IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

商社の一般職の仕事内容と年収|転職事情・就職倍率・学歴は必要?

職種研究

商社の一般職のお仕事に興味があるが、就職倍率のこと、学歴や英語力のこと、色々と気になってしまいますよね。求められる人物像については、商社によって異なりますが、一般職を志望するなら是非とも知っておきたいことがあります。必要な情報を得て、内定をゲットしましょう!

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

商社の一般職の仕事内容(契約書作成)

商社の一般職のスタッフが遂行する業務は、多岐に渡ります。一般的な事務職よりも、やるべきことは多いと言っても過言ではありません。 中でも真っ先に覚えないといけないのが、契約書作成についてです。商社ということは、何かしらの物のトレードに関わります。ということは、単なる口約束ではダメで、書類をもって取引が行われないといけないのです。 ということは、当然のように契約書の作成が関わってきます。

契約書の作成の基本

商社勤務の一般職スタッフが行う契約書作成の手順は、部署などによってルールは異なります。ここでは、その一例について見てみましょう。 契約書作成の前に通らないといけないのが、成約です。実際に成約がなされているのを確認した後、契約書という流れになります。作成の際には、予め決まったフォーマットに入力することが多いです。というのも、入力するべき内容はほとんど決まっているし、フォーマットがある方が、業務に携わるスタッフとしても楽になるからです。 入力が完了したら、他のスタッフもチェックします。

営業との連携

契約書作成において欠かすことができないのが、営業スタッフとの連携です。一般的に、契約書作成と言うと、一般職のスタッフが行うイメージがあります。もちろん、それ自体間違っていませんが、実は一般職以外の方々も連携した上で、業務が進められるのです。 営業スタッフも契約書に目を通すことによって、入力した内容が本当に正しいのかどうか、再確認することができます。もしこのチェックを怠ってしまうと、注文とは関係ない品物が注文されることにもなりかねません。そうなると、後になってクレームにも繋がります。 ミスなく確実に処理をするためにも、営業との連携が必要になるのです。

商社の一般職の仕事内容(入金関連)

入金関連業務も、軽視することはできません。商社も一般企業である以上、売り上げが立たないとビジネスとして成り立ちません。また、仮に売り上げが良くても、管理がしっかりしていなければ、ビジネス展開が難しくなることでしょう。 そこで、一般職の方々が活躍することになります。総合職の方々は普段ハードなので、入金確認まではさすがに手が回りません。ならば、一般職のスタッフがこの業務に取り組む方が、能率的です。 ここでは、一般職スタッフが受け持つ入金関連業務の詳細についてお話します。

入金で確認すること

まず、入金業務の段階で、確認しないといけないことがあります。 それは、契約を交わす上での諸条件についてです。どんな品物を取引するにしても、何かしらの条件が伴うのは、良くあることです。この条件を確認しないまま手続きに入ってしまったばかりに、後になって思わぬトラブルを招いてしまうのは、決して賢明なことではありません。 また、取引先のフォーマットを使って書類が作成されることもあります。こういう場合は、取引先が有利になるような条件が提示されているものです。例えばですが、「もし納期が通常よりも遅くなった場合は、商社が延滞金を支払わないといけない」と言ったような条件が挙げられます。 以上の条件を確認した上で、入金対応を行うのが、商社一般職のスタッフの基本です。

為替予約をかける場合

入金確認に際して、為替予約をかけるべきタイミングもあります。それはどういう時かと言うと、為替による損失が考えられるような場合です。 どんな取引でも、入金や出金と言ったプロセスは、避けて通ることはできません。また、売り買いのタイミングについては、異なる通貨同士で取引を行うのですから、何かしらのリスクが伴います。ただ、リスクをリスクのままで終わらせてしまうのも、どこかもったいないのです。 それならば、先に為替レートを固定した状態で取引を行う方が、商社としては理にかなっていると言えます。これである程度のリスクを回避できるのです。

商社の一般職の仕事内容(メーカーへの注文)

商社はメーカーとも取引をしています。ということは、メーカーへの注文と言ったプロセスが重要になるのは、言うまでもありません。 メーカーへの注文は、商社に勤務する一般職の社員が行います。この業務は、そんなに難解なものではないですが、細心の注意が必要です。 では、メーカーの注文がいかなるものなのか、ここでお話します。

注文で気をつけないといけないこと

オーダーの際に気をつけないといけないのは、誤入力を防ぐことです。もし誤入力に気づかずに次のプロセスに進んでしまうことになれば、とんでもないトラブルに繋がります。 納期や単価など、多くの数字を扱うことになります。しかも英語での表記も多いので、少しの油断がミスに繋がる可能性もあるのです。 大きなトラブルを防ぐためにも、一般職のスタッフが、細心の注意を払って業務に当たっています。

