IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

薬剤師の平均年収推移・病院と薬局での違い|薬剤師の年収は高い?

更新日:2020年08月14日

職種研究

薬剤師と聞けば給料が良い、年収も高いと想像するでしょう。実際のところ、薬剤師は年収いくらぐらいなのでしょうか。また薬剤師になるにはどうすれば良いのでしょうか。世界の薬剤師のことや仕事内容から年収を詳しく調べてみましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

薬剤師という仕事

薬剤師という仕事をご存じかと思いますが、実際どういう仕事をしているのか、年収はどのくらいなのかご存知ですか? 薬を調合したり、売ったりしているだけなのか?詳しいことは分からないけど、何だか難しいことをしているようなイメージです。年収も安定して高そうだと思ってる人も多いでしょう。 でも薬剤師になるのは大変そうなイメージです。医療関係の仕事だし、頭が良くないとやっていけないのではないでしょうか。まず大学の薬学部が入るのが難しそうです。医者になるくらい難しいのではないかと思った人もいるでしょう。 年収は良さそうだけど、簡単には転職できないだろうと想像できます。 実際はどの過程を踏んで薬剤師になるのか、年収は具体的にいくらのか詳しく調べていきましょう。

仕事内容

実際にどんな仕事をしているのでしょうか。 薬剤師は医薬品全般において幅広い知識を持ち、薬局や医療機関で処方箋に基づいて調剤をします。それだけではなく服用方法の説明などを患者さんに対して行います。医療用医薬品から一般用医薬品まで薬全般において、販売したり相談に乗ることが出来ます。 また、薬局や医療機関で調剤をするだけではなく、学校で環境衛星管理をしたり、医薬品の開発や研究に携わることもあります。 そして、小・中・高校生に「薬物乱用の防止」や「禁煙運動の取り組み」、高齢者に対して、薬の正しい服用方法などの啓発活動に取り組んだりしています。

薬剤師の歴史

薬剤師の就職先

薬剤師の就職先はどんなところがあるでしょうか。 大体は想像つくと思いますが、医療機関が主です。 病院、薬局、ドラッグストアが思いつきます。上記で述べましたが学校も薬剤師が働ける場所なのです。 年収が高いイメージですが、働く場所によっても年収も変わるのでしょうか。

薬剤師の就職率

薬剤師の就職率は医療関係ということもあって、ほぼ100%をキープしています。 就職難の今の時代に、100%の就職率というのは羨ましい限りです。 ハローワークに行っても、求人雑誌やサイトを見ても薬剤師の求人はいつも見かけますよね。資格を持っていれば、ほぼ100%で受かります。 働く場所も豊富にありますし、アルバイトやパートの求人を見ても時給が他の職業と比べて高いです。 医療官憲の専門職というだけあって、流行りや景気の影響を殆ど受けません。 働く場所は複数ありますが、その場所によってやっていることは違うのでしょうか。 その働く場所によって、給料も変化するのでしょうか。それぞれの場所での薬剤師の働き方を詳しく調べてみましょう。

薬剤師と病院

病院や診療所ではどんな仕事をしているのでしょうか。 お薬の調合だけではなく、注射や点滴の調合や管理も任されいます。 患者さんに対して、適切な薬の飲み方や相談もしています。病院で取り扱うお薬の在庫管理や品質管理もしているようです。 患者さんの血液中の薬の濃度を調べて、安全かつ有効に使用する為に投与量や投与方法を決定します。 お薬の吸収や副作用による食欲不振の対策やアドバイスと医者にすることもあります。 また、患者さんやそのご家族の方に対して、栄養剤の説明や指導をして、栄養サポートをすることもあります。 他の就職先に比べて高度なことをするので、プロ意識の高い人が向いてると言えるでしょう。

薬剤師と調剤薬局

薬局にいる薬剤師はどんなことをしていでしょか。 処方箋による薬の調合、正しい使い方の指導、薬の飲み合わせのチェックなどをします。 一般医薬品を販売する際には、患者さんの症状を聞いて合う薬を探したり、場合によっては病院で診察することを勧めたりするアドバイザーもしています。 また漢方薬品、健康食やサプリメントの選び方や、在宅介護の支援、禁煙サポートなどの活動をしている人もいるようです。 処方箋による調合や説明・指導がメインになるので、書いてあることは素早く理解して適格に対応する能力が問われます。 理解力が高く、ミスもなく適格に対応することが得意な人や作業を要領よくこなしていくのが得意な人に向いているのではないでしょうか。

薬剤師とドラッグストア

一般的には医療機関に行くまででもない人達が、ドラッグストアにお薬を買いに行きます。 そのお客様に対して、薬の販売、選び方、相談などをします。 お客様の症状を聞いて、市販の薬では対応が難しい場合は、医療機関に行くことを勧めたりします。 基本的にはそこまで症状が重くない人達が来る場所なので、自分自身で健康を維持できることを教えたりもするようです。 地域に根付いたドラッグストアだと常連のお客様が相談に来たりするので、お客様としっかりコミュニケーションを取って、症状や状態を把握してないといけません。 人と接することが好きな人や、日々のコミュニケーションから人間関係を築くのが好きな人にはピッタリの職場だと言えるでしょう。

初回公開日:2017年02月15日

記載されている内容は2017年02月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング