IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

男女別中卒からの就職先一覧|中卒の仕事探しと正社員のなり方

職種研究

皆さんは、中卒の人がどのような仕事に就いているかご存知ですか?学歴社会と言われる日本では、中卒で仕事を探すのは一苦労のようにおもえますね。しかし、とびきり若い内から社会にでて、様々な刺激を吸収することができるのは強みともいえるのです。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

中卒での就職

就職をするうえで重視されるのは、いつの時代も学歴という印象が強いですよね。就職氷河期と呼ばれていた時代もあり、皆がこぞって良い大学に入ろう、経歴をつけようと努力を重ね、就職戦線を勝ち抜こうとしてきました。 しかしよくよく見てみると、仕事を探す上で大切なのは、なにも学歴だけではないようです。最近では、若い世代でも起業ができたり、新しいことを始まることができますから、学歴が必要のない場面も出てくるようです。また様々な事情や環境によって、中学を出てすぐに仕事につかなくてはいけない人もいます。そこで今回は、「中卒」に的を絞って、そのお仕事事情や給与事情について考察していきます。

男女別・中卒での就職先

まずは、中卒の人たちの就職先についていくつか紹介していきましょう。中学校を出てすぐという段階では、資格を持っている人は少ないですよね。さらに、働いた経験やスキルも無いので、任せてもらえる仕事の種類も限られてきます。加えて、中学を出てすぐの段階では、自分の得意分野や適正をまだ見出すことが難しいでしょう。ここでは、中卒の人が就く仕事を、男女別で説明していきます。

中卒男性の仕事

就職をしている中卒の男性を見てみると、いちばん多いのは「体を動かす仕事」のようです。統計を見てみても、中卒男性の約90%は、飲食業や運転手、とび職などの職業についているということがわかります。傾向としては、資格や学歴、まだ職歴がない状態からでも始めることができ、自分の腕っ節ひとつでお金を稼ぎ出すことができますから、社会に飛び込むための第一歩として、これらの仕事を始める人も多いようです。また、力仕事の次に多いのは、営業職などの人と対する仕事のようです。もちろんこちらも、学歴よりも実力勝負の世界ですから、中卒からすぐに挑戦することができます。

中卒女性の仕事

次は、女性の就職先についてです。中卒男性の仕事を見てみると、傾向として「ガテン系」と呼ばれる体力勝負の仕事が多いとご紹介しましたよね。しかし、中卒の女性となれば、男性ほど体を酷使するような仕事に就くことは少ないようです。そこで中卒の女性はどのような仕事についているかを調べてみました。すると、中卒の女性は飲食店のサービススタッフや販売員など、サービス業に従事する人が多い傾向にあることが分かりました。力を使わないものの、やはり実力勝負の世界に飛び込んでいく人が多いということができるでしょう。

中卒の仕事探し

一昔前では、仕事探しはハローワークなど役場にいって紹介してもらう形が一般的でした。中卒ということであれば、親族や学校の先生など、地域のネットワークで就職が決まる場合も多かったようです。しかし現代では、スマートフォンがあれば誰でも気軽に仕事を探すことができる転職サイトなどのサービスが充実しています。 昔に比べると、中卒で働くことができる職場は少なくなってきている印象ですが、就職をするための「手段」は格段に増えていると言って良いでしょう。高校を中退してしまったことで、就職活動そのものから手を引いてしまう人もいるようですが、落ち込むことはありません。チャンスはまだまだありますし、20代の求人を専門に扱う求人サイトも充実しています。そこで今回は、具体的な求人サイトの例をご紹介していきますよ。

タウンワーク

ダウンタウンの松本人志さん出演のCMでも有名な、リクルート主催の就職サイトです。ここでは「中卒」に的を絞って仕事を検索することができ、多くの情報を手にすることができます。主にアルバイト情報を紹介しているものの、正社員として登用してくれる仕事情報も満載です。

マイナビバイト

こちらも、アルバイト求人を主に扱うサイトです。しかしよく見てみると、学生向けやフリーター向けの案件ばかりではなく、これから正社員としてしっかり就職をしたいと考えている人に向けての情報も開示されていますよ。また、住んでいる場所を限定して仕事をさがすこともできるため、今の住まいの近くで就職を考えている人にはおすすめといえます。

はたらいく

中卒であること、また自分の住んでいる場所の周辺であることなど、検索条件を絞り込んで仕事を探すことができるサイトです。サイトを見てみると、中卒で採用してくれるという仕事はたくさんあり、少しでも自分の興味が惹かれるお仕事を選ぶこともできるでしょう。

正社員になるには

中卒で不安になってしまうのは、やはり企業で正社員として働くことができるかどうかということではないでしょうか?中卒でも正社員として雇ってくれる企業はかなり限られます。アルバイトや派遣社員が多いのではないでしょうか。それでもやはり、正社員として勤めたいですよね。こつこつと仕事を積み重ねていくことで、会社の信頼を勝ち得ることができれば、アルバイトから正社員になれる可能性もありますが、実際はどうなのでしょうか。

中卒で正社員になる割合

中卒の人が正社員として雇用される割合は、38%前後です。もちろん、職種や業種によって大きな差が出ることもありますが、やはり現実的に見るとあまり高いパーセンテージとはいえません。ちなみに高卒の人が正社員として採用される割合は58%前後です。中卒で正社員になるには、やはりしっかりとした努力が必要となってくるでしょう。

中卒の仕事の給与相場

中卒の人が仕事を探す上で気にかかるものの一つとして、給与相場が挙げられますよね。なかには、同じ経歴を持つ先輩や親戚に聞くということもできますが、収入に関することはやはりデリケートにならざるを得ない話題です。そこで、給与相場について簡単にご説明をいたしますね。

20代前半の平均給与は、18万円前後

厚生労働省発表の賃金に関する報告によれば、中卒の20代前半の給与は平均すると18万円前後。男女別では、男性が20万円前後、女性が16万円前後です。女性が活躍する現代といわれても、やはりまだ給与には男女差がでてしまっているのが実状といえるでしょう。

30代前半の平均給与は、22万円前後

さて、30代になると平均給与も少し上がってきているように感じられますよね。しかし、男性平均26万円前後、女性平均18万円前後と、ここにきて大きな差が開いてしまっているのがわかります。男性の場合であれば、給与の増額がある可能性もあるものの、女性の場合では給与に変動がないというのが実情のようです。

給与相場について

ここでは中卒の人の給与の相場をご紹介してきましたが、必ずしもこれと同じように給与が推移することはありません。たとえば、パートタイムで働いている人もいれば、正社員となって高給をもらっている中卒の人もいます。従事する仕事によっても大きく変化する部分ですから、これを一つの目安・ラインとして、仕事を探すべきでしょう。

中卒で持っておくと良い資格

中卒で仕事を探す場合には、資格を持っているほうが有利となります。中卒の場合では、職人と呼ばれる人から直接仕事を教えてもらったり、すぐに現場に出されてしまうことが多いからです。ですから、できることならば資格を持っておくことをおすすめします。そこで幾つか、持っていると役に立つ資格の例を紹介します。

国家資格

・医療事務 ・調剤薬局事務 ・宅地建物取引士 ・登録販売者 ・簿記

民間資格

・インテリア設計士 ・犬訓練士 ・エネルギー管理士 ・屋外広告物士 ・インテリアプランナー

仕事に役立つ資格はまだまだたくさん

上記に挙げた資格は、国家資格も民間資格もほんの一部です。自分の目指すもの、向いていると思うものを探せば、資格はそれこそ山のようにあります。たくさんお給料をもらうために手にしたい資格、人の役に立つために手にしたい資格などなど人によって事情はそれぞれですが、自分にあった資格を、自分の意思で見つけてみるのが良いでしょう。

中卒は同世代でも社会人の先輩

高校を中退してしまった、高校に入学していないなど、人によっては中卒であることをコンプレックスに感じてしまうこともあるかもしれません。しかし、そんなことはないのです。長い間学生気分に浸っていた大学生や、自分の身にならない時間を多く費やしている人たちに比べれば、これから仕事や自分のライフプランについて真剣に考えることができる時間はたくさんあります。 いわば、同年代と比べれば「人生の先輩」ということができるでしょう。また資格をとったり、家庭を築いたり、中卒であるからといって後ろ向きに考えることはないのです。特に現代は、良い大学を出ていても職になかなかありつけなかったり、必ずしも自分の望んだ職業につけない人も大勢います。どうか自分が本来持っている個性や力を、存分に発揮していきましょう。

中卒でも、可能性と仕事はたくさんある

いかがでしたでしょうか? 今は高校に進学する割合も増えていますから、中卒で仕事となるとなかなかイメージがつきにくくなってしまっているかもしれませんね。しかし大丈夫ですよ。学歴にかかわらず、活躍することができる場所はたくさんあります。生まれつき持っている才能や長所は、どんな人にでもあるものです。 現場の力仕事であれば、その力はその人の魅力。事務の仕事であれば、長時間集中できる力はその人の才能。サービス業や接客業においては、その笑顔さえもが自分を助けてくれる武器になることもあるのです。挑戦をするのに遅すぎることはない、とよく言われますね。しかし、早すぎる、ということもありません。ですから学歴にかかわらず、今の自分に自信をもって、可能性を追求してください!

関連タグ

アクセスランキング