IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

キャリアプランの書き方と例・面接時の上手な返答例

更新日:2020年05月18日

転職ノウハウ

キャリアプランとは具体的にどういうものなのでしょうか。キャリアプランを立てる上で大事なことは何でしょう。面接でキャリア聞かれたときにスムーズに受け答えをする方法や具体的なキャリアプランの立て方、書き方を詳しく調べていきましょう。

女性が立てるキャリアプラン

女の人がキャリアプランを立てるときに人生のプランも立てておいた方が良いでしょう。女性は出産という大事なイベントがあるのです。もちろん、結婚や子供がいる生活を選ばずに自分のやりたいことだけを全うする女性もいます。人それぞれですので、独身生活を楽しむのも大いに結構です。結婚して子供がいる生活を望む女性にとっては、出産が分岐点になることが多いです。子供がいることで生活が一変します。育児休暇が設けられてる企業もありますが、職場復帰が難しく、転職する人が多いと思われます。小さい子供がいると仕事を探すのに苦労しますよね。女性にとっての一番の分岐点は出産した時だと言っても過言ではないでしょう。

何歳で出産するか

自分がいつ結婚していつ出産するのかは誰にも分かりません。 ライフプランを立てる上で結婚する時期が難しいですよね。もちろん計画なので自分の好きなように思い描けば良いのです。 自分のやりたい仕事によるのですが、出産を機に転職すればキャリアアップできるプランを練っておくと心強いです。ということは出産前に資格を取ったり、経験を積んでおくことが大事になってきます。 それとは別に、出産後も同じ職場に復帰できる職種を考えておくことも良いと思います。 仕事によっては出産後にも復帰できるところがあるのです。専門職や資格がものを言う仕事が殆どだと思われますので、やはり出産前に資格を取得したり、経験を積んだ方が良いと考えられます。

出産後に立てるキャリアプラン

すでに出産していてパートで働いてはいるけど、キャリアアップをしたいと考えている人も多いでしょう。 でも子供もいるし仕事と家事と子育てに追われて勉強する時間がない。実はそんな人達にとっても、キャリアプランを立てることは良いことなのです。 毎日生活に追われてて、あっという間に月日は流れていきますよね。時間は待ってはくれません。何となく過ごしている毎日を目標を持って過ごす毎日に変えるとそれだけで人生が楽しくなってきます。 子供の人生と、自分の人生を照らし合わせながら、キャリアプランを立てると実現できる可能性が高まります。 子供が小さいうちは手が離せないでしょう。でも成長するにつれて、自分の時間が確保できるようになってきます。その時間を有効利用して、資格取得の為に勉強することが出来ます。 仕事も選べる範囲が広くなると思います。子供が何歳のときに、自分はどれだけの時間が取れるかを想像しながら、具体的にプランを立ててみましょう。

結婚や出産を選ばない女性

女性だからという理由で結婚や出産を必ずしなければならないということはないです。 家族を持たずに自分のやりたいことを追及していく女性もまた多いのです。 キャリアにおいては、男性と同等にキャリアアップできる可能性があります。女性の得意分野を生かせば、男性よりも出世できる可能性だってあるのです。 キャリアプランを作るときに、結婚や出産を考えなくて良い分、可能性が広がるのは間違いありません。 自分が自由に使える時間が多いので、色んな経験が出来ると思います。その分色んな事に興味を持ち、やりたいことが増えていくかもしれません。 時間をより有効に使える分、より高い理想を持ってキャリアプランを立ててみると良いでしょう。

キャリプランを立てる目的

キャリアプランを立てる目的は何でしょうか。 キャリアプランを立ててる人と立ててない人とでは、どんな差が生まれるのでしょうか。 具体的に何をしていくのかを明確にすると、まず行動力が出てきます。この行動力というのが理想を実現させる為にとっても大切なのです。 夢を持ったり理想を思い描くこともとても大切なのですが、実現させる人と夢で終わってしまう人の差は、「行動力」です。 元々行動力がある人は少ないでしょう。何かにつけて言い訳を探して「今はできない」と言っては何も行動を起こさない人の方が多いです。 しかし、キャリアプランを立てることで、今何をすべきなのかが分かっています。漠然と夢は持っているけど、何をどうしたらいいか分からなくて結局何もやらなくなってしまいますよね。 今なにをするべきなのかが分かっていれば自然と行動力がついてきます。夢を現実に近づけるために、キャリアプランは大切な役目を果たすでしょう。

キャリアプランのメリット

キャリアプランのメリットは上記でも述べていますが、自分が将来やりたい仕事をする為に、今なにをすべきなのかがハッキリ分かることだと思います。 具体的に調べてから、キャリアプランシートを作成しておけば計画的に実行に移すことが出来るでしょう。 また毎日の生活が充実したものになることが考えられます。ぼんやりと過ごしているとチャンスがきても掴めないで見送らないといけない状況がありえます。 準備を進めていれば、チャンスが来たときに掴める回数が増えます。またどれが自分にとってチャンスなのか見極めることもできるのです。 キャリアプランは夢を目標に変えて、実際に何をしていけば良いのか教えてくれる大事なものなのです。

キャリアプランのデメリット

ここまで読んで、キャリアプランはメリットが多いと感じる人も多いでしょう。 逆にデメリットはあるのでしょうか。 計画を立てるときに、10年後、20年後、30年後、と未来をイメージしながら作成していきます。 しかし、この計画を立てる最中にやる気を失ってしまう人もいるのです。どういうことかというと遠い未来のことを考えると現実味がおびずに諦めてしまうのです。 そういう人には、10年後といわず、2年後の自分をイメージするところから始めると良いでしょう。 2年後の目標も達成しやすいものを掲げるとやる気が出てきます。 計画を綿密に立てて実行しているけど、実行してる最中に思ってもみないことが起きて、やる気が一機に失われてしまうということもあります。 予想しないことが起きるのは当たり前なのですが、それに対応するところまでは計画していないので適応できなくなってしまう、ということなのです。 計画通りに進まないとやる気を失ってしまう人もいます。そんな人は逆に大雑把なキャリアプランを立てる方が良いでしょう。骨格がハッキリするだけでもキャリアプランを立てる意味があるのです。

キャリアプランを敢えて持たない

実はキャリアプランを敢えて持たないようにする人もいます。 何故かというと、キャリアプランを持たない方が自分の直観で物事を決められるのと、どんな事態が起きても柔軟に対応出来るという理由が上げられます。 人生観もまた人それぞれですが、自然に身を委ねる方が上手くいく、という考え方の人もいるのです。 元々は通訳になりたかったけど、通っていた大学のサークルで小説を書く機会があり、その小説が好評で小説家になったという人もいます。 自分がなりたかったものにはなれなかったけど、挫折感を味わうことはなかったそうです。 確かに目標を持つと達成できなかったときに挫折感を味わいます。しかし目標を持たなければ、これが出来なかったら次はこれに挑戦してみようという選択肢が見えてきます。

初回公開日:2017年02月16日

記載されている内容は2017年02月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング