IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

パート面接の服装はスーツじゃなくて大丈夫?パート面接の服装ポイント

アルバイト

「パート面接の服装はスーツじゃなくて大丈夫?パート面接の服装ポイント」と題して、私服でパート面接を受けるときに注意したい6つのポイントやパート面接では避けたほうがいい7つの服装などのパート面接の服装のポイントを解説していきます。

更新日時:

パート面接の服装はスーツじゃなくて大丈夫?パート面接の服装ポイント2選

パート面接の服装はスーツじゃなくて大丈夫なのでしょうか。不安に感じた際は、求人票や面接通知を再度確認してみましょう。特段指定がなければスーツでいかれるのが無難です。 求人票に「服装髪型自由」や面接通知に「私服でお越しください」と記載されている場合は、私服でも問題ありません。 最近では服装・髪型自由の会社が増えてきており、私服で面接を受けることもできるようになりました。今回は、30代・40代・50代のパートの面接の服装ポイントについて解説していきます。

パート面接の服装のポイント1:基本は「清潔感+明るい印象」が第一!

パート面接の服装のポイントの1つ目として、「基本は「清潔感+明るい印象」が第一!」について解説していきます。 春は「白ベージュなどの明るめの色」・夏は「見た目に涼しげな服装」・秋は「夏の服装より厚手・春と同じようにな明るめの色をコーディネート」・冬は「明るい色を入れたコーディネート」を意識してみてはいかがでしょうか。

パート面接の服装のポイント1-1:オフィス系面接の基本スタイル

パート面接の服装のポイント1-1として、「オフィス系面接の基本スタイル」について解説していきます。 オフィス系面接では、白いシャツ+ジャケット+パンツ・スカートが基本スタイルとして定番です。 清潔感のある白いシャツは面接官に好印象を与えます。白いシャツはパンツにインすることで、身だしなみをアピールしましょう。 足元は気持ちが前向きになる、低めのパンプスやバレエシューズがベターです。

パート面接の服装のポイント1-2:接客系面接の基本スタイル

パート面接の服装のポイント1-2として、「接客系面接の基本スタイル」について解説していきます。 接客系面接では、カットソー+カーディガン+パンツ・スカートが基本スタイルとして定番です。 ジャケットでも構いませんが、カーディガンの方がカジュアルさや身だしなみの部分で、面接官に好印象を与えます。スカートの際はひざ丈スカートを選ぶようにし、短くなりすぎないように注意しましょう。 足元は気持ちが前向きになる、低めのパンプスやバレエシューズがベターです。

パート面接の服装のポイント1-3:作業系面接の基本スタイル

パート面接の服装のポイント1-3として、「作業系面接の基本スタイル」について解説していきます。 作業系面接では、ブラウス+ジャケット+パンツが基本スタイルとして定番です。ブラウスをお持ちでない方は、カットソーや襟付きシャツでも大丈夫です。 精密機械工場や食品を取り扱う工場などでは、毛羽立つものを避けるなどの心遣いが必要です。 足元は気持ちが前向きになる、低めのパンプスやバレエシューズがベターです。

パート面接の服装のポイント2:服のデザインや着かたでおしゃれ度をワンランクUP!

パート面接の服装のポイント2-1:デザイン性のあるシャツを選ぶ!

パート面接の服装のポイント2-1として、「デザイン性のあるシャツを選ぶ!」について解説していきます。 パート面接の服装に白シャツを選んだときは、ハイネックやスタンドカラーなど、形で遊び心をプラスすることができます。 また、パート面接の服装でストライプ柄のシャツを選ぶと爽やかさがアップします。「うすいピンク×白」・「ブルー×白」といったストライプシャツは入手しやすいのでおススメです。

パート面接の服装のポイント2-2:カーディガン1枚をプルオーバー使い!

パート面接の服装のポイント2-2として、「カーディガン1枚をプルオーバー使い!」について解説していきます。 時期によっては、パート面接の服装でカーディガンを取り入れる方も多いのではないでしょうか。 パート面接の服装でカーディガン着る際は、ダボっとしないサイズのカーディガンを選んでください。また、トップスの裾をボトムスのウエストの中に入れ、身だしなみをアピールしましょう。

パート面接の服装のポイント2-3:トップスの裾上にゆとりを持たせてお腹周りをカバー

パート面接の服装のポイント2-3として、「トップスの裾上にゆとりを持たせてお腹周りをカバー」について解説していきます。 身だしなみのために、トップスの裾をボトムスのウエストの中に入れてしまうとお腹周りが気になる方も多いのではないでしょうか。 その際は、トップスのお腹のあたりの生地を少し引っ張り出して、ゆとりを持たせるようにしましょう。

パート面接の服装のポイント2-4:コーディネートで印象アップ!

パート面接の服装のポイント2-4として、「コーディネートで印象アップ!」について解説していきます。 トップス・ボトムス・靴については、コーディネートに気を付ける必要があります。トーンをそろえてまとまりのあるカラーリングにすることや、アイテムを取り入れることにより印象度をあげることができます。

私服でパート面接を受けるときに注意したい6つのポイント

私服でパート面接を受けるときに注意したいポイントには、どのようなものがあるのでしょうか。 今回は、面接官に必ず見られている「アウター」・「トップス」・「ボトムス」・「靴」・「バッグ」・「髪型」の6つについて解説していきます。 パート面接を受けるときの服装でお困りの際は、まずはこの6つのポイントを押さえて臨みましょう。

私服でパート面接を受けるときに注意したいポイント1:アウター

[アズルテ] コットン ジャケット カーディガン レディース ファッション 春 夏 秋 冬 春夏 秋冬 春物 夏物 秋物 薄手 柔らか 素材 アウター M グレー
[アズルテ] コットン ジャケット カーディガン レディース ファッション 春 夏 秋 冬 春夏 秋冬 春物 夏物 秋物 薄手 柔らか 素材 アウター M グレー

私服でパート面接を受けるときに注意したいポイントの1つ目として、「アウター」があります。 アウターは、カーディガンやジャケットを羽織るのがベターです。冬時期はコートを着ることもありますが、面接前には脱いでしまうためデザインにはそこまで配慮する必要はありません。 特に、ジャケットについてはシンプルなものを一着持っておけば、パート面接時だけでなく通勤やお子様の学校行事でも活用できます。

私服でパート面接を受けるときに注意したいポイント2: トップス

[ブランシェ] レディース ブラウス オフィス 3枚 セット【 透けない シャツ 】 ワイシャツ 長袖 半袖 就活 事務服 ユニフォーム 白 黒 ピンク 青 レディースシャツ レギュラー ホワイト 3枚セット L (11号)
[ブランシェ] レディース ブラウス オフィス 3枚 セット【 透けない シャツ 】 ワイシャツ 長袖 半袖 就活 事務服 ユニフォーム 白 黒 ピンク 青 レディースシャツ レギュラー ホワイト 3枚セット L (11号)

私服でパート面接を受けるときに注意したいポイントの2つ目として、「トップス」があります。 トップスは清潔感を印象付ける白色やパステルカラーを選択するのがベターです。また、シンプルデザインのシャツやカットソーなどは、アウター同様にパート面接時だけでなく通勤やお子様の学校行事でも活用できます。 透けにくい素材で作られたレディースブラウスも、お手頃な価格で購入することができます。

私服でパート面接を受けるときに注意したいポイント3:ボトムス

[クロスマーベリー] スキニー ツイル カラー パンツ ストレッチ 綿 コットン バック ウエスト ゴム ボトムス 大人 カジュアル きれいめ おしゃれ かわいい カッコイイ デイリー 大きいサイズ レディース 婦人 ガールズ (W65 チャコール LL)
[クロスマーベリー] スキニー ツイル カラー パンツ ストレッチ 綿 コットン バック ウエスト ゴム ボトムス 大人 カジュアル きれいめ おしゃれ かわいい カッコイイ デイリー 大きいサイズ レディース 婦人 ガールズ (W65 チャコール LL)

私服でパート面接を受けるときに注意したいポイントの3つ目として、「ボトムス」があります。 ボトムスについては、パンツ・スカート共にシンプルなデザイン、シンプルカラーがベターです。スカートの際は、ひざ丈程度の長さを目安にし、短くなりすぎないように気をつけましょう。 ストレッチが効いた履き心地抜群のボトムスも、多くの種類で販売されています。お腹周りを気にすることなく履けるのではないでしょうか。

最高した。レギンスだと締めつけすぎて苦手で、毎度選ぶのが難しいですが これは履いててとてもラク、ストレートとはありますがでもストレッチ性もあってレギンスっぽいシルエットが出ます。

私服でパート面接を受けるときに注意したいポイント4:靴

[パーセンター] レディース ポインテッドトゥ パンプス ローヒール シューズ 痛くない 歩きやすい 疲れない 結婚式 オフィス 通勤 春夏秋 グレー 24.5cm
[パーセンター] レディース ポインテッドトゥ パンプス ローヒール シューズ 痛くない 歩きやすい 疲れない 結婚式 オフィス 通勤 春夏秋 グレー 24.5cm

私服でパート面接を受けるときに注意したいポイントの4つ目として、「靴」があります。 靴は気持ちが前向きになる、低めのパンプスやバレエシューズを選択するのがベターです。パンプスやバレエシューズを持っていない場合は、ローファーなどの革靴でも大丈夫です。 夏時期はコーディネートにあえば、無地・黒色のスニーカーは大丈夫ですが、サンダルなどは避けておきましょう。 冬時期のブーツについては、ショート丈なら許容範囲内と言われていますが、ロングブーツはやめておきましょう。

お値段の割にしっかりしてて、履きやすさもなかなか良くて。気に入りました。

私服でパート面接を受けるときに注意したいポイント5:バッグ

[RATOM] トートバッグ メンズ レディース ビジネスバッグ 大容量 カバン (ブラック)
[RATOM] トートバッグ メンズ レディース ビジネスバッグ 大容量 カバン (ブラック)

私服でパート面接を受けるときに注意したいポイントの5つ目として、「バック」があります。 落ち着いた黒系のカラーで、大きさ的には履歴書などのA4サイズの書類が入るものがベターです。アップリケやキャラクターがデザインされたお子様のバックやリュックなどは避けておきましょう。 また、パート面接を受けるときに手ぶらで訪問してしまうと、印象が悪くなる可能性がありますので注意が必要です。

大容量でポケットもたくさんあるので、色々な場面で活躍しそうです!

私服でパート面接を受けるときに注意したいポイント6:髪型

私服でパート面接を受けるときに注意したいポイントの6つ目として、「髪型」があります。 前髪をピンで留めたり、髪が長い場合などは束ねるなどして清潔感を出すのがベターです。ボリュームのありすぎるアップスタイルや、髪の毛がボサボサなのは避けましょう。 また、職種にもよりますがヘアカラーで印象を悪くすることもあります。落ち着いた髪色にしておくと印象が変わる可能性があります。

パート面接では避けたほうがいい7つの服装

パート面接では避けたほうがいい服装には、どのようなものがあるのでしょうか。 今回は、「派手、個性的な服装」・「ジーパンなどのカジュアルな服装」・「露出が多い服装」・「地味すぎる服装」・「年相応ではない服装」・「だらしない・清潔感がない服装」・「主張の強い香水・ネイルなど」・「ライバル社の服装」について解説していきます。

パート面接では避けたほうがいい服装1:派手、個性的な服装

パート面接では避けたほうがいい服装の1つ目として、「派手、個性的な服装」が挙げられます。 広がったスカートやゴスロリ系の服装・フリルのついた服といった、休日に遊びに行く間隔の服装は面接は避けたほうがいいです。 また、白色やパステルカラーといった明るめのカラーは清潔感を与えますが、原色である赤など主張しすぎる色は控えたほうがベターです。

パート面接では避けたほうがいい服装2:ジーパンなどのカジュアルな服装

パート面接では避けたほうがいい服装の2つ目として、「ジーパンなどのカジュアルな服装」が挙げられます。 IT系企業やクリエイティブ系企業など、職種によっては許容していただけるところもありますが、企業や職種によっては「面接を軽視している」というマイナスの印象を持たれてしまうことがあります。 そのため、パート面接ではジーパンなどのカジュアルな服装は避けたほうがベターです。

パート面接では避けたほうがいい服装3:露出が多い服装

パート面接では避けたほうがいい服装の3つ目として、「露出が多い服装」が挙げられます。 夏場の面接で多く見られますが、スカートの丈が短すぎたり胸元が開きすぎたトップスを選択しないように注意が必要です。 スカートの丈については、通常ひざ丈程度・座ったときにひざ上5センチ程度までの長さに抑えておきましょう。

パート面接では避けたほうがいい服装4:地味すぎる服装

パート面接では避けたほうがいい服装の4つ目として、「地味すぎる服装」が挙げられます。 地味すぎる服装を選ばれる方は、主婦の方が多いです。体型を隠すためにダボッとしている服装していたり、化粧っ気がまったくなかったりする傾向があります。 地味すぎる服装は、実際の年齢よりも老けて見られたり、元気ややる気がないような印象を与えてしまうので避けておきましょう。 明るめのカラーのインナーを着用するだけでも、格段に顔うつりが良くなるのではないでしょうか。

パート面接では避けたほうがいい服装5:年相応ではない服装

パート面接では避けたほうがいい服装の5つ目として、「年相応ではない服装」が挙げられます。 面接官の主観が入る部分もありますが、年齢が高くなるほど知的で上品なファッションの方が、魅力が引き立つと考える方もいらっしゃいます。 年代によっては、「巻き髪」「まつげエクステ」「派手柄ワンピース」などの盛りすぎた服装には中止する必要があります。

パート面接では避けたほうがいい服装6:だらしない・清潔感がない服装

パート面接では避けたほうがいい服装の6つ目として、「だらしない・清潔感がない服装」が挙げられます。 例えば、

・スーツがしわだらけ ・袖口が汚れている ・毛玉だらけの服を着ている ・髪の毛がボサボサ

といった、だらしない・清潔感がない服装は第一印象からの心象を悪くしてしまいます。

パート面接では避けたほうがいい服装7:主張の強い香水・ネイルなど

パート面接では避けたほうがいい服装の7つ目として、「主張の強い香水・ネイルなど」が挙げられます。 パート面接では、会議室や来客室などの密室空間になるので、主張の強い香水はイメージダウンにつながりかねません。 また、スメハラも問題視されてきていますので、他従業員との人間関係も考慮して不採用になってしまう可能性もあります。 そのため。香水についてはパート面接ではつけない方がベターです。ネイルは透明やベージュなど、控えめにしていれば問題視されることはなです。

パート面接では避けたほうがいい服装8:ライバル社の服装

パート面接では避けたほうがいい服装の8つ目として、「ライバル社の服装」が挙げられます。 アパレル系のパート面接で多いのですが、自社ブランドの服装でコーディネートしていると「ブランド愛が伝わる」「自社ブランドを着こなすセンスがある」といった好印象につながります。 ライバル社の服装でも、トレンドに敏感なことをアピールできることもありますが、ロゴが前面に出ている服装などは避けておいた方がいいのではないでしょうか。

パート面接での志望動機3例をご紹介!

パート面接では、どのような志望動機を言えばいいのでしょうか。本来、志望動機は「なぜその企業で働きたいのか」を伝えることが目的になります。 今回はすぐにでも使える志望動機である、「これまでの経験や職歴から」・「子育てがひと段落したから」・「未経験からチャレンジしてみたい」の3例についてご紹介していきます。

パート面接での志望動機例1:これまでの経験や職歴から

パート面接での志望動機例の1例目として、「これまでの経験や職歴から」があります。 「結婚前にこのような仕事をしていた」「主婦になる前にこういった会社に勤務していた」「このような資格を持っている」といったような、これまでの経験や職歴、所有資格を活かした志望動機は、採用に繋がりやすい志望動機のひとつです。 特に専門的なスキルがあるほど活躍しやすいパート先への志望動機に適しています。

パート面接での志望動機例2:子育てがひと段落したから

パート面接での志望動機例の2例目として、「子育てがひと段落したから」があります。 主婦がパートをする際、子ども関係の事情は吟味されやすいです。小さな子どもがいて、頻繁に欠勤や早退をされてしまう可能性があると、勤務先としても採用を躊躇ってしまうケースが多いです。 「子育てがひと段落したため」というと、安定して働いてくれる主婦という印象があり、採用されやすい傾向にあるでしょう。

パート面接での志望動機例3:未経験からチャレンジしてみたい

パート面接での志望動機例の3例目として、「未経験からチャレンジしてみたい」があります。 これまで主婦以外の仕事経験がなかったり、パート先の業務内容に経験がない場合、「未経験からパート業務にチャレンジしてみたいから」という志望動機も有効です。 特に未経験者歓迎のパート先であれば、チャレンジ精神が豊富な人は評価されやすいでしょう。この積極性に合わせて、勤務先との距離や、勤務可能な時間帯、自分自身の特技などを合わせて主張すると、採用に結び付けやすいことが多いです。

パート面接に持参する履歴書の書き方は?3つのポイント!

パート面接に持参する履歴書の書き方は、どのような点に注意すればいいのでしょうか。面接担当者によっては、履歴書を見ながら質問をされる方もいらっしゃいます。 今回は、「職歴や学歴をきちんと書く」・「所有している資格をアピールする」・「自分の特技や長所をアピールする」の3つについて解説していきます。

パート面接の履歴書の書き方1:職歴や学歴をきちんと書く

パート面接の履歴書の書き方の1つ目として、「職歴や学歴をきちんと書く」ことです。 主婦や主夫がパートをする際は、現在の職歴がないため、これまでの学歴や職歴の記載は非常に重要です。 直前まで働いていた経歴がないため、これらの情報が重要視されることも少なくないからです。特に専門性が高い仕事の場合は、別途職務経歴者を作成して提出すると、採用確立をぐっとアップさせることが出来るでしょう。

パート面接の履歴書の書き方2:所有している資格をアピールする

パート面接の履歴書の書き方の2つ目として、「所有している資格をアピールする」ことです。 主婦や主夫がパート面接を受ける前、履歴書には所有資格をしっかり記載しておきましょう。 医療事務の専門資格や、外国語関係のスキルやスコアをはじめとして、業務に直接関係が深くない資格であっても、社会人として役立てることが出来る資格類であれば、すべて記載しておくのがおすすめです。 書洩らしてしまう人が多いですが、自動車免許も評価されやすいです。出退勤の安定性のアピールにも繋がりますし、勤務先によっては自動車を使用した別業務を担当してもらえる可能性もあるからです。

パート面接の履歴書の書き方3:自分の特技や長所をアピールする

パート面接の履歴書の書き方の3つ目として、「自分の特技や長所をアピールする」ことです。 資格や職歴などでアピールできない主婦・主夫の方は、自分の特技や長所を履歴書に詳しく書き込んでおきましょう。特に、そのパート先で活かせそうな特性を強調して書くようにしてください。 「コミュニケーション力には自信があります」「臨機応変な行動が得意です」「笑顔や言葉づかいには自信があります」など、パート先の業務内容に合わせた自己アピールをしておくと良いでしよう。 面接の際に特技について尋ねられたら、更に掘り下げて説明できるようにしてください。

主婦がパートをはじめる際の2つの税金対策

主婦がパートをはじめる際の税金対策には、どのようなものがあるのでしょうか。勤務時間などによって支払う税金の金額が変わったり、雇用保険や社会保険といった各種保険への加入などが義務付けられてきます。 今回は、無駄な支出を減らすためにも「扶養範囲内で働く」・「配偶者控除で節税対策をする」の2点についてご紹介していきます。

パートをはじめる際の税金対策1:扶養範囲内で働く

パートをはじめる際の税金対策の1つ目として、「扶養範囲内で働く」があります。 非課税限度額の103万円以内であれば、自分で税金を支払わず、扶養の範囲用で働くことが出来ます。別途の税金支払いの不便さや、金額との兼ね合いを考え、103万円以内の収入で問題がない場合は、シフトや出勤日数を調整して収入限度額を確認しておくようにしましょう。

パートをはじめる際の税金対策2:配偶者控除で節税対策をする

パートをはじめる際の税金対策の2つ目として、「配偶者控除で節税対策をする」があります。 103万円以内の収入であれば、「配偶者控除」という節税対策をすることが出来ます。これは、主婦がパートでお金を稼いだ場合、夫の収入より金額が少なければ、所得税38万円、住民税33万円の金額で控除を受けることが出来ます。 この場合で、103万円以上の収入になってしまった場合でも、141万円以下であれば、「配偶者特別控除」といった節税対策を受けることが出来ます。こちらも同じく、主婦のパートの際には節税に活かせる仕組みです。

好印象な服装を着こなしてパート面接に臨みましょう!

パート面接の服装について解説してきました。パート面接ではスーツが無難ですが、私服での面接を推奨している企業も多くなってきました。 私服でパート面接を受けるときに注意したい6つのポイント・パート面接では避けたほうがいい7つの服装を理解し、TPOを意識した服装を心がけましょう。 また、パート面接での志望動機・パート面接に持参する履歴書の書き方を参考にし、内定採用通知を勝ち取りましょう。

関連タグ

アクセスランキング