IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

キャリアプランの書き方と例・面接時の上手な返答例

転職ノウハウ

キャリアプランとは具体的にどういうものなのでしょうか。キャリアプランを立てる上で大事なことは何でしょう。面接でキャリア聞かれたときにスムーズに受け答えをする方法や具体的なキャリアプランの立て方、書き方を詳しく調べていきましょう。

更新日時:

キャリアプランとは

キャリアプランという言葉を最近よく耳にします。 「キャリアプランを持った方がいい」「具体的なキャリアプランはある?」など会社でも友人との会話でも聞こえてきます。意味はぼんやりと理解できると思います。 今の時代、生涯ひとつの会社で働き通すことは稀なことでしょう。ひとつの会社で自分の能力や技術を磨き、キャリアアップする為により待遇が良い会社や良い経験ができそうな会社に転職したり、自分で会社を起こしたりする人も多い時代です。自分の将来をぼんやりと考えている人は多いでしょうが、将来どうなっていたいかハッキリとした目標を持ってる人は少ないでしょう。 キャリアプランとはそんな人の為に手助けをしてくれるものなのです。まずはキャリアプランの意味をきちんと理解していきましょう。

キャリアプランの意味

キャリアプランという言葉からある程度想像できるとは思うのですが、キャリア=経歴、プラン=計画、という具合に、自分が将来どんな仕事をしていきたいか目標を持ち、具体的に計画を立てることをキャリアプランと言います。人生は誰でも豊かにしたいと思いますよね。豊かにする為には生きがいがあった方が良いと考えます。趣味や暖かい家族を築くことも生きがいになりますが、仕事を生きがいにしたい人もいます。そんな人にとってキャリアプランは重要な役割を果たします。ぼんやりとした夢をしっかりとした目標にして、計画を立てていくことは、夢を実現させることに近づいていくのです。目標と今の自分を比較して足りない部分を埋めていく作業をしていくことで、理想を現実にしていくのです。

キャリアプランは英語?

キャリアプランの英語表現はそのまま「career plan」でOKです。意味もちゃんと通じます。また他の表現で「career vision」という言い方もできます。 「vision」は視覚や視力という意味もありますが、「未来像」という意味もあります。 将来キャリアの面でどうなっていたいのか想像する、という意味合いに近いでしょう。 例文をいつくかご紹介します。 Please tell me about your future career plans. 今後のキャリアプランを教えてください。 Do you have a career vision? キャリアの将来像を持ってますか?

キャリアプランの例

キャリアプランは例えばどんなものがあるのか見てみましょう。 以下のような人がいたとします。 ・人と接することが好き。 ・洋服販売店でアルバイトをした経験がある。 ・ファッション業界に興味がある。 この人が立てたキャリアプランです。 「洋服販売店でアルバイトをした経験を活かし、人と話すことで何をお客様が求めているのか分析して、将来はファッションの流行と企画を生み出す仕事に就く」 過去の経験から、自分の得意分野を分析して将来どんな仕事をしたいか明確に打ち出しています。 自分のやりたいことが何なのか分からない人も多いと思いますが、このようにキャリアプランというのは、過去の自分を参考にすると計画が立てやすくなります。 もちろん、やりたいことがある人は過去に囚われることなく、新しくやりたいことを計画しても構いません。 その方がやる気に繋がり、計画を継続して実行できるでしょう。

キャリアプランを立てる時期

キャリアプランはいつでも立てられます。自分がキャリアプランを立てたいときに立てれば良いのです。早い人は高校在学時に立てる人もいるでしょう。もちろん早くキャリアプランを立てておくとそれだけ可能性は広がります。 しかし、職場経験もなくキャリアプランを立てるは難しいでしょう。働いたことがないときに立てるキャリアプランは現実味がありません。 社会の厳しさをある程度知ってからの方が、将来の計画に現実味がおびてくるからです。 しかし、スポーツ選手など年齢制限のあるものを目指す人は早めに計画しておかないといけません。他にも若いときに取得しておいた方が良い資格などもあります。働きながら資格を取るのは難しいですが、学校に通っているときだったら簡単に取れる資格もあるのです。 キャリアプランを立てるのは人生の分岐点に立ったときかもしれません。就職を考えるとき、転職するとき、結婚をしたときなど人によって様々でしょう。

転職とキャリアプラン

キャリアプランを立てる時期は人それぞれ様々ですが、そのひとつに転職を考えるときも上げられます。実はこの転職を考えるときにキャリアプランを立てる人が殆どではないでしょうか。 転職を考える理由もまた様々でしょう。あなたは転職を考えるときはどんな時でしょうか。「給与が少ない」「思ってた仕事とは違った」「もっとキャリアップしたい」など現状に満足できないときが多そうでうすね。 実は最近、面接のときにキャリアプランを聞くようにしている企業が多いのです。企業側からすれば、どういう目的を持って就職を希望しているのか知りたいところでしょう。面接の時には、自分が将来どうなっていたいのかハッキリ考えてキャリアプランをしっかり立てる必要が出てきました。面接のときに慌てなくて済むように、きちんと準備をして、スムーズに受け答えが出来るようにしておきましょう。

面接とキャリアプラン

実際に面接のときに慌てなくて済むように準備をしておきいましょう。面接でキャリアプランを聞かれたときにどういう風に受け答えをすれば良いのでしょうか。キャリアプランをそのまま伝えれば良いのですが、企業側は理由も知りたいのです。どういう理由でこのようなキャリアプランを立てたのか、きちんと答えられるようにしておきましょう。 上記でもちょっと触れましたが、「自分の経験」「自分の得意分野」「自分が興味を持っていること」を見直すことでキャリアプランは立てやすくなるとお伝えしました。 面接のときにもこの3点を話すように心がけましょう。

企業側の目的

キャリアプランを聞く企業側にはどんな目的があのでしょうか。雇用する側にとっては、長く働いてくれる人材を求めています。そして、熱意を持って働いてくれるのか、この仕事に向いているのか、などを判断します。企業にとっては、優秀な人材を入れることも目的としてありますが、育てていく義務もあります。その人に合った人材育成をしていく上でキャリアプランは欠かせません。どんなキャリアを積めば、目標とする仕事が出来るようになるかを考えてくれます。 面接を挑むときは、キャリプランをハッキリ伝えた方が自分の為になるということです。 自分のやりたい仕事を担当させて貰えるように、適格な理由と具体的なキャリアプランを伝えましょう。

キャリアプランの立て方

キャリアプランの立て方について詳しく見ていきましょう。自分が将来どういう仕事に就きたいのかをまずハッキリさせましょう。そこからどういうキャリアを積めばいいのか、どんな資格を取得すればいいのかが見えてきます。どんなことをしなくていけないか分かったら、それについて調べます。その資格を取るには何年の実務経験がいるのか、その実務経験を果たすにはどんな仕事に就かないといけないのか、どんな勉強をしないとその資格は取れないのか、など詳しく調べていきます。 そして、いつからその職場で働くのか、勉強する時間はどのくらいかかるのか、実際に試験を受けるのは何歳の時か、など時間軸をハッキリさせていきます。そうすることによって早く取り組まなければいけないことが分かってくるので、腰の重い人でもそんなにゆっくりはしていられなくなるでしょう。何事も実行しなくて叶わないのです。

キャリアプランシート

頭の中で想像して、詳しく計画を立てようとしても時間が経つと忘れてしまいがちです。 実際に紙に書いて行きましょう。その方が整理しやすくなります。キャリアプランシートを作っておくと、後から確認することも出来ますし、面接があるときはその紙を見て確認しておけば、受け答えもスムーズにできるでしょう。 では実際にどうやって作っていけば良いのでしょうか。ネット上にテンプレートをダウンロードできるサイトもあるので、それを印刷して書き込んでいくのが早いかもしれません。キャリアプランには色んな種類があります。キャリアとは別にライフプランの項目があるシートがあります。ライフプランとは例えば結婚や出産など、人生のイベントを計画することです。ライフプランを明確にしておいた方が、より具体的にキャリアプランが立てられます。

キャリアプランシートの書き方

テンプレートなどを使わずに書いて行く場合は、まず紙を2枚用意しましょう。1枚が本番用です。下書き用の1枚に「やりたい仕事」「それに就くために必要な物(資格や経験など)」を書き出しましょう。そして、何年後にその仕事をしたいか書きましょう。資格を取るために必要な時間や実務経験が何年かかるかなどを書き出してから、本番用にまとめて行きましょう。 時間軸というのがポイントになってきます。ただ「やりたいこと」「しなくてはいけないこと」を書き出しても腰が重い人はなかなか行動に移しませんよね。何年後にはこうなっていたいということを書くことで、いつから行動しなくてはいけないのかが明確になるので、行動に移しやすくなるのです。出来るだけ詳しく書いていくことが実現への近道となります。

自分のやりたいことを見つけるには

やりたい仕事がハッキリある人にとってはキャリアプランは書きやすいものだと思いますが、自分のやりたい仕事が何なのか分からない人にとっては非常に書きにくいものだと思います。キャリアプランは理想があって成り立つものなので、理想がなければキャリアプランを書くことにあまり意味がありません。現在勤めている仕事が自分にあってないと感じるときに他の仕事をやりたいと漠然と考えるでしょう。なんでもいいので別の仕事をやろうと思う人もいます。もちろんそうやって自分に合っている仕事を見つける方法もあります。 しかし転職をたくさん繰り返す方法は、あまり良い方法と言えません。働いていく内にやりたい仕事を運よく見つけられれば良いのですが、ずっと分からないまま転職を繰り返す人もいるのです。 転職を繰り返すとキャリアが積めません。技術も中途半で身に付かないでしょう。 では、どうやって自分のやりたいことを見つければ良いのか一緒に考えていきましょう。

興味があること

直接仕事のことは考えずに、自分が興味があることを思い浮かべてみましょう。音楽や映画やドラマでも良いのです。例えば、音楽なら、どんな音楽が好きなのか、映画もどんな類の映画が好きなのか、どんあ題材を扱ったドラマが好きなのか、とより細かく分析してみましょう。ドラマのヒロインが英語をしゃべってて格好良かったと思ったのなら、英語に興味が沸くかもしれません。主人公が学校の先生で、生徒と向き合う姿に感動したのなら、教師という仕事に興味が沸くかもしれないのです。 CDのジャケットが気に入ってて、こんなデザインを自分で作ってみたいという瞬間があるかもしれません。その気持ちを大切にしてください。実は「どうせできない」「難しそう」という感情がすぐに出てきて諦めてしまう人は多いのです。そのマイナス感情は置いといて、一番初めに感じたプラスの感情を貯めておくのです。そうすることで自分のやりたいことが段々と浮彫りなってきます。

新聞スクラップ

具体的な例のひとつとして、新聞スクラップを作るという方法があります。新聞には毎日いろんなニュースや情報がたくさん載っています。そんな新聞にザッと目を通して、目に留まった記事や興味のある記事を切り取ります。それを毎日続けてスクラップブックを作りましょう。スクラップブックを作ることで自分が何に一番興味を持っているのかが分かってくるのです。この方法は、池上 彰さんがテレビで紹介していました。池上 彰さんは仕事柄、新聞をたくさん読んでます。その知識量の多さにいつも驚かされますよね。 新聞を読むことは知識が増えるということです。自分の知らなかったことに遭遇する訳ですから、自分の興味があることが見つかる可能性も広がるという訳です。

本を読む

本を読むと色々なことが疑似体験できます。小説でも構いません。色々経験したくでもお金や時間がなくて出来ない人が多いでしょう。しかし、そんなとき図書館にいけば無料で本が読めます。時間も実際に体験するよりも、短い時間で疑似体験ができます。本にも色んなジャンルがあるので、まずは、自分が一番読みやすそうなものから手に取ってみましょう。いきなり難しい本から読むと、本を読むこと自体が嫌になってきます。 本を書く人の思考に触れることも大切なことなのです。自分とは全く違う価値観に触れることで自分の世界が広がります。自分が普段体験できないような経験に触れたり、周りの人達からとは掛け離れた価値観を持つ人の思想に触れたりすることは、自分が興味を持つ範囲を広げることにも繋がるのです。本はたくさん読めばそれだけ知識も思想も広がります。まだ自分の興味が何なのか分からない人は、図書館へ出向いてみましょう。

女性が立てるキャリアプラン

女の人がキャリアプランを立てるときに人生のプランも立てておいた方が良いでしょう。女性は出産という大事なイベントがあるのです。もちろん、結婚や子供がいる生活を選ばずに自分のやりたいことだけを全うする女性もいます。人それぞれですので、独身生活を楽しむのも大いに結構です。結婚して子供がいる生活を望む女性にとっては、出産が分岐点になることが多いです。子供がいることで生活が一変します。育児休暇が設けられてる企業もありますが、職場復帰が難しく、転職する人が多いと思われます。小さい子供がいると仕事を探すのに苦労しますよね。女性にとっての一番の分岐点は出産した時だと言っても過言ではないでしょう。

何歳で出産するか

自分がいつ結婚していつ出産するのかは誰にも分かりません。 ライフプランを立てる上で結婚する時期が難しいですよね。もちろん計画なので自分の好きなように思い描けば良いのです。 自分のやりたい仕事によるのですが、出産を機に転職すればキャリアアップできるプランを練っておくと心強いです。ということは出産前に資格を取ったり、経験を積んでおくことが大事になってきます。 それとは別に、出産後も同じ職場に復帰できる職種を考えておくことも良いと思います。 仕事によっては出産後にも復帰できるところがあるのです。専門職や資格がものを言う仕事が殆どだと思われますので、やはり出産前に資格を取得したり、経験を積んだ方が良いと考えられます。

出産後に立てるキャリアプラン

すでに出産していてパートで働いてはいるけど、キャリアアップをしたいと考えている人も多いでしょう。 でも子供もいるし仕事と家事と子育てに追われて勉強する時間がない。実はそんな人達にとっても、キャリアプランを立てることは良いことなのです。 毎日生活に追われてて、あっという間に月日は流れていきますよね。時間は待ってはくれません。何となく過ごしている毎日を目標を持って過ごす毎日に変えるとそれだけで人生が楽しくなってきます。 子供の人生と、自分の人生を照らし合わせながら、キャリアプランを立てると実現できる可能性が高まります。 子供が小さいうちは手が離せないでしょう。でも成長するにつれて、自分の時間が確保できるようになってきます。その時間を有効利用して、資格取得の為に勉強することが出来ます。 仕事も選べる範囲が広くなると思います。子供が何歳のときに、自分はどれだけの時間が取れるかを想像しながら、具体的にプランを立ててみましょう。

結婚や出産を選ばない女性

女性だからという理由で結婚や出産を必ずしなければならないということはないです。 家族を持たずに自分のやりたいことを追及していく女性もまた多いのです。 キャリアにおいては、男性と同等にキャリアアップできる可能性があります。女性の得意分野を生かせば、男性よりも出世できる可能性だってあるのです。 キャリアプランを作るときに、結婚や出産を考えなくて良い分、可能性が広がるのは間違いありません。 自分が自由に使える時間が多いので、色んな経験が出来ると思います。その分色んな事に興味を持ち、やりたいことが増えていくかもしれません。 時間をより有効に使える分、より高い理想を持ってキャリアプランを立ててみると良いでしょう。

キャリプランを立てる目的

キャリアプランを立てる目的は何でしょうか。 キャリアプランを立ててる人と立ててない人とでは、どんな差が生まれるのでしょうか。 具体的に何をしていくのかを明確にすると、まず行動力が出てきます。この行動力というのが理想を実現させる為にとっても大切なのです。 夢を持ったり理想を思い描くこともとても大切なのですが、実現させる人と夢で終わってしまう人の差は、「行動力」です。 元々行動力がある人は少ないでしょう。何かにつけて言い訳を探して「今はできない」と言っては何も行動を起こさない人の方が多いです。 しかし、キャリアプランを立てることで、今何をすべきなのかが分かっています。漠然と夢は持っているけど、何をどうしたらいいか分からなくて結局何もやらなくなってしまいますよね。 今なにをするべきなのかが分かっていれば自然と行動力がついてきます。夢を現実に近づけるために、キャリアプランは大切な役目を果たすでしょう。

キャリアプランのメリット

キャリアプランのメリットは上記でも述べていますが、自分が将来やりたい仕事をする為に、今なにをすべきなのかがハッキリ分かることだと思います。 具体的に調べてから、キャリアプランシートを作成しておけば計画的に実行に移すことが出来るでしょう。 また毎日の生活が充実したものになることが考えられます。ぼんやりと過ごしているとチャンスがきても掴めないで見送らないといけない状況がありえます。 準備を進めていれば、チャンスが来たときに掴める回数が増えます。またどれが自分にとってチャンスなのか見極めることもできるのです。 キャリアプランは夢を目標に変えて、実際に何をしていけば良いのか教えてくれる大事なものなのです。

キャリアプランのデメリット

ここまで読んで、キャリアプランはメリットが多いと感じる人も多いでしょう。 逆にデメリットはあるのでしょうか。 計画を立てるときに、10年後、20年後、30年後、と未来をイメージしながら作成していきます。 しかし、この計画を立てる最中にやる気を失ってしまう人もいるのです。どういうことかというと遠い未来のことを考えると現実味がおびずに諦めてしまうのです。 そういう人には、10年後といわず、2年後の自分をイメージするところから始めると良いでしょう。 2年後の目標も達成しやすいものを掲げるとやる気が出てきます。 計画を綿密に立てて実行しているけど、実行してる最中に思ってもみないことが起きて、やる気が一機に失われてしまうということもあります。 予想しないことが起きるのは当たり前なのですが、それに対応するところまでは計画していないので適応できなくなってしまう、ということなのです。 計画通りに進まないとやる気を失ってしまう人もいます。そんな人は逆に大雑把なキャリアプランを立てる方が良いでしょう。骨格がハッキリするだけでもキャリアプランを立てる意味があるのです。

キャリアプランを敢えて持たない

実はキャリアプランを敢えて持たないようにする人もいます。 何故かというと、キャリアプランを持たない方が自分の直観で物事を決められるのと、どんな事態が起きても柔軟に対応出来るという理由が上げられます。 人生観もまた人それぞれですが、自然に身を委ねる方が上手くいく、という考え方の人もいるのです。 元々は通訳になりたかったけど、通っていた大学のサークルで小説を書く機会があり、その小説が好評で小説家になったという人もいます。 自分がなりたかったものにはなれなかったけど、挫折感を味わうことはなかったそうです。 確かに目標を持つと達成できなかったときに挫折感を味わいます。しかし目標を持たなければ、これが出来なかったら次はこれに挑戦してみようという選択肢が見えてきます。

人生は予測できないことが起こる

上記でも述べましたが、人生は予測できないことがたくさん起こります。キャリプランを立てても、その通りに進めることは難しいでしょう。 キャリアプランを敢えて持たない生き方ももちろん良い方法だとも思います。 自然に身を任せた方が、人生上手くいくかもしれません。 でも目標を持たないことが重要ではなくて、変わってしまった状況に対応する能力を身につけることが大事なのではないでしょうか。 プロ野球選手を目指していたが、叶わずスポーツ記者になった人もいますが、一番最初に「プロ野球選手になる」という夢がありました。最初にこの夢がなかったら、スポーツ記者にもなっていなかったと考えられます。 プロ野球選手を目指して、目標を立てて頑張る中、スポーツ記者という仕事があることにも目を向けたのでしょう。 何も目標を持たなければ、今以上の高見を望むことは難しいのです。

理想を持つこと

何も理想を持たない人が、自然な流れでエリートな仕事に就くことはまずないでしょう。 理想があるのとないのとでは、5年後には全く違う人生が待っています。 自然に身を任せた方が良い結果に繋がるというのは、自分ではどうしようもできない物事が訪れたときです。 自分が頑張ることで人生は良い方へとコントロールできます。それとはまた違う自分の努力次第でどうにもできないときに運命に身を任せるのです。 自分で理想を持って頑張っている人は、それなり結果がついてくるのは間違いありません。 自分の行きたい場所に向かっている人は、不思議とそのためのチャンスが到来します。 というよりもそうなる為のチャンスが多く訪れ、それをチャンスだと気づくことが出来るのです。 何も努力をしてない人にとっては、何がチャンスなのかも分かりませんから、当然そのチャンスを掴むことも出来ません。 理想を持つということは、自分の人生を豊かにすることに繋がるのです。

今を見つめること

キャリアプランは将来の計画を立てることですが、今すべきことがハッキリ分かるということがメリットだと説明しました。 将来に理想を抱くだけでは何も物事は進みません。 今すべきことを確実に頑張ることはとても大事なことです。過去の自分を見つめることよりも、将来の自分を見つめることよりも、「今」をみつめることが大事なのです。 「今」自分は何をしていますか?このままで良いと思っていますか? 「今」を輝かせることに集中しましょう。何をすれば良いのかはキャリプランを立ててる人なら分かっていると思います。それを一生懸命頑張れば良いのです。

キャリアプランと成功させる

人生は何が起こるか予測できません。キャリアプランを完璧にこなすことなんて難しいでしょう。しかし、出来ることなら計画通りに進めていきたいですよね。 理想の自分になる前の段階で上手く進めなくなることは多いでしょう。でも最終的になりたい自分になれてればキャリアプランは成功です。 キャリアプランを成功させるには、どんなコツがあるでのでしょうか。

目標をハッキリ決める

キャリアプランを立てる上で最も大事なことです。目標がなければキャリアプランを立てることにあまり意味がありません。 最終的に自分はどうなりたいのかを目標としてハッキリ掲げましょう。ハッキリとした目標がないと、細かい計画が立てにくくなります。 出来るだけ具体的に考えてましょう。

期限を決める

時間軸がとても大事だと上記でも述べましたが、何歳で何をするかを決めると期限が出来ます。 「パソコンは早めに用意しないといけない」「資格はこの年までも取らなくてはいけない」ど早めにしなくてはいけないことが分かってきます。 期限を敢えて決めることで行動に移しやすくなります。

具体的な内容にせまる

骨格だけを大まかに計画することだけでも違ってきますが、より具体的に計画を立てると、今なにをしたらいいのかがハッキリと分かります。 資格を取ると決めたら、一日の勉強時間まで決めてしまいましょう。そうすることで無駄な時間も省くことが出来ます。

失敗したときの対応策

キャリアプランを順調に進めることは難しいでしょう。予測不能なことが起きたときに、どういう風に対応すればいいのか決めておくことは大事です。 イレギュラーが発生した時点で計画そのものを諦めてしまう人もいます。そうならない為には、対応策を練っておくと困難なことも乗り越えられるのです。 自信をもって計画を実行できる為にも大切な役割を果たします。

夢とキャリアプラン

皆さんは今現在「夢」を持っているでしょうか。「夢」と聞くと、どこか遠い存在のように感じますよね。 子供のころになりたかった職業を思い出す人もいるでしょう。 子供の頃に抱く夢と、大人になってから抱く夢は変わってしまったと思います。今の夢は叶える為に何かしていますか? せっかく夢があるのに何もしないなんて勿体ないことなんです。

イメージすること

「夢」を実現させる手助けになるのがキャリアプランです。夢を実現させる為にはイメージが大切なことだとよく言われていますよね。 そのイメージも具体的にした方が良いのです。より具体的にするために「キャリアプラン」が存在します。 人生を豊かにしてくれる「夢」。その夢を叶える為に、将来像を具体的にイメージして、キャリアプランを立ててみましょう。

関連タグ

アクセスランキング