誤入力を防ぐために行うこと

誤入力については、人間が作業を行う以上、どうしても仕方がないという一面も否定できません。しかし、だからと言って誤入力を容認するようなことを前提で業務に当たるのは、決して望ましいことではないのです。 商社の一般職のスタッフは、こういったトラブルを防ぐためにも、色々と創意工夫をした上で業務に当たっています。例えばですが、一般職のスタッフ同士でダブルチェックを行うとか、そういった形でミスを防ぐようにしているのです。 何か特別な対策をしているのではありません。当たり前のことを当たり前にこなすからこそ、ミスやトラブルを防止できるのです。

商社の一般職の仕事内容(出荷に関する手配)

商社が品物の輸出入に関わる以上、出荷に関する手配は、避けて通れません。取引先に確実に品物が届くよう、正確に業務を行っていくことが求められます。 この分野については、出荷の基本はもちろんのこと、分割出荷をする際に何を意識しなければいけないのかについて知っておくと、実務で役立ちます。 では、商社の一般職スタッフが行う出荷の手配について、ここでお話します。

手配の基本

出荷の手配の基本は、何と言っても「納期の通りに商品の製造が順調に進んでいるか」について確認をすることにあります。このような点を確認するともなれば、何か難しいことをするのかと感じるかもしれません。しかし、実際は小難しいものではなく、商社の専用のシステムで行えば良いことです。 なお、この手配に関して、「出荷の状況がどうなっているのか、詳細を知りたい」と希望するクライアントも居ます。こういう時は、定期的に状況を報告します。また、メーカーやお客様にも、行き違いが起こらないようにしないといけません。 手配はそんなに難しい業務ではないですが、クライアントの意向を的確に理解し、それに沿って行動することも大切です。

分割出荷の場合の注意

出荷に際して、いわゆる分割出荷を行うこともあります。これは新人で業務にまだ慣れていない一般職のスタッフにとっては、若干難しく感じるかもしれません。しかし、慣れてしまえば大丈夫です。 もし分割出荷をする場合は、出荷を希望する個数がどれぐらいなのか、前もって確認しておく必要があります。というのも、同じ個数の在庫を抱えているとしても、どれぐらいの品物を出荷して欲しいのか、細かい要望はクライアントによって異なるからです。 分割出荷の際も、相手の意向の理解が、まずは重要ですね。

商社の一般職の仕事内容(総合職のサポート)

商社には、様々なバックグラウンドを持ったスタッフが勤務しています。総合職の方も居れば、一般職の方も居るのです。業務を円滑に進めるために、スタッフはそれぞれの役割を担っています。 総合職のスタッフは、オフィスの外に出て営業や会議を行うことも頻繁にあります。そのため、全ての業務を総合職のスタッフが行うともなれば、それこそパンクするのは、目に見えているのです。 それならば、一般職スタッフが総合職スタッフをサポートする方が、業務の負担を過度に重くすることなく、業務に当たることに直結していきますね。 では、一般職スタッフが一体どんなサポートをしているのでしょうか。

一般職の存在

一般職スタッフは、商社においては絶対に欠かすことのできない存在です。営業や会議には直接的に携わらないかもしれないですが、それでも尚、一般職の方が居るからこそ、業務が成り立つぐらいです。 「縁の下の力持ち」という言葉が、商社の一般職のスタッフにはしっくりきます。見えないところで様々な業務に取り組むからこそ、総合職のスタッフも安心してやるべきタスクに取り組むことができるのです。 一般職のどの業務も、商社として機能するためには必要不可欠です。総合職のみではどうしても回らない業務があるとしても、一般職の存在によって助かっています。

総合職とのコミュニケーション

商社の一般職のお仕事と聞くと、事務的とか機械的と連想するかもしれません。書類作成やメール対応などのオフィスワークに従事するということもあり、そのようなイメージを持つのは良くあることです。 しかし、実際は単なるオフィスワークではないのです。他の一般職のスタッフの方々とはもちろんのこと、総合職のスタッフとも上手く連携を取っていくことになります。 この際に必要になるのが、総合職スタッフとのコミュニケーションです。しかも上辺だけの意思疎通ではなく、お互いの意図を的確に理解した上で行うからこそ、業務が上手く機能することにも繋がっていきます。

商社の一般職スタッフの年収

商社の一般職として働きたいが、年収が一体どれぐらいになるのか、気になることでしょう。この職種は、雇用形態によってはボーナスも出るし、収入に伴ってやりがいも増えます。 ここでは、商社の一般職スタッフの給料について、若手社員の場合と中堅社員以上の場合とに分けてお話します。

若手社員の年収

一概に商社一般職の年収とは言えども、いくらぐらいの金額になるかについては、企業によって差が出てきます。ここでは、20代の社員の平均レベルの年収についてお話します。 正社員でボーナスが出る場合は、約300万円から400万円の間になると言われています。これは月収に換算すれば、約25万円から30万円になります。 新入社員でしかも一般職ともなれば、これだけの金額をもらえるとは思えないものです。商社で勤務する場合、新人とは言えども、覚えることが沢山あるので、これだけの給与も期待できます。 仕事内容に比例して、給与水準がある程度高く設定されています。

中堅社員以上の年収

中堅社員になると、新入社員の時よりも、更に多くの給与を期待できます。もちろん、これも企業によって差はありますが、商社の場合は、勤続年数が上がるにつれて給与がアップする傾向になります。いわゆる年功序列の風土が根付いているので、そのような仕組みになるのです。 では、中堅社員以上のスタッフの場合、どれぐらいの金額の年収になると言えるでしょうか。 一般的には、約400万円から500万円が相場であると言われています。先述の通り、年功序列という要因もありますが、中堅社員以上で業務に慣れてきているので給与がアップする傾向にあります。 新入社員に仕事を教えるなどの責任が伴うものの、これだけの給与がもらえると、やりがいを感じますよね。

転職・就職倍率

一般職とは言えども、採用試験に関しては、甘く見てはいけません。自身が商社で勤務したいと希望すると同時に、他の応募者も存在するのです。 実際に採用されるためには、就職試験に合格しないといけません。ここでは、転職や就職の際の倍率が一体どれぐらいなのか、そしてその倍率からどんなことが読み取れるのかについて見てみましょう。

一般的な倍率

一般職の採用試験ともなると、「総合職よりも簡単」とイメージするかもしれません。しかし、実際はそんなに甘いものではなく、総合職よりも高倍率であることさえあるのです。 参考までに、五大商社の一つである伊藤忠商事の例について見てみましょう。2015年の場合、総合職では約80倍だったのに対し、一般職は約180倍だったのです。 この倍率を考えるだけでも、驚いてしまいますよね。それだけ商社一般職は人気が高いのです。

倍率から読み取れること

商社一般職の倍率の高さは、初めて聞いた人にとっては、ビックリすること間違いありません。総合職よりも一般職の方が倍率が高くなる現象は、なぜ起こりうるのでしょうか。 まず、一般職には転勤がないという点が挙げられます。総合職は国内でも海外でも、転勤を命じられるのは避けられません。結婚や出産と言ったライフイベントを考慮すれば、転勤に関する負担はできるだけ回避するようにしたいと、一般職志望者は考えているのです。 次に、有名大学出身の志望者が多いことです。いわゆる難関大学の学生ですと、たとえ女子でも総合職志望者が多いと想像するものです。しかし、最近では全ての女子学生が総合職を考えているわけではありません。最初は総合職志望だとしても、一般職の魅力を感じて一般職に変えたというケースも多々あります。何しろ転勤がないのですから、入社後の負担が少ないのが魅力なのです。

商社一般職に学歴は必要?

商社一般職に学歴が必要なのかどうかについては、色々と論議がされています。 どこの商社で働くにしても、実際に仕事ができるかどうかが大切になるのは、言うまでもありません。しかし、その反面、仕事をこなすためには最低限の学歴と学力は必要と言われる面もあります。 では、商社一般職として働く場合、学歴は必要なのでしょうか。

必要な学歴

もし新卒で商社一般職を志望するのであれば、基本的には大学卒以上となります。商社によっては、いわゆる有名大学出身であることも求められます。 どこの大学を卒業したまでは基本的に問われないですが、早稲田大学や慶應義塾大学、あるいは上智大学と言った大学出身の女子学生が多いのは事実です。なお、これ以外の大学でも、商社一般職に応募するチャンスはあります。 ちなみにですが、学科については問いません。法学部や経済学部や商学部などの社会学系でも、あるいは文学部や外国語学部などの人文言語学系でも、幅広く採用されています。幅広い学部学科から採用されるので、色々な知識やスキルを持った人材が集まりやすいですね。

学歴も求められる理由

商社の一般職に応募する場合、学歴が求められるのは、既にお話した通りです。「学歴が全てではない」と言いたいとしても、これは避けて通ることができません。 では、この職種に応募する際は、なぜ学歴が必要なのでしょうか。 それは、新人のうちから覚える内容が多いからです。業務を的確に遂行するためには、それぞれの業務の本質を確実に理解していないといけません。中途半端では全く以って歯が立たないのです。 そう考えてみると、学生のうちから学業を通じて業務に必要な能力を磨いておきたいですね。もちろん、サークルやアルバイトに精を傾けるのも良いですし、ボランティアに挑戦するなどしても、商社に勤務した後に経験を活かせます。

採用時期

商社の一般職スタッフは、基本的に毎年募集しています。募集人数は年度や時期によって異なりますが、採用活用や内定の時期に関して知っておく方が、就職活動をスムーズに進めやすいと言えます。 では、商社一般職の採用活動の時期と内定が出る時期は、一体いつぐらいと考えておけば良いでしょうか。

採用活動の時期

商社一般職の採用活動は、大学3年の3月あたりから始まると言われています。しかし、これは会社説明会を行い、エントリーシートを作成すると言った時期です。 大学生の行動という点から考えてみれば、採用活動はもっと早い時期に始まっているのです。人によっては、大学3年の10月から始まると言っても過言ではありません。というのも、この時期からインターンや現役の社員に会うイベントに積極的に参加するのです。 「大学4年になったら就活を始めれば良い」みたいに呑気に構えていると、積極的に活動した学生と差がついてしまい、不利な立場に置かれてしまいます。それよりも、できるだけ早めに活動を始める方が、後になって自分に有利になりますよ。社員に顔を覚えてもらうことも期待できるので、それもお得感満載です。

内定が出る時期

内定を出して良い時期は、10月1日以降です。しかし、企業はこの時期にはとっくに採用活動が終了しています。もし早めに就活が終わった場合、10月1日まで結果を待たないといけないのでしょうか。 実はそんなことはありません。というのも、内定を出せない10月1日以前でも、内々定を出すことなら可能だからです。時期的に内定を出すことができなくても、「10月1日には内定を出す」と企業側が約束をしてくれます。 つまり、採否の結果を知ることであれば、6月1日以降に可能ということです。

英語力は必要?

商社に勤務するということは、英語力が必要と考える方は多いです。というのも、海外と品物をやり取りするので、コミュニケーションを取る際に使う言語が英語だとみなされています。 しかし、達人レベルの英語力に関しては、求められていません。アルファベットを見て英語への拒絶反応があると厳しいですが、業務をスムーズに進められれば大丈夫です。 では、一体どれぐらいの英語力が必要だと言えるでしょうか。

求められる英語力

かつては商社の一般職と言えば、英語力は特に問わない時代もありました。しかし、現代社会に象徴されるようなグローバル化社会を生き抜くためには、英語が全く出来ないようでは、かえってマイナスにしかなりません。 このような状況においては、商社の一般職スタッフも英語力を求められます。実際に商社で勤務しているスタッフの中には、TOEICで言えば900以上のレベルに到達している方も居るぐらいです。ただし、このレベルにまで達するのは、決して容易なことではありません。実際はTOEIC900を持っていなくても大丈夫です。 一般職の場合、TOEIC500から600、あるいはそれ以上あれば、業務で通用するレベルだと言えます。

英語が苦手な場合

英語力を伸ばして商社の一般職スタッフとして勤務したいが、どうしても英語が苦手だからと尻込みしてしまうことも、人によってはあり得ます。では、こういう場合、商社一般職を諦めて他の業種に応募しないといけないのでしょうか。 英語が苦手でも、諦める必要はありません。というのも、実際の業務で使う英語は、そんなに難しいものではないからです。電話越しに相手と会話するわけでもないし、英語で何かプレゼンテーションをしなければいけないということもありません。 そのように考えると、自身の英語力のことに関して、そこまで心配するものではないと言えます。英語があまり得意ではないなら、まずは中学レベルの英語を物にしてみるのがお勧めです。これだけのことでも、実際に業務に就いた後に、身に着けたスキルを役立てることができます。

英語力より大切なこと

商社で勤務する以上、英語力は身に着けておく方が望ましいですし、高いに越したことはありません。しかし、それだけで十分なのかと言うと、そうとも限りません。英語力以外にも、求められている要素があります。 それは、一般職としてやっていくだけの基本的な素質です。例えばですが、細かい業務も苦にならないとか、あるいは他人の意図を確実に理解する能力など、そういったスキルが必要になるのです。こういった素質を備えていれば、実際の業務においても入りやすくなるし、採用後も自身の良さを発揮しやすくなります。 英語は確かに必要ですが、英語が苦手だからという理由で自分の道を狭めてしまうのは、非常にもったいないこと、この上ないですよね。

商社の一般職でスキルを発揮しよう!

いかがでしょう? 商社の一般職に対して、色々なイメージを持っていたかもしれません。例えばですが、「他の事務職と変わらないのでは?」とか、あるいは「仕事にやりがいを感じるのかどうか?」と言ったことを思い浮かべるものです。実際に現場に入ってみると、実に様々な業務を担当することになります。どの業務に関しても、一つ一つ覚えていく必要があります。初めはどうしても大変かもしれないですが、慣れてしまえば業務そのものが楽しくなることでしょう。 商社の一般職は、持っているスキルや適性を発揮しやすいと言えます。「細かいところに目がいく」とか「気が利く」とか、そういった点も大いに活きてくるのです。 決して楽な仕事ではないですが、毎日を充実させることができます。あなたも勇気を出して初めの一歩を踏み出してみませんか?

関連タグ

アクセスランキング