IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

40代の転職を成功させるには?|有利な資格や未経験で転職するコツ

転職事情

40代の転職で注意する点はどんなことでしょうか?ここでは、失敗例を交えながら,40代で転職する際に大切なことや、40代で未経験の仕事への転職を行うために気をつけること、転職で有利な資格などについて解説します。参考にして下さいね。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 40代の転職は、今までの経験やスキルを生かせる転職が成功しやすい
  • 未経験の場合、企業が転職者に求めるものは何か、その中でどのような形で貢献できるか明確にすることが必要
  • 40代の転職なら「リクルートエージェント」がおすすめ

40代での転職の実情と、企業が求めるもの

40代は20代や30代と比べて、転職活動において不利な立場にあることは確かです。 なぜなら、体力的なものや、企業から見た「将来の伸びしろ」といった点において若い世代より劣っていることが多く、また、企業としては給与条件などの面で若い世代のほうが採用しやすいと考えているからです。 40代で転職を目指す場合には、若い年代と同じ土俵で争うべきではありません。逆に、それまでの経験やスキルを活かし、実績をアピールして転職活動を行うことができれば、就職を成功させることも不可能ではありません。

20代、30代と40代の転職の違い

20代の転職は、仕事の吸収力や柔軟な発想力、将来への伸びしろなど若さを武器にした転職活動になります。30代の転職は20代と比べると、経験やスキルを重視した活動になってきます。 40代でそういった年代と転職活動の場で互角に戦うには、今まで自分のしてきたことによる経験やスキルを前面に出していることのほか、会社の運営や管理、人材育成と言った部分を表に出すことが必要になるでしょう。 40代の経験やスキルを生かしての転職を考えているなら「リクルートエージェント」に相談してみましょう。あなたに合った求人を紹介してくれます。

40代の転職で企業が求めるもの

40代の転職希望者に企業が求めることは、20代の転職者のようにやる気と体力で仕事を身につけて会社の売上に貢献することでも、30代の転職者のようにこれから徐々に役職の階段を登ってゆくゆくは管理職の中枢として会社を支える屋台骨になってもらうことでもありません。 では、40代の転職者に企業が求めているのはなんでしょううか? それは、マネジメント経験があり、かつ既存のコミュニティに対応できる協調性を備えた「即戦力」なのです。 このことについて詳しく説明するために、次では、40代の転職につまずく理由と、成功のための対処法をご紹介します。

40代の転職につまずく原因

前項では、若い世代と比較しての40代の転職の不利な点に触れました。ここでは、そもそも転職が上手くいかない原因について、いくつか見ていきましょう。

過去の経験にとらわれている

何らかの事情で突然転職市場に参入することになった場合、前職での経験が邪魔をして、うまくいかないというケースがあります。 「これまでのキャリアを活かした現場の仕事がしたい」、「前職と同等の報酬がほしい」と考えるのは当然ですが、40代の転職では、いったんそういったプライド意識を捨てましょう。 今までの実績はあくまで前職で積み上げてきたもので、転職先ではまだ何の実績もありません。また、前職と同等規模の企業に就職できるとも限りません。成功するために、新人としてイチからスタートする位の謙虚な気持ちと向上心を持ちましょう。 また、「これまで通り」では新しい仕事に対応できるものではありません。企業を超えても通用する高いスキル水準を獲得するために、これまで以上に努力することも覚悟しなければならないでしょう。

企業の求める人物像を把握できていない

前述した「企業の求めるもの」を知らずに、転職で誤った自己アピールをしてしまう場合です。また、転職が上手くいかない原因を年齢のせいだと考え、「自分は若くないからダメだ」と諦めてしまう人もいます。 しかし何度も言うように、多くの企業は40代に対して「マネジメント経験」を重視しています。マネジメントとは、経営トップと現場をつなぎ、仕事効率を最大化するシステムを作る仕事です。 若手には現場以外の経験が乏しいので、その点において40代という年齢は短所よりもむしろ武器になります。前職での実績をふまえつつ、管理職や人材育成の経験があれば積極的にアピールしましょう。 また、「その企業の既存スタッフになじめる人物かどうか」も重要なポイントです。前職での人間関係について企業から問われることもあります。面接などでは、良好な人間関係を築けていたと答えるだけでなく、ネガティブな印象を与えないよう話し方にも気を付けることも大切です。

職務経歴書の書き方

意外と手を抜いてしまいがちな職務経歴書ですが、書類選考で落ちないためにも重要なポイントです。 前職での勤続年数が長い場合、ただやってきたことを並べるだけでは不十分です。自分のスキルや実績のなかで、転職先の企業で活かせると思うものを特に強調して書くようにしましょう。

40代、転職を考える際の優先度

転職を考える際には、ネームバリューや給与や休日など待遇の良さが目につく場合が多いですが、今と同じ業界や業種にするのか、全く未経験の業界や業種に挑戦するのかによって転職の難易度が変わってきます。

同業の同職種への転職

40代に限らず、転職をする際に一番難易度が低いと思われるのが同業の同職種への転職です。同業の他社への転職という言い方もできますね。 仕事の内容や業界知識やスキルなどがそれまでの経験をそっくりそのまま生かすことができる上、営業職などの場合は営業先に関する知識や人脈などもそのまま生かすことができます。 また応募先の企業にとっては、 人材育成の手間や時間が省けるへ、人材のスキルが高い場合には、業績を伸ばすための即戦力になると言う大きなメリットがあります。 転職活動の成功度からいえばこの方法が一番成功に近いといえます。

同業への転職の失敗事例

ここでは40代での転職の失敗事例をご紹介します。どちらの事例も人手不足が話題となることも多い介護職の現場での40代の転職であった失敗事例です。

40歳を過ぎたあたりから現場で働くのが体力的に厳しくなり、管理職を募集していた施設に「管理職候補」として転職しました。でも、3年たった今も現場の介護職員のまま。転職先の管理職のポストは埋まっているし、このままではずっと現場のままかもしれない…。                                  44歳 男性 介護業界で何度も転職を繰り返してきました。昔は比較的かんたんに転職先が決まったけれど、40歳を過ぎたあたりから転職が難しくなってきて…。介護職の経験が長いからこの先も安心だと思っていたけど、甘かったのだろうか。                                  43歳 男性

どちらのケースも40代で介護業界という同じ業界で長く勤めている方の経験を生かしての転職になっています。 最初の方の場合は長年の介護業界での経験を生かし、管理職を目指しましての転職です。 結果として管理職の募集に対して就職はできましたが、実際の管理職につけない結果になっています。 40代の面接の時点で新規施設のオープンなのか、前任者が退職してしまうのかなど、なぜ管理職を募集しているのかと言う理由を確認すべきでした。それが確認できていれば、不安な思いをすることはなかっただろうと思います。 また不安に感じている現在でもそれを解消するために会社がに確認をすると言う行動が取れていないようですね。 2番目の方の場合も40代で同じ介護職で仕事をしていくという軸にぶれはないのですが、これから先介護職で自分がどのようにやって行きたいのかという具体的な目標が無い様です。 そのため次の就職先があるからと安易に転職を繰り返してしまっていることがマイナスとなり、転職先の面接でもなかなか採用に至らないという状況になってしまっています。

同業の異職種への転職

次に転職難易度が低いと思われるものが、同業の異業種への転職です。 同じ業界ですから基礎知識などに関しては問題はありません。 しかし例えば営業職の管理から事務職の管理などへの転職の場合は、 管理職としてのそれまでの経験は活かすことができますガ、事務職としての経験やスキルは乏しいと言えるでしょう。 この場合は即している経験やスキルを補う方法として、資格を取得するなどして少しでも知識をつけることが必要です。 他には管理職として培ってきた経験を活かし、 知識は経験のある部下を働きやすいようにマネジメントしてあげるなどという方法も今までの経験を活かせることの一つです。

異業種の同職種への転職

転職の難易度として次に来る異業種の同職種への転職です。働く業界に対する基礎知識がありませんから、仕事の方法なども変わってくるかもしれませんし、それまで築き上げてきた人脈なども使うことができないでしょう。 経理職の給与集計から経理職の同じ給与集計といった限定された範囲での仕事であれば、業種が変わったとしても、大きな苦労はなさそうですが、40代の転職の求められるものは20代や30代の世代の上に立って陣頭指揮をとることでもあります。 そのため仕事をスムーズに進めるためには、業界の知識や同業他社の研究が必要で幅広い勉強が必要になるでしょう。部下や仕事のマネジメントを行う場合でも全く畑違いの業種では、思うようにいかないかもしれません。 40代でこうした異業種の同職種への転職を行う場合は、 身近に業界に関しての知識を持った人がいるか、転職エージェントに相談をできる環境にするかした方が良いのではないでしょうか。

異業種の異職種への転職

40代の転職の難易度として少々高いと思われるのが、異業種の異職種への転職です。運送業界の営業管理職から製造業の技術管理職へ…など、全く関連例が ない場合には、下手をすると書類選考にも通らないかもしれません。 もし面接までたどり着いたとしても、 なぜ40代でこの業界を受けたのか、なぜわざわざ技術職の管理部門を志望するのか…など、質問攻めにあってしまうでしょう。 そして万が一転職できたとしても、40代から何の経験もない新人としての位置付けになってしまい、ゼロからの出発になってしまうのです。 40代の転職としては行うべきではないケースだと言えます。

40代で未経験の仕事に転職するコツ

40代で未経験の仕事に転職するには、20代の年代の転職のようにやる気を前面に出しても上手くいかないことが多いのではないでしょうか。転職活動をスムーズに進めるためには、企業が40代の転職者に求めるものを理解すること、自分の希望を明確にすることがまず必要です。 そして、40代の自分の経験やスキルの棚卸しを行い、強みと弱みを把握して自分のスキルで会社にどのような形で貢献できるのかをしっかりと把握することです。また「リクルートエージェント」はスキルや強みに合った求人を紹介してくれるのでおすすめです。 その上で資格の取得など、スキルの上積みを行っていくことで、企業へのアピール点を増やして行き、就職の可能性を高めて行くことができます。

40代の自分は何を求めているか

さて、今までの自分の道を振り返る前に自分に確認しておくことは、今回の40代からの転職で自分が実現したいことは何かということを知っておくことです。 それは管理職として会社の経営に携わることかもしれませんし、前職では仕事の都合で実現できなかった仕事上の自分のスキルアップであるかもしれません。また給与や休日と言った待遇面の改善かもしれません。 転職で次の会社に入社後すぐに実現できるものから、時間が必要であったり、自らの勉強が必要であったりするものまで様々なものがあるかもしれません。 転職での面接でいきなり全て話すことはないかもしれませんが、 会社との面接という一緒の交渉の場で交渉したい条件について把握しておくことは一番大切なことです。

自分の棚卸し

40代での転職で次に行うことは自分の棚卸しです。 仕事以外のことも含めて自分は今までにどんな経験をしてきてどんなスキルを身につけているのか…と言ったことから、今回の転職で家族は理解を示してくれるだろうかといったことまで考えておくと良いでしょう。

営業職

もし今までの経験が営業職であれば、仕入先や顧客との交渉やコミュニケーションについて スキルがあるのではないでしょうか。 営業として人と関わったこと全てが培った経験になります 。また同じ営業職でも会社との交渉と個人相手の交渉では仕事で経験することも交渉の方法も違ってくるでしょう。

事務職

前職での経験が事務職であれば、来客への接客、営業へのフォロー、車内の人事や総務といった部署とのやりとりなど、幅広いコミュニケーション能力や気配りがスキルの一つだといえます。 また、数字の集計や管理といったものの正確さなどもアピールできる点のひとつだと言えるでしょう。

クリエイティブ職

デザインなどのクリエイティブ職であれば、顧客の要望に応じていかに素早く多彩なデザインを提案できたかと言ったことが実績になりますし、コンペなどを勝ち取った実績は客観的にもわかりやすいアピール点だと言えます。

技術職

それまでの経験が技術職であれば20年近く製品を支える技術に関わってきたことなどで気をつけていたこと、 これだけは譲れないことなどのこだわりもスキルの一つとして見られるでしょう。 また技術を次の世代に伝えるための部下の育成や体験談なども貴重な経験の一つとしてアピールすることができるでしょう。

研究職

研究職の経験であれば、長年携わった製品開発の実績がそのままアピール点になりますし、研究する中で自発的に創意工夫したこと、改善できたこと、それにより自分が成長できたと感じたことなど全てが経験とスキルの中に含まれるはずです。

管理職

管理職であれば若手の育成の経験や苦労したこと、上司と部下の間の橋渡し役として経験したこと、社内のシステムの改善やそれによって得られたことや成果などが経験やスキルとして見られるでしょう。 40代の転職ではこうしたマネジメントに関する経験や能力が最も重視されるのではないでしょうか。

強みと弱みの把握

以上の様に経験してきた職種により、転職時にアピールできるスキルや経験は全く違うことがわかります。 それぞれの仕事でへられる仕事の技術やこだわりのともそれぞれ違うでしょう。 あなたにもきっと人とは違うスキルや体験があるはずです。そうした自分の体験を棚卸した後に必要になってくることはそれらの体験を整理し自分の強みと弱みを把握することになります。 例えばクリエイティブ職で管理職を経験していたという場合であれば、デザインなどのものづくりに関しての納期厳守やクライアントの要望を超えた幅広い提案には自信がある…などが長所になるかもしれません。 逆に短所は納品後のクライアントとの価格交渉やマネジメント上の数字管理であったりするかもしれません。

自分が企業に与えられる利益とは

そして、自分の強みや弱み理解できるということは、転職活動を行う会社に自分がどのような貢献をできるのかということを提案できると言うことでもあります。 先ほどのクリエイティブ職の場合であれば、 クライアントの要望を超えた幅広い提案を行いどこよりも素早く提案を行うことができますとなるでしょう。その際には過去の競合とのコンペでの入賞実績なども強い裏付けになるのではないでしょうか。 ただ、転職先へのアピールで気をつけることは、過去の実績などを話す場合には具体的な会社名や売上数字など、本来外へ守らすべきではないことは秘密にしなければいけません。この点おろそかにすると、あなたへの信頼度が低下する可能性があります。

目標を知り、弱点を克服する

40代までの自分の人生の棚卸しを行うことでもうひとつはっきりすることがあります。自分が実現したいこと、すなわち仕事での目標になります。 先ほどのクリエイティブ職の場合であれば今までよりも大きなコンペで勝つことかもしれませんし、デザイン部門だけで別会社を立ち上げることかもしれません。 また、弱点である苦手なマネジメント上の数字管理の克服が課題になってくるでしょう。その弱点の克服のためには、経理などの資格の勉強が必要になるかも知れませんね。

40代で転職回数が多い場合

40代の転職で転職回数が多い場合は、そのことだけで気が引けてしまうかもしれません。飽きっぽいへ転職を繰り返す人間だと思われているのではないかであるとか、 会社の環境に馴染めない人間ではないかと思われるのではないかなど気になるかもしれませんね。 しかしそれぞれの転職に自分のスキルアップをするためであるなどのしっかりとした理由があれば、逆にそれは長所へと変えることができるかもしれません。 それぞれの転職でどのよう理由があり、辞めるに至ったのか、次の転職先ではどういったことを目標にして入社をしたのかということをしっかりと説明します。 そしてその上で転職先でどのようなことをしてどういった成果が出たか、勉強になったことは何か、そこから次の転職で考えた目標は何かということがしっかりと説明することが必要です。 そして今回の転職でそれらの経験を活かしてどのように貢献したいと考えているか…と言うことへつなげて説明することで転職が必要なことだったと訴えることができるのです。

40代の転職で有利な資格

40代の転職で有利な取得すべき資格は就職を希望する会社の業務に合った資格であると言えます。 外資系の企業であったり、海外の取引先とのやり取りが多くなる企業であれば英語の資格が、医療系の会社であれば医療事務に関する資格が役立つかもしれません。 不動産関係であれば宅建の資格な、事務系の職業あれば簿記の資格を極めることや会計士を持っていることが役に立つでしょう。 また最近はマンションの建設や販売ラッシュに伴いマンションを管理する人材の需要があるので、マンション管理士などの資格を取ってみるのも良いのではないでしょうか。

英語

海外から日本への渡航者は年々増えつつあり、これからも増えることが予想されます。現在では小学生も英語を必修科目の一つに取り入れるなど、はこれからますます日本の社会に必要になってくるでしょう。 ビジネスの現場においても小売業であれば店頭での外国人との接客が増えることが予想されますし、 B to Bビジネスにおいても取引先や仕入先が海外の企業になっている可能性があります。 それまで外国の企業とは縁がなかった地方の企業であっても、外国の販路拡大に会社の活動を見出して新事業を始める例も見られます。 そうした状況では40代の転職であっても、英語を勉強しておく事は十分プラスになると言えます。代表的な英語検定である実用英語検定(英検)やビジネス英語のスキルの尺度となるTOEICの点数アップなどを目指して少しずつでも良いので勉強して行くと良いのではないでしょうか。

医療事務

40代のパート経験者や接客業経験してきた人などが、手に職をつけて再就職を狙うことも多いのが医療事務の現場です。 医療事務には病院などで患者の受付や案内、診療後の会計や、保険料の請求のためのレセプトと呼ばれる書類の作成に携わるのが主な業務です。 しかし一口に医療事務といっても、病院などの医療機関、調剤薬局、 歯科医療事務など、目的により様々な就職先があります。 目指すのであれば、まずは経験が不要で受験資格などが設けられていない「診療報酬請求事務能力検定試験」と「医療秘書技能検定試験」などを取得した上で、実務経験を積み専門の事務へとステップアップしていくのが良いのではないでしょうか。

宅地建物取引士

通称宅建と呼ばれるこの資格は、不動産の取引において契約締結時の重要事項の説明の際に必要な資格で、この資格を持たない場合には契約をすることができません。 不動産業界の中でもその必要性に対して全ての人が持っているという資格ではないので、40代での転職に限らず、持っておくことで安定した需要が期待できる資格と言えます。

簿記

簿記の資格は段階的に優しいものから難しいものまで別れています。例えば日商簿記であれば1級から4級までのクラスがあり入門的な意味合いであるのが4級ですが、1級の資格を取得することで数字による経営の分析なども可能になる知識を得ることができます。 40代で転職先で経営に携わるなどの目標がある場合には段階を追って取得してみるのもいいかもしれません。

マンション管理士

マンションの建設や販売ラッシュにより、多くのマンションが首都圏や都市部を中心に建設されましたが、それらのマンションには管理組合や常駐の管理人なども必要です。 こうしたマンション管理についてはハローワークなどの再就職の講習会が行われることもあります。こうした管理会社に再就職をするためには持っておいた方が良い資格と言えます。

40代資格の勉強方法

40代での資格の勉強方法にには、市販の参考書や想定問題集などを使用しての独学、資格を専門に教える学校への通学、自宅で行うことのできる通信教育の利用などの他、国が行っている職業訓練や求職者支援訓練などの受講をするのも良いかもしれません 。 また独学の場合であっても一般訓練給付金などの給付金を受けることもできますし、人材育成に熱心な経営者がいる企業であれば40代などの年齢にかかわらず適用が可能なキャリア形成促進助成金などの利用も可能かもしれません。

40代の勉強…独学

40代で資格の取得を始めるにあたり重要になってくることの一つが学習のための時間をいかに捻出するかということです。 独学での学習では参考書や過去の問題集、出題予想問題集などを使い学習することが多いですが、自分の仕事や生活などのスケジュールに合わせて学習を進めるというメリットがあります。 モチベーションを持ちづらいというデメリットがある可能性もありますが、インターネットの活用などで時間管理アプリの利用や過去の40代の合格者の方達の体験談などを参考にすることで、勉強することへのモチベーションを保つことができるでしょう。

40代の勉強…通学

学校へ通学して40代以外の様々な年代の生徒と一緒に学習することができる方法です。 独学で学習を進めるの場合と比べて、周りに同じ受験者がいるという環境は勉強をしていく上での良い刺激になるでしょう。また自宅とは違った環境で学習するということで学習にもメリハリが着きます。 他にも担当講師に不明な点を直接尋ねることができますし、場合によっては受験などの生情報を得ることができるかもしれません。 デメリットとしては勉強時間がカリキュラムに左右されてしまうということがありますが、勉強するための時間の捻出をするための根回しを行うことは、40代の転職者が将来、転職先で仕事を効率良く進めるための予行演習になるとも言えます。

40代の勉強…通信教育

通信教育には二つのメリットがあります。 一つ目は独学で学習を進める場合と同じ様に学習時間の自由度が高いという点です。もう一つは通学して学習を行うのと同じように担当講師にメールや手紙などで不明点を質問することが可能という点です。 ただし質問の回数が限られている場合もあり、いかに質問の内容を要点を絞った形で行うかということが大切になります。また40代の年齢での学習でモチベーションを保つために過去の同じ40代受験者の成功体験や失敗談をネットなどで学んでおくことも必要でしょう。

40代の勉強…職業訓練の受講

国では雇用保険者の受給資格者を対象にして仕事をするスキルアップのための各種職業訓練を開講しています。所定の訓練所でのカリキュラムなどの他にも、民間の企業に委託しての職業訓練も行っています。 最寄のハローワークで近くで行われている職業訓練にはどのようなものがあるか調べることが可能です。雇用保険者の受給資格を持っていることが条件ですので、会社との調整がつけば、在職中からの受講も可能です。

40代の勉強…求職者支援訓練

求職者支援訓練とは雇用保険の受給資格を持っていない人、または、雇用保険の受給資格を持っていたが転職活動などが長引き、受給期間が終了してしまった場合などに受講することが可能な訓練のことです。 具体的な訓練カリキュラムは民間の企業などを活用して行われることが多く、40代と言う年齢でどのような訓練が受講可能か、自分の条件で訓練が受講可能かなどについては最寄りのハローワークに質問をするのがよいでしょう。

40代の勉強…キャリア形成促進助成金

従業員に仕事上のスキルアップを目的とした講座を受講させる経営者に対して国から支給される助成金のことです。 学習する目的により様々なコースがありますので、もし転職後に40代でスキルアップのための学習を行いたい場合には企業の担当者に相談してみるのも良いかも知れません。

40代で資格の勉強を行うメリット

40代で資格の勉強を行う場合、在職中であれば時間に自由がきく独学での学習や通信教育での学習と一般訓練給付金の利用が時間的にもコスト的にも効率が良い方法ですが、 もし時間的なものが許すのであれば、20代30代など他の世代と一緒に勉強を進めることのできる通学による学習を選ぶことにもまた違ったメリットがあります。 同じ世代の40代はもちろん、他の世代と同じスタートラインに立ち勉強を進めることで、自分と同じ40代以外の吸収力や進捗状況、資格取得にかける意気込みなどを肌で感じることができます。 競争相手と自分の違いや差を感じることができるというのは、後々就職活動を進める上でも非常に有意義な体験になるのではないでしょうか。

40代転職で転職時に受けられる支援

40代の転職では、在職中に次の職場の面接を受け就職が決定してから退職や引き継ぎを行うのが理想ですが、リストラを始めとした思いもがけない事情などもあるものです。 そういった際には経済的に困らないように雇用保険や各種手当などの活用や場合によっては健康保険や年金、税金などの軽減や免除制度などを利用することも必要です。

雇用保険の受給

前職で雇用保険に加入していた場合は加入期間や年齢に応じて前職を止める6か月前の間受け取っていた賃金の何%かを手当として受給することが可能です。 40代の転職者の内、特に45歳以上の年齢であれば給付日数が多くなるケースもあります。

訓練給付金

訓練給付金とは雇用保険の受給資格がない場合や雇用保険の受給をしていたが転職活動が長引き受給期間が終了してしまったなどの場合に再就職のための求職者支援訓練を受ける場合などに訓練期間中に支給される給付金のことです。 ハローワークに申請をして審査が通ることが条件ですが年齢制限はありませんので40代であっても大丈夫です。

再就職手当

雇用保険を受給して再就職の活動している人が雇用保険の所定給付日数の1/3以上を残して再就職した場合に残りの給付日数に対し1日あたり賃金の50%から60%の金額を受け取ることができる制度です。 一例として1日の給付日数が4000円の人が60日の給付日数を残して就職をした場合には60%の給付金が支払われるので支給される再就職手当は4000円✕60日✕60%で144,000円となります。

国民健康保険料の軽減

前職を辞めた理由が会社の倒産や解雇などによる離職である特定受給資格者や雇用主からの雇い止めなどによる離職である特定理由離職者という状態の場合には国民健康保険料の顎が軽減されます。 自分は上記の離職者の条件に当てはまるかどうかは最寄りのハローワークなどで相談してみましょう。

国民年金保険料の免除制度

失業などにより収入がないなどの理由があり、国民年金保険料の納付が困難である場合は自ら申請することにより全額免除、3/4の免除、1/2の免除、または1/4の免除などをうけることが可能です。

市県民税の減免

転職活動などの長期化により市民税や県民税などの納付が困難な場合は自ら申請することにより、前年度の6月から1年間の間の収入により、市民税や県民税の減免を受けることができる可能性があります。

生活費の貸し付け

転職活動などにより生活費を捻出することが困難な場合は、最寄りの社会福祉協議会などの審査を受けることにより定額の金利で一定期間の生活費の貸付を受けることができるかもしれません。 貸付にあたっては条件や場合により、保証人の選定も必要となるかもしれませんが、まずは最寄りのハローワークの窓口で相談してみることをお勧めします。

障がいをおってしまったら

不慮の事故などで身体に障がいを負ってしまった場合には、障害者向けの救済制度や一点の条件を満たした場合に障害年金を受け取れる場合があります。 また法律により、501名以上などの一定規模以上の企業に対しては従業員の中の一定割合に障がい者を雇用する音が義務付けられています。 こうした様々な制度を利用することで、40代という年代で障がいを負ってしまった場合でも生活をしつつ、働き続けることが可能になります。

40代の転職、実際の面接で大切なこと

40代の転職で面接を行う際に大切なことは自分の希望だけを述べずにまず相手の希望をよく聞いてそれを叶えることを優先するということです。 例えば営業職の管理職から事務職の管理職への転職で、本人は数字の分析や管理などの能力もゆくゆくはスキルアップしたいと考えている…とという場合を例にとってみましょう。 このような場合は事務職としての未経験を補うために資格を取るなどの勉強をして少しでも知識を増やしたいところです。 できれば仕事の時間も都合をつけて勉強するための時間が欲しいところです。 しかし会社がとしては、40代としてそれまで培ってきた管理職のスキルを部下の管理で活かしてほしいと考えるでしょう。そのためなかなか時間の調整をつけることが難しいかもしれません。 転職での面接の場面ではまず自分の要求を全面に出すのではなく会社側が管理職としてどのように行動をしてほしいと考えているかという希望を聞く様にします。 相手の希望を聞くことができたら自分のスキルや経験でそれに対処して行けるということを伝えます。 その上で40代という現在で自分の考えている目標やスキルアップについて会社はどのように評価をするか、そして、いつ頃まで実現できるかといったといったすり合わせをおこなって行くことが必要です。

避けた方がいい転職先

先ほど避けた方がいい転職先として「異業種で異職種」と述べましたが、他にも避けた方がいい基準が存在します。 すべてが100%危険というわけではありませんが、できれば避けた方が良いと言えます。40代での転職であればなおさらです。

常に募集をしている

常に人員の募集をしているということは離職率が高く人が定着しないのかもしれません。また、大量募集をしているなどの場合にも同様の理由が可能性として考えられます。

20代で管理職など平均年齢が低い

この場合も人が定着しないなどの可能性がある他、管理職への扱いや実際の条件が著しく低い可能性があります。

未経験であっても給与設定が高い募集

高い給料払っているからと無理な仕事を押し付けられることがあったり、給料が高いのは残業代も全て込みなので、いくら残業しても残業代は出ないなどと言った条件かも知れません。

体力や熱意のある方を歓迎しますといった 募集

応募者に求めるスキルが体力や熱意といったものが前面に出ていて曖昧な場合はもしかしたら長時間労働が常態化している職場なのかもしれません。

仕事を探す方法

転職時に仕事を探す方法としては、最寄のハローワークで探すことの他にも、新聞に折り込まれてくる求人広告やコンビニや街中の楽で見かける求人冊子、店頭での求人募集の張り紙や知り合いから紹介を受けるなどの方法もあります。 その他にもネットを活用して転職サイトや転職エージェントに登録をして面接先の紹介を受ける方法も効率的でしょう。

ハローワーク

全国660ヶ所に設置されている公共の求職機関で無料で誰でも利用可能です。大企業よりも地元の中小企業に強く、また、全国に拠点があるために、都市部から地方へ踊っての就職夏道などに適していると言えます。 転職活動中には在職中から利用する人もおり、母親むけのマザーズハローワークや若者向けの就職セミナーなども開催しています。また、自分の性格診断や適職判断の就職セミナーなどを開催している所もあります。 職業紹介の他にも、 雇用保険の手続きや 各種助成金、公共職業訓練や求職者支援訓練の受付や手配、の他求職者の生活の悩みなどにも相談にのってもらえます。 インターネットでの職業探しも可能ですが、窓口でのみ閲覧できる求人情報もあるので、直接足を運んでの相談が良いでしょう。

求人折込広告

新聞の折込広告で届けられる求人情報は家族の介護などの必要があり、地元の求人を探している場合に良い情報源と言えるでしょう。 インターネットでの閲覧も可能な場合がほとんどなので、エリアを選んでの閲覧をすることができます。

求人冊子

求人広告の運営会社が「看護系の正社員特集」毎回特集を組んで求人広告を出していることも多いです。基本的にエリアごとに発行しているため、求人広告と同様に地元密着の企業を中心の掲載していることが多いです。 インターネットでの閲覧も可能な場合がほとんどなので、エリアを選んでの閲覧をすることができます。

店頭などでの募集

病院や地域のスーパーなどでの店頭への張り紙による求人募集です。 良い人材が至急に必要であれば、店頭での募集の他に転職エージェントや求人広告での募集を併用している場合もあるので、条件が合いそうな場合は、その場で問い合わせをしてみる必要がある場合もあります。

紹介を受ける

知人からの紹介は転職の成功率が高い方法であると言えます。応募者のスキルを事前に知っていて声をかけてくる場合には、かなり好感触と言えます。話がきた場合には内容を良く確認して、好条件であれば面接から転職へと前向きに考えましょう。 デメリットとしては、知り合いの紹介である場合、転職後に条件の相違があった場合などに退職を決断しずらいと言う点があります。可能であれば、職場の環境や雰囲気なども含めて見学をすることも必要でしょう。

転職サイト

インターネットの普及とともに広がっているのが転職サイトを利用した転職方法です。看護師や保育士など、専門職に特化したサイトも多く、 一度件を登録することで自分の条件に合った転職先候補をメールで配信してくれるサービスもあります。 在職中に転職活動をする場合などは、スキマ時間でメールの転職情報を閲覧することができるので効率が良い転職活動の一つといえます。

転職エージェント

転職エージェントは転職サイトと同じくインターネットでの申し込みが可能なサービスです。介護職やIT業界、看護業界など、専門の業界に特化したエージェントもあります。 専任の担当者がつき、転職案件の紹介だけではなく、未経験の業界についての相談やスキルや経験に応じた応募書類の書き方や給与に関する交渉などを行ってもらえます。 転職案件の紹介についてはメールで行われます。至れりつくせりのサービスですが、自社の利益確保などに走らない良い転職エージェントサービスを使うことが転職成功への近道になるでしょう。

まとめ

記事のまとめ
  • 40代の転職は、今までの経験やスキルを生かせる転職が成功しやすい
  • 未経験の場合、企業が転職者に求めるものは何か、その中でどのような形で貢献できるか明確にすることが必要
  • 40代の転職なら「リクルートエージェント」がおすすめ

40代での転職はそれまでの経験を活かして、何が会社にできるのかを伝えることがまず必要です。 それまでの経験とは前職ということだけではなく、今まで経験したアルバイトや勉強なども含めた自分の人生を生かしての就職活動になるでしょう。 そして自分が会社に貢献できることを伝えた上で将来的には自分はこうありたいというビジョンをもって説明することが大切です。 リクルートエージェント」なら面接の対策や書類作成のサポート、条件の交渉まで行ってくれますので、ぜひ相談してみましょう。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング