IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電気工事士とは|1種2種の違い・平均年収・年収アップ方法

職種研究

こちらの記事では、電気工事士の平均年収や年収アップの方法を紹介しています。電気工事士は私たちが安全に電気を使用するために、欠かせない存在です。電気工事士は、資格を持っている人しか働けませんが、その分電気工事士の人しかできないというプライドを持っています。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

電気工事士とは

まずはじめに、電気工事士とはどのようなお仕事をしているのでしょうか。 順番にみていきましょう。

電気設備の設計・施工を行う

電気工事士は、一般住宅やビル、店舗、病院、工場といった、あらゆる建物の電気設備の設計・施工を行う仕事です。新しい建物を建設する際には電気配線や配電盤の据え付けを行ったり、既存の建物に新しい電気設備を追加したりと、他の建設作業と連携しながら作業を進めていきます。このような電気設備の工事は危険を伴うため、法律によって特定の資格を所持する人でなければできないことになっており、試験を受けたうえで、その資格を取得した人のことを「電気工事士」といいます。 このように、ある資格を持っていなくてはできない仕事を「業務独占」といいます。電気工事士の資格は、世の中に数ある業務独占資格のうちの一つです。

1種と2種の違い

電気工事士の資格には、「第一種」と「第二種」の2種類があります。それぞれの資格によって、できる業務範囲が異なります。第一種のほうが、扱える範囲は広くなります。 ●第一種 「第二種」の範囲に加え、最大電力500キロワット未満の工場、ビルなど、高圧受電の施設の工事を扱うことができます。 ●第二種 一般住宅や小規模の店舗など、600ボルト以下で受電する設備の工事に従事できます。 第一種、第二種とも取得するためには資格試験に合格する必要がありますが、第一種についてはさらに実務経験も必要とされます。 このほか、電気工事士は高所作業を行うこともあります。高いところにあるネオンのメンテナンス、信号機の電球交換など、街のいたるところに電気工事士の仕事が存在します。なお、私たちの生活に欠かせない鉄道の電気工事を行うのも電気工事士です。信号システムや架線、駅の照明など、鉄道を安全に動かすために必要とされるさまざまな電気設備の工事や保守業務に携わります。 ただし、鉄道施設での電気工事を行えるのは厳しい条件をクリアした特定の業者のみとなっており、多くの電気工事士はその他の建築物の電気工事に携わっています。

電気工事士の平均年収

電気工事士の平均年収は、400万円~500万円程度といわれています。多くの人は電気工事を行う電気工事会社や設備会社、建築会社、家電メーカー、電気店などに会社員として勤務しており、企業の規模によっても収入には差が出ます。電気工事士の就職先には、電力をはじめ空調や通信などの各種設備工事を総合的に手掛ける大手企業もあれば、個人経営で従業員が数名といった小規模の電気工事店もあります。 全体として見ると、規模が大きな企業のほうが給与水準が高めとなっており、福利厚生なども充実している傾向にあるようです。ただし、この仕事はいわゆる職人の世界であり、新人時代は給料が決して良くない代わりに、技術がある人はどんどん稼いでいきやすいという面があります。 たとえば、未経験で入社後間もない人に対しては「見習い期間」として、見習いを終えた電気工事士より低めの給与設定をしている会社も比較的多く見受けられます。普通は経験を積むことで少しずつ給料がアップするほか、経験を積んで良い待遇の会社へ転職したり、独立をしてサラリーマンよりも多くの収入を得ている人もいます。勤務先に加え、個々の実力でも収入には差が出るといえるでしょう。

厚生労働省算出の平均年収統計

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、電気工事士の平均年収は39.8歳で454万円となっています。

・平均年齢:39.8歳 ・勤続年数:12.2年 ・労働時間:179時間/月 ・超過労働:20時間/月 ・月額給与:326,200円 ・年間賞与:632,200円 ・平均年収:4,546,600円

資格手当がつく場合が多い

電気工事士は専門的なスキルを要する仕事であり、国家資格を取得することで、基本給とは別に「資格手当」が支給される会社も多くあります。資格手当の額は会社によって異なりますが、第二種で4,000円~10,000円程度、第一種で10,000円~20,00円程度が相場となっているようです。そのほかの手当という面では、残業や休日出勤をした際に、きちんとその分の手当が支払われるかも会社によって事情が異なるといわれています。 電気工事士の仕事は、場合によっては時間外に勤務することも出てきます。手当の有無についても事前によく確認しておきましょう。

電気工事士の独立した場合の年収

独立されている方の年収は700万円以上となることもあります。 しかし、独立した場合は、収入が大幅に減ってしまうというリスクもともないます。

年収1000万.800万は可能?

独立して自営業や経営者等の社長の場合は、年収800万円、年収1000万円を超えることは多いに可能だといえます。独立して経営者の場合は、年収1,000万円を超える人が半数以上で、25人の平均は962万円というデータもあります。

年収アップの方法

電気工事士が年収をアップさせるには、大きく3つの方法があります。

①資格を取得する

電気工事士の資格は第二種・第一種と二種類あり、持っている資格によって手当が貰える事があります。二種の場合平均2,000円/月、一種の場合平均4,000円/月の手当てが変わってきます。また、一種を取得する事により出来る仕事の幅が広がるので、その他の手当てが付き平均5万円程月給が変わります。その他、施工管理の資格、電験の資格など電気関係の資格取得者について、別途資格手当が出る会社もあります。 資格は積極的にとるようにしましょう。

②キャリアを積む

電気工事士のように現場で仕事をする方は、キャリア・経験がとても大切になります。 現場での仕事経験が豊富な人は、より役立ち現場の仕事を早めに終わらせる事が出来るので、その分その人に対しての給料も大きく変わります。 勤続年数に比例してボーナスや給料が上がっていきます。 電気工事士は出来るだけ長く経験を積んだ方が給料が上がるので、キャリアを積むことが年収アップにつながります。

③働き方を変える

上記でも書いたとおり、電気工事士は働き方によって大きく給料が変わります。見習いの時の平均年収は約300万円なのに比べ、現場監督などの役員クラスになると年収平均は600万円、独立・自営業等社長クラスになると年収平均は1,000万円以上も目指すことができます。 もちろん誰でも独立出来る訳ではありませんし、人脈が多く無いと仕事が来なかったり独立をするには様々な苦難があります。

電気工事士は年収が低い?

電気工事士は、確かに低いというイメージがありました。 しかし、現在ではサラリーマン程度の平均年収も期待できますし、生活に困るほどの年収ではないようです。

おすすめは配線工事の現場工事を請け負う会社

理由としては、下記の点が挙げられます。 ●キャリアを積むとできる仕事が増え、手当も多く付くようになる ●勤続年数と比例して給料が上がりやすい ●電気工事士として管理職になることができる ビル管理を行う会社の場合、どうしても電気工事士ではない別の職業の人が上の立場に立っています。それにより、電気工事士の人は上の立場に行く事が無く、昇進の可能性がほぼゼロです。これは働く上でのやりがいを欠きます。 またエアコン取付工事の場合では、会社によっては新入社員の時からある程度の給料をもらう事が出来る反面、夏が圧倒的に忙しいのでしっかり夏に稼ぐ事が出来ないと年収自体は低くなってしまいます。 おススメする配線工事等の現場工事の場合では、見習いのうちは給料はエアコン工事やビル管理に比べると少し低めになってしまいますが、エアコン工事とは違い1年中配線の仕事は無くなる事がありません。

電気工事士を目指そう

いかがでしたか? わたしたちが、電気を安全に使用できているのも、電気工事士あってのことです。 電気工事士の魅力を知り、電気工事士を目指してみるのもいかがですか。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング