IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事が暇でつらいときの対処法|暇つぶしで勉強&スキルアップ

初回公開日:2017年02月17日

更新日:2020年03月13日

記載されている内容は2017年02月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

仕事

仕事では忙しい時期もあれば暇な時もあるものです。仕事が暇だからといって何もしないと、いざやりたいことができた時に時間に追われてしまうでしょう。暇な時間があれば有効活用したいものです。そこで仕事が暇な時にするべきことについて紹介します。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

仕事で暇な時にすべきこと

仕事では業種によって忙しい時期もあれば、比較的暇な時期もあるものです。また業績が悪くなると仕事も少なくなり、暇な時間が増えてくるでしょう。働く人にとっては仕事が暇な方がいいと思う人もいますが、キャリアアップや給料アップを目指す人にとっては深刻な問題です。仕事が暇になった時に効率よく時間を使ったり、危機感を覚えて先に必要なことをするなどの対策が必要です。仕事が暇な時にすべきこととは、どのようなことがあるのでしょうか。

仕事が暇な原因を考えてみる

仕事が暇になった時にすべきことは、何もしないでボーっとするのではなく、仕事が暇になった原因を自分なりに分析してみましょう。会社を経営する社長や幹部クラスの人ならば、会社を立て直すために必死で考えています。しかし現場に一番近い社員たちが何も危機感を持たないと、会社を立て直すことはできません。仕事が暇になると楽に稼ぐことができますが、同時に給料アップや生活の安定に危機感が生まれてしまいます。安定した生活を送るには、やはり仕事が忙しい方が有利なのは間違いありません。 自分で仕事が暇になった原因を考えてみましょう。景気や時期のせいにするのは簡単ですが、だからといって業績の良い会社もたくさんあります。仕事が暇になるのには何か原因が必ずあるはずなので、暇な時間を使って考えてみましょう。自分が不満に感じてきたことや気づきが、もしかしたら打開策になるかもしれません。日頃から仕事に対していろいろ考えておくと、打開策やアイデアが浮かぶこともあるので、暇な時間を使って考えることも大切です。

仕事でやり残してきたことをやる

仕事をしているとついやり残してきたことや、後回しにしてきたこともたくさんあるものです。後でやろうと思いながらも仕事が忙しい時期は、どうしても手つかずになってしまうものです。優先順位が低いものなので、改めてやる気を出さないとできないこともたくさんあります。仕事が暇な時には時間にも余裕があるので、今までの仕事でやり残してきたことをやってみる時間に充てましょう。 やり残してきた仕事はやれば助かるものですし、やらなくても何とか大丈夫な仕事が多いものです。しかし仕事が暇な時はこれから先の仕事の状況も不安になるので、新たな打開策が必要になります。新しいアイデアや仕事のやり方など、考えなければいけないかもしれません。やり残してきた仕事をすることで今後にプラスになることがあるかもしれません。

暇な時間を使って整理整頓をする

仕事の暇な時間を有効活用するために、普段はできない整理整頓をしましょう。自分専用の机やパソコンがあるなら、良い機会なので整理整頓をすることで、心機一転新たな気持ちで仕事をすることができるでしょう。整理整頓は机の上だけではなく、関連する書類やデータも整理します。書類関係はファイルに閉じてありますが、もう一度整理して見直してみるのもいいでしょう。年度末には必要になりますが、日頃から整理しておけば忙しい時期でもスムーズに整理することができます。 ファイルだけでなくパソコン内のデータの整理もしましょう。古くいらなくなったファイルを削除したり、効率よく仕事ができるようにファイルを整理します。これも普段はできない仕事で暇な時にしかやることができません。整理整頓はやって当たり前のことですが、なかなか仕事をしていると時間を作ることができないものです。身の回りの整理整頓をすることで、新たな気持ちで仕事に取り組むことができます。仕事が暇だとどうしてもモチベーションが下がってしまいます。身の回りを整理することで気持ちを切り替え、新たなモチベーションで仕事に取り組むことができるでしょう。暇な時間を使って掃除や整理整頓をすることで、仕事へのモチベーションを上げる効果も狙っているのです。

仕事とプライベートの予定や目標を考える

仕事が充実している時は、プライベードをゆっくり楽しむこともできませんよね。逆に仕事が暇になるほどプライベートな時間が作れるので、普段できなかったことができる時間を確保できます。仕事が暇になった時はプライベートとの予定を考えましょう。プライベートな予定を考えることで、新たな予定や目標が決まってきます。人は目標ができるとそれに向かって頑張ることができます。仕事が暇な時には目標を掲げてもモチベーションが低いので、なかなかやる気になりません。だからこそプライベートな目標を立てることによって、モチベーションを上げる効果を狙うのです。 自分の気持の問題ですが、仕事が暇なのは自分の気持だけではどうすることもできません。何をしても暇な時期はあるものですし、その時期にいかに準備や対策をしておくおとが大切なのです。目標を掲げてもモチベーションが低ければ、達成することは難しいです。プライベートな予定を立てることで、モチベーションを上げて仕事への意欲を高めることができます。

暇な時にこそ仕事のやり方を見直す

仕事や暇な時には今までの仕事のやり方について、一度じっくり考えてみましょう。仕事のやり方については、長く続けている人は自分なりのやり方があるかもしれません。そのやり方は自分のスキルや経験なので、自信を持って仕事に取り組める原動力にもなり得ます。しかしいつまでも同じ仕事のやり方をしていると、徐々に時代の流れに置いて行かれてしまいます。経済や社会を常に新しい技術ややり方を使って日々進化しているので、その時代の流れに沿って自分のスタイルを変えなければなりません。 仕事のやり方を見直すことによって、今までやってきたことが有効に活用されているかどうかを知ることができます。さらにはた新しいやり方を覚えることによって、自分のスキルや経験値が一気にアップすることになるでしょう。仕事が忙しかったり波に乗っている時は、むやみにやり方を変える必要はありません。しかし仕事が暇になったことには何か原因があるものです。その原因のひとつがもしかしたら、仕事のやり方が影響していることも考えられます。仕事のスタイルを変えることは大変なことですが、暇な時間だからこそいろいろ試すこともできます。

新たな仕事を考えてみる

仕事をしていると新しいアイデアが生まれることがありますが、アイデア次第で仕事が暇な時を変化させられるかもしれません。新たな仕事がないか自分で考えることによって、キャリアアップのきっかけになることもあります。暇だなと思っているだけでは何も変えることはできません。しかし、新しいアイデア次第では現状を大きく変えるきっかけを作れます。 暇な時間は体よりも頭を使った仕事をすることで、普段はできないような仕事をすることもできます。体を動かすだけが仕事ではないので、暇な時にしかできないことをやりましょう。

関連する資格の勉強をする

仕事が暇な時にするべきことは、現状から抜け出すために行動することも大切です。自分がスキルアップすることによって、自分だけでなく仲間や会社にも良い影響を与えることになるでしょう。仕事では実に様々な能力やスキルを必要としますが、なかなかスキルを磨くことは難しいものです。時間があるからこそできるものではなく、しっかりと目的意識を持って勉強することが大切です。暇な時間を使って関連する資格の勉強をすることで、自分のスキルアップを目指すことができます。 スキルアップをするために資格取得の勉強をするなら、効率よく勉強しなければなりません。普段の仕事の中に関連する勉強ならば、仕事の暇な時間にやっても文句を言われることはないでしょう。関連する資格はたくさんあるので、自分ができるものなら何でも構いません。暇な時間を先の仕事にプラスになることをすることで、仕事に対しての責任感を養うことができるからです。もちろん資格を取れば今後の仕事にも大いに役立ちますし、暇な時間を打開するための方法が身に付くかもしれません。仕事が暇だからといって何もしないより、関連する資格取得を目指すことによって、新たな目標を掲げることができます。暇な時だからこそ新たな目標が必要で、その目標に向かって頑張ることでモチベーションも維持できるのです。

仕事で暇な時間が苦痛な人の対処法

仕事は忙し過ぎると大変ですが、仕事は忙しいからこそやりがいや楽しさを見つけることができるのです。仕事が暇でやることがないと、苦痛に思える人も多いでしょう。自分の仕事がない時のボーっとしている時ほど、苦痛に感じることはありません。仕事が忙しくて考える暇がないほど大変な方が、仕事をするうえでは楽しいものです。

思い切って休暇をとってみる

仕事が暇な時は思い切って休みを取ってみるのもいいでしょう。仕事が暇で苦痛に思えるなら、誰かが休むことで他の人の仕事が増えるかもしれません。休む本人はリフレッシュできますし、仕事をする人は作業が増えれば苦痛を感じなくなるでしょう。仕事を休むことはなかなかできないので、苦痛を感じるくらいなら思い切って休んだ方がいいでしょう。リフレッシュできれば気持ちも新たに仕事に取り掛かることができるので、気持ちを切り替えるためにも思い切って休暇を取ってみましょう。

新たな仕事に興味をもっていみる

仕事が暇な時には今まで自分がやってきた仕事以外に、新たな仕事に興味を持ってみましょう。仕事を覚えることはどんなに簡単な仕事でも、初めは不安で大変なものです。暇な時間を使って新たな仕事を覚えれば、じっくりと仕事が覚えられますし、今後のためのスキルアップにも繋がります。新たな仕事を求めればいくらでもあるので、自分が今までやってこなかった仕事に取り組むことで、仕事の苦痛から逃れることができます。

仕事のやり方やルーティーンワークを見直す

仕事をしているとある程度自分のやり方やルーティーンが決まってくるものです。経験が多いほど自分のやり方があるのは、仕事へも大きなプラスになります。仕事が暇な時には何か新しことをやったり、今までの悪い部分を見直さなければなりません。そのためには今までもやり方にこだわるのではなく、見直す必要があります。 自分のやり方やルーティーンにこだわるあまり、仕事に悪い影響を与えていたとしても気づくことができません。仕事が暇な要因はいろいろありますが、仕事のやり方が悪かったということも考えられるかもしれません。 いずれにしてもいつまでも同じやり方を繰り返していては、まわりに取り残されてしまいます。定期的に仕事のやり方については見直しをすることが大切で、新たなことを取り入れながら進化していかなければなりません。仕事が暇は時間を使って今までの仕事のやり方を見直すことも、大切な仕事のひとつと言えます。

転職を考える

仕事が暇で苦痛を感じるならば、思い切って転職を考えてみるのもいいでしょう。実際に転職をしてもしなくても、転職を本気で考えることは自分にとって刺激となります。仕事に対して暇だから苦痛を感じるのは、自分がもっと仕事をしたいという気持ちの表れです。仕事ができる環境があれば、そちらに転職することは自分にとってプラスになることでしょう。 もしも転職を考えてもやはり今の仕事の方がいいと感じたら、暇で苦痛の時間を打開するために必死で仕事をするしかありません。いつもの仕事や与えられた仕事だけでは、苦痛な時間を打開することは難しいでしょう。転職を考えでもなお仕事に対しての執着心があるなら、暇な時こそさらに本気になって打開するために仕事をしましょう。仕事は探せばいくらでもありますし、今だけではなく先のことを考えて仕事をすることもできます。暇で苦痛を感じるなら一度今の仕事に対しての本気度を知るためにも、転職を噛んげてみるのもいいでしょう。

仕事が暇になった時におすすめする勉強

仕事が暇になったことによって、空いた時間を有効活用することは大切です。そこで暇な時間を使ってできるおすすめの勉強について紹介します。常に仕事に関連する勉強は必要なので、暇な時間を有効活用してスキルアップに使いましょう。

関連する仕事の資格取得

おすすめの勉強で真っ先の思いつくのは、今の仕事に関連する資格を取得することです。業種や仕事によって資格は異なりますが、どの仕事でも必ず必要とされるスキルはあります。資格の勉強は必要な知識やスキルを磨くことによって、今後の仕事に大きく役立たせることができるのです。社会人にとって資格の勉強は、寝る間も惜しんでやらなければなりません。仕事と生活を両立させながら、さらに資格の勉強をすることは難しいからです。 仕事で暇な時間があれば、資格の勉強の時間に充てることで効率よく勉強することができるでしょう。資格の取得はどの資格でも数か月は掛かるので、ちょっとくらいの時間を確保しただけでは難しいです。仕事が暇な時期があれば、ある程度時間的余裕もあるので、自分なりに目標設定をして資格の勉強をすることができるでしょう。分からないことがあれば上司に聞くこともできるので、スキルアップのためにも時間を有効活用して資格取得を目指しましょう。 下記に資格講座の一覧が見れるリンクをご紹介します。どんな資格があるかチェックしましょう。

会社のルーツや関連する業界の歴史

会社は昔から存在している訳ではありません。自分が働いている会社の歴史やルーツを知ることは、今後の自分の仕事にも影響するかもしれません。雑談のネタにもなりますし、自分が働く会社に愛着を持つこともできるからです。また業界の歴史を勉強すれば、過去にも同じように暇な時期があるはずです。先人たちはどうやって乗り越えてきたのか、どんな工夫をしてきたのかを学べば、仕事が暇な時間を打開するためのアイデアが浮かぶかもしれません。働く会社のルーツや歴史を知ることは、会社員にとっても大切なことなので、自分のスキルアップだけではなく、歴史についても勉強してみましょう。

仕事のスキルアップ方法

仕事では誰でもスキルアップを目指したいと思うものですが、具体的にどうやればスキルアップできるのでしょうか。資格を取るだけでスキルアップできればいいのですが、ただ資格を取っただけではどうやって役立たせるかも分かりませんよね。仕事のスキルアップに必要なことについて紹介します。

なりたい自分を具体的にイメージする

仕事でスキルアップを目指すならば、自分が最終的にどんな人になりたいかをイメージしてみましょう。仕事でスキルアップをすると言っても、資格を取得しただけでもスキルアップしたと言えます。仕事では実に多くのことを学ばなければならないので、スキルアップするための努力には際限がありません。自分がなりたいイメージを具体的に考えておくことで、目標鵜を決めることができます。目標があればモチベーションも上がるので、スキルアップのためにも役立つでしょう。

自分のレベルを把握する

スキルアップするにはまずは自分を客観的に見て、どのくらいのレベルなのかを知りましょう。自分に自信がある人がいても、実際に仕事ができない人もいますし、自身だけを持っていても意味がありません。仕事では結果を求められるので、本当に実力がなければしっかりと見直して努力することが大切です。スキルアップをしようとしても、むやみやたらにいろいろなことを学ぼうとしても自分が大変なだけです。仕事が暇な時を使って効果的にスキルアップを目指すためにも、まずは自分の実力を知ることから始めましょう。

足りないスキルを磨く

自分のスキルを客観的に見ることができれば、後は自分の目標に対して何が足りないかを考えるだけです。足りないと思うスキルを知ることで、効果的にかつ集中的にスキルアップを目指すことができるのです。何でも勉強すればスキルアップに繋がると思っている人もいますが、必要のないことを学ぶよりも、必要なことをより詳しく学んだ方が効果も上がります。広く浅い知識よりも、狭く深い専門知識の方が、より効果を発揮するからです。自分の足りないスキルを客観的に判断してから、足りないスキルを集中的に勉強しましょう。

徹底して効率化を図る

スキルアップをする方法としてはいくつかありますが、その中でも共通することは効率化です。効率の悪い方法ではスキルアップに多くの時間が掛かってしまいます。一方で効果的なスキルアップができれば、さらに新しいことにも挑戦することができます。効率化が良いと覚える知識や量も格段に違ってくるので、後で大きな差となって表れてきます。スキルアップをするのは勉強をすればいいという訳ではなく、効率化にも注意して勉強しましょう。 徹底した効率化は自分にとって大きなプラスになります。スキルアップをするためにも効果的な方法で勉強して、より多くの意識を得てスキルアップしましょう。

必要のないことを見極めていく

スキルアップをするために、いろいろなことに手を出してしまうこともあります。自分に足りないものは何なのかを知ることで、あれもこれも勉強したくなります。確かにスキルアップをするためには多くのことを勉強する必要があります。しかし一度に学ぶにも限度があるので、効果的にスキルアップするためには学ぶことを絞ることも大切です。自分にとってい今は必要のないことを見極めていくことで、ムダな時間を割くことができます。徹底した効率化は仕事の作業スピードも上がりますし、ムダなことを抑えてくれるのでやりがいもあります。自分にとって必要のないことは、しっかりと見極めて判断することが大切です。

仕事の暇な時間を有効活用しよう

仕事で暇な時間ができた時にはボーっとしているのではなく、仕事の暇な時間を効果的の使いましょう。暇な時間を有効活用することで、今までのやり方の見直しや新しいやり方を検討することもできます。仕事が暇なことは嫌なものですが。忙しい時期があれば暇な時期もあるのが世の常です。暇な時間を打開するための努力は必要ですが、同時に暇な時間にしかできないこともあるものです。暇な時間は自分にとってスキルアップさせるための時間だと考えれば、暇な時間を充実した時間に変えることができるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング