IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

商社の一般職の仕事内容と年収|転職事情・就職倍率・学歴は必要?

初回公開日:2017年02月21日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2017年02月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

商社の一般職のお仕事に興味があるが、就職倍率のこと、学歴や英語力のこと、色々と気になってしまいますよね。求められる人物像については、商社によって異なりますが、一般職を志望するなら是非とも知っておきたいことがあります。必要な情報を得て、内定をゲットしましょう!

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

商社の一般職の仕事内容(契約書作成)

商社の一般職の仕事内容(契約書作成)
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

商社の一般職のスタッフが遂行する業務は、多岐に渡ります。一般的な事務職よりも、やるべきことは多いと言っても過言ではありません。 中でも真っ先に覚えないといけないのが、契約書作成についてです。商社ということは、何かしらの物のトレードに関わります。ということは、単なる口約束ではダメで、書類をもって取引が行われないといけないのです。 ということは、当然のように契約書の作成が関わってきます。

契約書の作成の基本

商社勤務の一般職スタッフが行う契約書作成の手順は、部署などによってルールは異なります。ここでは、その一例について見てみましょう。 契約書作成の前に通らないといけないのが、成約です。実際に成約がなされているのを確認した後、契約書という流れになります。作成の際には、予め決まったフォーマットに入力することが多いです。というのも、入力するべき内容はほとんど決まっているし、フォーマットがある方が、業務に携わるスタッフとしても楽になるからです。 入力が完了したら、他のスタッフもチェックします。

営業との連携

契約書作成において欠かすことができないのが、営業スタッフとの連携です。一般的に、契約書作成と言うと、一般職のスタッフが行うイメージがあります。もちろん、それ自体間違っていませんが、実は一般職以外の方々も連携した上で、業務が進められるのです。 営業スタッフも契約書に目を通すことによって、入力した内容が本当に正しいのかどうか、再確認することができます。もしこのチェックを怠ってしまうと、注文とは関係ない品物が注文されることにもなりかねません。そうなると、後になってクレームにも繋がる可能性があります。 ミスなく確実に処理をするためにも、営業との連携が必要になるのです。

商社の一般職の仕事内容(入金関連)

商社の一般職の仕事内容(入金関連)
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

入金関連業務も、軽視することはできません。商社も一般企業である以上、売り上げが立たないとビジネスとして成り立ちません。また、仮に売り上げが良くても、管理がしっかりしていなければ、ビジネス展開が難しくなることでしょう。 そこで、一般職の方々が活躍することになります。総合職の方々は普段ハードなので、入金確認まではさすがに手が回りません。ならば、一般職のスタッフがこの業務に取り組む方が、能率的です。 ここでは、一般職スタッフが受け持つ入金関連業務の詳細についてお話します。

入金で確認すること

まず、入金業務の段階で、確認しないといけないことがあります。 それは、契約を交わす上での諸条件についてです。どんな品物を取引するにしても、何かしらの条件が伴うのは、良くあることです。この条件を確認しないまま手続きに入ってしまったばかりに、後になって思わぬトラブルを招いてしまうのは、決して賢明なことではありません。 また、取引先のフォーマットを使って書類が作成されることもあります。こういう場合は、取引先が有利になるような条件が提示されているものです。例えばですが、「もし納期が通常よりも遅くなった場合は、商社が延滞金を支払わないといけない」と言ったような条件が挙げられます。 以上の条件を確認した上で、入金対応を行うのが、商社一般職のスタッフの基本です。

為替予約をかける場合

入金確認に際して、為替予約をかけるべきタイミングもあります。それはどういう時かと言うと、為替による損失が考えられるような場合です。 どんな取引でも、入金や出金と言ったプロセスは、避けて通ることはできません。また、売り買いのタイミングについては、異なる通貨同士で取引を行うのですから、何かしらのリスクが伴います。ただ、リスクをリスクのままで終わらせてしまうのも、どこかもったいないのです。 それならば、先に為替レートを固定した状態で取引を行う方が、商社としては理にかなっていると言えます。これである程度のリスクを回避できるのです。

商社の一般職の仕事内容(メーカーへの注文)

商社の一般職の仕事内容(メーカーへの注文)
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

関連タグ

アクセスランキング