IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

科別の医師の年収と手取額の平均相場|開業医と勤務医の場合

更新日:2020年08月14日

職種研究

こちらの記事では、医師の平均年収から、診療科・年齢別の年収の差までを紹介しています。医師は、1人前として働くまでに非常に長い年月を必要とします。その分、給料も高いですが、給料以上に医師として働くことは、たくさんのやりがいに満ち溢れています。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

医師という仕事

医師の年収

では、医師の年収の統計を見ていきましょう。 厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、医師の平均年収は、40歳で1,100万円ほどとなっています。 ・平均年齢:40歳 ・勤続年数:5.1年 ・労働時間:159時間/月 ・超過労働:11時間/月 (やはり忙しいようです) ・月額給与:848,400円 ・年間賞与:801,600円 ・平均年収:10,982,400円 出典:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」 やはり、医師は年収が高いです。しかし、こちらの年収は勤務医ですので、自分で独立して開業医として働いている場合の方が年収はさらに高くなる傾向にあります。

医師は安定した高年収を維持できる

研修医の年収

研修医の年収はどのくらいなのでしょうか。 見ていきましょう。

研修医に専念を

病院による年収差

勤務医の年収

開業医の年収

医師として独立を目指すには

医師の独立開業専門のコンサルタントも存在する

次のページ:医師の勤務時間
初回公開日:2017年02月13日

記載されている内容は2017年02月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング