IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

通関士試験の難易度と合格率|独学での試験対策と合格方法

資格・検定

こちらの記事では、通関士の試験難易度や独学での合格方法を紹介しています。通関士の試験の合格率はかなり低く、難関ですが、しっかりと勉強をすれば合格する試験です。通関士の仕事内容や魅力に触れ、通関士を目指してみるのもいかがでしょうか。

更新日時:

通関士とは

通関士は、物を輸出、輸入するときに必要な税関での手続きを代行する仕事です。 日本から物を海外に輸出したり、輸入したりするときには、貨物の品名、数、価格などを税関長に申告し、許可を取らなければなりません。 そのためには、通関書類を作成するなどの複雑な手続きが必要となります。通関士は通関業者の社員として、それらの通関手続きを商社やメーカーなどの輸出入業者に代わって行います。 税関から許可が下りなかったりトラブルが生じた場合の交渉をするのも通関士の仕事です。 税関に対して不服の申し立てをしたり、正しい手続きをしているという主張を輸出入業者の立場で行うことが認められています。

通関の目的

どうして、以上のような許可を得なければならないのでしょうか。 通関には、以下のような意味があります。 〇輸入をする際、税金(関税)を確実に取る 〇貿易できない品物(麻薬などの禁制品)の移動を食い止める 〇貿易の実態を正確につかんで、データなどに活用する

通関士の役割

通関士は、人から依頼を受けて、通関に関する手続をすることができます。 具体的には、 〇通関手続きの代理 〇書類の作成代行 〇計算書類の審査 などを行います。

通関士試験の試験難易度・合格率

通関士として働くためには、通関士試験に合格していることが必要になります。合格率はここ数年は10%前後で推移しています。通関に関するかなり細かい部分が問われることもあり、合格することは簡単ではありません。問われる内容も、難化してきているともいわれています。今後、貿易実務の重要性が増して、通関士の仕事の質がより一層問われるからです。 また、通関業務に従事する期間が5年以上の場合には「通関実務、15年以上の場合には「関税法人等」と「通関実務」の2科目の試験が免除となります。

通関士試験の問題例

第50回 通関業法関係の大問1です。 時間がある人は考えてみましょう。 次の記述は、通関業法第9条に規定する営業区域の制限に関するものであるが、(   )に入れるべき最も適切な語句を下の選択肢から選び、その番号をマークしなさい。 通関業者は、通関業の許可に係る( イ )の管轄区域(通関業務を行うことができる( ロ )を限定する( ハ )を付された場合には、当該限定された( ロ )。)内においてのみ、通関業を営むことができる。 ただし、( ニ )から依頼を受けた通関業務その他税関官署に対する手続で( ホ )ものについては、当該許可に係る( イ )の管轄区域外においても、当該手続に係る通関業務を行うことができる。 ① 依頼者 ② 営業所 ③ 緊急を要する ④ 恒常的な ⑤ 条件 ⑥ 税関 ⑦ 制限 ⑧ 制約 ⑨ 相互に関連する ⑩ 他人 ⑪ 地域 ⑫ 同一人 ⑬ 場所 ⑭ 範囲 ⑮ 輸出入者

通関士試験の試験内容

①通関業法 ②関税法、関税定率法その他関税に関する法律及び外国為替及び外国貿易法(同法第6章に係る部分に限る。) ③通関書類の作成要領その他通関手続の実務 以上の3つです。

試験対策(試験のポイント)

通関士試験の中でもっとも苦労するのが、書類の作成、実務です。試験問題に提示された商品に対して、何%の関税がかかるかを計算します。ポイントは、課税標準の計算と、関税率の選択です。課税標準は、基本的に商品価格、運賃、保険料の合計額で求めます。 課税標準に加える要素(額)と、差し引く要素(額)が法律で決められています。貿易取引の内容によって判断しますが、どの取引にあたるかを判断するのが難しいのです。関税率は、関税率表の見方と、引っ掛け問題に気をつけることが大事です。課税標準に、該当する関税率をかけることで関税額が計算できます。課税標準と関税率、どちらを間違えても正しい税額が計算できないのです。

独学での合格方法

試験は各科目・項目の60%の得点が取れれば合格できる試験です。 すべてマークシート式試験なので、文章添削などを受ける必要性もありません。

勉強方法

通関士試験は、「通関業法関係」「関税法等」「通関書類」の作成の3つに分かれています。通関業法関係、関税法等は法律の暗記もので、通関書類作成は実務です。暗記ものは、まずは参考書で知識を仕入れましょう。文字ばかりではなく、図式化しているものを選ぶと理解しやすいでしょう。知識がある程度入った後は、問題集で数をこなし、自分の苦手な問題を知ることです。間違った問題は、正解するまで何度も繰り返しましょう。実務は、暗記物の関税法等を理解していないと解けません。 早々に、関税法等を終わらせて、実務にとりかかるといいでしょう。 勉強方法は、過去問題を何度もやることです。(最初から問題にチャレンジしてみるのもよいと思います)通関業法関係は、割と取り掛かりやすいので、最後にまわしても問題ありません。

勉強期間と時間

理解度によって多少前後しますが、期間は最低6ヶ月必要です。総時間でいうと350時間が目安です。(一日2時間目安)時間や勉強する日も、暗記物と実務で分けましょう。 参考までに例をご紹介します。 暗記物は記憶力のいい朝1時間で、知識を詰め込み、問題を解きます。そして夜に、朝間違えた問題の復習を30分ぐらいします。実務は、まとまって時間がとれる休日などに1時間から2時間やるのがおすすめです。落ち着いて取り組むことが必要だからです。

独学で合格はできるのか

通関士試験を独学だけで突破することは十分可能です。種類は多くはありませんが、資格コーナーに独学向けの参考書・問題集も売ってあります。これを活用して、自分で効率の良い勉強をすることができる人であれば、独学での合格も決して不可能ではありません。

おススメ問題集

〇通関士教科書 通関士完全攻略ガイド 2017年版 単行本 ヒューマンアカデミー (著), 笠原 純一 (監修) 1冊で受験者を合格へ導く、通関士試験対策の定番書! 〇通関士教科書 「通関実務」集中対策問題集 (EXAMPRESS) 単行本 ヒューマンアカデミー (著), 笠原 純一 (監修) 通関士試験は「通関業法」「関税法等」「通関実務」の3科目からなり、なかでももっとも難しく、受験者が苦労するのが3時間目に行われる「通関実務」です。それは、法令の知識と理解だけでなく、輸出入申告書の作成や課税価格の計算など実務への応用力が問われるからです。本書は、近年ますます難化傾向にある「通関実務」の学習法と解き方を、「輸出入申告書作成問題」「計算問題」「商品分類問題」に分けて、すべて著者オリジナルの練習問題を使って詳しく解説します。

通関士の通信講座

通信講座と一言でいっても、さまざまな種類のものがありますので、比較検討の上で、選んでいくといいでしょう。

通信教育の種類

通信教育には、以下の2種類のものがあります。 ①テキスト・問題集のみのもの 学習に必要なテキストなどの教材が送られてくるものです。5万円前後が料金相場となっています。 比較的安いかわりに、自分で教材を読み解いていかなければなりません。市販の本と比べると、比較的丁寧で分かりやすい作りとなっています。 ②講義映像を視聴できるもの DVDやウェブストリーミングで、予備校の実際の授業を見ながら学習できるものです。10万円前後が相場となっています。 専門のテキストなども付いており、問題演習や模試などもプランについてくることがあります。専門の講師が、わかりやすく丁寧に解説してくれるのが特徴です。 スクールに通学するのと、変わらないクオリティの指導を受けることができます。

通信教育のメリット・デメリット

通信教育のメリットは、自分の好きな時間に勉強を進めていくことができるということです。その反面、自分で学習時間を管理しながら、学習していかなければならない、というデメリットもあります。通学講座のようにわからない部分をすぐ質問するということもできません。 とはいえ、電話・メールなどでの質問フォロー制度が準備されていますので、これを活用するのが良いでしょう。

通関士を知ろう

いかがでしたか? 通関士の具体的な仕事内容を知っている方はあまりいなかったと思います。この記事を読んで、何かの参考になれば幸いです。 通関士のスクールならこちらがオススメです。

転職に有利になる資格を知っていますか?

転職を有利に進めるために資格を取得する方が多いですが、資格を取得してから転職活動をしようと考えてはいないでしょうか。 ・取得した資格が希望の職場や職種で有利に働かなかった ・転職の場合は資格以外にも必要なスキルや経験があった ・取得した資格以外にも実は取得したほうがいい資格があった 転職活動を始めてから気づいて後悔することもしばしば。事前に防げる後悔をする前に、転職エージェントへ「転職のために必要な資格は何か」を相談することをおすすめします。 中でも「doda(デューダ)エージェント」は、国内最大級の転職支援数があるため、企業が求めている資格やスキルを正確に教えてくれますよ。無料で相談できます。

関連タグ

アクセスランキング