IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

必要な老後の蓄えや貯蓄額はいくら?老後のための賢い貯蓄方法

更新日:2020年08月28日

暮らしの知恵

誰もが不安に思うのが老後の生活です。いくらぐらいの貯蓄があればいいのか分らないので、若いうちから不安に思っている人も多いでしょう。老後にゆったりと生活するには、早めに対策を考えることは大切です。老後ではいくら貯蓄があれば安心して暮らせるのでしょうか。

老後の貯蓄はいくらありますか?

誰でも老後のことは不安に思いますが、不安を解消するためにもある程度の貯蓄は必要になります。自分で老後のことを心配しても不安ばかりが募ってしまうもの。老後に必要な貯蓄を調べても、自分にはそんなに貯蓄ができないと不安になってしまいますよね。老後の貯蓄がどれくらいあればいいのか、他の人に貯蓄がいくらあるのか聞いてみたいですよね。

世代によって老後の意識が違う

誰でも老後のことは不安に思いますが、世代によって老後への危機感は違うものです。20代では老後のことは一切考えていないのが普通で、恋愛や仕事など目の前のことに全力で挑みます。30代になってくるとある程度落ち着いてきますし、自分の老後よりも親の老後のことを考えるようになります。親の生活の心配や介護のことなどが現実的になるので、将来の老後のことも考えるようになります。老後のための資金作りも始める年齢なので、長いスパンで老後までのプランを考えている人も多いです。 40代以降になると自分の体力の衰えを感じる年代でもあるので、だんだんと老後の心配が強くなっていきます。そのため若い頃よりも自分の将来のことが心配になり、貯蓄や住まいのことまで気にするようになります。それでも働き盛りな年代なので、老後はまだまだ先の話だと思う人も多い年代でもあります。50代や60代となると現状の生活を一変させることが難しくなり、ある程度老後の生活が現実味を帯びてきます。一気に収入をアップさせることも難しいので、少しでも自分の理想に近い老後の生活が送れるように準備するようになるでしょう。貯蓄や住まいだけでなく、健康にも気を遣うようになります。

必要な老後の貯蓄はいくら必要か?

老後の生活は誰もが不安に思うものですが、老後の生活では一体いくら必要なのでしょうか。ネットでは専門家の人たちが老後に必要な貯蓄額を発表していますが、モデルの多くは会社員の人で退職金を期待できる人ばかりです。人によって生活スタイルは違うので、必要な貯蓄額も当然違ってきます。はっきりと数千万円の貯蓄が必要だと言われても、多くの人はそんなに貯蓄をすることは難しいでしょう。果たして老後に必要な貯蓄はいくらくらいあれば良いのでしょうか。

現実的に考えると不安しかない

老後の生活に必要な貯蓄は専門家によっても意見がバラバラです。理由は今の生活レベルを基にして考えたり、裕福な老後を暮らすためにはいくら必要かというシミュレーションをしているからです。誰もが余裕のある生活を送りたいと思うのは当然ですが、若い頃に余裕がない生活ならば、老後に期待することは難しいでしょう。 1カ月の生活費を30万円必要だと考えます。これは家賃、食費、保険料なども考慮しての金額です。1年で360万円、10年で3600万円、30年で1億800万円となります。老後は65歳から30年間生きると仮定すると、約1億円は欲しい所です。この金額があればある程度老後の生活で心配することは無くなるでしょう。1億円の貯蓄はなかなかできないので、自分には難しいと思う人も多いでしょう。しかしこの金額には控除や年金も含まれた金額となっています。もらえる年金額によっても必要となる貯蓄額は大きく減らせます。 年金は当てにできないと思っている人もいますが、老後に自分が働けなくなった時に、年金をもらえるのはとても助かります。年金額は人によっても金額が様々ですが、国民年金だけの人で満額を払っていれば、月におよそ6万円くらいになるでしょう。将来年金額が減ったとしても5万円がもらえると思えば、1年で60万円、30年で1800万円になります。 さらには生活費も安い家賃の部屋に住んだり、持ち家の場合には安く済みます。年をとると食も細くなりますし、お金を使った遊びもしなくなるかもしれません。趣味が散歩や映画鑑賞ならばお金もそれほど掛からないでしょう。高齢者の多くは医療費が多くなりますが、健康な体ならばそれほど医療費も掛かりません。月に20万円あれば生活できるとすれば、そこから年金額を差し引いて月に15万円分の貯蓄をすれば大丈夫です。30年で4500万円の貯蓄があれば何とか生活できそうです。しかしお金はいくらあっても困りませんし、いくら貯蓄があっても不安な気持ちは無くならないでしょう。

老後はいくらくらい貯蓄があれば安心できるか?

老後の生活を安心して暮らすには、いくらくらいの貯蓄があればいいのでしょうか。お金はいくらあっても困りませんが、いくらあっても不安なものです。それでもいくらくらいの貯蓄があれば安心できるのでしょうか。

多くの人は安心できる額を貯蓄することはできない

老後に安心して暮らすには1つの目安として5000万円から1億円の貯蓄を目指すと安心できるでしょう。老後は人によって生活スタイルが違いますが、生活水準である程度必要な貯蓄額を考えることができます。老後を30年として考えていても、もしもそれ以上に長生きしてしまったらと考えてしまうと不安は尽きません。人生においていきなりお金が必要になることもあれば、全く必要としない時期もあるでしょう。いくら貯蓄をして頑張っても不安を拭い去ることはできませんし、貯蓄するために生活をしているとつまらなくなってしまいます。はっきり言えばいくら貯蓄があっても安心できることはないでしょう。それでもある程度の安心感を得るために、少しでも貯蓄を多くするしかありません。

年齢を重ねるごとに現実的になる

老後の生活でいくら貯蓄があれば安心できるのかは、人によっても価値観が違います。老後の生活で月に20万円で生活できる人もいれば、30万円以上の生活費が掛かる人もいるでしょう。いくら老後にお金を使わない生活をしても、収入が無いのは大きな痛手ですよね。月に20万円の生活をしても約7000万円近くの貯蓄が必要になります。若い頃には少しずつ貯蓄すればいいと思っていましたが、年齢を重ねるごとに貯蓄することの難しさを現実的に肌で感じることになります。 老後の生活はいくらあっても不安は尽きません。老後になったら時間に余裕があるので旅行に行きたいと思いますし、仕事をしていた時にはできなかったことをするのも楽しみでしょう。しかし実際に老後の生活が現実味を帯びてくると、遊ぶお金が無いことに不安しか感じなくなるはずです。実際いくら貯蓄をしても、いつ何があるか分からないと考える人も多いでしょう。年齢を重ねるごとに老後の生活も現実味を帯びてきますが、楽観的に考えられなくなるので、不安が大きくなるだけです。少しでも不安を払拭するために、生活を切り詰めて貯蓄をするしかありません。 目標金額をある程度決めておけば安心できるので、人と比べるのではなく自分の生活スタイルを想像していくら貯蓄をすればいいか考えましょう。5000万円の貯蓄があればある程度は安心することができるはずです。しかし本来ならば理想的な貯蓄額には足りないので不安に思いますが、足りないと思えば節約をすればいいだけです。実際5000万円の貯蓄がある人は少ないですし、3000万円しかなければそれに見合った生活をすればいいだけです。老後に安心するために貯蓄をすることが目標となるのではなく、あくまでも生活をするための目標金額なので、足りない分は工夫をすれば何とでもなります。

老後の支出内容

老後になると支出内容が現役世代の頃と比べて変わっていきます。若い頃に老後を想定しても、実際に老後の生活を送ってみると全く違うことに気づくでしょう。老後の支出内容にはどのような特徴があるのでしょうか。

老後は支出が増えるものと減るものが出てくる

老後2人の生活資金は生活スタイルによって大きく変わります。賃貸住宅か持ち家かによっても違いますし、年金額にも大きく左右されるでしょう。仮に安い賃貸住宅での生活だと仮定して計算してみましょう。 賃貸5万、食費5万、水道光熱費および必要経費3万、娯楽代2万、保険や医療費3万円、通信費1万円、交通費1万、税金関係と雑費3万円。これだけで23万円の支出がありますが、あくまでも1つの例です。支出の内容として気になるのは交通費や医療費です。高齢になるほど移動手段が限られてきますが、バスや電車を利用する頻度も多くなるでしょう。どこかに出掛ける時や病院に行く時には、交通手段を利用するのは当たり前になります。医療費に関してはいくら健康だと言っても、体の心配はしておかなければなりません。定期検診をしておくのは大切ですし、健康に必要な栄養素の摂取や運動をするのも必要になってきます。夫婦2人での生活ですと食費や娯楽費が多くなりがちです。特にそれぞれに趣味を持つと、お互いにお金も掛かるので足りないかもしれません。 ゆとりある生活には約35万円が必要だと言われています。実際にそれだけの生活費があれば余裕ある生活が送れますが、働いていないのに貯金と年金だけで捻出するのはたいへんです。老後は現役世代とは違ってライフスタイルも変わってきます。食費が減って医療費が増えたりするなど、支出内容が大きく変わってくるので、できるだけ余裕のある老後設計をしておくことが大切です。

老後のための貯蓄の方法とは?

初回公開日:2017年02月21日

記載されている内容は2017年02月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング