IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

放射線技師の職場別の年収・大学病院/公務員|年収1000万は可能?

更新日:2020年08月14日

職種研究

こちらの記事では、放射線技師の平均年収から年齢別の平均年収などを紹介しています。放射線技師の人たちと触れ合うことは、なかなか少ないと思います。この記事を読んで、放射線技師の仕事内容や女性でも働きやすい環境であることを学んでいきましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

放射線技師とは

放射線技師の平均年収

どれくらいの年収が見込めるのでしょうか。

安定した年収が得られる

初任給はいくら?

職場別の年収(大学病院/公務員)

大学病院、公務員ともに、生活にこまらないほどの年収は手に入るでしょう。 市民病院の公務員職員、大学病院の医療技術系職員、 全国に病院を持っている医療法人グループ、赤十字系病院などに就職できれば 将来不安なく安定して過ごせることでしょう。 年収もサラリーマンの平均より少し高いです。

放射線技師の年齢別年収

放射線技師の年齢別の平均年収を紹介します。 平均年収       554万円 20~24歳年収   342万円 25~29歳年収   438万円 30~34歳年収   519万円 35~39歳年収   505万円 40~44歳年収   594万円 45~49歳年収   683万円 50~54歳年収   722万円 54~59歳年収   672万円 60~64歳年収   563万円 となっています。

診療放射線技師の勤務時間

結婚・育児しながら働けるのか?

女性も働きやすい環境になる?

専門の人材派遣や人材紹介サービス

年収1000万円は可能なのか?

次のページ:放射線技師をしろう
初回公開日:2017年02月17日

記載されている内容は2017年02月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング