IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

田舎は仕事がない?仕事の探し方と多い仕事の種類|田舎の仕事は楽?

更新日:2020年08月14日

就活事情

田舎で暮らす時に気になるのが仕事があるかどうかです。田舎暮らしのスローライフを送るためには、しっかりと仕事もしなければなりません。しかし人口が少ない田舎では仕事もなかなか見つからないイメージがあります。田舎での仕事の状況について紹介います。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

田舎で仕事を見つけることができるのか?

田舎暮らしをしたい人にとって仕事があるかどうかは死活問題です。せっかく田舎暮らしができると思っていたのに、仕事がなければ生活することはできません。いくら貯金があっても仕事をしなければ、すぐに貯金も底をついてしまうでしょう。田舎は生活費が少なくて済むと言っても、必要な生活費は掛かります。仕事を見つけることが田舎暮らしを成功させるためには必要不可欠なことです。 実際に田舎で仕事が見つかるかというと、選ばなければ仕事を見つけることはできます。田舎では仕事を選ぶほど種類がないという意味で、仕事自体はたくさんあります。ただし収入や仕事のやりがいを考えると、選択肢が極端に狭まってしまうでしょう。そこそこの給料でどんな仕事でも大丈夫な人なら、すぐに仕事を見つけることができるでしょう。

田舎での仕事の探し方

田舎で仕事を探すのは、普通に転職情報誌を見ても見つけることは難しいでしょう。なぜなら田舎では人員を募集する時に、大量に募集することが少ないからです。転職情報誌などに掲載するには、それだけでも広告費が掛かります。田舎の仕事は広告費を掛けてもなかなか人材が集まらないこともあるので、無駄に終わってしまうこともあります。1人の募集に対して数十万円の広告費を出すのは、コスパ的にも高くついてしまうでしょう。転職情報誌に掲載されている情報はほんの一部なので、田舎で仕事を探すなら違う方法も検討した方がいいでしょう。

ハローワーク

仕事探しをするならハローワークを利用するのがです。転職活動をする時にお世話になる人も多いですが、田舎では転職情報誌よりもハローワークの方が有利に転職てきることもあります。元々ハローワークでしか扱っていない求人情報もありますし、田舎の仕事状況が分からない人にとっては、相談できる場所があるのは心強く感じるでしょう。 田舎では都会と違って働き方に対する考え方が違うこともあります。がっつり稼ぎたいという人でも深夜の仕事は見つけにくいですし、仕事の時間もホワイト企業並みに定時で帰れる会社が多いです。夜になると街の明かりは早々に消えてしまいます。人口が少なく夜は行く場所も少ないので、自然とお店も早く閉めてしまうからです。田舎での仕事状況を相談する時にも、自分の希望を伝えることができるハローワークは大いに利用したいものです。

知り合いやツテを頼る

田舎で仕事を探す時になかなか仕事が見つからないこともあります。ハローワークなどを利用しても見つからないこともありますが、田舎では知り合いに仕事がないか紹介してもらうこともあります。狭い地域なので各業界の仕事の種類も少くなっています。例えば田舎で建築関係の仕事を探す時に、その地域では1~2件の建築会社しかないこともあります。建築会社の知り合いに連絡をして、雇ってくれないか直接相談することもあります。田舎では狭い地域なので顔が広い人も多く、知り合いやツテを頼って仕事を探すこともできます。もちろん顔が広い人と知り合いでなければなりませんが、いろいろな場所に行けば人手が足りないという情報を得ることもできるかもしれないので、どこで仕事の情報が手に入るか分かりません。多くの人と交友関係を広げておくことも、仕事を探す時には役立ちます。

田舎で多い仕事の種類

田舎で仕事を探す時には自分がやりたい仕事を探すのは難しいかもしれません。田舎では需要が少ないこともあり、仕事の種類が少なくなっています。代わりに田舎では求人が多い仕事も多く、田舎でもたくさんの人が仕事をしている業種もあります。田舎で多いのはどのような仕事の種類なのでしょうか。

農業

田舎で多い種類の仕事と言えば農業です。田舎暮らしをする人が農業に憧れることも多く、たくさんの人が農業に携わっています。仕事としては農業は自営業なので家族経営をしている農家が多いです。そのためそこで働きに行くということは難しいでしょう。田舎で農業をするなら、自分で独立して農家として仕事をするようになります。いきなり農家として独立するのは難しいと思うかもしれませんが、田舎では地域の人たちが助け合って生活しています。そのため農業初心者の人に対しては、地域の農家の人たちが作り方を教えてくれることもあります。もちろん自分から頼みに行くことが大切ですが、農業は数か月単位でする仕事なので、農業のノウハウを学ぶことは必須と言えます。 農業を仕事としてやりたい人にとって田舎暮らしは、仕事と夢を実現できる場所と言えるでしょう。地元の農業団体が支援してくれる地域もありますし、安い値段で土地を貸してくれる地域もあります。農業をするための支援制度が充実している地域も多いことから、田舎では空いている土地を利用した農業が多いです。

建設業

田舎で多い仕事のひとつに建設関係の仕事があります。田舎でも家を建てたり修繕作業をしなければならないので、地域に数件は建築関係の会社があります。建設関係は建築だけでなく土木関係の仕事も含まれるので、各地域である程度独占して仕事をすることができます。会社自体が少なく必要とされるので、仕事がなくて困るということは少ないかもしれません。そのため人手を必要とするので、建設関係の仕事は田舎でも多い仕事のひとつとなります。 田舎では古くなった家に住み続けている人も多いですが、耐震や時代の流れによって建て替えたりリフォームする人が多くなっています。そのため田舎の人口が少なくても仕事に困ることが少ないのも特徴です。

介護職

田舎では高齢化が社会問題ともなっていますが、それに伴って介護職の仕事は多くなっています。田舎は若者が都心部へ住むことが多いので、老老介護をする人も多くなります。独り身の人も多いですが、地域の助け合いによって何とか生活している人もいるでしょう。田舎では高齢化が進むことによって、必然的に介護職の仕事が大変になります。日本全体でも高齢者が多くなっていますが、特に田舎では若い世代の人がいないことで、より深刻な状態となっているのです。 田舎では介護職は老人ホームなどの仕事だけでなく訪問介護の仕事も多いです。田舎では人口が密集していないこともあり、移動するたけでも時間が掛かってしまいます。通常は1日3人見ることができても、田舎では移動に時間が掛かってしまうので、2人しか見られないような状態です。田舎の人口が少なくても介護の仕事はどこでも同じなので、時間と手間が掛かります。高齢者が多いので人手が足りなくなるので、介護職関連の仕事は常に求人を行っていることが多いです。

田舎の仕事は楽なのか?

初回公開日:2017年02月18日

記載されている内容は2017年02月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング