IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

漫画家の平均年収|新人漫画家やアシスタント時の給料は低い?

職種研究

こちらの記事では、漫画家の平均年収からアシスタント時の年収などを紹介しています。漫画家の年収は、固定給ではなく、仕事量や実力によって決まっています。かなり不安定な給料体系ともいえますが、大ヒットすれば、年収を億単位稼ぐことのできる夢のある職業です。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

漫画家のイメージ

「漫画家」と聞いたとき、皆さんはどのような姿を想像するでしょうか。ひたすら部屋にこもって、ひたすら原稿用紙にペンでガリガリと絵を描き、作品として仕上げていく。おそらく、そんな様子を想像する人も多いはずです。漫画家は、描く作品のジャンルなどによって少々異なりますが、基本的には出版社などから依頼を受け、締め切りまでにそれをこなしています。 単に絵を描くだけが仕事ではありません。まずは話の構想を「プロット」にまとめ、「ネーム(絵コンテ)」を作るところからスタート。その後、下描きやペン入れを行い、ベタ塗りやトーン処理などの仕上げ作業をして、ようやく原稿は完成します。なお、漫画家といってもさまざまな領域で活躍する人がいます。

漫画家の平均年収

漫画家の年収は、仕事量や実力、知名度などによって大きく変わってきます。週刊連載をしている漫画家の場合、収入は「原稿料」が基本となります。原稿料は、だいたい1ページあたり数千円〜数万円になり、この額は漫画家と出版社の間で決められています。 原稿料は毎月入ってきますが、連載が打ち切られたら止まってしまうため、人気を継続させなくてはなりません。もうひとつ、漫画家は「印税」でも収入を得ています。人気がある作品は単行本(コミック)化され、漫画家はその発行部数に応じた印税を得ることができるのです。 単行本の印税の場合、著者の取り分は8%〜10%程度といわれています。さらに、その他の収入を得ることもできます。たとえば、漫画はアニメ化、映画化、ゲーム化されることがあり、こうなればその分の収入も入ってきます。ただし、単行本化されるのも、アニメ化や映画化されるのも、あくまでも人気作品のみです。あまり売れなければ、週間連載で活躍する漫画家の収入は原稿料のみとなっていまいます。そのため、漫画家の月収は、数万円程度から数千万円以上まで、相当な開きが出てきます。 年収は不安定になりがちですが、実力と人気さえあれば、普通の仕事ではあり得ないような年収を得ることも可能になってきます。 漫画家への転職・就職を考えているなら、エージェントへ相談してみましょう!転職のプロが求人の紹介から面接対策までサポートしてくれます。複数のエージェントに登録し、求人を比較しながら就職活動を進めるのがおすすめです。憧れの漫画家に転職しましょう!

web上でのマンガも登場

これは最近になって登場した、ごくまれなケースですが、Webでの漫画連載で人気を集め、そのサイトやブログから発生するアフィリエイトなどの収入で、本業の原稿料の収入を上回ってしまう、という人もいます。 たとえば、『中国嫁日記』は、ブログから人気に火がついた漫画ですが、この漫画が連載されているブログでは、作者の方のツイッターのつぶやきによれば、原稿料を上回るアフィリエイト収入があるそうです。こうした収入形態も、これからどんどん盛んになると予想されます。

新人漫画家の年収

年収は原稿料で決まるため、漫画家の方は一定の給料をもええるわけではありません。新人漫画家の場合は、実力や知名度がほぼ皆無ですから、年収は低めといえるでしょう。しかし、大物漫画家になれば、生涯賃金では、サラリーマンのをはるかに超えることも可能です。

アシスタント時の年収

アシスタントは完全に給料制で、時給や月給で報酬を得ることができます。アシスタント歴が20年以上になるような人も、この世界にはざらにいて、そうした人の場合、自分のオリジナルの絵ではないにしても、漫画の世界で固定の給料を得ています。 しかし、固定給ではありますが、月10万円稼ぐのも大変という意見が多いようです。1日8時間で半月働いた場合でやっと月10万円の収入。仕事の期間は集中するので、週一働くケースも多いとか。 しかし、ジャンプなどの人気雑誌の漫画家アシスタントの場合は、月40万円以上らしいです。さらにチーフアシスタントとなれば、年収1千万円を超えることもありえるそうです。忙しさも半端ないでしょうし、技術も凄い事でしょう。ちなみに給料は、基本的に漫画家が直接支払います。

漫画家の原稿料・印税

原稿料

週刊連載の漫画家の収入は、大きく「原稿料」と「印税」で成り立っています。原稿料は、連載される作品に対しての収入であり、「ページ単価×ページ数」の金額が漫画家に入ってきます。 ページ単価は、その漫画家のキャリア、人気、雑誌のレベルによって異なりますが、だいたい「数千円〜数万円」というのが相場です。極端な話、あまり売れていない雑誌では、原稿料ゼロのときもあります。

印税

週間連載をしていた作品の人気が出ると、単行本化されることになります。こうなると、作者である漫画家は、加えて単行本の発行部数に応じた「印税」をもらえるようになります。 コミックの印税は8%〜10%程度といわれています。作品によりますが、人気が出れば出るほど連載が長くなり、単行本の巻数が増え、そして1巻あたりの発行部数も増えていくため、多くの印税を得ることができるようになります。 億単位の年収を稼ぐ有名漫画家は、もちろん原稿料も相当高く設定されていることがほとんどですが、あわせて印税収入も高額となっています。夢のあるお仕事といえるでしょう。

漫画家の生活

漫画家はフリーランスや自営業のような仕事なので、好きなときに好きなだけ働けますが、毎月の収入は安定していません。連載などを持っていても、原稿料などは出版社、ページ数、内容によって違ってくるため働く時間はばらつきがあります。

売れれば時間に追われる?

当たり前ですが、漫画家は売れなければお金がありません。必然的にアシスタントやデビュー仕立ての下積み時代は、毎日の暮らしに困るような生活をしなければならないことが多いです。 それを乗り越えて売れてくると、こんどは締切との戦いになります。漫画のほかにもアニメやグッズなど関連する仕事が入ってきたり、連載のほかに読み切りを描いたりなど、さまざまな仕事が入ってきます。 3日連続で締切があるという売れっ子漫画家も中にはいるそうです。新人時代もプロになっても、節約生活をしたり徹夜をしたりと不規則な生活になりがちな職業なので、健康に気を付けることが重要になります。

大手漫画家

漫画制作は、編集者との二人三脚です。まずは打ち合わせとネタだしをします。「どんな話にしようか?」ということを編集さんとアイディアを出し合います。そこで、そのお話でいくのかいかないのかを決定します。 たまにネタがまったくないときもありますが、その時には、編集さんから「これはどうでしょう?」と提案してくれることもあります。そのあとは取材をします。これは描く内容によるので必ず必要というわけではありません。たとえば医療系やその業界ならではの漫画を描く場合、なかなか現場の人でないとわからないことなどを聞きに行ったり資料用の写真を撮影したりします。 それからネームを考えます。これは編集者と一緒に内容までしっかり考えることもあれば、漫画家一人で考える場合もあります。できたネームを編集者に送り、OKが出たら作業に入ります。 また不規則なイメージのある漫画家の生活ですが、中には会社員より規則正しい生活をしている人もいます。ある漫画家さんの連載中の生活は、毎週ネームに1日、ペン入れに3日、仕上げに1日そして入稿。残りの2日は休みというサイクルだそうです。毎日のサイクルも、基本的に徹夜はせず、会社員のように朝9時に仕事場に入り、夜8時まで仕事。途中、お昼休みと夕食に1時間ずつ休憩をはさむという毎日を過ごしている方もいます。 長期連載を可能にするには、生活リズムもしっかり管理することが大切なのかもしれません

漫画家の年収・給料は低い?

漫画家の平均年収は、おおよそですが、400万円ほどです。30代のサラリーマンと同じくらいの年収をいただけます。 しかし、連載の打ち切りをいきなり言われることもあるなど、かなりハイリスクハイリターンのお仕事ともいえるでしょう。

漫画家は夢のあるお仕事

いかがでしょうか? 漫画の年収は、ばらつきがあり固定給ではありません。 しかし、成功すれば、億単位の年収が得られるなど、夢のある職業です。 本気で漫画家を目指すために、何から始めたらいいかわからない人は、転職エージェントに相談することをおすすめします。あなたのキャリアを一緒に考えてくれます。サポートは無料ですので、あなたに合ったエージェントを探してみましょう。

関連タグ

アクセスランキング