IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

通関士試験の難易度と合格率|独学での試験対策と合格方法

更新日:2022年08月18日

資格・検定

こちらの記事では、通関士の試験難易度や独学での合格方法を紹介しています。通関士の試験の合格率はかなり低く、難関ですが、しっかりと勉強をすれば合格する試験です。通関士の仕事内容や魅力に触れ、通関士を目指してみるのもいかがでしょうか。

通関士とは

通関士は、物を輸出、輸入するときに必要な税関での手続きを代行する仕事です。 日本から物を海外に輸出したり、輸入したりするときには、貨物の品名、数、価格などを税関長に申告し、許可を取らなければなりません。 そのためには、通関書類を作成するなどの複雑な手続きが必要となります。通関士は通関業者の社員として、それらの通関手続きを商社やメーカーなどの輸出入業者に代わって行います。 税関から許可が下りなかったりトラブルが生じた場合の交渉をするのも通関士の仕事です。 税関に対して不服の申し立てをしたり、正しい手続きをしているという主張を輸出入業者の立場で行うことが認められています。

通関の目的

どうして、以上のような許可を得なければならないのでしょうか。 通関には、以下のような意味があります。 〇輸入をする際、税金(関税)を確実に取る 〇貿易できない品物(麻薬などの禁制品)の移動を食い止める 〇貿易の実態を正確につかんで、データなどに活用する

通関士の役割

通関士は、人から依頼を受けて、通関に関する手続をすることができます。 具体的には、 〇通関手続きの代理 〇書類の作成代行 〇計算書類の審査 などを行います。

通関士試験の試験難易度・合格率

通関士試験の問題例

第50回 通関業法関係の大問1です。 時間がある人は考えてみましょう。 次の記述は、通関業法第9条に規定する営業区域の制限に関するものであるが、(   )に入れるべき最も適切な語句を下の選択肢から選び、その番号をマークしなさい。 通関業者は、通関業の許可に係る( イ )の管轄区域(通関業務を行うことができる( ロ )を限定する( ハ )を付された場合には、当該限定された( ロ )。)内においてのみ、通関業を営むことができる。 ただし、( ニ )から依頼を受けた通関業務その他税関官署に対する手続で( ホ )ものについては、当該許可に係る( イ )の管轄区域外においても、当該手続に係る通関業務を行うことができる。 ① 依頼者 ② 営業所 ③ 緊急を要する ④ 恒常的な ⑤ 条件 ⑥ 税関 ⑦ 制限 ⑧ 制約 ⑨ 相互に関連する ⑩ 他人 ⑪ 地域 ⑫ 同一人 ⑬ 場所 ⑭ 範囲 ⑮ 輸出入者

通関士試験の試験内容

①通関業法 ②関税法、関税定率法その他関税に関する法律及び外国為替及び外国貿易法(同法第6章に係る部分に限る。) ③通関書類の作成要領その他通関手続の実務 以上の3つです。

試験対策(試験のポイント)

独学での合格方法

試験は各科目・項目の60%の得点が取れれば合格できる試験です。 すべてマークシート式試験なので、文章添削などを受ける必要性もありません。

勉強方法

勉強期間と時間

独学で合格はできるのか

おススメ問題集

次のページ:通関士の通信講座
初回公開日:2017年02月17日

記載されている内容は2017年02月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング