IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

キャリアプランの書き方と例・面接時の上手な返答例

初回公開日:2017年02月16日

更新日:2020年05月18日

記載されている内容は2017年02月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職ノウハウ

キャリアプランとは具体的にどういうものなのでしょうか。キャリアプランを立てる上で大事なことは何でしょう。面接でキャリア聞かれたときにスムーズに受け答えをする方法や具体的なキャリアプランの立て方、書き方を詳しく調べていきましょう。

キャリアプランとは

キャリアプランという言葉を最近よく耳にします。 「キャリアプランを持った方がいい」「具体的なキャリアプランはある?」など会社でも友人との会話でも聞こえてきます。意味はぼんやりと理解できると思います。 今の時代、生涯ひとつの会社で働き通すことは稀なことでしょう。ひとつの会社で自分の能力や技術を磨き、キャリアアップする為により待遇が良い会社や良い経験ができそうな会社に転職したり、自分で会社を起こしたりする人も多い時代です。自分の将来をぼんやりと考えている人は多いでしょうが、将来どうなっていたいかハッキリとした目標を持ってる人は少ないでしょう。 キャリアプランとはそんな人の為に手助けをしてくれるものなのです。まずはキャリアプランの意味をきちんと理解していきましょう。

キャリアプランの意味

キャリアプランという言葉からある程度想像できるとは思うのですが、キャリア=経歴、プラン=計画、という具合に、自分が将来どんな仕事をしていきたいか目標を持ち、具体的に計画を立てることをキャリアプランと言います。人生は誰でも豊かにしたいと思いますよね。豊かにする為には生きがいがあった方が良いと考えます。趣味や暖かい家族を築くことも生きがいになりますが、仕事を生きがいにしたい人もいます。そんな人にとってキャリアプランは重要な役割を果たします。ぼんやりとした夢をしっかりとした目標にして、計画を立てていくことは、夢を実現させることに近づいていくのです。目標と今の自分を比較して足りない部分を埋めていく作業をしていくことで、理想を現実にしていくのです。

キャリアプランは英語?

キャリアプランの英語表現はそのまま「career plan」でOKです。意味もちゃんと通じます。また他の表現で「career vision」という言い方もできます。 「vision」は視覚や視力という意味もありますが、「未来像」という意味もあります。 将来キャリアの面でどうなっていたいのか想像する、という意味合いに近いでしょう。 例文をいくつかご紹介します。 Please tell me about your future career plans. 今後のキャリアプランを教えてください。 Do you have a career vision? キャリアの将来像を持ってますか?

キャリアプランの例

キャリアプランは例えばどんなものがあるのか見てみましょう。 以下のような人がいたとします。 ・人と接することが好き。 ・洋服販売店でアルバイトをした経験がある。 ・ファッション業界に興味がある。 この人が立てたキャリアプランです。 「洋服販売店でアルバイトをした経験を活かし、人と話すことで何をお客様が求めているのか分析して、将来はファッションの流行と企画を生み出す仕事に就く」 過去の経験から、自分の得意分野を分析して将来どんな仕事をしたいか明確に打ち出しています。 自分のやりたいことが何なのか分からない人も多いと思いますが、このようにキャリアプランというのは、過去の自分を参考にすると計画が立てやすくなります。 もちろん、やりたいことがある人は過去に囚われることなく、新しくやりたいことを計画しても構いません。 その方がやる気に繋がり、計画を継続して実行できるでしょう。

キャリアプランを立てる時期

キャリアプランはいつでも立てられます。自分がキャリアプランを立てたいときに立てれば良いのです。早い人は高校在学時に立てる人もいるでしょう。もちろん早くキャリアプランを立てておくとそれだけ可能性は広がります。 しかし、職場経験もなくキャリアプランを立てるは難しいでしょう。働いたことがないときに立てるキャリアプランは現実味がありません。 社会の厳しさをある程度知ってからの方が、将来の計画に現実味がおびてくるからです。 しかし、スポーツ選手など年齢制限のあるものを目指す人は早めに計画しておかないといけません。他にも若いときに取得しておいた方が良い資格などもあります。働きながら資格を取るのは難しいですが、学校に通っているときだったら簡単に取れる資格もあるのです。 キャリアプランを立てるのは人生の分岐点に立ったときかもしれません。就職を考えるとき、転職するとき、結婚をしたときなど人によって様々でしょう。

転職とキャリアプラン

キャリアプランを立てる時期は人それぞれ様々ですが、そのひとつに転職を考えるときも上げられます。実はこの転職を考えるときにキャリアプランを立てる人が殆どではないでしょうか。 転職を考える理由もまた様々でしょう。あなたは転職を考えるときはどんな時でしょうか。「給与が少ない」「思ってた仕事とは違った」「もっとキャリアップしたい」など現状に満足できないときが多そうでうすね。 実は最近、面接のときにキャリアプランを聞くようにしている企業が多いのです。企業側からすれば、どういう目的を持って就職を希望しているのか知りたいところでしょう。面接の時には、自分が将来どうなっていたいのかハッキリ考えてキャリアプランをしっかり立てる必要が出てきました。面接のときに慌てなくて済むように、きちんと準備をして、スムーズに受け答えが出来るようにしておきましょう。

面接とキャリアプラン

実際に面接のときに慌てなくて済むように準備をしておきいましょう。面接でキャリアプランを聞かれたときにどういう風に受け答えをすれば良いのでしょうか。キャリアプランをそのまま伝えれば良いのですが、企業側は理由も知りたいのです。どういう理由でこのようなキャリアプランを立てたのか、きちんと答えられるようにしておきましょう。 上記でもちょっと触れましたが、「自分の経験」「自分の得意分野」「自分が興味を持っていること」を見直すことでキャリアプランは立てやすくなるとお伝えしました。 面接のときにもこの3点を話すように心がけましょう。

企業側の目的

関連タグ

アクセスランキング