを「創る」ことが好きな方にはとてもやりがいがある仕事でしょう。広告業界のクリエイティブ職を紹介します。

クリエイティブディレクター

クリエイティブディレクター(CD)はクリエイティブチームの総責任者です。 クライアントからの要望を聞き出し、伝えたいと思う人(対象層)たちに、どのようなメディアで伝えるかを決める役職です。場合によってはクライアントのオーダーとは違った形でメッセージを伝える方法も提案することもあり、裁量は広いですがその分責任も重くなります。 ビジュアル表現からコピー、セールスプロモーションなどあらゆる分野の専門職で集まったクリエイティブチームを統括するため、それぞれの表現方法を統一してメッセージやイメージに変える役割もあります。企画だけじゃなく、それぞれのパートのスタッフィングも行います。

アートディレクター

アートディレクター(AD)はビジュアルに関する総責任を背負う人です。 コピーライターが考えたコピー(言葉)を視覚的に美しく見せる責任者です。文章に付加価値を与えるわけですから、どのような表現法ならメッセージが伝わるかなどを提案し、制作のゴールも定める役割を担っています。 ADは後述するグラフィックデザイナー出身の人が多く、視覚センスが優れている人に向いている仕事です。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは実際にデザインを製作する人です。雑誌や新聞、チラシなどの平面の印刷物のデザインが主な仕事です。変わりどころだとバスや電車のラッピングのデザインも行います。 いわばデザインの職人といったところであり、アートディレクターになればキャリアアップしたということになりますが、こだわりをもってグラフィックデザイナーで居続ける人もいます。

その他のクリエイティブな仕事

広告業界ではなくても、クリエイティブな仕事はたくさんあります。自分で考えた作品を世の中に発信する仕事ですから、知識や経験はもちろんのことセンスの要素もかなりの割合で要求されます。職業柄「変わっている」と言われる人が多いですが、それでも仕事としてはブレない信念をもっています。

コピーライター

CM、広告などのメディアを通して、商品や企業を宣伝するキャッチコピーを提案する仕事がコピーライターです。普段私たちが目にする商品パッケージからポスター、電車のつり革に書かれている文章もコピーライターが制作したものです。 短い文章で人々の印象に残るコピーを作るため、提案力やセンスが問われる職種です。また、コピーそのものが企業のブランドイメージそのものにつながっていくため責任は重いですが、それだけにやりがいはあります。 コピーライターの多くは広告代理店や制作プロダクションで働き、最初は総合職としてさまざまな業務を行い、そのなかで適性のある人がコピーの仕事を担当していくパターンが多いです。

ゲームクリエイター

様々な役割の人が携わってゲーム作品は出来上がります。ひとえに「ゲームクリエイター」といっても、プロデューサーからディレクター、プログラマー、グラフィックデザイナー、新しいゲームのアイデアを生み出すプランナーなど様々です。 ゲーム業界で特有な役職は、ゲームのストーリーや登場人物のセリフを考案するシナリオライターや音楽を制作するサウンドクリエイターです。非常に高いクリエイティブスキルが要求され、作品の印象や人気に大きく影響してくるため責任が重い仕事です。

WEBデザイナー

WEBデザイナーの仕事は、クライアントから提案されたWEBサイトのデザインを制作することです。画面設計や、アニメーションなどのオブジェクトの制作も行います。 ホームページのフォーマットを練り、IllustratorやPhotoshopなどのソフトを用いてデザインを作ります。制作したデザインはHTMLやCSSという言語を利用してWEBページに書き出します。この作業がコーディングです。 デザイン関係の仕事は独創的なイメージがありますが、クライアントとの打ち合わせも多く、相手方に納得できるように説明できるコミュニケーション能力も必要な仕事です。

未経験でクリエイティブの仕事に就く方法

誰でも最初は未経験です。しかしクリエイティブの仕事は経験がないとできそうにないし、入口が分からず途方に暮れてる方は必見です。 求人サイトを覗くと「未経験OK」と記載されている求人情報もありますが、そのような会社に安易に入社するのはおすすめできません。Webデザイナー志望として入社しても、留学経験が知れて英語の翻訳の仕事を任せられるなど、全く関係のない業務を任される会社も多くあります。つまりクリエイティブ職専門ではなく「なんでもできる」人を求めているのです。 デザイナーであれば専門学校に通いしっかりと技術習得をしてから就職活動に臨んだ方がいいでしょう。求人があれば(もちろん信頼できる求人ですよ)、紹介してもらえるメリットもあります。 また、求人にある「経験3年以上」などという文言を間に受けてはいけません。実際に経験が3年あることが必須ということではなく、3年に「相当」するスキルがあればいいのです。それだけスキルを磨いていけば目標の会社への入社は近いでしょう。 また、後述する資格も取得すれば大きなアピールポイントになります。

クリエイティブな仕事に有利な資格

クリエイティブな仕事に「必須」となる資格はありません。というのもクリエイティブ職はセンスなどを包括した「実務能力」が評価の全てであり、資格はただの肩書きに過ぎず、実務能力を測るものさしにはならないからです。 そうとはいってもクリエイティブな仕事を目指す人にとって、熱意をアピールできる資格があればいいですよね。面接のネタぐらいにはなるでしょう(笑) そんなクリエイティブな資格を紹介します。

色彩検定

デザイン系の仕事を目指している方は是非押さえておきたい資格です。色彩検定は日常のちょっとした場面で役に立つ知識が問われます。センスだけに頼らず、色彩に関する基礎的な知識を持っている証になるので、面接でアピールすることができるでしょう。 色彩検定は3級から1級まであり、1級は二次試験まであり難易度が高いです。 似たような色彩関連の資格には「カラーコーディネーター検定試験」というものもあり、こちらは比較的難易度が高く、より専門的な知識が問われます。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターも色彩を扱う資格ですが、特徴として三次元的な「空間」に関する知識が問われます。部屋のインテリアなど、住みよい住空間を演出するインテリアデザイナーを目指す方は必須の資格です。 また、インテリアの知識はお仕事としてでなくライフスタイルにも直結します。自分の部屋を美しく彩りたいという方も取得してみてはいかがでしょうか?

DTP検定

印刷、メディアに関心がある人にオススメの資格がこのDTP検定です。印刷物のカラー、レイアウトなどの処理に関するDTPの基礎知識が問われます。 レベルは三種から一種まであり、最上位の一種はプロフェッショナルDTPと呼ばれていて、技術、知識、そしてセンスまで問われる高度な資格となっています。 さらに専門的な知識が求められる「DTPエキスパート」という資格もあります。こちらはすでに業界で働いている人が取得するケースが多いです。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

このランキングの中でも1位の「リクルートエージェント」は、求人数も多く、古くから運営されているため、求人の動向を詳細に教えてくれますよ。 来週にでも、「自分のスキルで転職して年収が上がるのか」を仕事帰りに聞きにいってみましょう。想像よりも自分のスキルへの評価が高くて驚くかもしれません。 ※相談は無料

関連タグ

アクセスランキング