IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

美容師が転職する際に多い転職先と成功例|志望動機と履歴書の例

就活ノウハウ

美容師の転職先としてはどのような職業が考えられるでしょうか。美容師は国家資格を有したいわば専門職ですので、他の職業に必要なスキルが身に付いていないことも多いですが、転職は可能なのでしょうか。今回は美容師からの転職についてご紹介します。

更新日時:

男性美容師が転職する際に多い転職先と成功例は?

トピック3296/要素1498056

世の中には様々な職があり、その業界も様々です。仕事の業界の中には美容業界というものもありますが、それは女性だけではなく、男性の求人もあります。そのため男性であっても美容業界で働くことはあります。 美容業界の中でも様々な職種がありますが、その中に美容師というものがあります。美容師は男女ともに人気の職種であり、目指す人も多いです。しかし美容師は人気な職業である反面大変な職業でもあり、美容師から転職する人は多いです。 美容師は国家資格が必要な職業であり、いわば専門職でもありますので転職は難しくもありますが、男性美容師の転職先としてはどのような職業が考えられるでしょうか。

アパレル

男性美容師の転職先としてはアパレル業界での仕事も多いです。美容師の仕事は流行を追う必要もありますので、同じく流行を追って仕事をするアパレル業界は似た性質の仕事であると言えます。 また美容師は髪を切っていればいいというだけではなく、利用客とのコミュニケーションを取る必要もありますので、コミュニケーション能力が必要な職業です。アパレルも基本は店頭に立ち、販売員として仕事をすることになりますので、コミュニケーション能力が必要な仕事だと言えます。 流行を追う仕事であること、コミュニケーション能力が必要な仕事であることから美容師からアパレルの仕事に転職する人は多いと言えます。

営業職

男性美容師の転職先として多いのは営業職も挙げられます。営業職は基本的に客商売になりますのでコミュニケーション能力が必要な仕事という意味でも美容師と一致しています。また営業職はトップセールスマンになるためにはある程度の技術や専門知識も必要になりますが、初心者であってもコミュニケーション能力があればこなすことが出来る場合も多いです。 営業職に必要な能力としてはコミュニケーション能力などの対人スキルが挙げられ、それらが備わっていることの多い美容師からの転職も多いと考えられます。また営業職に挑戦するためには特別な資格などが必要ではないというハードルの低さも転職が多い理由の一つだと考えられます。

スタイリスト

男性美容師の転職先としてはスタイリストなども挙げられます。美容師から転職するからと言って必ずしも美容業界や美容師の仕事を辞めるとは限らず、さらにステップアップした職種にチャレンジする人も多いです。 美容師からスタイリストとしてステップアップする際には店舗にいながらスタイリストになる場合と個人としてフリーで働き、誰かの専属になるパターンが考えられます。有名な店舗であればスタイリストとして大きく活躍することも出来ますし、個人のとして誰かの専属になる場合でも芸能人などの専属になって大きく活躍することもあります。 美容師の誰もがスタイリストになれるとは限りませんが、技術を磨くことでスタイリストになることは可能です。

女性美容師が転職する際に多い転職先と成功例は?

トピック3296/要素1498065

美容業界で働く男性はいるもののやはり女性がメインとなって仕事をしていることは多いです。女性でも美容師たくさんいますし、そこから転職して別の職業に就く人もいます。美容師からの転職先としては男女で共通する場合もありますが、女性ならではの転職先もあります。女性美容師はどのような職業に転職することが多いのでしょうか。

アパレル

男性美容師と同様に女性の場合もアパレルの業界に転職する人は多いです。美容師は美容業界でも人気のある職業ですし、一概にそうとは言えませんがファッション全般に興味を持っている女性美容師も多いです。アパレルは店頭販売であれば就職のハードルも低く、初心者であっても始めやすい職業として転職する人は多いです。

美容関係

女性の美容師であれば美容師から転職する際にはその他の美容関係の仕事に就く場合が多いです。美容師の資格を持っていればマツゲエクステなどを行うことも可能ですし、美容師の勉強の一環としてネイルなどの知識を身に付けている人も多いため、それらの利用して転職を考える人も多いです。 ネイルサロンは開業のハードルが低いことから店舗を構える人も多く、求人も多くだされているため求人倍率も他の職種に比べて低いです。専門的な知識さえ身に付けていれば、後はコミュニケーション能力があれば出来る仕事も多いので、美容師から他の美容関係の仕事に転職することも多いです。

事務など

女性の美容師からの転職先として一般企業の事務などに転職する人も多いです。事務では最低限のパソコンスキルがあれば働くことが出来ますし、給料などで高望みしないのであれば就職ハードルの低い事務職に転職する女性は多いです。事務職と美容師の仕事は全く接点がなく共通する部分は少ないですが、それでも就職のハードルの低さや安い給料でも安定した仕事であることから転職を考える女性は多いです。

美容師からの転職での成功例は?

トピック3296/要素1498078

美容師からの転職にはステップアップをする場合と美容師の道を諦めて別の仕事に就く場合がありますが、美容師からの転職で仕事に成功することはあるのでしょうか。前述したように美容師の資格は国家資格であり、それを取得するためには専門学校などで勉強しなければなりません。専門的な勉強をしているということで美容師は他の人には出来ない仕事ではありますが、裏を返せば美容師自体も他の職業に必要なスキルを身に付けていないということになります。 美容師は専門分野であるため潰しの利きにくい職業ではありますが、美容師からの転職での成功例は存在しているのでしょうか。

コミュニケーション能力を活かした転職で成功する

美容師になるためには美容師の資格に加えて美容師としてのスキルが求められます。美容師としてのスキルとは髪を切る、スタイリングをするというだけではなく、コミュニケーション能力も求められます。 美容師は接客業としての一面もありますので、お客様としっかりコミュニケーションが取れなければ美容師として成功することも難しいです。そのため美容師はコミュニケーション能力が高い場合も多く、その能力を他の職業でも活かして成功するという例は多くあります。 前述したように美容師からの転職先として営業職などコミュニケーション能力が必要な職業も多くありますし、それらの職種で活躍する場合も多いです。

美容師時代のコネを活かして転職

トピック3296/要素1498115

美容師は接客業でもあり、様々な人と関わる仕事でもあります。そのため人脈が出来やすい仕事でもありますので、美容師時代に培った人脈やコネを活かして転職し、成功するという人も多くいます。 美容師はお客様との関係性も築きやすく、そこから人脈が広がる場合もありますし、美容業界の他職種の人たちと仕事で関係することも多く、そこから人脈を広げることも出来ます。様々な人と接点が出来るというのは転職にあたって非常に有利なことであり、培った人脈を活かして条件の良い仕事に転職し、そのまま成功を収めるという人も多いです。

修業時代の忍耐力を活かして転職

美容師は資格を取得し、就職が決まったからと言ってすぐにお客様の髪を切ったり、スタイリングが出来るというわけではありません。美容学校を卒業して資格を取っただけではまだまだお金をもらって仕事が出来るレベルではない場合が多く、2~3年程度の下積みの期間を経てからようやく髪を切れるということも少なくありません。 多くの美容師はこの下積みの修業期間に耐え切れずに転職してしまうこともありますが、下積みの期間をきちんと終え、転職する場合にはそれに耐えうるだけの忍耐力が備わっているということになります。 仕事をする上では忍耐力は非常に重要なものであり、どんな仕事をするにも役立つものです。美容師時代に培った忍耐力を活かして他の仕事で成功する例も多くあります。

転職を繰り返す場合も

美容師からの転職で成功する例は様々ありますが、反対に転職によって失敗してしまうケースもあります。前述したように美容師で転職を考える人の多くは下積みの修業期間で転職をすることが多いです。 下積みを放棄してしまうということは忍耐力が備わっていないということですし、それがなければその他の仕事でも続けていくことが難しい場合も多いです。また辛くなればすぐに転職するという癖がついてしまうと一つの仕事に定着することなくすぐに仕事を辞めてしまいます。 どんな仕事をするにしても一定期間は同じ仕事を続けていないとスキルを身に付けることは出来ません。スキルを身に付けないまま転職を繰り返し、いつまでも仕事が安定しないという場合もあります。

美容師が転職する際の志望動機例は?

トピック3296/要素1498094

美容師に限らず就職や転職をするためには志望動機を考えなければなりません。美容師などのように専門資格が必要仕事に関しては別ですが、それ以外での仕事では熱意や成長する可能性を示すということが大切になります。 未経験での転職の場合には基本的には志望動機からやる気や人間性を判断して採用を決定することになりますので、志望動機の伝え方一つで就職試験の合否が左右されると言っても過言ではありません。 美容師からの転職であれば基本的にはどの仕事も未経験になることが多いですので自分の人柄が存分に伝わる志望動機を作成することが重要になります。美容師からの転職の場合には志望動機はどのように作成すればいいのでしょうか。

志望動機は結論から書く

美容師に限らず転職時の志望動機全てに言えることですが、志望動機を作成する場合には結論から書き始めるということが大切です。志望動機では仕事への熱意やその仕事での成長意欲などを示す必要がありますが、結論を先延ばしにしてしまうとそれらが面接官に上手く伝わらない場合があります。 結論から書き始めることで自分がどのような点をアピールしたいのかを明確にすることが出来ますし、相手にも伝わりやすくなります。また結論から始まることで志望動機にもインパクトが出ますし、相手の印象にも残りやすくなります。 転職の試験を受験するのが自分ひとりとは限りませんので、他の受験者に負けないためにもインパクトを与えて印象に残るというのは大切なことになります。

美容師の経験を活かしたアピールをする

トピック3296/要素1498117

志望動機を伝えるときには熱意や成長意欲を伝えることが大切ですが、同時に自身の能力についてもアピールしなければなりません。いくら人柄が良くても仕事をこなせるだけの能力はなければ意味はありません。人柄重視ではありますが、自身の能力についてもアピールすることが大切です。 自身の能力をアピールする際には美容師の経験を活かしたアピールを心がけましょう。注意点としては美容師の資格そのものをアピールするのではなく、美容師で経験したことをもとにアピールするということです。 他の職種で美容師の腕前をアピールしても意味はありませんので、美容師時代に身に付けた忍耐力やコミュニケーション能力などをアピールするようにしましょう。

志望動機例

美容師からの転職する際の転職先は様々ですが、その全てにおいて共通しているのは前述したように結論から書くということ、美容師の経験を活かしたアピールをするということです。 「私は美容師で培ったコミュニケーション能力を活かして営業の仕事でも活躍したいと考えています。私は美容師の仕事ではただ髪を切るだけではなくお客様へのお声がけを大切にして、次回も来店して頂けるような接客を心がけました。それらを意識して接客をすることで実際に常連となって頂くことも出来ました。私は営業の仕事でもお客様を大事にすることで高い実績を残し、貴社に貢献したいと考えています。」

美容師が転職する際の履歴書は?

トピック3296/要素1498106

転職や就職をする際には志望動機と同様に履歴書も用意しなければなりません。志望動機も履歴書の一部に含まれますが、履歴書にはその他にも記入しなければならない項目がいくつかあります。美容師から転職する際には履歴書の書き方にも十分に気をつけなければなりません。 志望動機と同様転職においては履歴書は非常に重要なものです。履歴書の書き方が正しく出来ていなければ書類選考の段階で落とされてしまいます。美容師が転職する際の履歴書はどのように書けばいいのでしょうか。

美容師の資格は他業種への転職でも書く

美容師のスキル自体は他業種ではアピールしても意味はありませんが、それでも資格の欄には美容師の資格は記入しておきましょう。これは資格自体をアピールするのではなく、資格を取得した過程などをアピールするためのものです。 美容師になるためには専門学校などに通わなくてはなりませんし、資格を取得するまでにはかなりの努力が必要になります。資格を取得しているということはそれだけの努力をしているということですので、努力をしたという証明になります。 また美容師の資格が目に留まって興味を持ってもらえる可能性もありますので、美容師の資格は必ず履歴書に記入するようにしましょう。

なぜ美容師以外の仕事をするのか明確にする

美容師から転職する際には履歴書の資格欄に美容師の資格を記載することがおすすめです。それは前述したように資格が目に留まり注目してもらえる場合があるからです。しかしここで気をつけなければならないのが、美容師の資格を持ちながら、なぜ別の職業へ転職しようとしているのか、その理由を明確にするということです。 美容師の資格を持ちながら転職するということは美容師で上手くいかなかった、あるいは下積みに耐えられず逃げ出したと思われてしまうことが多いです。せっかく興味を持ってもらえてもマイナスの印象を与えてしまっては意味がありません。 美容師の資格で面接官の興味を惹きつつも、転職する明確な理由を示し、自身の印象を良くする必要があります。

自身の強みと弱みを理解する

履歴書では志望動機に加えて自己PRが重要になります。履歴書の規格によって表記が異なる場合もありますが、基本的には長所、短所などの文言で自己PRをする項目が設けられています。 ここでも美容師時代の経験を活かした自己PRを心がける必要があります。もちろん美容師の経験でなければ絶対にNGというわけではありませんが、少なくとも長所は美容師の経験に基づいたものでないと単に美容師としてやっていけないから転職したと思われてしまう場合があります。全ての面接官がそう思うわけではありませんが、少なからずマイナスの印象を与えてしまう可能性はありますので、それは出来るだけ排除しなければなりません。 美容師の経験を踏まえてアピールすることでステップアップのための転職という印象を与えることができ、より高評価を得やすくなります。

美容師からでも転職は出来る

トピック3296/要素1498178

男女別の美容師の転職先として多い職業や美容師の転職の成功例、志望動機や履歴書の例などを紹介しましたが、結論から言えば美容師からでも他の職業に転職し、成功することは可能です。 美容師は専門職であり、それ以外の職業に転職するとなれば未経験からのスタートになる場合も多いですが、美容師時代に培った人脈やコミュニケーション能力などを駆使すれば活躍していくことはそれほど難しくありません。仕事をするにあたって経験は大切なものではありますが、それは働いていくうちに身に付いていくものです。 経験のなさは自身の努力や仕事への熱意でカバーすることも可能ですので、新しい仕事にも懸命に取組み、人一倍努力を重ねるということが成功の鍵になります。

関連タグ

アクセスランキング