IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

キャリアプランの書き方と例・面接時の上手な返答例

更新日:2020年05月18日

転職ノウハウ

キャリアプランとは具体的にどういうものなのでしょうか。キャリアプランを立てる上で大事なことは何でしょう。面接でキャリア聞かれたときにスムーズに受け答えをする方法や具体的なキャリアプランの立て方、書き方を詳しく調べていきましょう。

キャリアプランを聞く企業側にはどんな目的があのでしょうか。雇用する側にとっては、長く働いてくれる人材を求めています。そして、熱意を持って働いてくれるのか、この仕事に向いているのか、などを判断します。企業にとっては、優秀な人材を入れることも目的としてありますが、育てていく義務もあります。その人に合った人材育成をしていく上でキャリアプランは欠かせません。どんなキャリアを積めば、目標とする仕事が出来るようになるかを考えてくれます。 面接を挑むときは、キャリプランをハッキリ伝えた方が自分の為になるということです。 自分のやりたい仕事を担当させて貰えるように、適格な理由と具体的なキャリアプランを伝えましょう。

キャリアプランの立て方

キャリアプランの立て方について詳しく見ていきましょう。自分が将来どういう仕事に就きたいのかをまずハッキリさせましょう。そこからどういうキャリアを積めばいいのか、どんな資格を取得すればいいのかが見えてきます。どんなことをしなくていけないか分かったら、それについて調べます。その資格を取るには何年の実務経験がいるのか、その実務経験を果たすにはどんな仕事に就かないといけないのか、どんな勉強をしないとその資格は取れないのか、など詳しく調べていきます。 そして、いつからその職場で働くのか、勉強する時間はどのくらいかかるのか、実際に試験を受けるのは何歳の時か、など時間軸をハッキリさせていきます。そうすることによって早く取り組まなければいけないことが分かってくるので、腰の重い人でもそんなにゆっくりはしていられなくなるでしょう。何事も実行しなくて叶わないのです。

キャリアプランシート

頭の中で想像して、詳しく計画を立てようとしても時間が経つと忘れてしまいがちです。 実際に紙に書いて行きましょう。その方が整理しやすくなります。キャリアプランシートを作っておくと、後から確認することも出来ますし、面接があるときはその紙を見て確認しておけば、受け答えもスムーズにできるでしょう。 では実際にどうやって作っていけば良いのでしょうか。ネット上にテンプレートをダウンロードできるサイトもあるので、それを印刷して書き込んでいくのが早いかもしれません。キャリアプランには色んな種類があります。キャリアとは別にライフプランの項目があるシートがあります。ライフプランとは例えば結婚や出産など、人生のイベントを計画することです。ライフプランを明確にしておいた方が、より具体的にキャリアプランが立てられます。

キャリアプランシートの書き方

テンプレートなどを使わずに書いて行く場合は、まず紙を2枚用意しましょう。1枚が本番用です。下書き用の1枚に「やりたい仕事」「それに就くために必要な物(資格や経験など)」を書き出しましょう。そして、何年後にその仕事をしたいか書きましょう。資格を取るために必要な時間や実務経験が何年かかるかなどを書き出してから、本番用にまとめて行きましょう。 時間軸というのがポイントになってきます。ただ「やりたいこと」「しなくてはいけないこと」を書き出しても腰が重い人はなかなか行動に移しませんよね。何年後にはこうなっていたいということを書くことで、いつから行動しなくてはいけないのかが明確になるので、行動に移しやすくなるのです。出来るだけ詳しく書いていくことが実現への近道となります。

自分のやりたいことを見つけるには

やりたい仕事がハッキリある人にとってはキャリアプランは書きやすいものだと思いますが、自分のやりたい仕事が何なのか分からない人にとっては非常に書きにくいものだと思います。キャリアプランは理想があって成り立つものなので、理想がなければキャリアプランを書くことにあまり意味がありません。現在勤めている仕事が自分にあってないと感じるときに他の仕事をやりたいと漠然と考えるでしょう。なんでもいいので別の仕事をやろうと思う人もいます。もちろんそうやって自分に合っている仕事を見つける方法もあります。 しかし転職をたくさん繰り返す方法は、あまり良い方法と言えません。働いていく内にやりたい仕事を運よく見つけられれば良いのですが、ずっと分からないまま転職を繰り返す人もいるのです。 転職を繰り返すとキャリアが積めません。技術も中途半で身に付かないでしょう。 では、どうやって自分のやりたいことを見つければ良いのか一緒に考えていきましょう。

興味があること

直接仕事のことは考えずに、自分が興味があることを思い浮かべてみましょう。音楽や映画やドラマでも良いのです。例えば、音楽なら、どんな音楽が好きなのか、映画もどんな類の映画が好きなのか、どんあ題材を扱ったドラマが好きなのか、とより細かく分析してみましょう。ドラマのヒロインが英語をしゃべってて格好良かったと思ったのなら、英語に興味が湧くかもしれません。主人公が学校の先生で、生徒と向き合う姿に感動したのなら、教師という仕事に興味が湧くかもしれないのです。 CDのジャケットが気に入ってて、こんなデザインを自分で作ってみたいという瞬間があるかもしれません。その気持ちを大切にしてください。実は「どうせできない」「難しそう」という感情がすぐに出てきて諦めてしまう人は多いのです。そのマイナス感情は置いといて、一番初めに感じたプラスの感情を貯めておくのです。そうすることで自分のやりたいことが段々と浮彫りなってきます。

新聞スクラップ

具体的な例のひとつとして、新聞スクラップを作るという方法があります。新聞には毎日いろんなニュースや情報がたくさん載っています。そんな新聞にザッと目を通して、目に留まった記事や興味のある記事を切り取ります。それを毎日続けてスクラップブックを作りましょう。スクラップブックを作ることで自分が何に一番興味を持っているのかが分かってくるのです。この方法は、池上 彰さんがテレビで紹介していました。池上 彰さんは仕事柄、新聞をたくさん読んでます。その知識量の多さにいつも驚かされますよね。 新聞を読むことは知識が増えるということです。自分の知らなかったことに遭遇する訳ですから、自分の興味があることが見つかる可能性も広がるという訳です。

本を読む

本を読むと色々なことが疑似体験できます。小説でも構いません。色々経験したくでもお金や時間がなくて出来ない人が多いでしょう。しかし、そんなとき図書館にいけば無料で本が読めます。時間も実際に体験するよりも、短い時間で疑似体験ができます。本にも色んなジャンルがあるので、まずは、自分が一番読みやすそうなものから手に取ってみましょう。いきなり難しい本から読むと、本を読むこと自体が嫌になってきます。 本を書く人の思考に触れることも大切なことなのです。自分とは全く違う価値観に触れることで自分の世界が広がります。自分が普段体験できないような経験に触れたり、周りの人達からとは掛け離れた価値観を持つ人の思想に触れたりすることは、自分が興味を持つ範囲を広げることにも繋がるのです。本はたくさん読めばそれだけ知識も思想も広がります。まだ自分の興味が何なのか分からない人は、図書館へ出向いてみましょう。

初回公開日:2017年02月16日

記載されている内容は2017年02月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング