IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

薬局/ドラッグストアの「登録販売者」の平均年収|薬剤師との違い

就活

皆さんは、「登録販売者」というものをご存知ですか?実は、この「登録販売者」というのは最近その需要がどんどん高まっている職業なんです。それに伴って平均年収も年々高まりつつあるという注目の職業でもあります。今回は、この「登録販売者」の年収事情について見ていきます。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

「登録販売者」とは

皆さんは、「登録販売者」という言葉をご存知ですか? 実は、この「登録販売者」というのは、最近その重要性や需要性が段々と高まっている職業なんです。今回はそんな「登録販売者」という職業の年収事情について様々な観点から皆さんにご紹介していきたいと思います。 しかし、ここでいきなり「登録販売者」の年収事情について話をするのではなく、まずは「登録販売者」という職業が一体どんなものなのかを見て行きましょう。

「登録販売者」とは第二の医薬品のエキスパート

では早速ですが、「登録販売者」が一体どんな職業なのかを一言で表すと、「医薬品のエキスパート」です。  「医薬品のエキスパート」と聞くと、まず最初に「薬剤師」が思い浮かぶと思いますが、「登録販売者」という職業はそれに非常に近いです。 病院などの医療施設以外で、風邪薬やその他の一般者向けの医薬品の取り扱いや販売というのは、専門的な知識を持ち合わせた「薬剤師」にのみ許可されていたことでしたが、そんな「薬剤師」は薬店やドラッグストアでしか医薬品を販売していませんでした。 しかし、今やコンビニエンスストアや24時間営業のスーパーなど、便利なショップが急増しています。そういったお店でも薬を取り扱って、販売を行った方が、いざという時に一般の人達の手元に医薬品が渡りやすいという面もあって、最近では薬店やドラッグストアだけでなく、コンビニやスーパーでも薬品の販売が行われるようになりました。 とは言っても、急なことなので「薬剤師」の数にも限りがあるということで、他に「薬剤師」の代わりとなって一般者向けの医薬品の販売を担当することになったのがこの「登録販売者」という人達なんです。 「登録販売者」という職業の業務内容はというと、基本的には薬剤師と同じようにドラッグストアやコンビニで医薬品の販売を行ったり、薬剤師の方と一緒に業務をこなす場合だったらその薬剤師の方のサポートをしたりといったことが中心になります。 しかし、一つだけ「薬剤師」と「登録販売者」に違う点がありまして、それは何かというと、「登録販売者」は「薬剤師」が扱うことのできる第一医薬品の取り扱い、および販売ができないということです。 ですが、一般者向けの市販の風邪薬や他の医薬品の約90パーセントが第二、もしくは第三医薬品の部類に当たるので、たいていの業務であれば問題はありません。

「登録販売者」の平均年収

では今回のテーマの本題である、「登録販売者」の年収事情についてご紹介していきたいと思います。 しかし、一概に「登録販売者」と言っても、正社員なのか非正社員なのか、また勤務先などの様々な条件によって変化します。 そのため、まず最初は「登録販売者」全体の平均年収について見ていき、続いて様々な観点から「登録販売者」の年収事情を見て行きましょう。

「登録販売者」の平均年収はだいたい300万円~400万円

早速ですが、「登録販売者」という職業の平均年収がどのくらいかというと、だいたい300万円~400万円程度になります。 この300万円~400万円という年収金額は、だいたい日本の給与所得者全体の平均年収と同じなので、あまり高い金額ではないと感じる方も多いと思います。 しかし、ここでいう300万円~400万円という年収は、「登録販売者」の大学新卒者の初任給でこの金額ということです。 そう考えてみると、大手企業の大学新卒者の初任給とあまり変わりがないので、比較的高い年収金額と言えます。

「登録販売者」と「薬剤師」の平均年収にはおよそ250万円の差がある

ちなみに、「登録販売者」と「薬剤師」のそれぞれの年収には、およそ250万円の差があります。これを聞くと、どうせなるなら断然「薬剤師」の方が良いと感じる方も多いと思いますが、「薬剤師」の平均年収がここまで高いのには理由があります。 「薬剤師」はより専門的な知識が豊富なため、一部は国際病院などの賃金が高く設定されている就職先があるからなんです。しかし、実際にそのような場所に就職できる人というのは、「薬剤師」の中でも本当に限られたごく一部の人たちなので、普通に薬局やコンビニで一般的な薬品を販売するような仕事であれば、「登録販売者」であっても「薬剤師」であってもあまり差はないです。

「登録販売者」の正社員の場合の平均年収はだいたい400万円以上

先ほどご紹介した「登録販売者」の年収ですが、平均年収が300万円~400万円というのは、あくまでも「登録販売者」全体として考えた場合のものです。もちろんここには非正社員の「登録販売者」の方の年収も含めて考えたものです。 では、正社員の「登録販売者」の平均年収はどのくらいになるのでしょうか? 結論から言うと、正社員の「登録販売者」の平均年収はだいたい400万円以上です。先ほども言ったように、日本の給与所得者全体の平均年収がだいたい300万円~400万円程度なので、やはり「登録販売者」という職業の年収は比較的高めであることがわかります。

「登録販売者」という職業は勤務地によっても平均年収に差がある

今度は、「登録販売者」の平均年収の違いを「勤務地」別に見ていきたいと思います。 実は、「登録販売者」という職業は、ドラッグストア・スーパーマーケット・コンビニエンスストアなどの「勤務地」によって、その平均年収に差があるんです。 では最初に、ドラッグストアに勤める「登録販売者」の正社員の場合の平均年収について見て行きましょう。

ドラッグストアに勤める「登録販売者」の平均年収はだいたい300万円~400万円

数ある「登録販売者」の主な勤務先の中でも、最も人気の高いのがドラッグストアです。 そんなドラッグストアに勤める「登録販売者」の正社員の平均年収はどのくらいかというと、だいたい300万円~400万円程度になっています。 日本の給与所得者全体や「登録販売者」全体の平均年収と同じ300万円~400万円で、最も人気のある勤務先の割には平均年収があまり高くないと感じる方もいると思います。 確かにドラッグストアは、「登録販売者」の他の主な勤務先と比べても、それほど平均年収が高いわけはありません。 しかしその代わりに、ドラッグストアはどんな時でも雇用が安定しているというメリットがあるんです。さらには、元々一般者向けの医薬品を取り扱うお店でもあったことから、「登録販売者」に対する待遇も良いという点から最も人気のある勤務先になっているんです。

スーパーマーケットに勤める「登録販売者」の正社員の平均年収はだいたい300万円~500万円

次に、スーパーマーケットに勤める「登録販売者」の正社員の平均年収がどのくらいかというと、だいたい300万円~500万円程度になっています。 多い人は年収500万円と、ドラッグストアに勤めている「登録販売者」の正社員の平均年収よりも高い金額になっています。 とはいっても、スーパーマーケットに勤める「登録販売者」の正社員で年収500万円前後という人の場合は、基本的に資格を持ちつつそのお店の店長であるという方ですので、やはりドラッグストアに勤めている「登録販売者」の正社員の人の年収の方が若干高くて、安定しています。

コンビニに勤める「登録販売者」の正社員の平均年収はだいたい500万円~1,500万円

最後に、コンビニに勤める「登録販売者」の正社員の平均年収はどのくらいなのかというと、だいたい500万円~1,500万円程度です。 先ほどのスーパーマーケットに勤める「登録販売者」の正社員の平均年収と同様に、ドラッグストアに勤める「登録販売者」の正社員の平均年収と比べると、かなり高い年収なのかなと思う方が多いと思います。 しかし、実際にはコンビニ勤めの「登録販売者」で、年収1500万円前後の人というのは、そのほとんどがコンビニオーナーであることが多いです。 さらに、コンビニの「登録販売者」の正社員の年収というのは、売り上げによる変動が大きいので、店舗によっても年収に大きな差が生まれます。

「登録販売者」は需要が高く、今後の期待が高い資格や職業である

いかがでしたでしょうか? 今回は、「登録販売者」の年収事情について様々な観点から考察してきました。「登録販売者」は、最近では需要もどんどん高まり、平均賃金もそれに伴って高くなってきています。 そのため、「登録販売者」というのは、今後に期待の持てる資格、もしくは職業と言えるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング