IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

40代女性の仕事探しとよくある悩み|持っていると仕事に有利な資格

悩み・不安

近年、キャリアアップのために、転職する人は増加していますが、40代女性の仕事探しは可能なのでしょうか。今回は40代女性の仕事事情にスポットを当て、40代女性の抱える壁や、仕事での悩み、もしくは持っていると仕事で有利になる資格などについてまとめました。

更新日時:

40代女性の仕事探し

40代女性の仕事探しに重要なのは、ズバリ「条件」です。 40代という年代は、人生の中でも折り返し地点でもあり、特に女性は子育て・介護などの家庭環境の変化から、体の状態に至るまで様々なことがめまぐるしく変化していく時期と言えるでしょう。 女性の場合、どんなに仕事が楽しくても、お給料が良くても、自分の生活環境に合った仕事でないと長続きさせるのは難しいはずです。特に子育て中のママや、家の中に介護を必要とする人がいる場合は、なおのこと働く条件に注意して仕事を探さなければなりません。

20代の時の就職と違う点

20代の時は特別なスキルを持っていなくても、やる気や元気があればやっていけた部分もあるはずです。なぜなら、企業が20代の社員に求めるものの多くがそういったものだからです。では40代の社員に求められている点はなんでしょう? 主に、知識・経験・資格・実績・一般常識・リーダーシップなどです。最初から知識や実績を期待されていなかった20代のころとは違い、40代は逆に「最初からあって当たり前」と思われています。特に一般常識に関しては、20代のころは「若いから」で済んだことも40代になるとそうもいきません。また、もし就職先でうまくいかなくてもすぐに転職先が見つかる20代とは違い、40代は再就職自体が難しい年代です。軽い気持ちやなんとなく、で就職するのではなく、条件や将来設計をきちんと考慮したうえで就職先を選ぶをする必要があります・

40代女性が持っていると仕事に有利な資格

40代女性に人気の職種は主に事務職です。デスクワークで土日休みなど、家庭と両立しやすい仕事に人気が出やすい傾向があります。事務職を希望するなら、簿記・医療事務・MOS・社労士等が有利になります。前職で事務職だった場合はその経験と合わせて、資格を取っておくと就職試験の際にも説得力が増すはずです。他にも建築系であればCAD、IT系であれば基本情報技術者など、働きたい業界や仕事内容によって有利な資格はたくさんあります。 また、長期的に就職に有利と言われるのが看護師の資格です。時代が変化しても一定に需要があり、フルタイムが難しくてもパートなどの求人も数多くあるため、住む土地や年齢を気にせず働くことができます。また、体力に自信がある人や人とかかわるのが好きな人であれば、介護士や保育士なども現在人手不足が社会問題になっていますので、就職はしやすいかと思われます。

40代女性が働くうえで出てくる”壁“とは?

妊娠・出産・子育て

女性にとって人生の一大イベントである出産。 育児休暇や産休などがだいぶ考慮されてきたとはいえ、第二子や三子と続いて仕事を続けるのが困難になってしまったママさんや、旦那さんのお仕事との兼ね合いなんかでそれまで勤めてきた職場を離れなくてはならなくなった人もまだまだ多いはずです。 待機児童問題で就職はできそうなのに預かり場所がない、とか、シングルマザーなので正社員を希望しているけれどお迎え等で職場に迷惑をかけてしまいそうで迷っている、とか、40代女性が家庭と仕事を両立するためには、クリアしなければならない様々な壁がありそうです。

介護・持病

40代女性の中には親が高齢で面倒を見ているとか、重い病気にかかって働けない、という人が30代の時に比べてぐっと増えます。妊娠や出産を経て女性の体も変化しやすい時期のため、婦人病や生活習慣病などにかかってしまうケースも少なくありません。 身内の介護については家族で協力し合えれば働くことも可能ですが、40代では子どもが独立しているケースも少なく、旦那さんも働き盛りの年代のため、要介護レベルが重度の場合、どうしても正社員で働き続けるのが難しいというのが現実問題としてあります。

正社員かパートか

子育てや家事などの状況を客観的に見たときに、40代女性が就職活動をする上で一番に考えるのが「正社員かパートか」という点です。40代女性の正社員の求人数は決して多いとは言えません。また、年齢や労働時間帯、体力的な問題からできる職種や仕事にも限りがあります。そうなるとどうしてもパートを選択せざるを得ない人が多いのが現実です。 旦那さんの収入が安定していて、自分も「ほんのお小遣い程度でいい」と考えている人はそれでいいかもしれませんが、子どもの大学費用や老後のことを考えるとできれば正社員がいいなと考える人もいるでしょう。40代女性にとって正社員での就職は、最後のチャンスです。もちろん、その最後のチャンスすらかなり狭き門といっていいでしょう。ですが本当に将来のことを考えて正社員を目指すのであれば簡単にあきらめてしまっては損です。やれるだけのことはやって、後悔のないような選択ができるよう心がけましょう。

40代女性によくある仕事の悩み

40代女性が仕事をする上でよく耳にする悩みは大きく分けて3つあります。 一つ目は労働条件に関する悩みです。子どもがいるのに残業しなくてはならなかったり、仕事内容に見合ったお給料がもらえない、などの悩みが多いです。これを解決することは難しいですが、冒頭でも挙げた通り、就職する際によくその企業のことを調べることも必要です。同じように子育て中の女性が活躍している職場なんかを選ぶのも良いでしょう。また、面接できちんと労働条件に付いて確認しておくことも大切です。 二つ目は、人間関係の悩み。これは40代女性だけが特別な悩みではありませんが、40代になってくるとそれまでに歩んできた人生がそれぞれ違う分特に女性同士でぶつかり合うことも多いようです。 40代女性とひとくくりに言っても、独身女性もいれば既婚で子どもをもたない女性、これから子どもを産む女性や大家族のお母さんもいます。20代で働いていた時よりもさらに生き方や歩んでいる人生は多様化しているのです。だからこそ、考え方にも大きなズレがあることがあり、仕事の配分バランスや残業時間、仕事のこなし方などでぶつかることも増えてしまいます。 独身女性が、子どものいる女性の仕事の穴埋めをしてストレス・・という話もよく聞きますが、それは当人たちの責任というよりは部長や店長などの管理職の責任というケースがほとんどです。根本的な解決は難しいかもしれませんが、上に報告する前に同じ立場同士でギクシャクしてしまうことも珍しくはないので、できるだけ早めに上司に報告して動労環境の改善に努めましょう。 最後三つ目のよくある悩みは、ジェネレーションギャップ、です。40代というと一番上の上司と、新人のちょうど中間管理職的なポジションの多くなる世代です。上司と部下に挟まれてこれまでにないほどのストレスにさらされることがあります。また、40代になって急に役職を授かったり、後輩の指導係になったり、ということもよくあります。 バリバリのキャリアウーマンで仕事のできる女性でも、人を育てるのが下手、という人もたくさんいます。若い子との考え方の違いに戸惑うことも多いとは思いますが、大きな心で構えて長い目で育てていく覚悟とゆとりが必要になってくるでしょう。

働く40代女性のこれから

40代女性の仕事のやりがい

40代女性には20代のころにはなかった人間的深みが、知識や経験の豊富さからどんどん増えていく年代です。新しい仕事との出会いに胸をときめかせたり、仕事を次々にこなして自己成長を遂げる仕事の仕方から、周りと協力し合い次世代を育てることで、今までにはない充実感ややりがいを感じられるでしょう。

輝く50代女性になるために

50代なんてまだまだ・・と思っていたらそれは間違い。人生は思ったよりあっという間に過ぎていきます。振り返ってみると、これまでの四十数年間もそうだったはずです。輝く50代になるために一番必要なのは「ライフワークバランス」です。 何かに偏っていても充実していた20代とは違って、仕事も趣味も家庭もそれぞれにおいてバランスのとれた生活が必要です。どれか一つに歪がでると、生活全体のバランスを保つのがとても難しくなるのです。そのためには、自分の家庭環境や生活態度を今一度見直し、それに沿った職場を選ぶことで輝き続ける50代女性になっていけるはずです。

関連タグ

アクセスランキング