IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

大卒・公務員の臨床工学技師の平均年収|年収1000万は可能?

更新日:2020年11月05日

就活

こちらの記事では、臨床工学技士の平均年収から大卒年収までを紹介しています。臨床工学技士の仕事内容について、知っている方はあまりいないと思います。本記事で、臨床工学技士の仕事内容ややりがいに触れて、臨床工学技士を目指してみるのもいかがですか。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

臨床工学技士の仕事

業務内容

臨床工学技師の平均年収

各種手当

臨床工学技士の年収は低い?

平均年収は450~600万円程度ですから、一般のサラ―リーマンの平均年収よりやや高いです。 臨床工学技士の年収が低いことはありません。

臨床工学技士で年収1000万は可能?

臨床工学技士の大卒年収

臨床工学技士の初任給の違い

臨床工学技士の公務員の場合の年収

初任給は17~19万円となっています。確実に昇給していけば、30代で平均年収は350~550万円、40代になると平均年収は600万円ほどになります。

次のページ:年収アップに繋がる働き方
初回公開日:2017年02月19日

記載されている内容は2017年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング