IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

社会福祉士試験の時間と問題例|合格することで得られる資格

資格・検定

国家資格である社会福祉士。社会福祉士国家試験に合格したら、どのような仕事に就けるのでしょうか。また、社会福祉士国家試験はどのような内容、難易度でしょうか。試験時間、科目、難易度、合格率などを問題例を挙げながら、ご紹介します。

更新日時:

社会福祉士とは?

社会福祉士とは、いわゆる「ソーシャルワーカー」と呼ばれる社会福祉専門職の国家資格です。医療・福祉・教育・行政機関等で日常生活を営むのに問題のある人からの相談に対して助言や指導、援助を行います。他分野の専門職と連携して包括的に支援を進めたり、地域を基盤として様々な場所で活躍しています。国家試験難易度が比較的高めで、大変なイメージもありますが、これからの超高齢社会において、様々な福祉の問題が起こる中で、社会福祉士の需要と期待は高まっています。

社会福祉士の仕事内容は?

社会福祉士は様々な相談者の抱える問題に対して、その人に適切な公的支援や地域サービスを提案し、解決法を示します。相談内容は、「児童福祉」「高齢者介護」「障害者支援」「生活保護」等、福祉分野すべてを対象とし、介護保険や補助金制度の相談から福祉施設の入居や介護士の派遣など、様々です。介護の基礎知識や介護の仕方はもちろん、一般的な医学や心理学等も含め、福祉全般の知識が必要とされます。その分、福祉分野のエキスパートとして活躍することができます。

社会福祉士の活躍できる職場は?

社会福祉士の活躍できる職場は様々です。どの職場でも利用者の方と信頼関係を築き、適切な助言を行えるかどうかが大切です。就職先となりうる職場の一部を紹介します。

特別養護老人ホーム

入所希望の高齢者やその家族からの相談を受け、指導やサポートを行います。既に入所している方やその家族からも相談を受け、よりよい環境、サービスを提供できるようにサポートを行います。

介護福祉老人保健施設

主に支援相談員やケアマネージャーとして、医療や福祉、介護などの社会保障サービスの調整役として活躍します。

介護療養型医療施設

主に医療ソーシャルワーカーとして患者やその家族が抱えている問題や相談を聞いて、カウンセラーや介護福祉士、ケアマネージャー等と連携して問題の解決に努め、自立した生活への復帰を援助します。

障害者支援施設

生活指導員、生活相談員、支援相談員として、利用者とその家族との連絡、介護計画の作成、入退所の手続き等を行います。利用者の自立を支援したり、生活援助を行ったりもします。

児童福祉施設

児童養護施設や乳児院等で児童相談員として、18歳未満の子どもの様々な問題解決に努めます。非行や虐待等、家庭に問題を抱える子どもに深く関わります。

市町村の社会福祉協議会

地域住民の様々な相談に乗ったり、地域の問題を調査し、暮らしやすい街づくりに向けた様々な活動の企画、運営を行います。相談援助職員として、高齢者や障害者の家庭を訪問し、相談援助をおこなったりもします。

社会福祉士になるには?資格取得の難易度は?

社会福祉士になるには、国家試験に合格し資格を取得することが必要です。 受験資格を得るためには12のルートがあります。代表的なものとして、以下があります。 ・福祉系4年制大学等の課程を修了する ・福祉系短大等の課程を修了し、2年相談援助実務の経験をする ・一般4年制大学卒業後、養成視閲に1年以上通学する ・一般短大卒業後、2年実務経験をし、養成施設へ1年以上通学する 他にも様々なルートがあり、難易度はそれぞれで違いますが、上記の福祉系大学、短大、専門学校に進学し、受験資格を得るルートが確実でしょう。また、資格取得の難易度としては、合格率が30%程度なので、一般的には難易度が高い部類に入るのではないでしょうか。

社会福祉士国家試験の内容、科目は?

社会福祉士の国家試験は年1回で、例年1月下旬に実施され、3月中旬に合格発表が行われます。

試験内容

試験は、1問1点で150点満点のマークシート形式の筆記試験です。午前、午後にかけて試験が行われ、全部で4時間という長丁場です。1問にかけられる時間は平均96秒ということで、問題を解くスピードも合格のためには必要な要素の1つです。合格には総得点の60%程度以上の得点が必要で、特別難易度の高い問題ではありませんが、18科目全ての分野での得点が必要ということで幅広く学習する必要があります。比較的難易度の高い国家試験といえます。

試験科目

・人体の構造と機能及び疾病 ・心理学理論と心理的支援 ・社会理論と社会システム ・現代社会と福祉 ・地域福祉の理論と方法 ・福祉行財政と福祉計画 ・社会保障 ・障害者に対する支援と障害者自立支援制度 ・低所得者に対する支援と生活保護制度 ・保健医療サービス ・権利擁護と成年後見制度 ・社会調査の基礎 ・相談援助の基盤と専門職 ・相談援助の理論と方法 ・福祉サービスの組織と経営 ・高齢者に対する支援と介護保険制度 ・児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度 ・就労支援サービス、更生保護制度

社会福祉士国家試験ではどんな難易度の問題が出題される?

社会福祉士国家試験の問題例を一部紹介します。問題の雰囲気や難易度を少しでも感じていただければと思います。実際に対策をする場合は、過去問題集などを購入して、過去5年分くらいの問題には取り組み、問題内容と難易度を確認しましょう。

<社会保障>(平成27年度試験問題より) 問題 日本の社会保険制度と公的扶助制度の基本的な特質に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。 1.公的扶助は防貧的な機能をもつ。 2.公的扶助は個別の必要に応じて給付を行う。 3.社会保険の給付は、実施期間の職権により開始される。 4.社会保険では原因のいかんを問わず、困窮の事実に基づいて給付が行われる。 5.公的扶助は、保険料の拠出を給付の前提条件としている。 <保険医療サービス>(平成26年度試験問題より) 問題 「平成23年度国民医療費の概況」[厚生労働省)に基づく次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。 1.国民医療費は38兆円を超えているが、前年度に比べて増加しているわけではない。 2.国民医療費の国内総生産(GDP)に対する比率は、10%を超えている。 3.国民医療費を財源別にみると、事業主及び被保険者による保険料負担が全体の60%を占めている。 4.国民医療費の以下診療医療費を傷病分類別にみると、「新生物」が最も多い。 5.国民医療費を年齢階級別にみると、「75歳以上」が全体の約3分の1を占めている。 <相談援助の理論と方法>(平成25年度試験問題より) 問題 事例を読んで、E相談支援専門員(社会福祉士)によるFさんの支援に関する次の記述のうち、課題中心アプローチに基づく支援として、適切なものを2つ選びなさい。 (事例)U市基幹相談支援センターのE相談支援専門員は、U市地域福祉課担当者からのrん楽で、Fさん(30歳男性)に対する相談支援の依頼を受けた。自宅を訪問して、Fさんが父親との関係に困って地域福祉課に連絡したこと、10年前の交通事故によって身体障害があり、電動車いすで近所には行けること、父親と二人暮らしで食事や掃除は近所の親戚に手伝ってもらっていること、毎日パチンコ店に行って父親と口論になることなどを聴いた。 1.父親とどんなときに口論になるかについて具体的に尋ねる。 2.昼間の居場所として作業所に通うことを勧める。 3.困ってる問題の優先順位について尋ねる。 4.ヘルパー利用を促すために居宅介護事業所を紹介する。 5.奇蹟が起こったらどのような人生を送りたいかと解決像を尋ねる。

社会福祉士国家試験の難易度、合格率は?

社会福祉士国家試験の受験者数は、厚生労働省の発表によれば、直近10年間では、40,000~45,000人となっています。難易度の指標となる合格率については、平均25~30%で推移しており、難易度はやや高めの資格試験です。 平成18年度 (受験者数)45,022名 (合格率)27.4% 平成19年度 (受験者数)45,324名 (合格率)30.6% 平成20年度 (受験者数)46,099名 (合格率)29.1% 平成21年度 (受験者数)43,631名 (合格率)27.5% 平成22年度 (受験者数)43,568名 (合格率)28.1% 平成23年度 (受験者数)42,882名 (合格率)26.3% 平成24年度 (受験者数)42,841名 (合格率)18.8% 平成25年度 (受験者数)45,578名 (合格率)27.5% 平成26年度 (受験者数)45,187名 (合格率)27.0% 平成27年度 (受験者数)44,764名 (合格率)26.2%

合格者の内訳で、福祉系大学卒業者が65%、養成施設卒業者が35%、実務経験5年以上経験者が1%と、大学や養成施設を卒業後に受験している方の方が合格率が高いことが見えます。社会福祉士の国家試験は範囲が非常に広いので、十分な学習時間が必要となり、難易度が高いです。そのため、働きながら勉強の時間を確保し、国家試験に合格するということはさらに難易度が高くなると言わざるを得ないでしょう。できるだけ若い時期にしっかりと勉強して、できれば学校を卒業してすぐに確実に資格取得につなげ、自ら難易度を上げてしまうのは避けておきたいところです。

社会福祉士を目指してみませんか?

社会福祉士について、国家試験内容、難易度などを中心に紹介してきました。これからの超高齢社会において、福祉に関わる仕事の需要度は増していきます。難易度の高い資格ではありますが、その分やりがいのある仕事です。この機会に社会福祉を目指してみてはいかがでしょう。

社会福祉士の資格を取ろう!

BrushUP学びには、社会福祉士になるための情報がたくさん載っています。全国各地の教室を検索できたり、通信講座の資料請求もできます。資格の試験データや、出題形式、合格率など、さまざまな情報が盛りだくさんですので、ぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング