IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

田舎は仕事がない?仕事の探し方と多い仕事の種類|田舎の仕事は楽?

更新日:2022年08月07日

就活事情

田舎で暮らす時に気になるのが仕事があるかどうかです。田舎暮らしのスローライフを送るためには、しっかりと仕事もしなければなりません。しかし人口が少ない田舎では仕事もなかなか見つからないイメージがあります。田舎での仕事の状況について紹介います。

田舎の仕事は都会と比べると楽な仕事なのでしょうか。田舎の仕事は楽だから給料が少ないというイメージを持っている人もいますが、仕事につらいとか楽とかの区別があるのか疑問です。田舎暮らしをする時にも仕事の大変さについては気になりますよね。実際に田舎の仕事は楽にできるのでしょうか。

都会に比べれば楽な仕事が多い

田舎の仕事は都会の仕事に比べると、楽な仕事が多いのは事実なようです。都会では常に仕事に振り回されることが多く、日常の仕事だけでなく会議や残業まですることも多いです。多くの人は人間関係や仕事内容に不満を抱きつつも、生活のためにストレスを溜めながら仕事をしているでしょう。これは仕事をするうえでは避けては通れないことかもしれません。一方で田舎の仕事も業種によっては大変仕事もあります。しかし田舎では多くの仕事は残業も少ないですし、仕事に対してストイックにならなくてもできる作業が多いです。これは田舎では残業をするほど仕事量が少ないことと、需要がそこまで多くはないということです。 田舎では人口が少ないので夜になると町の明かりが早く消えてしまいます。元々お店の数が少ないのですが、そのお店も定点時間が都会よりも早いお店が多いです。そのため街の明かりが消えてしまい午後8時以降には町が一気に暗く感じるでしょう。早く閉店すれば残業をすることもないので、ほとんど残業もなく仕事を終えることができます。仕事が多くて間に合わなければ残業しますが、仕事量も少ないので残業することもありません。田舎では仕事に対して極端にネガティブになることも少ないですし、余裕を持って仕事ができるので、田舎の仕事の方が余裕があるので楽な仕事と言えるでしょう。

ストレスが少ない

田舎の仕事が楽だと思われる理由のひとつに、ストレスが少ないことが挙げられます。田舎では地域の人と助け合いながら生活することが多いので、都会の暮らしのように隣の人の顔を知らないということはありません。コミュニケーションを大切にするので、人間関係でストレスを感じることが少ないでしょう。また仕事量もそれほど多くはないので、余裕を持って仕事に取り組むことができます。仕事内容と人間関係でストレスを感じることが多いですが、田舎の仕事ではストレスを感じることが少ないので、楽な仕事だと思われやすいです。 実際に都会と田舎の仕事を体感すれば、田舎の仕事の方が楽だと感じることが多いでしょう。仕事に対して余裕を持って取り組めるので楽だと感じますし、実際に楽な仕事が多いです。

田舎で転職するには?

田舎で転職するなら知り合いを頼って転職することも多いです。しかし求人倍率を見ても応募すれば受かる仕事も多いので、普通に転職することもできますし、逆に転職しにくいとも言えます。仕事の数が少ないので、こだわりがある人にとっては転職が難しいでしょう。その人は次の仕事を見つけてから転職するしかありません。一方でこだわりもなく何でも頑張れるという人なら、スムーズに転職することができるはずです。田舎で転職するのはこだわりがなければ比較的簡単なので、難しく考えることもありません。

田舎の仕事はストレスが少ない

いかがでしょうか? 田舎で仕事をするのはストレスも少なく、憧れのスローライフを求める人にとっては最高な環境となるでしょう。田舎暮らしで不安なのは仕事があるかどうかですが、極端に仕事を選ばなければ楽しく仕事ができるでしょう。ストレスの少ない田舎での仕事は、楽しいと感じる人も多いはずです。

初回公開日:2017年02月18日

記載されている内容は2017年02月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング