IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

アニメに関わる仕事の種類と未経験からできる仕事|あると有利な資格

初回公開日:2017年02月17日

更新日:2020年06月05日

記載されている内容は2017年02月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

日本が誇る文化の1つにアニメがありますが、アニメ業界とはどのような業界なのでしょうか?また、アニメに関する仕事には、どのような職業があるのでしょうか?このページでは、アニメに関する仕事や職業、またアニメ関連の資格についてご紹介しています。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

アニメ業界で働きたい!アニメ関係の仕事や資格について

日本が海外に対して発信している文化はたくさんありますが、その中でも海外から特に注目を浴びているのが、「アニメ・漫画」だと思います。 アニメや漫画は、現在では日本でも市民権を得ている娯楽や趣味のジャンルの1つとなっていますね。海外にも、日本のアニメや漫画のファンがたくさんいると言われており、ビジネスという観点からも注目されているジャンルです。 子供の頃に見て好きになったアニメに憧れたり、今も尚好きなアニメがあったりする方の中には、「アニメ業界で働きたい!」と思っている方も、少なくないのではないでしょうか? しかし、アニメ業界で働くと言っても、どのような仕事があるのか、またどうすればアニメ関連の仕事に就けるのかは、一般的にはあまり知られていません。 そこで今回は、「アニメの仕事」に注目して、アニメ関連の仕事や業務内容、アニメの仕事をするのに必要な資格などについてご紹介していきます。 アニメ業界で働きたいという方は、ぜひ参考にしてみて下さいね!

アニメ関連の仕事ガイド

アニメ業界で働くと言っても、どのような仕事や職種があるのか分からなければ、何を目指せば良いのか目標が定められず、行動に移すのも難しいものですよね。 そこで、まずはアニメ関連の仕事にはどのような種類や職種があるのか、見ていきたいと思います。

アニメプロデューサー

アニメ関連の仕事の1つとして、アニメプロデューサーが挙げられます。アニメプロデューサーとは、アニメ作品を企画し、スケジュール管理や完成までの各業務を総合的に行う、いわいるリーダーのような存在です。 視聴者が誰であるか、どのような層に向けて売り出す作品かなどを考え、脚本家やディレクターなどのスタッフと共に、アニメ作品を作り上げていきます。更に、スポンサーの獲得や予算の管理、宣伝といった経理や広報のような仕事を担当する場合もあり、アニメ作品を制作する以外の分野でも、幅広く活躍する仕事です。

アニメーター

アニメ関連の仕事の中でも、特に知名度が高くメジャーなのが、アニメーターではないでしょうか? アニメーターは、アニメのキャラクターや建物、風景などを描く「作画」が仕事です。 アニメは、実写と異なりイラストとして描いたキャラクターを動かして成り立つもの。 つまり、アニメーターの仕事は、直接的にアニメを制作していく仕事だと言えるでしょう。 主に、「原画マン」「動画マン」が存在し、原画を描く役割と動画を描く役割とで分かれていることが多いようです。基本的には、新米アニメ―ターは動画を担当することが多いと言われています。

キャラクターデザイナー

アニメの魅力の1つとして、可愛いキャラクターや格好良いメカなどが挙げられます。キャラクターの人気の高さは、時にはアニメ作品の人気にも影響を与える為、どのような絵柄やキャラクターでアニメを制作するのかは、その企画や作品の成功の鍵を握っている重要ポイントだと言っても、過言ではありません。 そのキャラクターやアニメの絵柄を決めるのが、キャラクターデザイナーです。アニメの主人公やヒロイン、敵役などのキャラクターをデザインして、たくさんの人物やメカなどを生み出していくことを仕事としています。

CGアニメーター

一昔前のアニメは、セル画などのイメージが強いものでしたが、最近はアニメの制作もデジタル化が進んでいるようです。それに伴い、CGなどを使用するアニメ作品も登場するようになりました。 ロボットやメカなどをより立体的でリアルに見せたり、特殊なシーンをよりハイクオリティな演出で表現したい場合など、手描きでは表現できないシーンには、CGが使われることもあります。アニメで使われるCGを制作することは、CGアニメーターという職業の役割です。 CGアニメ―ターは、単に迫力があるCGを作成すれば良いというわけではありません。 前後のシーンや作画などと合わせて、CGを導入しても違和感がないようなものを作成しなければならないのです。その為、CGアニメーターの仕事に就くには、アニメやCGに関する深い知識やテクニックが必要になるとも言われているようです。

声優

関連タグ

アクセスランキング